貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

相方と家から出発 富岡製糸場へ

2016年5月2日(月) くもり

前回の旅から5日しか経っていないので、荷物の準備は簡単だった。

夕方、相方が仕事を終え、家に帰ってから一緒に出発しました。

まずは、東北道を南下したのですが、軽自動車では思うように
距離が稼げず、この日は福島県止まりでした。

この日走った距離 : 269Km

< 東北道 安達太良SA で寝ました >
1605001.jpg

2016年5月3日(火) くもり

相方にとっては、今回の旅はエブリイでの車中泊デビュー戦。

「オーパの時とは少し勝手が違う」と言ってたけど、すぐに慣れるだろう。

昨夜はオイラより早く寝て、爆睡していたし・・・。

1605002.jpg

朝食後は、再び東北道を南下。

栃木県に入り、ここから北関東道へ。

そして、群馬県で関越道~上信越道と進んで行き、富岡ICで一般道へ。

上信電鉄の電車を撮り鉄してから、本日最初の目的地に向かいました。

1605003.jpg


○ 世界遺産 富 岡 製 糸 場

1605004.png

2014年に世界遺産に登録された富岡製糸場。

1605008.jpg

国が建てた日本初の大規模な器械製糸工場で、当時の製糸工場としては
世界最大規模だったらしい。

1605005.jpg

それにしても、世界遺産の効果って絶大ですよね。

GWだし、東京から近いこともあるんだろうけど、
どこもかしこも 驚くほど多くの人で混雑していました。

1605007.jpg

近代化産業遺産に興味があれば良いのでしょうが・・・

正直、あまり興味がないので、すぐに飽きてしまった。。

一通り富岡製糸場をグルッと歩いてから、近くの懐かし系の食堂で
早めの昼飯を食べることにしました。


○ 伊 勢 屋

1605009.jpg

この店は昭和9年創業で、製糸場の女工も よく通っていたのだとか。

志那そばがメインのメニューですが、だんご、いなり寿司、海苔巻き、
おにぎり(しょうゆめし、赤飯) などもガラスのケースに置かれていました。

< 志那そば(大) 700円 >
1605010.jpg

柔らかな麺と鶏ガラ+煮干しのアッサリスープ。

おっ! と思うような旨みはないけど、

とても優しい味です。

きっと、リーズナブルで飽きのこない味だからこそ、地元の人に愛され
製糸場閉鎖後の町が冷え切った時代にも生き抜けたのだろう。

もし、世界遺産のブームが去ったとしても、こんな店だけは生き残るのかも。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 16GW 上信を走る | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |