貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2013-06- | ARCHIVE-SELECT | 2013-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

東松山の「やきとり」

東松山で電車を降りて駅から外に出ると、イイ匂い漂ってきました。 ~( ̄‥ ̄*)

そう、ここ東松山(埼玉)には、焼きとりの店が100軒以上あるのだとか。


○ 若  松  屋

有馬

ノレンをくぐって店に入ると、まず最初に飲み物を訊かれました。

この店では、「焼きとりを食べるだけ」や「テイクアウト」はできないようです。


空いてるイスに座って、注文したレモンサワーを飲みながら、お品書きを見ていると
大将が目の前の小皿に、「かしら」と呼ばれる豚の頭の肉を置いていきました。

とりあえず、これでも喰ってろってことなのか。

有馬

常連客らしい方の作法をマネて、ハケで辛味噌をベットリ塗りつけ、口の中へ。


おっ! 外がカリッ、中からは脂がジワッとした食感。

しっかりとした歯ごたえで、肉を食べる充実感に満ちている。

そして、辛味噌の風味がいいですねぇ。

ピリッとして、豚肉の脂が引き締まるような感じがします。

< 食べ終わった串は竹の筒に立てます >
有馬

で、

皿が空になると、何も言わずに、また、「かしら」が1本置かれました。

どうやら、注文をしなくても、勝手に「かしら」が置かれるシステムらしい。

「おあいそ」と言うまで、ひたすら、焼きとりが出てきます。

< 「つくね」も同じ値段 >
有馬

にぎやかな店の中では、見ず知らずの人同士でも気軽に話ができるような
雰囲気です。

中年サラリーマン風の二人連れが席を立った後、隣りの席に座ったのは、
若い女性の一人客。

多少、軽薄に思われたかもしれませんが、天気の話題から始まり、旅行が好きと
言うので、ついつい、調子込んじゃいました。

大将が汗をかきながら、黙々と炭火でじっくり焼き上げた、焼きとりは
もちろん美味しいのですが、楽しい会話が加わると、これは また格別な味です。


若松屋串焼き / 東松山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

板橋の温泉銭湯~東京駅10番線へ

焼きとり屋で、調子に乗って飲み過ぎたようです。

気がついて時計を見たら、とっくに予定時間を過ぎていました。

あわてて、店を出て電車に飛び乗り池袋方面へ。

< 20:13 東松山駅発 東武東上線急行 >
有馬

電車に揺られながらも一人で二次会を開催しました。

500mlペットボトルに入れて持ってきた焼酎は2本目に突入。

ますます、調子が良くなってきたけど、汗と雨に濡れて体中がベトついて気持ち悪い。

ふらつく足で、体を洗いに、またまた、途中下車。

< 21:06 上板橋駅着 >
有馬

○ と き わ 健 康 温 泉  (入浴料500円)

有馬


看板には「天然温泉」と書いてあるが、元々は町の銭湯。

井戸水を調べたらメタ珪酸が温泉に相当する量含まれていたので、ある日突然
天然温泉になったというもの。

加熱しているんだろうが、湯量が豊富で浴槽から溢れている。

塩素臭もしないし、お湯が新鮮。

ん~~~ 気持ちいい・・・・


おっと、酔っ払って長湯するのは危険だ。

体を洗ってシャンプーしたら、早めに上がろう。


< ピンボケしちゃいました 酔っ払うと、こんな風に見えるのかも (^_^; >
有馬


○ そして、東 京 駅 1 0 番 線

今回は、鉄道ヲタクではないけど、”小鉄ちゃん”くらいなマニアのヒラ君と
”夢のコラボレーション”。

東京駅で待ち合わせです。


< 23:10 東京駅発 快速ムーンライトながら >
有馬

自営業の彼は、午前中で仕事を片付けて昼過ぎに花巻を出発したのです。

ヨーシ! ここから先は、添乗員の経験のあるヒラ君に全てお任せして
心置きなく 酒が飲める 酒が飲める 酒が飲めるぞ 


と思っていたら・・・

こっちに歩いてくるヒラ君も、千鳥足じゃないですか!


こんなので大丈夫か オレたち???


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2013年夏の「ムーンライトながら」指定席券

2013年夏「ムーンライトながら」の運行日は次の通り。

東京23:10→大垣05:51  7/26 ~ 8/24
大垣22:49→東京05:05  7/27 ~ 8/25

上り・下りともに、運転開始日の指定席券をゲ〜ット!  (o^。^o)

K1PbOA6iIjj4oQw1372565420_1372565438.jpg


青春18きっぷ」は。

発売期間 : 7/1 〜 8/31
利用期間 : 7/20 〜 9/10



またまた、コレを使って、0泊3日弾丸ツアーに行くゾ〜!

行先とスケジュールは、まだ固まっていませんが、大阪郊外の
箕面滝と千早赤阪城あたりを考えています。

小さな親切&大きな お世話 の情報いただけたら嬉しいです。


さて、3週間後、どうなることやら?  楽しみだなぁ (⌒v⌒)

(その時の旅行記がブログに登場するのは、まだ先ですけどね)


関連記事 : 電車での持ち物


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 未分類 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名城 姫路城

2009年7月25日(日)  雨 時々 くもり


昨夜は興奮して、あまり眠れませんでした。  \(- 。*)/

ムーンライトながらは、定刻通り05:55に大垣駅に到着。

米原で乗り継いで、さらに西に向いました。

有馬

で、

やっとこさ  姫路駅 到着!

< 09:02 姫路駅着 >
有馬

外は小雨が降っていましたが、駅の観光案内所で、レンタサイクル(無料)を借りました。

ところが、自転車の置き場が分からへんねん・・・。

観光案内所でもらった地図を頼りに、あっちをウロウロ、こっちをチョロチョロ。

どうにか、こうにか辿り着いた駐輪場は地下にありました。

有馬

いざ、チャリに乗って出動!

姫路は歩道が広くて、チャリで走りやすい町でした。

が、 アーケードの屋根が途切れたところでストップ。

雨脚が強くなってきたので、しばし雨宿り。

有馬

姫路城は、すぐそこ なんだけどなぁ・・・・

有馬

う~む。。。  このままでは、埒が明かない。

少し雨が弱まるのを見計らい、意を決して走り出しました。

有馬

しかし、雨は止む気配はありません。


相棒のヒラ君と話し合った結果。

彼は過去に姫路城を訪れたことがあるし、この先に進んで ずぶ濡れになるより、
とりあえず、ここで世界遺産で国宝の城をバックに証拠写真を撮って撤退しよう
という結論に達しました。

有馬
 
なので、

今回は、姫路城の天守閣まで登城できず・・・

まっ、そのうちに、日を改めて。 


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

明石で玉子焼を食べる

レンタサイクルを返却して、姫路から明石に向かいますねん。

< 10:27 姫路駅発 新快速 >
有馬

電車の中での相棒ヒラ君との会話。

 モミ:「朝飯まだで、腹すかへん?」
 ヒラ:「ほんま、ペコペコやぁ」
 モミ:「あ、そぉや!玉子焼き食べ行こか」
 ヒラ:「ええでぇ。 めっちゃビール飲みたいしなぁ」

まぁ、内容としては、こんな感じですが、実際に話していた言葉は岩手弁でした。
(^_^;



○ 玉子焼専門店  松  竹

行列ができるそうなので、開店と同時に入りました。

有馬

専門店なので、もちろん メニューは玉子焼のみ。

「玉子焼」といっても、ここは明石ですから「ダシ巻玉子」のことではなくて
いわゆる「明石焼」のことです。

奮発して、タコと玉子が通常より多く入った ”特別玉子焼700円也”
を注文しました。

有馬

明石焼は初めて。

ソースや花カツオをかけずに、平らな板の上に並べるものなのですね。

どれどれ、まずは、何も付けずに1個食べてみる。

アッチ~~ッ!

危うく、大惨事になるところだった。。。

ハフハフッ 口の中で転がしてから噛みました。

外はカリッ 中はフワッ タコがコリッ (三段活用?)

そして、ビールをゴクゴク・・・  プハー シアワセ~~
≧(´▽`)≦  やっぱ、コレだわ。


1個目は熱くて食感しかお伝えできなかったので、2個目はダシにたっぷりと
浸してから口へ入れます。

ダシを吸うとフンワリ柔らかな食感。

自己主張は持っているが、前面にしゃしゃり出るようなダシではありません。

しっかりとしていても、あくまで玉子焼きの引き立て役に徹した存在です。

ジャンクなイメージの「たこ焼族」とは思えぬ気品すら感じます。

有馬

お次は、ソースを塗って食べる。

これはビールが進む・・・  中ビンもう一本。



さらに、ソース塗って、ダシに漬ける。

う~ん これもアリ。

有馬

で、結論

昼間から飲むビールは美味しい! (えっ?そこ?)


松竹明石焼き / 山陽明石駅明石駅人丸前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名城 明石城

明石のスーパーで買ったお土産は、兵庫県の郷土料理「いかなごのくぎ煮」と
伊藤ハムの「ポールウインナー」。 (「どん兵衛」はカサ張るのでやめた)

関西では、ごくフツーの食べ物でしょうが、岩手では見かけることの無いもの
です。

おそらく、関東以北では、「いかなご」を「小女子」(こうなご)と呼び、
乾燥させたものを売っているのが一般的だと思います。

また、ビニールに包まれたソーセージといえば、魚肉ソーセージだけで
動物肉を使った「ポールウインナー」を売っているスーパーはありません。

有馬

もちろん、岩手じゃ こんなチャリは走っていません。

有馬

一旦、明石駅まで戻り、駅の北口から外に出ると、目の前は城でした。


○ 播 磨 明 石 城

高台に聳える城は、意外にデカくて迫力があります。

有馬

現在、明石城の建物で残っているのは、巽(たつみ)櫓と坤(ひつじさる)櫓という、
2つの三重櫓だけです。

< 坤 櫓 >
有馬

元々、天守閣は築かれなかったそうですが、

南東の巽(たつみ)と、南西の坤(ひつじさる)に櫓があるということは、
北東の艮(うしとら)と、北西の乾(いぬい)にも櫓があったはずです。

< お堀には噴水があります >
有馬

またまた、雨が降ってきたので、早々に駅まで退散することにしました。

雨が降って逃げ出す者がいれば、雨が降って喜ぶ者もいます。

お堀のフチで、走り去る我々の姿を尻目にしながら、もっと雨が強くなるのを
首を長くして待っているヤツがいました。

有馬


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

神戸元町で豚まんを食べる

明石駅から元町駅へ電車で移動。

有馬

おっ! ひょっとして、あれが、明石天文台?

ってことは、ここがピッタリ東経135度なわけだ。


ここで、日本の標準時を管理している人には申し訳ないですが、旅行する際に
持って行く時計は、100均モノをオススメします。

たとえ、1年間に12分誤差が生じる時計でも、1ヶ月で1分、1週間程度の
旅行の間では15秒しか違わないのです。

それに、壊したり、失くしても惜しくはないですしね。

有馬

で、元町駅に到着。

相変わらず、雨が降り続いています。

有馬

雨宿りに、駅前の中華料理店へ飛び込みました。

○ 四  興  楼

有馬

とりあえずのビールと、お目当ての豚まんをオーダー。

ほどなく、注文の品がテーブルに届きましたが、イメージしていたサイズより
デカイ豚まんです。

そして、なぜか小皿も一緒。

???

どうやら、神戸では豚まんにカラシや酢醤油をつけて食べるらしい。

< 豚まん180円+ビール小250円 >
有馬

郷に入っては郷に従え。

酢醤油を少しつけて、食べてみる。



まず、最初に感じるのは、湯気と共に立ち昇る中華らしい あの香り。

そして、モッチリした皮の中には、具がギッシリ。

しっとりとした食感でジューシー。

豚肉とタマネギの甘さが際立っています。


なるほど、この甘さを酢醤油がギュっと引き締める役目なのですね。


冷たいビールの友としても相性が良かったです。

四興樓肉まん・中華まん / 元町駅(JR)元町駅(阪神)旧居留地・大丸前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 05:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

神戸元町 肉屋のミンチカツ

○ 森 谷 商 店

創業明治6年、老舗の神戸牛専門店。

直営牧場の神戸牛だけを売っているのだとか。

有馬

店先には、揚げ物の いい匂いが漂っていて、それに誘われるように人の列が
できていました。

コロッケ80円が売れ筋のようですが、少し奮発してミンチカツ120円を
1個買って、さっそく食べる。

< ミンチカツ 120円 >
有馬

揚げたてを頬張ると・・・

サクッとした衣の食感に続いて、ジューシーな肉汁が口に広がります。 

ミンチなんだけど、しっかりとした肉の味と噛み応えがあります。

スパイシーな味付けが絶妙にマッチしている。

ん~~~  たまりません  (^~^)

有馬

神戸牛専門店ということは、このミンチカツの中身も”神戸牛”?


森谷商店コロッケ・フライ / 旧居留地・大丸前駅元町駅(阪神)元町駅(JR)

昼総合点★★★★ 4.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

名水百選 布引渓流

喰ってばかりじゃなく、少し歩こうと三ノ宮を経由して、地下鉄で新神戸へ。

< 神戸市営地下鉄 >
有馬

日本の滝百選の多くは山深い所にあります。

まさか、その中の1つが、新幹線の駅から歩いて15分で観れるとは
信じられなかった。

< 新 神 戸 駅 >
有馬

新神戸駅の裏側から、坂道を5分ほど登り始めると、うっそうと木々が生える
遊歩道に変わりました。

< 布引水路橋 >
有馬

遊歩道は整備されているが、坂の勾配が かなりキツイ。。。。

汗がダラダラ、息がゼイゼイ、膝がガクガク・・・

けっこう 足腰に堪えました。



○ 布 引 の 滝

布引には4本の滝がありますが、滝全体が眺められるのは2本だけらしい。

< 雌  滝 (めんたき) >
有馬

少々、豪快さや迫力には欠けるが、スッキリとして清涼感のある滝でした。

< 雄  滝 (おんたき) >
有馬

そして、この渓谷を流れる布引渓流は、名水百選の一つでもあります。

百選メグラーにとっては、どこかのキャラメルのように ”一粒で二度おいしい”
(o^。^o)

有馬


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

有馬温泉 銀の湯

歩き回ったら、汗がダラダラ。

体じゅうベトベトして気持ちが悪いです。

こんな時は、温泉に入ってサッパリしたい。

< 神戸電鉄 有馬線 >
有馬

幸い、近くには1400年も前から存在を知られていた日本三古泉の一つ
有馬温泉が有馬す。

< 有馬温泉駅 >
有馬

温泉街の細い坂道を歩いて行きました。

コンクリートで出来た デカくて味気のないホテルが建ち並ぶ温泉街より、
こーゆー 情緒が感じられる道の方が好きだなぁ。

有馬

有馬温泉には、神戸市営の「金の湯」と「銀の湯」という温泉施設があり
2軒セットで入浴券を買ったほうがお得です。

○ 銀 の 湯  (入浴料600円 二湯券850円)

で、まずは、銀の湯へ

有馬

お湯は、「銀泉」と呼ばれる炭酸泉とラジウム泉の混合泉なそうで、無色透明で
サラリとした肌触り。

こわばった筋肉が、徐々にほぐれていきます。

(^。^;)フゥ~ッ まさに、至福のひと時。

まだ、死んだことないけど、生き返ったような心待ちになりました。

有馬

相棒ヒラ君との会話は、もちろん 全て岩手弁。

有馬近辺では聞き慣れない言葉なのでしょうね。


「どちらから来られはったんですか?」と、同年代らしき男の人に尋ねられました。


「岩手からです」と答えると 「へぇ~!」 (◎O◎) と 興味ありげな顔でしたが、

「青春18キップで0泊3日の旅をしている」という話になったら、
(ホンマ よう、やるわ)的な呆れ顔に変わっていました。  ( ̄。 ̄;)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:08 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

有馬温泉 泉源めぐり

有馬温泉でのミッションは”泉源めぐり”。

古い温泉場の情緒を感じるために、昔から使われてきた源泉を訪ねるのも
楽しいものです。

【関連記事:熱海七湯めぐり】

あっちにウロウロ、こっちにチョロチョロ歩き回りながら探しました。

< 御 所 泉 源 >
有馬

有馬温泉には、次の3つの泉質があります。

・含鉄塩化物泉(舐めると塩辛くて、鉄分が入っているので褐色の温泉)
・放射能泉(ラドンを含む透明な温泉)
・炭酸水素塩泉(炭酸を含む透明な温泉)

見た目の色で、「金泉」(含鉄塩化物泉)と「銀泉」(放射能泉・炭酸水素塩泉)
と呼ばれています。

< 妬(うわなり)泉源 >
有馬

「うわなり」とは、”後妻・嫉妬・ねたみ”のこと。

美しい女性がそばに立つと、お湯が嫉妬して吹き出すらしい。

(ヲヤヂが近寄っても湯気が出てたけど・・・)

< 極 楽 泉 源 >
有馬

そして、泉源の中には、飲泉できるところもあります。

< 炭 酸 泉 源 >
有馬

昔は、井戸の横の茶店で砂糖を溶かして炭酸水を飲ませていたそうです。

< ここが炭酸泉の湧き出し口 >
有馬

どれどれ、実際に飲んでみると・・・

ウ~~ッ マズ~ッ!  p(>*<)q

炭酸のピリッとした感じはありますが、とてもサイダーには、ほど遠い飲み物です。

ウイスキーを割って、ハイボールでなら、かろうじて呑めるかも。  

< 蛇口を捻ると炭酸水が出てきます >
有馬

有馬温泉の中でも代表的な泉源は、天神さんの境内で、ゴボゴボと煮えたぎる
音と湯煙を立ち昇られていました。

まだまだ、勢いが衰えず、現役で利用されているようです。

< 天 神 泉 源 >
有馬

で、「金の湯」の建物のヒョウタンからチョロチョロと流れ出ている飲泉所の前で
作戦会議。


もう一箇所 泉源があるんですが、少し離れた所なのです。

ヘタレヲヤヂ二人組には、とても そこまで歩く元気がありません。

なので、今回の”泉源めぐりミッション”は、これにて任務完了と致します。

< 太 閤 泉 >
ARI071-1.jpg

さあ、「金の湯」に入って、お楽しみの生ビールを飲もう!


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

予定の変更

相棒のヒラ君に、彼の学生時代の友達から電話が掛ってきて、彼は名古屋で
友達と逢うことになりました。

そこで、有馬から先、二人は別行動をとり、今夜 名古屋駅で再び落ち合うように
計画を変更します。

とりあえず、入浴券を買ってあるので、温泉に入ってから、生ビールでも飲みながら
時刻表と睨めっこしようと思います。

○ 金 の 湯  (入浴料650円 二湯券850円)

有馬

金の湯の浴槽には、底が見えないほどに濃い赤褐色のお湯が入っていました。

入浴剤を入れても、これだけ 濃~~くて 赤い色は出ないと思います。

そして、舐めるとショッパイ。

かなりインパクトのある お湯です。

< 神戸国際コンベンション協会HPより >
Gb9ha_MJsXTF6Wo1371694671_1371694780.jpg

湯上りに、休憩室でビールを飲みながらヒラ君と協議した結果、

オイラは、大阪で途中下車。

チョロっと観光し、お好み食べて、大垣発22:48の快速ムーンライトながら
に乗る予定。

一方、ヒラ君は新大阪から新幹線で名古屋に向かい、名古屋駅の中で友達と会って、
23:20にムーンライトに乗り込み合流する という計画。 

ってことで、

互いの前途を祝し、生ビールを おかわりして乾杯!

有馬

大阪までは、二人一緒という安心感と、ビールの酔いも加わって、電車の揺れが
心地よく、ウトウト眠っていました。

ところが、三田(さんだ)へ向かう途中、ヒラ君がソワソワ慌てています。

ン?  (ρ。-)。о〇  ドシタ?

すると

ない・・・ ない・・・ ない・・・ ない・・・  ケータイが ない~っ!!

と言い出したのです。


エ〜ッ  ( ̄口 ̄;)!!!


と言っても・・・

今さら、戻って探す時間も無いので、

オイラのケータイで、金の湯や有馬温泉駅など 心当たりに電話して”落し物”を
尋ねたのですが、そんなものは 届いていないとのこと。  _| ̄|○ガクッ

有馬

そこで、

ケータイを持たずに、連絡が取れない状態のヒラ君と別行動する訳にもいかず、
一緒に名古屋まで行くことにしました。

そして、

なにより、困ったのは、待ち合わせをしている名古屋の友達の電話番号が分からず
連絡が取れないことです。

ヒラ君の友達は名古屋駅で待ってるはず・・・。

そう思って、

名古屋駅で何度も構内放送を流してもらったんですが・・・


結局、ヒラ君は友達と遭う事ができませんでした。。

有馬

・・・・・・

そんなこんなで、名古屋でムーンライトに乗って、東京まで戻ってきた次第です。

あ~あっ・・・大阪で、お好み食べそこねた。。。  (-д-)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

上野から郡山へ

2009年7月26日(日) 曇り 時々 雨 一時 晴れ

朝めしを喰わずに酒を飲んでいました。

< 05:47 上野駅発 普通 >
有馬

とりあえず、相棒ヒラ君は奥さんに、ケータイを失くしたと連絡したようです。
(このスカポンタン お仕置きだべぇ~ (-_-#) と叱られたらしい・・・)

< 07:37 宇都宮駅発 普通 >
有馬

ケータイの紛失届けは、あとで出すことにして、気を取り直し、予定通りの
スケジュールをこなすことにした。
(ちっちゃいことは気にすんな わかちこわかちこ) ← ゆってぃ? 

有馬

根っからの鉄道好きにとっては、電車に揺られながら時刻表を眺めている時間が
至福の時らしい。

凹んでいたヒラ君のテンションが徐々に上昇中。

有馬

郡山駅に到着した時には絶好調になっていました。

有馬

この日は、たまたま、「郡山会津路号」というSLが運行される日だったのです。

有馬

それに合わせて、懐かし系(ナニ系か知らない)の車輌も友情出演しています。

有馬

しかし、ここに集まっている人って、貧血知らずだろうなぁ・・・

かなり「鉄分」が豊富な人たちのようだから


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

SL郡山会津路号に乗る

出発進行!

ポォオォ~~~ッ

有馬

・・・ ガタ ガタ ガタ ガタ ガタ  ガタ~ン 

大きな音と震動と共に走りはじめました。

有馬

シュッ! シュッ! ポッ! ポッ!

機関車は徐々にスピードを上げていきますが、気分のほうは一気に急上昇 ↑↑↑

有馬

SLは快速列車なんですが、ゆっくりと走ります。

途中の駅で、普通列車の通過待ちに停車しました。

有馬

出張や通勤・通学のために乗っている人は、誰一人としていません。

通過待ちの時間もウェルカムです。

有馬

ヂーゼル車が後で押していたんですね。

SLのエネルギーの大半は、何度も鳴らす汽笛に使っているのかも?

有馬

SLは時々停車しますが、

こっちの方は、ノンストップ。

トップギアに入って、ますますスピードが上がります。

有馬

楽しい ♪

とにかく、楽しい。

スピードが速すぎて、脱線しちゃいそうだ。

< C57 180 という記念ビール >
有馬


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 05:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

レンタサイクルを利用して喜多方ラーメン

SLに揺られながら酒を呑み、喜多方駅に到着する頃には、絶好調!

ハイな気分になっていました。  ♪♪

有馬

駅前でレンタサイクルを借りて、レッツ サイクリング。

まずは、名物の喜多方ラーメン。

有馬

○ な ま え 食 堂

「生江」という名前らしい。

色褪せたノレンが年季を感じさせます。

有馬

この店のラーメンの特徴は、透き通ったスープと手打ちの極太縮れ麺。

予想通り、色が薄くて澄み切ったスープは、スッキリした薄味。

そして、はるかに予想を超えた太さの 手打ち極太麺でした。

有馬

基本的には、喜多方流もっちり多加水麺なのですが、ここまで太いと
噛みごたえがスゴイ。

コシというレベルを超えた硬さです。


色の薄いスープと同様に、バラ肉チャーシューも優しい味付け。

軟らかさの中にも弾力があります。


最初は、あっさりして薄味に感じていたスープですが、極太麺に
負けることなく、しっかりとしていて、後を引く旨さがあります。

麺を食べ終わって割り箸を置いた後でも、残りわずかなスープを
未練がましく、何度もレンゲで すくって飲んでしまいました。


食堂なまえラーメン / 喜多方駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

雨の中のイベント

チンチン ♪ ドンドン ♪ チンドンドン ♪♪

まだ、雨は降り続いていますが、喜多方の街では、なにやらイベントが開催されて
いるようです。

ほほぉ~ 雨が降っても傘をさして、上手にチンドンするもんだ。

有馬

おっ! ダイハツ ミゼット

なつかし~~っ!

オレが もの心つく頃には、町の中を走っていたなぁ・・・

・・・・

ということは、オレも、こんなポンコツに見えるんだろうか?

有馬

シュッ シュッ シュッ シュッ ポ~~ッ!! 

さすがは、筋金入りのテツ。

相棒のヒラ君は、こんな ちっちゃなSLにも目を輝かせる。

有馬

ダメだよ。 ヒラ君。

このSLは、青春18キップじゃ乗れないからね!


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

元祖 喜多方ラーメンの店

○ 源  来  軒

大正末期に中国から来た藩欽星が、屋台から始めた 「喜多方ラーメンの元祖」
とも言われる老舗。

有馬

ラーメンは以前に食べたことがあるので、今回はワンタンメンを注文。

食べる前のスープの香りで、うまさが想像できます。 ~( ̄‥ ̄*)

< ワンタンメン 800円 >
有馬

醤油味で、鶏が中心のスープ。

あっさりした中にもコクがあります。

喜多方なので、もちろん、麺は ”平打ち・縮れ・多加水”。

コシが強くて、シコッとした食感です。

ワンタンはスープを吸って、ピロピロの状態。

レンゲにスープと一緒にすくい、ズルズルと啜りました。


進化する喜多方ラーメン界の中では、何も変えずに守り続けてきた「元祖」の味は、
今では、ありきたりなものに感じられるかもしれませんが、

まさに、奇をてらわぬ、王道の一杯 ともいえます。


< チャーシューメン 800円 >
有馬

喜多方に訪れたら、ラーメン屋めぐりをする人が多いと思います。

喜多方ラーメン遍路をするなら、一度は「大本山へ巡礼」するのも悪くはないでしょう。


源来軒ラーメン / 喜多方駅

昼総合点★★★★ 4.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

蔵の中で吟醸酒を試飲

○ 大 和 川 酒 造

喜多方には、4000棟余の蔵があり、その ほとんどが現在も使われているのだとか。

そんな”蔵の町”での最終目的地は、大和川酒造という造り酒屋。

有馬

創業は江戸中期 寛政二年(1790年)という老舗。

「弥右衛門」という酒を作っているらしいです。

有馬

蔵の中では、自由に見学できます。

< たくさんの酒が並んでいました >
有馬

見学していると知らぬ間に、試飲コーナーに行ってしまった。
(というか、試飲が目的で来たのです ^^)

有馬

「利き酒」と称して、香りがドータラ、喉越しがコータラ言いながら、何種類かの
酒を試飲させてもらったのですが

すでに、酔っ払っている我々はテイスティングというより、一杯飲み屋で、
立ち飲みしている客のように見えたことでしょう。


そして、そこで目に留まったのが、1升15,330円!!という純米大吟醸

厚かましくも試飲をお願いしましたが、さすがに、これは有料(400円)とのこと。

はい。 もちろん、試飲しましたが、他の酒との違いなんて分かるはずもなく。。。。

有馬

試飲だけでは申し訳ないので、帰りの電車で飲もうと一番安い酒を買いました。

やっぱり、オレ達の舌に合うのは、安い酒の方だなぁ。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

そして、事件は仙台駅で起こった!

えっ? 新幹線に乗って帰るのかって?

おいおい、青春18キップでは、新幹線に乗れねぇだろうよ。 って?

はい。。 その通りです。

< 21:06 仙台駅発 やまびこ56号 >
有馬

予定では、21:56に仙台駅着。 20:00発一関行に乗換え、北上駅止まりの
終電で22:56に到着するはずでした。

ところが、郡山駅で発生した人身事故により、電車は遅れて、20:10に仙台駅へ
到着したのです。
 
仙台駅では、接続電車(20:00発)が待っているだろうと思っていたのですが・・

なんと、なあんと、すでに発車していました。。。

エッ ェエ~ッ!!!

これじゃ、今日中に家に帰れない! 頭まっ白  愕然・・・・。

有馬

明日からは仕事だ。 ど ぼ じ お (JRのせいにして、会社休んじゃおうか)

これは、みんな騒ぎ出して、大暴動に発展するかもよ?

って、思ったけど、駅はいたって平穏。  エッ?オレ達だけ?
(皆さんは青春18キップで旅しないの?)

・・・・・・・

とにかく困った。

あまりにツライ・・・ツラ過ぎる結末だ。。。_| ̄|○

有馬

・・・すると、

相棒のヒラ君が精算所に行って、駅員さんに時刻表を開き、一生懸命になって
事情を説明してました。

原則として、青春18キップについては、電車が遅れた場合の補償や救済策は
一切無いのですが、

よほど、我々を哀れに思ったのか、それとも、メンドクセー奴らと思ったのか

親切な駅員さんが、北上まで新幹線に乗れるようにしてくれたんです。


ケータイ失くして、ドジだと思っていたヒラ君が、さすがに、この時ばかりは
英雄に見えたね。  (☆。☆)

< この券で新幹線に乗りました >
有馬

そして、新幹線に乗って、北上に22:01 計画より1時間ほど早く、無事到着。
 (人生 万事 塞翁が馬)

有馬

しっかし、この日はSLから新幹線まで、いろいろ乗ったなあ・・・。


突然のハプニングやトラブルで、ドタバタ劇もあったけど、相棒に恵まれて、
記憶に残る楽しい旅になりました。

旅のシメは、新幹線の特権 ”車内販売”のビールで乾杯!

いやはや、意外に酒って飲めるもんですね。


<旅行のデータ>

交通費:
青春18きっぷ (2300円×3日分) 6,900 円
指定席券 (510円×3枚) 1,530 円
東武東上線 1,090 円
神戸市営地下鉄 200 円
北神急行 720 円
神戸電鉄 480 円
交通費計: 10,920 円

宿泊費: なし

入場料および入浴料:
ときわ健康温泉 500 円
有馬温泉:金の湯・銀の湯共通券 850 円
利用料: 1,350 円

食べたもの:
ラーメン (白河:白十字食堂) 600 円
やきとり+酎ハイ (東松山:若松屋) 1,740 円
特別たまご焼+ビール (明石:松竹) 1,250 円
豚まん・餃子・ビール (神戸元町:四興楼) 730 円
コロッケ・ミンチカツ (神戸元町:森谷商店) 200 円
ワンタンメン (喜多方:源来軒) 800 円
手打ち極太ラーメン (喜多方:食堂なまえ) 600 円
弁当・天ぷら・おにぎりなど (スーパー・キオスク) 1,500 円くらい
食費計: 7,420 円

雑費:
コインロッカー (新神戸駅) 400 円
レンタサイクル (喜多方:佐藤自転車) 500 円
土産:いかなごの釘煮・ポールウインナー 1,000 円くらい
水・ビール・チューハイ・つまみ他 5,000 円くらい
雑費計: 6,900 円


使ったお金の合計: 26,590 円

1日当りの旅費: 8,863 円
      

今回の0泊3日の旅は非常に疲れた~。 疲れ果てた~。 

筋肉じゃなくて、胃袋が。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:04 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

自転車を担ぎ電車で仙台へ

2009年8月2日(日) 晴れ

仙台の人に、「おらいさも、ございん」って誘われたわけじゃないけど、

朝っぱらがら、わらわらど準備して、”自転車たがいで、あべ!”の旅 仙台編 です。

< 06:06 花巻駅発の電車に乗りました >
仙台

最近は、公共の場所のバリアフリー化が進み、JRの地方ターミナル駅でも
エレベーターが設置されるようになりました。

なので、折りたたみ自転車を肩に担ぐことがありませんでした。
 
< 08:33 仙台駅着 >
仙台

久しぶりに自転車を組み立てたので15分もかかってしまった。。。。

自転車なしで、歩いていれば1Kmくらい進んでたんだろうけど

ヨッシャー! ここから まくるぞー!

仙台

と、走り出したら、10mも進まずにストップ!

仙台駅前は、横断歩道の無い交差点でした。

しかたなしに、自転車から降りて地下道を渡りました。

仙台

地下道からの上りは、自転車ごとエレベーターに乗って。

労力を使っている割に、なかなか前に進めない。。。

仙台

う〜ん。。。。

バリアフリーもいいけど、チャリにも優しい道路にして欲しいなぁ。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 05:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

名水百選 広瀬川

仙台駅から、青葉通りを西へひたすら走る。

SEN009.jpg

やがて、自転車は「大橋」という橋のたもとへ。

仙台


○ 広  瀬  川

右を見て・・・左を見て・・・誰も歩いてこないのを確かめて

広瀬川ぁ〜♫ 流れる岸辺ぇ〜♪ 思い出わぁ〜帰らずぅ〜♪

橋の上から川を眺めながら、ちっちゃな声で口ずさむ。

仙台

以前は、水質が悪くて、この辺から下流には魚が棲んでいなかったそうですが、

40年前に、「広瀬川の清流を守る条例」が制定され、川沿いの土地建物の変更・
土や木の採取・川への排水が規制されているそうです。

そのおかげで、現在は鮎の棲める水質に保たれているんだとか。

自然を守っていくには、たくさんの労力が必要なんですね。

仙台

まさか、オレのヘタな歌で川が汚れることってないよね?


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名城 仙台城

広瀬川を越えて、さらに西に進むと、青葉山の麓に差しかかってきます。

○ 長  沼

仙台城三の丸堀跡。

仙台

一面に蓮の花が咲いていました。

仙台

この付近から、武士達が、登城したそうですが、この日、この路を歩いて登る人は
誰もいませんでした。

仙台

登城路の脇には、防備のための曲がりくねった道に、石垣で築いた曲輪の跡が
残っています。

仙台

キツイ坂なので、自転車を降りて、ゼイゼイ息を切らせながら登って行くと
立派な石垣が見えてきました。

仙台

本丸へは、ここから登っていきます。

仙台

本丸での楽しみは、登りきった達成感と眼下に広がる景色につきます。

仙台

だって、

本丸跡には、伊達政宗の騎馬像があるだけで、天守閣や櫓などは何も無く
登城路と比べて”お城感”が薄いような気がするのです。

仙台

あっ、いえいえ

独眼竜 政宗さん。

けっして、あなたにケチをつけているのじゃありませんからね。

ごしゃがないで けさい。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

仙台の街をチャリで走る

長くて急な、青葉山の坂を自転車で下って行きました。

仙台

下りは楽勝♪ かと思いきや。

フェード現象というものなのでしょうか、ず~っとブレーキをかけっぱなしにしてたら
ブレーキの効きが悪くなり、慌てました。 Ψ(゚o゚)Ψ ア~~ッ!

幸い、スピードが出る前だったので、路肩の盛り土に乗り上げて、どうにかこうにか
止めることができたのですが、ホントに肝を冷やした。。。

< 支 倉 常 長 像 >
仙台

で、

坂道を下りきると、「西公園」という所に着きました。

< C60 1号車 >
仙台

西公園は、青葉通り・広瀬通り・定禅寺通りの西端に位置する大きな公園です。

宮城県の伝統的な 和スィーツといえば”ずんだ餅”。

西公園内には、明治元年創業という老舗の源吾茶屋があるのですが、あいにく
準備中。


< 源 吾 茶 屋 >
仙台

吊り下げ始めた「七夕飾り」を眺めながら、近辺を自転車で散策しました。

仙台七夕は、月遅れの8月に開催されます。

< 一 番 町 >
仙台

そして、裏通りへ。

この辺は、夜の街。

日中は人通りがありません。

< 国 分 町 >
仙台

すると、イイもの見っけ。  無料のフーゾク情報誌です。 (・^-^・) 

町内会青年部の若い奴らへ お土産に持って帰って、エロ話の花を咲かせようっと。

仙台

花巻のような田舎町でも、結婚しない(できない)男が増えています。

まったく、理性的で内向的な若い男が多くて困ったものだと思う。

スティーブ・ジョブズが残した言葉をモジッて、こう言いたい。

「ハングリーであれ!愚かであれ!スケベであれ!」


だって、

男が愚かでスケベじゃなくなったら、人類が滅亡するでしょ?


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

極太で噛みごたえのある麺

チャリをパチンコ屋の駐輪場に停めて

仙台

人気店というので、早めに来ましたが、並んでいたのは2人だけで、
なんか拍子抜け。。。

ところが、開店5分後には店の外に列が出来ていました。


○ 自家製麺 キ リ ン ジ

客のすべては若い男性。

狭い店内には、ジミ・ヘンのポスターが飾られ、ロックが流れていました。

仙台

券売機で食券を買うシステムで、ラーメン・つけ麺ともに700円。

つけ麺の量は、並でも300g!、無料で大400gが選べます。

さらに、特小550g(100円)・特盛り700g(200円)・特大1Kg(300円)
までありますが・・・ (特大食べれる奴を見てみたい)

ここは無難に、基本の ”つけ麺 並” を注文。

仙台

目の前に現れた自家製の麺は、”なんじゃこりゃ!” な 極太サイズ。

しかも、1本1本 ビミョーに太さが揃っていません。

箸で持ち上げても、麺は曲がったままの状態。 硬くて、重い。


ドンブリには、トンコツ+魚介系と思える濃厚スープ。

そして、定番のメンマの他に、柔らかくて、ホロホロと崩れるチャーシューの
デカイ塊が沈んでいます。

その中に、極太麺をぶち込み、チャーシューの破片と一緒にズルッと啜る。


極太麺は、もちろん、ハードでワイルドな歯ごたえですが、噛んでいるうちに
モチッとした弾力と小麦の風味が感じられます。

スープは、個性的な麺がボケないように、濃くて、しっかりとした味です。


うまい。 たしかに、うまい。

麺・具・タレともに、武骨な感じで力強い。

多少、荒っぽいところも魅力に思えます。

(中高年になって衰えてきた)心の中の男の部分を刺激されました。


自家製麺キリンジラーメン / 北四番丁駅勾当台公園駅

昼総合点★★★★ 4.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名城 多賀城

仙台駅に戻って、自転車を折りたたみ、電車に乗り込みました。

< 仙 台 駅 >
仙台

んで、 向かった先は、国府多賀城駅。

ここで降りた目的は、お城めぐり。

ベタですが、「多賀城」という名の城跡です。

新しくて、キレイな駅ですが、乗客はおろか無人駅でもないのに駅員さえいません。
(隣駅の巡回に行ってたらしい)

一人寂しく、改札を出て、自転車を組み立てました。

< 国府多賀城駅 >
仙台


○ 壷 の 碑 (つぼのいしぶみ)

駅から3Kmほど、離れた、丘の上に”多賀城碑(壷の碑)”があります。

人影が見えないので、鍵もかけずに自転車を置いて、丘を登って行きました。

仙台

丘の上には、ボロい小屋があるだけで、碑らしきものは見えず、ベンチに年配の方が
4人座っているだけでした。

小屋を覗き込んでいると、頼みもしないのに、その人たちがやって来て、中に見える
”壷の碑(つぼのいしぶみ)”の説明を始めたのです。

仙台

どうやら、この人たちはボランティアガイドのようです。

「この碑は、724年に藤原ナントカが建てて・・・、松尾芭蕉が感動して涙を流し・・・
水戸光圀がサヤ堂を造らせた・・・」そうで、「書いてある字は・・・」

(こんな石碑1枚に、よく話が続くもんだ)って、思いながらも、時々、相槌をうったり、
驚いたフリをして、聞いていました。  (*_*;

ただ、話があまりにも長いので、カギを掛けずに置いてある自転車が心配になってきて、
少しずつ歩き出し、最後は逃げるようにして、その場を離れました。

時計を見ると、なんと、20分以上も時間が過ぎていた。。。。

仙台


○ 多 賀 城 政 庁 跡 

一刻も早く、壷の碑を立ち去りたくて、自転車に飛び乗り、政庁跡に向かいました。

やはり、ここにも、人影はありません。

仙台

が、階段を登っていくと、テントらしき物が見えてきました。

ヤバイ・・・。 な~んか、いや~な予感がします。  (~ヘ~;)

仙台

すると、いた! いました!

今度は女性が1人混じった4人組が。

仙台

(写真を撮ったら、さっさと帰ろう)

急ぎ足で、写真を撮っていると「どこから、来ました?」 と声をかけられた。
(キターッ やっぱり)

[花巻です」 (頼むから、ほっといてくれ!)

「ここには、こんな建物があったんです」 と資料を開き始めた。

「へぇ~」 (誰か来ないかな~?)

「で、屋根がドータラ・・・石がドータラ・・・」

「・・・・・・」 (助けてくれ~)

「あそこが、ああで、ここが、こうで・・・」

「・・・・・・・」 (神様 どうか、お許しを・・・)

「それでもって・・・・、ところが・・・」

(もう、ダメ。 倒れそう!)

・・・・

どうにか、開放されて時には、目がうつろになっていた。

何を聞いたのかも覚えていない。 (゚◇゚)

仙台

こんな所へ来るのは、よほどの歴史好きとでも思われたのだろうか?

郷土を愛する熱意は伝わってきますが、炎天下でパンフレットを渡されて、
立ったまま、長々と説明を聞くより、テントの中で、イスに腰掛けて、
冷たいものを飲めるほうが、訪れた人からは感謝されると思いますよ。

仙台

それにしても、多賀城を見物に来る人って、滅多にいないんですね。

「日本百名城」の一つなのに。

帰り際、ボランティアガイドの人に、「ぜひ、壷の碑にも、寄っていってください」と
勧められました。
( ̄Д ̄;)

もう、行って来たって!


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

JR花輪線で行くローカル線の旅

18キップの残りば、使わねばまいね ばって、わ、電車で行ぐはんで。

へばっ!
  (なんで津軽弁なのかは訊かないでね (^_^; )

・・・・

青春18キップの残り1日分を使い切るため、始発電車で北へ向かいました。

< 05:53 花巻駅発 普通 >
大鰐


○ J R 花 輪 線

そして、盛岡から大館行きのJR花輪線に乗り換え。

< 06:55 盛岡駅発 普通 >
大鰐

正確に言えば、盛岡-好摩はIGR(岩手銀河鉄道)で、好摩-大館がJR線
なので、花輪線は、いわゆる”飛地路線”です。

< IGR区間の料金が必要 >
大鰐

盛岡から大館までの所要時間は3時間。

新幹線なら東京まで行けます。

朝からチビチビ飲みながら、のんびりローカル線の旅を楽しむことにしました。

大鰐

単線なので、上りと下りの待ち合わせが何度かある。

最初は新屋新町駅。

大鰐

湯瀬温泉からは秋田県になります。

秋田県といっても、花輪までは旧南部藩だから、盛岡の言葉とそれほど
違いはありません。

湯瀬渓谷の景色がきれいだったのですが、うまく写真が撮れなかった。。。 (~∧~)

大鰐大鰐

○ 十 和 田 南 駅

花輪線にあった、ナニコレ的な駅。

大鰐

到着したホームの先に線路が無いのです ???

大鰐

ナゼかというと

十和田南駅は、青森県三戸からの鉄道と接続される予定があり、花輪線を
スイッチバックで進む構造で造られたそうですが、実際には、その路線が
今だ着工すらされないため、ヘンテコな駅になってしまったのです。

なので、ここから先は進行方向が反対になって走って行きます。

大鰐

「別にぃ~」

大鰐

花輪から大館までは田んぼが広がっています。

< ペットボトル中身は お茶ではありません ^^ >
大鰐

○ 大 館 駅

んで、 花輪線の終着 大館駅。

大鰐

ここは、渋谷駅ではありません。

大館駅の前にも 「ハチ公像」 があります。

大鰐

ハチ公の生まれ故郷は、ここ大館なのです。

(ハチ公像が渋谷駅にできた詳しい経緯は、映画「ハチ公物語」をご覧ください)

大鰐

藩主 佐竹公が藩士の闘志を養うために闘犬を奨励し、マタギ猟に使われた
犬を改良して、秋田犬(あきたいぬ)を造ったとかで、

「秋田犬保存会」があり、「秋田犬会館」を建てたり、お盆には「犬文字」焼き
をするなど・・・

呆れるほど 犬好きの土地なのです。 


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大鰐温泉駅に到着

ピンクのラインが入ったJR奥羽線の電車に乗って大館駅を出発。

大鰐

到着したのは、青森県 大鰐(おおわに)温泉駅。

花巻から5時間近くかかった。。。

高速に乗って車で来れば2時間なのにね。

でも、車じゃ景色を見ながら酒が飲めないしなぁ・・・。

< 大 鰐 温 泉 駅 >
大鰐

とりあえず、駅を出て温泉に入ろうっと。


○ 青 柳 会 館 (6:00~21:00 入浴料150円)

3階建ての建物は、年季の入った作業場かアパートのように見えます。

大鰐

風呂場は、浴槽から床まで、全てタイル張り。

お湯は無色透明で加水をしているが少し熱い。(43℃くらい)

大鰐

湯船に浸かっていると、体に残っているアルコールが、頭の中の競技場を
グルグル走り出しました。

ムムッ!!

ちょっとヤバイ。  (~へ~;)

大鰐

早めにお湯から上がって、休憩室で水をガブガブ飲みながら体を冷ました。

汗がダラダラ噴き出し、脱力感と共に酒が抜けていく気がします。

大鰐

湯上りに河原の風に当たりながら、ブラつきました。

ああ、気分爽快。 風が心地よい。  ^~^

このひと時がいいんだよねぇ。

だけど、飲酒後の朝湯は気をつけましょう。
(↑朝から5時間も酒を飲んで、風呂に入るヤツはいねえよ)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 05:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

歯ごたえがスゴイ!大鰐温泉もやし

一風呂浴びた後は、一旦、駅前まで戻って、昼飯を食べることにしました。

大鰐


○ 山 崎 食 堂

大鰐では、昔から温泉を利用した”もやし”の栽培が行われていたそうです。

土に豆を蒔いて、温泉をかけて栽培する方式で、豆の種類も ”もやし専用”
に改良しているのだとか。

この「大鰐温泉もやし」は、レアなブランド品で、青森県の人でも なかなか
食べることができないらしい。
  
大鰐

12時前なのに店の中は ほぼ満席。

地元の人ではなく、オレと同じ匂いのするヲヤジの群れが席を埋めていました。


人気NO1は 「もやしラーメン」。

細麺に煮干が香る あっさりスープの昔ラーメンが基本。

その上に、細くて長い「温泉もやし」がトッピングされています。

大鰐

さっそく、麺と一緒に「温泉もやし」を食べ始めると

隣りの人にも聞えるんじゃないかと思うほど、「シャキッ! シャキッ!」と
もやしを噛む音がしました。

そして、噛んだ後には、ほのかな土の香りと豆の甘さが感じられます。


細長くて、一見、頼りなさそうに見える もやしですが、噛みごたえというか
”シャッキシャキ感” が強くて、その存在を強烈にアピールしています。


あ、なるほど、

これは、スゴイ「もやし」だ。

スーパーで売っている、水耕栽培モノとは比べようがありません。

まったく、次元が違う 風味と歯ざわりなのです。



食べ終わる頃には、イスに座れない客の列ができていましたが、厨房の中から
非情な言葉が告げられました。

「もやし売り切れです」。。。。


山崎食堂定食・食堂 / 大鰐温泉駅大鰐駅宿川原駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 09夏 有馬温泉&SL | 05:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |