貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

| PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

色白の板そば

旨いそばが食べたくて、山形県大石田そば街道へ。

○ わ ら 口 そ ば

日帰り

田んぼと山に囲まれた山里にポツンと建っていて、 

まるで藁葺屋根の農家のような建物でした。

日帰り

戸を開け放たれた家の中には、外からオニヤンマが飛んできます。

日帰り

小生と相方と娘の他に客は無く、

親子でくつろぎながらそばが出来上がるのを待っていると、

山形のそば屋では お約束の漬物が出てきました。

お茶請けにポリポリ食べると これが、また、旨いんです。

日帰り

そして、大板そばとゲソ天が並べば、飯台の上は満杯。

お盆に、お袋の実家で親戚が集まった時の食卓を連想しました。

日帰り

< ゲ ソ 天 200円 >
日帰り

< 野菜天はサービス >
日帰り

ご主人のネイティブな山形弁での説明によると、

蕎麦粉は北海道産を使っているとのこと。

日帰り

色は黒く、太くて硬い、典型的な板そばのイメージとは違って更科系です。

コシは強いですが、顎に力を入れるほど硬くはありません。

のど越しが良くてスルスルッと胃に収まっていきました。


わら口そばそば(蕎麦) / 大石田)

昼総合点★★★☆☆ 3.9


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 娘も一緒にお出かけ | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大正ロマン溢れる 銀山温泉

○ 銀 山 温 泉

日帰り

そばで腹がいっぱいになった後は、尾花沢の銀山温泉にやってきた。

銀山温泉は、かつてこの地にあった延沢銀山の工夫が銀山川の中に

湧いている温泉を発見したのが始まりなんだとか。

< 川にはニジマスが泳いでいます >
日帰り

もともと、駐車場が少ない温泉場ですが、

この日は車で来る観光客が多いため、離れた場所から温泉街まで

シャトルバスが運行していました。

日帰り

延沢銀山が閉山した後は、湯治場として残っていたらしいですが、

NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台になったことで、一躍脚光を浴び

全国的に知られるようになったそうです。

日帰り

ほとんどの観光客が手に持っているのは、タオルじゃなくてカメラです。

温泉に入るというより、大正ロマン溢れる温泉街のノスタルジックな雰囲気を

楽しみに来るのです。

< 白 銀 の 滝 >
日帰り

温泉街には旅館の他にも土産物屋がありますし、その先には遊歩道が整備され、

散策できるようになっています。

でも、いつかは見物するだけじゃなくて、

ガス燈が灯る温泉旅館に泊まってみたいなぁ。

< 能登屋旅館のHPから >
GINZAN010.jpg

この日は、娘のリクエストに応えて、

宮城県鳴子温泉・山形県銀山温泉・秋田県泥湯温泉と東北3県の

有名どころを巡ってきました。 (鳴子と泥湯の写真は割愛します)

日帰り日帰り

ただ、娘と相方にとっては、「温泉巡り」と言っても、

途中で、ソフトクリームを食べたり、スイカの試食をしたり、

スーパーで買物したり・・・するのも楽しみの一つらしい。

ホント、女ってやつは・・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 娘も一緒にお出かけ | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

平泉にある大人向けのそば屋

○ 地  水  庵

日帰り

観光地の平泉中尊寺の近くで昼めしを食べることになりました。 

表通りから隠れるように建っているそば屋でしたが、駐車場は
県外ナンバーの車だらけでした。

日帰り

暖簾に書かれてある 「二足の草鞋」とは、店主は以前、コンピューター関係の
仕事をしていて、そば打ちとの二足の草鞋を履いていたのだとか。
(「二兎追うもの一兎も得ず」って云うけどね)

玄関先には、「静かな時間を愉しんでいただくため、10歳以下のお子様は
ご遠慮いただいてます」や「注文してから30分~1時間かかります」など
と書いてありました。

< せ い ろ そ ば 900円 >
日帰り

店の中は古民家風。

BGMに音を抑えたジャズが静かに流れていました。

お品書きに目をやると、そばは「せいろそば」と「古典そば」の2種類。

それぞれ、10食と20食の限定メニューらしい。

< 古 典 そ ば 1000円 > 
日帰り

注文した品が並ぶまでに30分以上かかりましたが、
店内に漂う雰囲気はゆったりとして、居心地の良い空間に演出されているので、
出来上がりを待つ間もそれほど苦になりません。

せいろそばの風味はまずまず。

古典そばは驚くほど太くて短くて硬い。

しっかりとした美味しいそばですが、普段に通いたいと思う店ではない。

世界遺産 平泉中尊寺の観光に訪れた「大人の方」向けのお店です。。


「夏草や 兵どもが 夢の跡」


地水庵そば(蕎麦) / 平泉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 娘も一緒にお出かけ | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。