貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2013-03- | ARCHIVE-SELECT | 2013-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

小野川温泉 尼湯共同浴場

○ 尼  湯

「尼湯」は温泉街の中心にある小野川温泉のシンボル的な共同浴場。

外観は風格ある木造づくりで、年季を感じさせます。

草津

ここにも、管理人はいないので、入浴券を近くの商店から買ってきます。

草津

で、 それを脱衣所の棚の「券差し場」に差して入浴するのが小野川のルール。

草津

脱衣所と風呂場には仕切りがないので、風呂場からも入浴券の有無が見えます。

草津

風呂場にある浴槽はシンプルで大きくありませんが、青みがかった
透明のお湯が かけ流されて溢れています。

お湯の中に体を沈めると、ほのかに温泉らしい硫黄の匂いが漂い、
湯の花が舞いました。

少し熱めのお湯に体が馴染んできたら、ふぅ~っ と、大きな溜め息が
自然に出てきました。

草津

成分表によると、泉温83℃ 弱酸性の含硫黄塩化物温泉だそうです。

オレ的好みからいうと、ド真ん中のストライク。

香りも肌触りもやさしくて、好きだなぁ この温泉。 

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 伊香保・草津 温泉巡礼旅 | 05:47 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

米沢ラーメンを食べる

○ 山 大 前 や ま と や 食 堂

昼めしは米沢市内に入って、山形大学工学部前のやまとや食堂で
ラーメンを食べました。

草津

”米沢ラーメン”の明確な定義は分かりませんが、中太の縮れ麺で、
甘みがあり、ガツンとニンニクが効いたスープでした。

草津

パンチのあるスープに野菜炒めをトッピングした”野菜炒めラーメン”が
人気のようですが、ベーシックなラーメンでもボリューム満点。

麺は、中太縮れのモッチリ系。

若い学生が好むのか、スープは油が多くて濃いめの味です。

とても、繊細な味とは言えず粗っぽさを感じます。

ただ、この粗さが力強さにつながり、狭い店の造りとマッチして、いい感じの
B級度に仕上がっています。

ツボに入ればハマってしまうかも。

山大前 やまとやラーメン / 南米沢駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 伊香保・草津 温泉巡礼旅 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

鋭い味覚の持ち主

○ 上 杉 神 社

上杉謙信(初名:長尾景虎)が死去後、次代の上杉景勝(かげかつ:越後上田
長尾家より養子)が米沢藩に移封された際に、謙信の祠堂も米沢に移されました。

さらに、中興の名君と賞される上杉鷹山(ようざん)を合祀して、建立されたのが
上杉神社です。

草津

以前、訪れた時には人影が疎らで、静かな印象が強かったですのですが、今回は、
観光バスで団体旅行客が来たり、駐車場も満杯状態。

草津

NHK大河ドラマで”愛の兜”を付けた上杉景勝の家臣 直江兼続(かねつぐ)
を主人公(妻夫木聡)にした「天地人」が放映された頃だったのです。

上杉景勝と直江兼続は、南魚沼六日町の坂戸城が生誕ゆかりの地なのですが、
”愛の兜”は、ここ米沢神社に保管されています。
(拝観料が400円もするのでパスしました)

参道には「祝 NHK大河ドラマ 天地人 放映」のノボリが並び、上杉神社と
いうより、まるで、「直江神社」と思えるほどでした。

草津

為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

米沢市民に最も尊敬されている、上杉鷹山の銅像は観光客がいなくて寂しい限り。

草津

上杉神社の参道入口に上杉城史苑という 土産品店や米沢牛の料亭・レストランが
揃った観光物産館があります。

その物産館前のイベントスペースには、休憩用のイスとテーブルがあり、周りには
ファーストフードの屋台が並んでいました。


相方が物産館をうろつく間、イスに座ってタバコを吸っていると、
後ろにいた 観光客と思われる3人家族のお父さんが
松坂牛もだが、米沢牛もたいしたことねぇなぁ~」 って言ってるんです。

振り向いてみると、その手には「米沢牛コロッケ」が握られていました。

高校生らしき娘が「松坂牛って どこの牛?」と訊くと
父親の答えは 「大阪か兵庫あたりだろう」 です。


屋台のコロッケを食って米沢牛の味を評価できるとは・・・

かなり鋭い味覚の持ち主とお見受けいたしました。  ┐(-_- )┌ヤレヤレ

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 伊香保・草津 温泉巡礼旅 | 06:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

温泉めぐり旅のデータ

道に迷いながらも 山形県南陽市の赤湯温泉に到着しました。


缶ジュースより安い が キャッチフレーズ

赤湯温泉には5軒の共同浴場があり、100円で入浴できます。


○ 烏帽子の湯 (6:00~22:00 入浴料100円)

桜の名所だという 烏帽子山の近くをいくら探しても見つけられず、
道を歩いていたバアサンに尋ねることにしました。

親切なバアサンは、何度も繰り返し、懇切丁寧に説明してくれるのですが、
完璧にネイティブな山形弁なので
一部理解不能。。。

どうにか、聞き取れた電電公社(NTTのこと?) というキーワードを頼りに、
探すこと、さらに15分。

ついに、NTTのアンテナの近くで「烏帽子の湯」を見つけました。
(捜索に1時間以上かかってしまった)

やっとこさ たどり着いた「烏帽子の湯」ですが、お客さんが多くて館内の写真は撮れず、
文字での説明になります。 どうか ご勘弁を m(_ _)m



「烏帽子の湯」の浴槽は烏帽子を形どったという曲線でできています。

お湯は、もちろん かけ流し。 無色透明・無味無臭のサッパリ系。 

風呂場が広く、きれいで快適な温泉でした。

体を洗い、仕上げのシャンプーして、今回の温泉めぐり旅は終了です。

草津

山形蔵王ICから高速に乗り、自宅には18時ころ到着。


旅行前から痛んで、3日目には途中で帰ろうと思うほど痛かった首が、
少しぐらいなら動かしても痛みを感じないまでに回復しました。

これも温泉のお陰かなぁ。

とは言え、体の調子が悪いと、旅を十分に満喫することができません。


旅行前は節制に努めて、今度は万全の体調でのぞみたいと思います。



<旅行のデータ>


走った距離:
5月2日 (自宅~矢板北PA) 349 Km
5月3日 (矢板北PA~天狗山第1駐車場) 269 Km
5月4日 (天狗山駐車場~水上町水紀行館) 154 Km
5月5日 (水紀行館~喜多の郷) 283 Km
5月6日 (道の駅喜多の郷~自宅) 313 Km
走行距離計: 1,368 Km


消費したガソリン:
コスモ石油入山給油所(群馬) 20L×162円= 3,240 円
JA会津いいで(福島) 20L×160円= 3,200 円
置賜ツバメ石油(山形) 20L×162円= 3,240 円
コスモ石油浅東(岩手) 28L×153円= 4,284 円
ガソリン代計: 13,964 円
ガソリン量: 88 L



1リッター当りの距離: 1368Km÷88L= 15.5 Km/L


高速料金:
北上江釣子~佐野藤岡(夜間割引40%OFF) 5,050 円
山形蔵王~古川 2,700 円
古川~花巻南(通勤割引50%OFF) 1,400 円
高速料金計: 9,150 円


入浴した温泉: 27ケ所
群馬 伊香保温泉 石段の湯 800 円
群馬 伊香保温泉 露天風呂 900 円
群馬 川原湯温泉 王湯 600 円
群馬 川原湯温泉 聖天様露天風呂 100 円
群馬 川原湯温泉 笹湯 300 円
群馬 尻焼温泉 川の湯 0 円
群馬 草津温泉 千代の湯 0 円
群馬 草津温泉 関の湯 0 円
群馬 草津温泉 凪の湯 0 円
群馬 草津温泉 翁の湯 0 円
群馬 草津温泉 瑠璃の湯 0 円
群馬 草津温泉 白旗の湯 0 円
群馬 万座温泉 万座プリンスホテル 1,000 円
群馬 沢渡温泉 共同浴場 600 円
群馬 四万温泉 山口露天風呂 0 円
群馬 月夜野温泉 町民温泉センター 700 円
新潟 湯沢温泉 山の湯 800 円
新潟 湯之谷温泉 駒の湯休憩舎 1,000 円
福島 大塩温泉 季節限定露天風呂 0 円
福島 大塩温泉 共同浴場 200 円
福島 湯倉温泉 共同浴場 100 円
福島 玉梨温泉 共同浴場 200 円
福島 八町温泉 共同浴場 200 円
福島 柳津温泉 つきみが丘町民センター 600 円
福島 熱塩温泉 共同浴場 400 円
山形 小野川温泉 尼湯 400 円
山形 赤湯温泉 烏帽子の湯 200 円
入浴料計: 9,100 円


入場料金:
草津 熱の湯 500円×2名= 1,000 円


外食したもの:
焼まんじゅう(食の駅ぐんま) 400 円
水沢うどん(大澤屋)ごま汁大・小 1,785 円
へぎそば(富貴亭食堂)5合 1,200 円
中華そば(本家大みなと味平)大・小 1,400 円
中華そば(坂内食堂) 1,200 円
中華そば(あべ食堂) 1,100 円
ラーメン(やまとや食堂) 1,100 円
外食費計: 8,185 円


スーパー等で使ったお金:
サンライフ花巻店:カップラーメン・コーヒー・チップスター他 2,618 円
COOP花北オリザ店:パン・野菜ジュース・ヨーグルト 798 円
ファームドゥ農援’S:のり巻き・ヤキソバ・コロッケ 979 円
草津:甘納豆・アイスクリーム 1,100 円
スーパーもくべい:カップヤキソバ・おにぎり・パン・スイカ 1,095 円
サンモール桜町:弁当・納豆・チーズ・サラダ・ヨーグルト 1,325 円
Aコープ小出店:黒豆もち 600 円
Aコープ広瀬店:味付け納豆 687 円
やまとや:ラーメン 300 円
上杉城史苑:ハンカチ・ミニジャム 1,418 円
食費・お土産計: 10,920 円


雑費:
清掃協力金(出流原弁天池) 100 円



使ったお金の合計: 52,419 円


一人当たりの旅費: 26,209 円


一人一日当りの旅費: 6,552 円

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 伊香保・草津 温泉巡礼旅 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

一口目から美味いラーメン

○ 北上 : 岩  鷲 (がんじゅ)

若い客層が多く、昼時には混んでいます。

日帰り

「特製醤油ラーメン」と「つけ麺大盛り」を相方とシェアー喰いしました。

麺の太さは2系統。

つけ麺系は太麺、ラーメン系は細麺で、どちらもコシがあって食感がいい。

日帰り

スープは魚と鶏ダシのようです。

旨みが出ているし香りも いい線いってます。

日帰り

おっ! これは・・・

一口目を食べて、相当うまいと思いました。


・・・が、そのテンションの高さが長く持続しません。

う~む。 なんでだろう?

甘いメンマの味が、どこかに引っかかているのかもしれない。



まぁ、こんなもんだろ・・・

店を出る時には、普段のテンションに戻っていました。

岩鷲ラーメン / 柳原駅北上駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 食べ物 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「もり天」 大好き!

○ 滝沢 : 更 科 八 (さらしなや)

山形市内で 「もり天」はメジャーなメニューですが、それ以外の場所では、
あまり知られた存在ではありません。

そんな、「もり天」ですが 岩手でも食べれます。

日帰り

たぶん「もり天」を初めて注文すると戸惑うと思う。

なぜなら、ハサミと生玉子がついてくるから。

日帰り

”天”とはイカゲソの天ぷらのこと。

更科八では、揚げたてアツアツの大きなゲソ天が2枚。


食べ方として、まずは、

① ゲソ天をハサミで チョキチョキ切ります。

② お好みでタレに薬味を入れて、そばとゲソ天を半分になるまで食べる。

③ おもむろに、玉子を割り、黄身はタレの中へ。 白身と殻は薬味の皿へ。

④ 黄身を箸で4つに割る (絶対に、かき混ぜちゃダメですよ)

⑤ そして、濃厚な黄身の風味に変身したタレでそばを楽しむ。

最後は濃い目の蕎麦湯で割って、全て飲み干します。


(・。・;)はぁ~!? って思うかもしれないけど、実際に喰うとこれはアリ。

B級度合いも丁度いい。


畠山旅館 更科八旅館 / 渋民駅

昼総合点★★★★ 4.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 食べ物 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

乳頭温泉郷 蟹場温泉

乳頭温泉郷 : 蟹 場 温 泉 (日帰り:500円)

乳頭温泉郷の休暇村・妙の湯・大釜のさらに奥、道のどんづまり
にあります。

日帰り

蟹場(がにば)温泉という名前の由来は、近くの沢に蟹が多くいた
からだそうです。

日帰り

ここの名物 ”唐子の湯”という露天風呂へは、旅館の裏口から
100mほど雑木林の中を歩いて行きます。

日帰り

遊歩道を沢の方へ下っていくと、脱衣所が見えてきます。

日帰り

脱衣所は男女別ですが、風呂は混浴。

湯船は石で組まれていて、かなり広いです。

混浴といっても、風呂の端の方に入れば、つい立の陰に隠れるので、
女性にとっては比較的ハードルが低い。

ホースで引き湯された源泉がかけ流されていて、お湯は透明に近いですが
硫黄の香りが漂っています。

そして、手のひらほどもある大きな湯花が舞っていました。

目の前には沢が流れ、周囲には林が見えて すこぶる開放的な感じです。

日帰り

内湯は”岩風呂”と”木風呂”の2つ。

旅館の狭い廊下を通っていきます。

日帰り

内湯の温度は、露天風呂より やや熱め。

やはり、ここも大きな湯の花が舞っていました。

< 岩 風 呂 >
日帰り

秋田杉で造られたという木風呂は、浴槽・床・桶にいたるまで全て木製。

窓際には宿の縁起で蟹が集まったという”甲石”なるものが置かれています。

< 木 風 呂 >
日帰り

湯上りには、蔵の中をイメージしたような休憩室で、まったり。

蟹場

この日は客の数が少なく、湯温も適温だったので、のんびりとリラックスして
お湯を楽しむことができました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 05:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

盛岡の老舗蕎麦屋

○ 盛岡 : 橋 本 屋 本 店

盛岡本町通にある藩政時代から続く老舗の蕎麦屋。

店構えに高級感は無いが、味のある佇まい。

この日は、暖簾を掲げると同時に一番乗りで入店。

日帰り

お品書きには、”中華そば”や”カツ丼”もあり、意外にリーズナブル。

ブームを追うわけでもなく、老舗の品格を追求するわけでもない。

日帰り

客は皆、ふだん着のままで入店して、実質的な食事をする。

味は、きわめてオーソドックス。

驚くほど旨いものはないが、何を食べてもハズレがない。

日帰り

進化することはないが、ブレることもない。

日帰り

幼い頃は親に手を引かれ、親になったら子供の手を引いてやって来る。


盛岡の老舗の名店は

そんな庶民的な蕎麦屋だと思います。


橋本屋 本店そば(蕎麦) / 上盛岡駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 食べ物 | 06:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

フロンティアの湯

どんよりとした空の雨降りの日。

温泉本のクーポンを利用しようと、安比高原に向いました。

< 花輪線 安 比 高 原 駅 >
日帰り日帰り

○ 安比豊畑温泉 フロンティアの湯(入浴料500円クーポン100円引き)

比較的新しい施設ですが、コンランドリーや自炊の設備があり、
湯治ができるようです。

日帰り

内湯の浴槽は3つあり、薄茶色のお湯を加水しないでかけ流しています。

肌をこすれば、スベスベした感じ。 鉄の匂いがします。

客が少なくて、汚れていないので、お湯が新鮮で気持ちいい。

日帰り

外には、露天風呂がありましたが

雨が降っていたので、ゆっくりと入ることができませんでした。

日帰り

隣りの畑から 丸見えだし。。。

日帰り

この温泉には、ラドンも含まれているんだとか。

「フロンティア」という名前は軽いですが、体に効きそうなパワーを感じる
温泉でした。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ソフトクリームは割り箸でたべるもの

○ 花巻 : マルカンデパート食堂

マルカンデパート6F食堂は、昭和に戻れる場所。

今はシャッター通りに変わった商店街に建つ姿は、なんだか切なくなります。

日帰り

やはり、この日も混んでいました。

マルカン食堂では、まず、食券を買ってから座る場所を探します。

合席が当たり前。

お茶や水はセルフサービス。

そして、料理を運ぶのは、紺色の制服に白いエプロン姿のウェイトレス。

日帰り

この日は、定番の”マルカンラーメン”と”ソフトクリーム”にしました。


マルカンラーメンは、熱くて ピリッと辛い あんかけ麺。

冷めにくくて体が温まります。

食べ終わる頃には、頭と体から ドッと汗が噴き出してきました。

< マルカンラーメン 540円 >
日帰り

各テーブルに備え付けの、ポットのお茶やコップ割り箸は、どのように使っても自由。

ソフトクリームを割り箸で食べる” のがマルカン流。

別に作法ではないんだけれど、これだけ高いと倒れやすいので、テーブルに
置いたまま、割り箸で削り取って食べる人が多いのです。

応用編として、半分をコップに入れて 2人で分け合って食べる人もいる。

これも OK。  もちろん、この場合も 割り箸で食べます。

< ソフトクリーム 150円!!! >
日帰り

たかが、ソフトクリームですが、

ここまでいくと、職人の技と高さへのこだわりで造り上げた、ひとつの作品
のようにも思えてきます。


マルカンデパート大食堂定食・食堂 / 花巻駅

昼総合点★★★★ 4.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 食べ物 | 06:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

北に向って出発進行!!

ガソリン代が高いので、今回は電車を利用して セコい旅に出かけます。

東日本パス

○ 北海道&東日本パスとは

「青春18キップ」との違いをザックリ言うと

  青春18キップ北海道&東日本パス
乗れる電車全国JRの普通列車北海道&東日本JRの普通
いわて銀河鉄道・青い森鉄道
海峡線特急乗車できない特急券を購入して乗車可能
利用日数1日有効5回連続した5日間
料金11,500円10,000円
 
盛岡から北へ向うには、「青春18キップ」より、「北海道&東日本パス」の方が
便利そうです。

※ 上記の表は、2008年当時の規定です。
2013年現在、北海道&東日本パスの利用日数は連続7日間の有効になっています。



では、さっそく

前置きが長くならないうちに、

出発進行!

2008年8月14日(木) くもり のち 雨

< 花巻駅 06:43発 普通 >      < 盛岡駅 07:31発 普通 >
東日本パス 東日本パス

盛岡駅で、いわて銀河鉄道(IGR)に乗換えました。

もともとは、東北本線だったのですが、盛岡以北の新幹線開通を条件に、
JRから地元の第三セクターに経営が移譲されたのです。

なので、旧東北本線は岩手県側の盛岡-金田一温泉が ”IGR”で、
その先の青森県側は ”青い森鉄道”が運営しています。

JRではありませんが、北海道&東日本パスなら、この区間も乗車可能
です。

< 09:19 八戸駅着 >
八戸駅

八戸駅では、次の乗り継ぎまで1時間近くあるので、駅の近くある温泉に
入る予定でした。

ところが、実際に歩いて行くと、予想以上に時間が掛ってしまい、
(ヤッベェ~!)肝心の温泉に入る時間がありません。

計画の甘さを反省しながら、雨の降る中を 再び 駅までトボトボと
歩いて戻りました。。。

幸先悪し ↓(x_x)↓  この先、どうなることやら。。。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 10:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

刺身3点の朝めし600円

八戸駅から、JR八戸線で陸奥湊駅へ。

< 八戸駅 10:16発 普通 >
東日本パス東日本パス

< 陸奥湊駅 10:35着 >
東日本パス


○ いさばのかっちゃ

駅を出ると、すぐ目の前が市場通り。

陸奥湊(むつみなと)のマスコットガールは いさばのかっちゃ

いさば=魚売り かっちゃ=母ちゃん

つまりは、元気な魚売りのオバチャンの町です。

東日本パス

○ 八 戸 市 営 魚 菜 小 売 市 場

市営の小売市場は、午前3時から営業しています。

遅い朝めしを食べに来たのですが・・・

東日本パス

ピークは過ぎて、人影はまばら。

半数くらいの店は、品物を片付け始めていました。

東日本パス

とりあえず、空いてるテーブルに荷物を置いて

まだ、開いている店で朝めしを調達。

東日本パス

で、これが 買い揃えた 朝定食600円。

焼き魚も売っていましたが、焼酎を持ってきたので、お刺身が食べたかったのです。

東日本パス

「かつお200円」と「かんぱち300円」を買ったら、「炙りサーモン」は おまけ。

「ごはん100円」を買ったら、「インスタントでいいば、みそ汁あげるよ」って。

どんだけサービスしてくれるんだろう。


ありがとう ”かっちゃ”

一人では十分すぎるボリュームです。

食べ物運は幸先吉 ♪


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2駅進んで途中下車

陸奥湊駅に戻ってきました。

東日本パス

電車を待つ間、ベンチに座って考えた・・・

今晩は、青森駅から22:42発の「急行はまなす」で津軽海峡を渡る予定。

このまま真っすぐ 青森駅に行ったのでは、いくらなんでも早すぎる。

時間つぶしに、何度か途中下車しなきゃなぁ・・・


<この旅では、荷物はチェアバックに入れて持ち歩いていました>
関連記事 : 電車での持ち物  
東日本パス

おっ! 三陸鉄道から乗り入れたイベント車輌だ!

< 陸奥湊駅 11:35発 普通 >
東日本パス

と、

乗り込んだら、満席で座る場所が無い。

運がいいんだか、悪いんだか。。。。

東日本パス

電車のデッキに立ちっぱなしは嫌なので、2駅目で電車を降りました。

< 本八戸駅 11:45着 >
東日本パス

次の電車が来るまでに、雨と汗でベトベトした体を洗うことに。

ちなみに、八戸市内には温泉銭湯が多く、朝5時から営業しているのです。


○ 本八戸駅前温泉:ほんぱちヌック (入浴料420円)

駅から東に歩いて3分ところにある 本八戸駅前温泉。

”ほんぱちヌック”と書かれた新しい建物です。

東日本パス

中央にある長方形の大きな浴槽からは お湯が溢れておらず、
すぐに循環湯とわかります。

少し消毒臭と金気臭がして、まったく特徴のないお湯です。

東日本パス

まぁ、温泉銭湯ですから、こんなもんでしょ。

浴室がきれいでサウナもあるし、体を洗うことが目的だから文句はありません。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

雨が振る中を 三沢~浅虫温泉

相変わらず雨が降り続いて、嫌になってしまいます。

まぁ、電車に乗っている間は天気が関係なので、とりあえず着た電車に乗って
青森方面へ向いました。

< 八戸駅 13:15発 快速 >
東日本パス

夜行列車「急行はまなす」の発車時間までは、まだまだ時間が有り余っています。

なので、駅から近い、渋沢公園に行こうと思いつき、三沢駅で途中下車。

< 三沢駅 13:25着 >
東日本パス

ところが、電車を降りたら、小さな携帯傘を差して駅から外に出るのを
躊躇させるほど雨脚が強くなってきました。

暫しの間、駅で雨宿りしていましたが、いっこうに弱まる気配はありません。

このままでは、埒が明かない・・・

エイッ! と、意を決して駅を飛び出したのですが

その瞬間 ますます雨が強くなって土砂降りに! ヽ`、ヽ`个o(・_・。)`ヽ、`ヽ、

やむを得ず、渋沢公園行きは 途中で断念。

100mも進まずにスゴスゴと駅まで戻り、次の電車が来る時間まで、
服と傘を乾かしていました。

< 浅虫温泉駅 16:40着 >
東日本パス

で、だいぶ雨が弱まってきたので、懲りずに 浅虫温泉駅で途中下車。

○ 道の駅 浅 虫 温 泉 ゆ ~ さ 浅 虫 (入浴料350円)

浅虫温泉駅から、道の駅は目と鼻の先。

多少雨が降っていても、ずぶ濡れになることはありません。

< 窓の外に青森湾が見える >
東日本パス

エレベーターで5階まで上がると”展望浴場はだか湯”があります。

ここからも海が眺められますが、家族連れの人が多くてジャリンコが大集合。

とても、ゆっくりと温泉に浸かる雰囲気ではありませんでした。

東日本パス

やっと、暗くなってきました。

それじゃ、いよいよ青森市内に行きますか。

< 浅虫温泉駅 19:57発 普通 >
東日本パス

待ってろよ 青森。

あど わんつかで 着ぐ はんで


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 07:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ホタテ貝焼みそ&けの汁

お天気は回復傾向 ↑↑↑

青森駅に到着したら、傘が必要ないほどの小雨に変わっていました。

< 青森駅 20:12着 >
東日本パス

「急行はまなす」の発車時間まで2時間半。

ここで 一旦、駅の外に出て、夕めしを食べてこようと思います。

< 駅の通路から青森港に架かるベイブリッジが見えます >
東日本パス

でも、その前にチラッと観光。


青森県観光物産館(愛称:アスパム)は昭和61年に建てられました。

青函トンネル開通(昭和63年)の時には”青函博”というイベントが
開催され、その期間、仕事で何度も来たことがある懐かしい場所です。

20年経った今でも変わらずに、青森の”顔”的存在のようです。

東日本パス

で、再び 駅前に戻って夕飯。


○ お さ な い 食 堂

この店は陸奥湾で獲れた活ホタテを使った、刺身・フライ・焼き物などの
ホタテ料理が看板メニュー。

東日本パス

今回は、津軽の郷土料理の”ホタテ貝焼きみそ”と”けの汁”を食べました。

東日本パス

”貝焼きみそ”とは、

(青森では必ず家にある)大きなホタテ貝の器にホタテを切って入れ、
味噌で味をつけて、玉子でとじたものです。

中央には蒸しウニが乗っていました。

大ぶりに切ったホタテがプリッ。 玉子がフワッ。

磯の香りと食感が楽しい。


そして、予想以上にうまかったのが、”けの汁”です。

”けの汁”とは

ニンジン・大根・ワラビ・こんにゃく・凍み豆腐などを細かく切り、
味噌とズンダ(青大豆を磨り潰したもの)で味付けした家庭料理。 

丼の中から、具だくさんの野菜の滋味が溢れ出しています。

これだけでも腹持ち十分。

優しくて、気持ちが安らぐような美味しさです。


おさない定食・食堂 / 青森駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 05:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「急行はまなす」で北海道へ渡る

○ 青 森 駅 22:42発  急行はまなす

発車の1時間前に青森駅の”急行はまなす”の乗り場ホームに行きました。

おっ! 意外に人が少ないじゃん。 あ~よかった。

と 思いながら先に進んで行くと

東日本パス

乗客がすでに列を作っている一角が見えてきました。

それは、これから乗り込もうとしている自由席の車両の辺りです。

「急行はまなす」には、通常10両編成で寝台車、指定席の他に3両だけ
自由席があります。

青春18きっぷや北海道&東日本パスで乗車できるのは、この自由席に
限られているのです。

東日本パス

よくよく見ると、それは、これから乗車するのではなく

列車に人が満杯で、乗れずにいる人の列でした。  (゚O゚;)

どうしよう・・・・

仕方なくて、列車に乗れずに並んでいると、

「特別措置として指定席列車の通路やデッキ部分にも自由席扱いで乗車させる」
という放送が流れ、人が分散したので、どうにか乗り込むことが出来ました。
(´ε`)フゥ…

東日本パス

やっと、乗車できたものの、列車の中はギューギュー詰め状態。

並んでいる間に、チェアバッグをキャリーから切り離しておいたので、
乗車と同時にそれに座りました。

今夜の寝床は、「急行はまなす」のデッキで拡げた折りたたみイスの上です。

荷物を抱えて、立ったまま寝る人がいるんですから贅沢は言えません。



○ 01:03 函 館 駅

函館駅では、進行方向が反対になり、電気機関車からヂーゼル機関車に
変わりました。

25分ほどの待ち時間はホームに出て、久しぶりに 思いっきり体を伸ばして
外の空気を吸い込みました。
""\(- 。*)/""

東日本パス

函館から大沼-長万部-東室蘭-苫小牧を経由して、06:08札幌駅に到着。

列車からは、こんなに乗っていたのかと驚くほど。

人が次から次に降りてきます。

まるで、イリュージョンかギネスに挑戦しているみたいです。

乗り込む時は最後で厳しかったけど、降りるときは先頭で楽でした。



○ 06:35 札 幌 駅 発 普通

少し休憩したいのですが、セコい旅では それが許されません。

休む間もなく、滝川行きの普通列車に乗り込みました。

東日本パス

○ 08:16 滝 川 駅

滝川駅では旭川方面への普通列車は、8分前の08:08に出発していて、
次の普通列車は、11:53までありません。

エッ! 4時間近くも電車を待つの?

ってことになるわけですが

ここで裏技。

ご存知の通り、北海道&東日本パスでは特急に乗れません。

なので、

運賃440円と特急券300円を払い08:20発「特急オホーツク1号」に
1区間だけ乗る
のです。

東日本パス

すると、

乗ってきた特急オホーツク1号は、08:35深川駅に到着。

そして、隣のホームには08:08に出発していた普通列車が、特急との
接続のため停車しているのです。

これに乗れば、旭川駅に09:11に到着することができます。

普通列車だけ乗り継いで行けば、旭川着は12:40。

740円で貴重な午前中の時間が手に入るなら安いもんです。

< 深川駅 08:39発 普通 > 
東日本パス

○ 09:11 旭 川 駅

や~~~っと 着きました旭川駅。  \(^O^)/

青森を出てから、北海道で初めて駅の外の風景を見た。

東日本パス

雨は一滴も降っていません。

ヨーシ! どうやら、こっちに運が回ってきたようだ。

お待たせしました北海道。

なまら、楽しみだべさ~! 

って感激している時間はありません。

急いで、旭川観光の超定番 旭山動物園行きのバスに乗らなくては・・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

バスに乗って「旭山動物園」へ

○ 旭川電気軌道バス 旧アサヒビル前乗り場

旭川駅でもたつき、スタートダッシュが悪くて、バス停に行ったら長~い列の
最後尾に並ぶことになりました。

案の定、やって来た定期バスには乗り切れず、次のバスを待つハメに。。。

あ~ぁ・・・ 出遅れちゃったなぁ

と 落胆しながら、ベンチに腰掛けようと思ったら

なんと、すぐに臨時バスが来るじゃないですか!


しかも、臨時バスは、途中のバス停には停まらず、真っすぐ旭山動物園に向います。

結局、路線バスを追い越して、先に旭山動物園に着いたのでした。

万事塞翁が馬。  世の中は、何が幸いするか分かりません。

東日本パス


○ 旭 山 動 物 園 (入園料800円)

旭川市にある旭山動物園は日本の最北にある動物園だそうです。

東日本パス

動物本来の動きを引き出して見せる”行動展示”という手法が注目を集め、
日本の動物園の中では1番の人気らしい。

日本全国から、いや、日本以外の中国・台湾・韓国からも人が押し寄せて
いるようです。

・・・にして、あまりの人の多さには マイッタ。。。。

東日本パス

○ 白 く ま 館

人気の白くま館に入館するのは30分待ち。

ガラスのドームから白くまを近くで見れるというので、館内に入ってから、
さらに、20分以上並びました。

そして、

やっと、順番が来てドームへ頭を突っ込み、グルッと周りを眺めたのですが
白くまのシッポすら見えません。

「自然のままの行動ですから・・・」と説明は受けていたものの・・

ガッカシ (´.`;)  テンション急降下↓↓↓

東日本パス

で、主役の白くま君は というと、

疲れているのか、ぐったり、寝そべっていました。

東日本パス

休みの日の女房の姿に似てるなぁ・・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

旭川ラーメンの老舗

旭山動物園から、バスに乗って旭川駅前に戻ってきました。


○ 平和通買物公園

旭川駅の中からまっすぐ伸びる道路は、「買物公園」という
名前の1Kmに渡る歩行者天国になっています。

その買物公園に面したビルの地下に旭川ラーメンの有名店
”梅光軒本店”があるので昼めしにしました。

東日本パス

○ 梅 光 軒 本 店 (ばいこうけん)

東日本パス

旭川ラーメンには、かつて 「どっちの料理ショー」で日本一の麺と紹介された、
加水率の少ない”加藤製麺”がお約束。

麺に含まれる水の量が少ないこの麺は、スープをよく吸収するし、縮れているので、
スープがよく絡まるんだとか。

東日本パス

豚骨などを煮出したスープは、力強くて、意外にワイルド。

そして、スープに入った麺は、しっかりとした歯ざわりです。

メンマは極太、チャーシューは柔くて、うんまい。

ふむふむ。

たしかに、食べ進めていくと麺がスープを吸って、食感が変わるような気がします。

なるほど・・・ なるほど・・・

朝めしを食べてないので、箸が止まりません。

気がついたら スープまで飲み干してしまってた。

Σ(´θ`) なまら うめぇ~

梅光軒 旭川本店ラーメン / 旭川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エッ? カトウザン???

○ らーめん 山頭火 旭川本店

旭山動物園行きのバスを待っていると、列の前の方にいた人が
「カトウザンがあそこにあるよ」と 私の背中の方を指さしたのです。

カトウザン? ん? (。_゚)??

振り向いてみると、たしかに 火頭山 と書かれた看板がありました。
 
東日本パス

てなわけで、

動物園から帰ってきて、旭川ラーメン2軒目は ”カトウザン”

じゃなくて ”さんとうか”です。

東日本パス

他のチェーン店で食べたときには、いい印象ではなかったんですが、
やはり、本店は違っていました。


白湯スープは、まったく臭みが無く、

細ストレート麺には、しっかりとしたコシがあります。

そして、キクラゲのコリコリ、小梅のカリッとした食感が楽しいし

チャーシューが圧倒的にウマイ。


少々、ぬるく感じましたが、バランスの良い一杯だと思いました。


らーめん山頭火 旭川本店ラーメン / 旭川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

札幌味噌ラーメン発祥の店

○ 18:42 札 幌 駅

16:09旭川-普通-17:52岩見沢18:05-快速-18:42札幌
と乗り継いで札幌駅まで来ました。

東日本パス

地下鉄南北線に乗るため案内図を見ると、JRの駅名は”札幌”で、地下鉄の駅名は
”さっぽろ”と表記されています。


○ 18:56 地下鉄さっぽろ駅

札幌の地下鉄は南北線・東西線・東豊線の3路線ありますが、いずれも走路上を
ゴムタイヤで走る”SAPPORO方式”と呼んでるものです。

加速に優れ、騒音が少なく良い乗り心地ですが、反面、JRと乗入できない、
タイヤが磨耗する などのデメリットもあるんだとか。

東日本パス東日本パス

大通駅で地下鉄を降りると、”オーロラタウン”という地下街が広がっていました。

やはり、札幌は北の大都会。

普通列車の窓から見える 北海道の風景からは想像できないほどの人が
歩いています。

HKD045-1.jpg

地下街から外に出て、大丸藤井セントラルビル4階に上った所が
札幌で最初の目的地。

東日本パス

○ 味 の 三 平

味の三平は、札幌味噌ラーメン発祥の店。

北海道に来たら、是非、押えておきたいと思っていました。

東日本パス

ビルの中にある店は、古臭さを感じませんが、働いている店員は全員がベテランで
年季を感じさせる風貌です。

東日本パス

で、目の前に登場した「元祖味噌ラーメン」は、意外なほどに色が薄い。

乗っている具は、ひき肉・タマネギ・モヤシにメンマ、それにカイワレが2本。

その丼を引き寄せ、まずは、スープから。

見た目と同様、味噌が出しゃばらず、野菜の甘みが感じられる優しい味です。

そして、定番の太くて縮れたコシのある麺。

やっぱり、味噌ラーメンは、この麺に限るなぁ・・・

最近流行りの濃厚なラーメンと比べれば、シンプルですが、物足りなさはありません。

食後の余韻が、長く後を引く味でした。


味の三平ラーメン / 西4丁目駅大通駅すすきの駅(市電)

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ススキノの味噌ラーメン有名店

○ 狸 小 路 ~ 薄  野(ススキノ)

狸小路は、明治初期に数軒の飲食店が建てられたのが始まりで、大通の官庁街
とススキノの遊郭に挟まれて、飛躍的に発展したところなそうです。

東日本パス

雨が降り続いているので、狸小路のアーケード街を通って、北海道随一の歓楽街
ススキノに向かいました。

HKD050-1.jpg

○ 欅(けやき) すすきの本店

歓楽街の路地にある けやき本店は。カウンター10席のみ。

並ぶこと必至! と、意気込んでいましたが、幸い空いたイスが1つありました。

ところが、店の中に入ろうとすると

「ガスの故障で、20分くらい掛りますけど・・・ いいですか?」と尋ねられました。

立って待つつもりでいたので、もちろんOK牧場。


すぐに、修理の方が2人来て、5分ほどで修理完了。

原因はただの”着火用の電池切れ”とのこと。 ┐(-_- )┌ やれやれ

東日本パス

で、お待ちかねの味噌ラーメンは、モヤシとキャベツを炒め、煮込んだ荒挽き肉
少量のキクラゲ・白髪ねぎを乗せたものでした。

東日本パス

スープはこってり系で、ニンニクが香るパンチが効いています。

少し塩辛い味噌味が、コシの強い太麺とマッチしていて、北海道・東北の人が大好きな
味だと思います。

これなら、立って待ってでも食べる価値は十分あります。


けやき すすきの本店ラーメン / 豊水すすきの駅すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)

夜総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

カプセルホテルで爆睡 (-Θ-)zZ~

○ ス パ & ホ テ ル  ア ビ ネ ル

アビネル(浴び寝る)は、すすきの駅から西に向かった所にありました。

東日本パス

大浴場にはサウナ・露天風呂もあり、浴槽も大理石造りと実にゴージャス。

食堂やインターネットブースもあり、この立地で1泊2900円とは驚きの安さです。

東日本パス

ラウンジのTV付きリクライニングシートで寝ている人も多い。

東日本パス

おかげで、カプセルの中は静かなものです。

東日本パス

昨夜は、夜行列車のデッキで、折りたたみイスに座って眠ったのです。

それと比べると、まさに天国 極楽 パラダイス。

ん~ 快適ぃ~ 気持ちよくて とろけそぅ・・・

あっという間に、上の目蓋と下の目蓋が仲良くなって

意識が ふっ飛びました。  (  ̄∂ ̄)。。ooOO


(残念ながら、スパ&ホテル アビネルは、2012年11月に閉店したらしい)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

朝めしも味噌ラーメン

2008年8月16日(土) くもり 一時 雨 のち 晴れ

○ この時間にラーメン喰っているヤツって みんなオミズ っしょ

朝6時にカプセルホテルをチェックアウトしました。

早朝のススキノは、夜の喧騒とは異なって人通りがなく、静かで穏やかな表情。

東日本パス

仕事帰りで、家路に着く人も多かったです。 お疲れさまでした。

東日本パス

朝めしを食べに、24時間営業のラーメン屋に入りました。

店の中では、ドラゴンボールに登場するスーパーサイヤ人みたいに、
炎が燃え立つような髪をした、ホスト系4人組がミーティング中。

朝っぱらから、かなりテンション高い。。。

東日本パス

山岡家では、麺の硬さ・みその量・辛さ・油の量を選んで注文できます。

が、まずは基本のノーマルを食べました。

麺の量がやや少なめで、油も多くない。

スープのコクは深くないが、化学調味料の効き目とピリカラ味がマッチして、
けっこうイケル。

東日本パス

ただ、朝ラーというより、飲んだ後のシメのラーメンを食べている感じがしました。


山岡家 新すすきの店ラーメン / すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)豊水すすきの駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

札幌大通公園は無料の美術館

札幌市内観光の定番 大通公園を端から端まで歩いてみることにしました。

東日本パス東日本パス

大通公園には、いろいろな美術品があるんですねぇ。

東日本パス東日本パス

片っ端から、公園内にあった彫刻の写真を撮ってきたのですが

東日本パス東日本パス

正直いって

歴史や芸術・文学についての知識は無いし、興味もありません。

東日本パス東日本パス

なので、コメントや解説は一切なし。 あしからず。

東日本パス東日本パス

で、テレビ塔

噴水と一緒に撮ったら、下半分が隠れちゃいました。

東日本パス

そして


○ 北 海 道 庁 旧 本 庁 舎

北海道庁旧本庁舎は、明治21年に建築されたレンガ造りの西洋風の建物で、
国の重要文化財に指定されています。

東日本パス

館内は、道立文書館として公開され、一部は隣接する現道庁の会議室として
現在も使用されているそうです。

建築物は、保存するだけじゃなく、使用することで活き活きするようです。

東日本パス

の形は、五稜星(ごりょうぼし)といって、北極星をモチーフにしたもので
北海道開拓のシンボルなんだとか。

サッポロビールのマークにもなっています。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 05:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

日本三大がっかり? トンデモナイ!

○ 札 幌 市 時 計 台

日本三大がっかり(観光名所として有名だが、実際に訪れると期待はずれ)としては
”札幌の時計台” と ”高知のはりまや橋” が不動の地位を確立し、三番目を
”沖縄の守礼門”、”長崎のオランダ坂”、”名古屋テレビ塔”などが争う展開に
なっていると言われています。

東日本パス

以前、札幌観光に訪れた時には、観光バスの中から建物を眺めただけでしたが、
たしかに、周囲に建ち並んだ高いビルの中では、時計台はイメージしていたより
チッチャく見えた記憶があります。

今回は時間に余裕があるので、中に入って見学することにしました。

東日本パス

札幌市時計台は、北海道大学の前身、札幌農学校の「演武場」として明治11年に
建てられ、兵学や体育の授業のほか入学式や卒業式に使われたそうです。

東日本パス

その後、平成10年の修復工事によって、2階をホールに改築して、現在は
コンサートなども行えるようになりました。

東日本パス

ホールのステージには、札幌農学校時代の装飾品を再現したものとして
北海道開拓のシンボル五稜星(ごりょうぼし)のアーチが飾られています。


札幌の都市開発が進んだ現在、建築物としての時計台は、小さな存在に変わった
のかも知れません。

しかし、今でも”開拓精神”の象徴であり続けているのだと思いました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

函館本線途中下車① 長万部駅「カニめし」

○ J R 札 幌 駅

JR札幌駅まで歩いていくと、大丸デパートの入口には長蛇の列が・・・

(・_・?)はて? 一体 なんじゃろ?

近づいて、警備員が掲げているプラカードを見ると

花畑牧場の生キャラメル 本日販売終了致しました」と書いてあります。

へぇ~  もう売り切れたの? スゲェ〜 ・・・

・・・・

ヨシヨシ これで、お土産を買わない口実ができたゾ  (^ω^)

東日本パス


○ 11:44 札幌駅発 快速エアポート111号

札幌市内の定番観光を終えて、札幌駅から小樽行きの快速エアポートに乗車。

東日本パス

この車両は、実にユニーク。

車両の真ん中に、両開きの仕切扉でできた乗降用のデッキがあり、
客室は前後2つに別れています。

乗客が乗り降りする時に、冷暖房された空気が車外へ漏れないよう、
エコな構造になっているんです。

東日本パス

やっと空が晴れて、小樽が近くなると海が見えてきました。

東日本パス


○ 12:20 小樽駅発 普通

東日本パス

小樽を過ぎると函館本線は単線に変わります。

倶知安駅では30分ほど列車の待ち合わせに停車。

東日本パス

函館本線は函館-小樽-札幌-旭川をつなぐ北海道の大動脈。

と、思っていたら、小樽-函館間は、超ローカル線。

倶知安を過ぎたら、列車から民家を見かけることが稀になりました。

東日本パス


○ 15:21 長万部(おしゃまんべ)駅着

函館行き列車の出発まで55分あるので、長万部駅の外に出ました。

長万部は、函館本線と室蘭本線が乗り入れている駅ですが、外は静かなものです。

東日本パス



○ かにめし か な や

長万部の特産品は毛ガニ。

名物駅弁は、もちろん”かにめし”です。

駅前には、「かなや」という駅弁の製造・直売所と食堂を併設した店があります。

東日本パス

時間が無い時は、駅弁を買うしかありませんが、食堂に行けば、駅弁と
同じ値段で、温かい”かにめし”が 味噌汁付きで食べられます。

毛ガニの身をほぐして、味付けしたものがご飯に たっぷり乗っていて
なかなかおいしい。

フワッとしたカニの身と、シャキッとした筍の歯ざわりのハーモニー。

駅弁に定番の甘辛味のシイタケとカリカリ梅がアクセントになっています。

東日本パス

おっと、電車の時間が迫ってきました。

駅弁の「かにめし」も買っていこうかな。


かなや割烹・小料理 / 長万部駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

函館本線途中下車② 森駅「いかめし」

○ 16:16 長万部駅発 普通

東日本パス

夕方になっても、窓の外に見えるのは、平原と時々姿をあらわす海だけです。

東日本パス

駅に停まっても、誰も降りることもなく、誰も乗り込んできません。

東日本パス

ただただ、変わらない景色を眺めるだけです。

東日本パス

車窓の風景にも飽きて、アクビを噛み殺し始めたころ、遠くに北海道駒ケ岳が
見えてきました。

東日本パス

そして、森駅で途中下車。

東日本パス


○ 森 駅 : い か め し

函館本線の森駅といえば、日本一有名な駅弁の”いかめし”。

改札を出て、キヨスクに行くと、いかめしは売り切れていました。

だけど、店員さんが、「駅前の柴田商店で売っているよ~」と教えてくれたので
駅を出て、柴田商店へ。

東日本パス

受け取った いかめしは まだ温かい。

東日本パス

さっそく、蓋を開けて食べました。

東日本パス

小ぶりなイカは歯切れが良くて、その中に詰まっている ご飯はモッチリした食感。

ご飯にも、しっかりとタレが滲み込んでいます。

ク~ッ! 冷たい缶ビールとの相性バツグン。

噛んでいるうちに、イカの旨みが口に広がってきます。

ヤバイ  もう一本ビールが飲みたくなった。


柴田商店弁当 / 森駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

この旅で一番感動したシーン

○ 18:40 流山温泉駅

エッ? 北海道新幹線が開通したの?

まさか、窓の外に見えるのは新幹線の車両では?

東日本パス

と思うでしょ。 その通り、新幹線の車両です。

流山温泉駅は、平成14年にできた駅で、東大沼の集落までは遠くて、
利用する人は少ないんだそうです。

そこで、わざわざ無人駅に駅舎を作らずに、ホームの横に200系の
新幹線車両を設置して、待合室として利用しているんだとか。


○ 19:29 函館駅着

函館駅に着いた時には、すっかり陽が暮れていました。

さすがに、北海道は広くて普通列車で移動するのは、予想外に時間がかかりました。

東日本パス


○ 19:38 市電函館駅前電停

この日の宿は、湯の川温泉に予約しています。

駅前の電停から市電に乗り換えました。

東日本パス

市電で函館駅前から湯の川温泉までは、30分位掛るんですが、
その間に乗り込む人が多くて、車内は大変混み合いました。

ここで驚くような光景が・・・

市電の中は、こんなに混んでいるんですが、優先席に誰一人として
座ろうとしないんです。

東日本パス

そういえば、

旭山動物園からの帰りのバスでは、お年寄りが乗ってくると若い人が
優先席ではないのに、席を譲っていたのを思い出しました。

それも、お年寄りが3人乗れば、若い人3人がです。

東日本パス

すごいぞ北海道!  \(◎o◎)/!

こんな光景に触れ合えることが、貧乏旅に出たくなる最大の理由なのかもしれません。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 06:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

かなりイケてる函館の塩ラーメン

○ 20:13 湯の川温泉電停

札幌駅から電車を乗り継いで8時間半。

や~っと、この日の宿がある函館湯の川温泉に到着しました。 (´ε`)フゥ…

東日本パス

市電を降りたら、MAX死にそ~なほど、腹がへっていることに気づきました。

とりあえず、夕めしを食べることにしよう。


○ 函館麺や 一文字 本店

人気店なので、行列に並ぶことは仕方ありません。

ただ、店の外にに流れてくる、チャーシューやスープを煮る匂いを嗅ぎながら、
空きっ腹を抱えて待っているのは、拷問のようにツライ時間です。。。

東日本パス

で、お待ちかねの塩ラーメンが目の前に登場。

東日本パス

スープは、比内地鶏のガラと昆布で採ったという澄んだもので、スッキリしているが
深い味わい。 

麺は、ツルッと喉越しの良い 細麺のストレート。

そして、チャーシューは、バラ肉ですが箸でつまむと崩れるほど柔い。

甘めに味付けされた味玉もイケル・・・。


などと、感想が言えるようになったのは、スープを飲み干した後から。

本能の趣くままに、ガツガツ食べている最中は、”シ ア ワ セ ~”
という、言葉しか浮かばなかった。

函館麺や 一文字 函館本店ラーメン / 湯の川温泉駅湯の川駅市民会館前駅

夜総合点★★★★ 4.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

素泊まり旅館で「やきとり弁当」の朝食

○ 湯の川温泉 湯 っ 多 里 (ゆったり)

駅前のビジネスホテルでもいいかな とも思いましたが、わざわざ函館まで
来たのだから、湯の川温泉に泊まることにしました。

温泉旅館といっても、部屋数の少ない、小さな建物。

他に客はいないようです。

東日本パス

部屋に荷物を置いて、さっそく風呂場へ。

宿のご主人によると、「源泉かけ流しなので内風呂は45℃と熱い」とのこと。

浴槽の縁には、鉄と石灰が混じったような析出物がびっしり付いています。

お湯に体を沈めると、体感温度は43~44℃。

けっこう熱いですが、痛く感じるほどではありません。

無色無臭のお湯は肌触りがよく、湯冷めしにくいタイプのようです。

フゥ~ッ  長い時間、電車に揺られて、こわばっている体に、熱めのお湯が
沁み渡っていきます。

東日本パス


2008年8月17日(日) 晴れ

昨夜は、布団の上に横たわった瞬間に寝ていたようです。

窓の外が明るくなって、目が覚めました。

東日本パス

素泊まりなので、

朝めしは、近くのハセスト(ハセガワストア)で買ってきた「やきとり弁当」。

函館に来たら、これは外せないっしょ。

< 味:たれ サイズ:中 >
東日本パス

ハセストの店内には調理場があり、店員が24時間その場で調理してくれます。

北海道では、やきとりと言えば豚肉がスタンダード。

隠し味の赤ワインをスプレーで吹き付けて焼きあげ、海苔を敷いたご飯の上に
乗せたもので、「たれ」「塩」「塩だれ」「味噌だれ」の味を選べます。

おもしろいのは、弁当の容器には溝が刻まれていて、そこに串を置き、上から
ふたを閉めて引き抜くと、一気に肉がはずれるという作りになっています。

ですが、

実際にやってみると簡単にはずれなかったので、串を手で持って食べました。

焼けた豚バラとトロリとなったネギ。 ご飯と海苔に染みた脂とタレ。

味は見た目のとおり。 想像以上でも想像以下でもありません。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 08夏 東日本パス北海道 | 06:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。