貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

| PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

新幹線に乗らざるをえなかった。。。

2013年3月22日(金) 晴れ

春の18きっぷシーズン到来!

今回も、金曜日の午後から、0泊3日の旅に出発しました。

< 12:48 花巻駅発 >
小谷

いつものように、一ノ関・仙台で乗換え・・・ っと

ここまでは良かったのですが

小谷

在来線の電車が遅れて、

福島から新幹線に乗らざるを得ませんでした。   (´ε`)

小谷

翼を折られてしまった!

仕事の出張であれば、平然としていられますが

18キッパーが旅に出て、新幹線に乗るのは耐え難い屈辱

どうにも落ち着きません。

小谷

出鼻をくじかれ、予定通り進めなかった。

小谷

それでも、 宇都宮から再び、在来線に復帰。

小谷

どうにかこうにか、東京駅発「快速ムーンライトながら」の出発に間に合った。

これで一安心。

翌日に備えて早目に酒を切り上げて眠りました。

小谷

幸先悪し。

でも、明日は明日の風が吹くさ


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 13春 小谷・岡崎・名古屋 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

琵琶湖畔の城

2013年3月23日(土)

< 06:50 米原駅発 >
小谷

翌朝、大垣からは、米原で北陸線に乗換えて

琵琶湖のほとりの長浜駅(滋賀県)に到着。

< 07:00 長浜駅着 >
小谷

○ 長  浜  城

< 長 浜 城 歴 史 博 物 館 >
小谷

朝7時に到着したけど、観光するには時間が早すぎる。

駅から近い湖畔の公園で時間つぶしました。

小谷

長浜城は、豊臣秀吉が最初に築城した城なんだとか。

公園の中には、「長浜城歴史博物館」がありますが、

これは、犬山城や伏見城にして復元されたものなそうです。

これほど水辺に近い城は初めて見た。

琵琶湖がドデカイお堀の役目を担っていたのかなぁ・・・

< ここに井戸を掘る必要があったんだろうか? >
小谷


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 13春 小谷・岡崎・名古屋 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

名水百選 泉神社湧水

○ レンタカーで出発

今回の旅では、レンタカーが初登場します。

徒歩はもちろん、バスやレンタサイクルの利用を考えていたのですが、

目的地を巡るには あまりに効率が悪く、やむなく、レンタカーを

4時間利用することにしました。

(激安レンタカーの店が無いのでトヨタレンタリースを利用)


んで、 さっそく、この日の相棒 黒いVitz君に乗って出発!

使い慣れないカーナビに戸惑いながらも、滋賀県と岐阜県にまたがる

伊吹山という百名山の麓に向かいました。

< 道の駅 伊 吹 の 里 >
小谷」


○ 名水百選 泉神社湧水

小谷

泉神社の駐車場脇に水汲み場がありました。

立て掛けられた看板によると

『この水は、天智天皇がこの地を弓馬繰練場と定め、人々が
住居を構えた際、湧き水が出て川を形成したとあり、以後
「天泉所」と呼ばれ、大清水と改名された。

伊吹三名水の一つ・日本武尊の居醒の水・小栗助重が病の
平癒を祈願された命乞いの水として由緒深いものである』 

のだとか。

小谷

まぁ、由来はともかく 多くの人が水汲みに来るようです。

特別に旨い水って感じはしませんでしたが、3本の500mlペットボトルに

汲みました。

小谷

水源は、石段を登った神社の境内にあります。

小谷

小さな祠の脇に湧き出し口がありましたが、立ち入り禁止。

小谷

階段の上が泉神社の本殿のようです。

小谷

お賽銭を持ってこなかったので、ここから参拝して失礼します。

パン!パン! (^人^)

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 13春 小谷・岡崎・名古屋 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ >>