貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

| PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

那須高原SAまで走る

2011年10月7日(金) くもり

我が家では、両親が床屋を営んでいた店舗部分を廃業後に
物置代わりに使っていたのですが

古い建物だったので、東日本大震災の際に傾き、取り壊すことになりました。

< 東北道は「震災復興渋滞」とやらが発生していた >
富士五湖

毎週、休日は不要な物の処分や片付けが続いて、旅どころじゃなかった
のですが、

気持ちをリフレッシュするために、一人で出かけることにしました。

< 深夜0時に那須高原SA(栃木県)に到着 >
富士五湖

とりあえず、テキトーに荷物を積み込んで出発したけど、

準備不足で事前に集めた情報の量もイマイチ満足のいくレベルじゃありません。

どうなることやら、チョッピリ不安。。。

富士五湖

けど、頭の中でモヤモヤ考えていてもしょうがない。

そそこさと寝酒をあおって寝袋に入ることにしました。

この日走った距離 : 346Km


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 秩父から富士五湖まで | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名城 鉢形城

2011年10月8日(土) 晴れ

○ 鉢  形  城 (はちがたじょう)

富士五湖

翌朝、埼玉県寄居町の鉢形城跡公園に到着。

富士五湖

こんなマイナーな所(失礼)の駐車場が朝から満車だったとは意外でした。

< 二の曲輪と三の曲輪の土塁と空堀 >
富士五湖

皆さんは城跡を見物しているようでもなく、

どうやら、「寄居 北條まつり」の準備に掃除やノボリ立てに来ている
人たちのようです。  

朝早くからご苦労様です。

< 四  脚  門 >
富士五湖

カメラを持ってウロチョロ歩いていると、準備に来ていた人たちから

こんなマイナーな所に朝から来る奴がいるなんて意外、

ってな顔して見られました。

< 秩父曲輪(くるわ)の石積土塁 >
富士五湖

鉢形城は、1590年(天正18年)豊臣秀吉の小田原攻めの時に北条氏邦が

5万の豊臣勢を相手に、わずか3500の兵力で1ヶ月余り攻防戦を続けた城です。

< 角馬出は北條の特徴らしい >
富士五湖

現在では、復元された石垣や門があるだけですが、広い城跡はキレイに

整備されていて、天気の良い朝に気持ちよく歩くことができました。

富士五湖


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 秩父から富士五湖まで | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

名水百選 日本水

○ 日 本 水 (やまとみず)

富士五湖

風布(ふうっぷ)という地区へ、峠の山道をくねくねと登って行くと

道路脇に車を停めて、水を汲んでいる人たちがいました。

富士五湖

この水は、「日本武尊(やまとたけるのみこと)が戦勝を祈願して

岩壁に剣を突き刺したところ、たちまち水が湧き出し、あまりの

冷たさに一杯しか飲めなかった」 のだとか。

富士五湖

由来の真偽は別として、冷たくて美味しい水ですので、PETボトル3本

満タン入れました。

富士五湖

そんで、水源まで行ってみようと、さらに峠を登ったのですが、

水源への道は「立入禁止」。

まあ、人が入るとどうしても汚れるしねぇ。

富士五湖

しょうがないので、東屋で汲んだばかりの日本水とアンパンで昼飯。

富士五湖

この峠道が秩父への近道だったらしく、

観光名所の長瀞(ながとろ)に立ち寄らずにショートカットしてしまった。。。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 秩父から富士五湖まで | 06:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ >>