貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

| PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

青春18キップで花巻から名古屋まで

2012年3月30日(金) 晴れ のち 曇り

今回も往復「ムーンライトながら号」を利用した0泊3日の弾丸ツアー。

三重

月末なので午前中バタバタしていて、花巻駅から12時48分発の電車に

大急ぎで飛び乗りました。 (かなり アセッた)

三重

翌朝の8時まで19時間、電車の乗り継いで行ったのですが、

途中で、”18キップの達人”を見かけました。

わずか10分と短い乗り換え時間に、平然と立ち食いそばを食べてる姿を見て、
タダモノじゃないと思っていましたが、

達人は、電車に乗り込むと、スリッパに履き替え、色鉛筆でスケッチ帳に
絵を書き出したのです。

車窓を眺めながら酒を飲むだけが楽しみの旅とは格調の高さが違いますね。

<23:10 東京駅発 快速ムーンライトながら >
三重

そんで、夜行列車で名古屋へ向かったのですが、

隣の席に座ったデブのオバお嬢さんが、横浜を過ぎてからスパゲティを
ズルズルと音を立てて食べ始めました。

目は閉じていたけど、「ズルズル」「クチャクチャ」 という音と
ケチャップの匂いが鼻について眠りにつけない。。。


やっと食い終わった  (^。^;)ホッ

と思ったら、今度は煎餅を食べてるような音が・・・

ガサゴソ・・・ バリバリ・・・

ガサゴソ・・・ ボリボリ・・・

5分ほどで食べ終わった (^。^;)ホッ

と思ったら、2~3分後にまた

ガサゴソ・・・ バリバリ・・・

ガサゴソ・・・ ボリボリ・・・

ひたすら、これの繰り返し

ガサゴソ・・・ バリバリ・・・

ガサゴソ・・・ ボリボリ・・・ 

< 05:22 名古屋駅着 >
三重

完全に寝不足!


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 12春 三重で城めぐり | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

忍者電車で松尾芭蕉生誕の地へ

2012年3月31日(土) 雨 のち 曇り

名古屋駅に到着すると雨が降っていました。

関西本線に乗換えて伊賀上野駅に向ったんですが、どうにも、寝不足で

頭がボ~ッとしてる。

三重

まだ、電車に2時間も乗るのだから、チビッと焼酎を飲んで

もう一眠り ♪

三重

そして、伊賀上野駅で忍者位置電車に乗り換え。

三重

上野市駅に到着。

< 08:07 上野市駅着 >
三重

三人の忍者が出迎えてくれました。

三重

駅前で待っていたのは  まつをばせう

三重

○ 松 尾 芭 蕉 生 誕 の 地

三重

伊賀上野は、「奥の細道」の俳人 松尾芭蕉の生まれた土地でもあります。

伊賀生まれで、諸国を旅したことから、”芭蕉忍者説

という都市伝説も流れているようです。

三重

旅好きで、芭蕉をリスペクトしている人って、多いと思うのです。

「奥の細道」は、旅行ブログの元祖ともいえますが、

紀行の記録は、電車で見かけた”18の達人”や芭蕉のように、

絵とか俳句で残した方が、デジカメの写真と違って、

長い年月を経たとしても色褪せないでしょうね。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 12春 三重で城めぐり | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

伊賀上野城と筒井古城跡

お城めぐりに、山の上の上野城公園にいきました。
(パンダなんていませんよ)

三重

○ 伊 賀 上 野 城

三重

築城の名手として知られる藤堂高虎が自ら縄張りを行った城。

この城の最大の見所は、本丸の西側面に築かれた高石垣です。

高さは30mもあり、じつに見事。

< 本丸から下を見ると雲海のように煙っていた >
mie025-01.jpg

高虎は、”伊賀者”と呼ばれる忍者を従えていたそうです。

彼自身が、浅井長政、豊臣秀吉、徳川家康と何度も主君を変えながらも

生き残れたのは、情報戦に長けていたからなのかも知れません。

< 天 守 閣 と 付 櫓 >
三重

○ 筒 井 古 城 跡

伊賀上野城の東側に、石垣が組まれた曲輪があります。

三重

ここは、藤堂高虎が入城する前の城主だった筒井定次の本丸があった場所です。 

< 天  守  跡 >
三重

筒井氏も高虎同様、豊臣の家臣でしたが、関が原では東軍に加担し、

徳川から所領安堵されました。

しかし、後に、たびたび大阪城に赴いて敵方に内通したと疑われ

切腹しました。

その後、高虎は筒井氏の城を併合する形で上野城に入城したのです。 

主君を変える場合は、キッパリと潔く以前の縁は断ち切るべきなのでしょうね。

(元カノの電話番号は削除したほうが安全です)

< 筒井古城の本丸から上野城天守閣が見えます >
三重


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 12春 三重で城めぐり | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。