貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2014-03- | ARCHIVE-SELECT | 2014-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

古遠部温泉

八九郎温泉から小坂の市街地に向かうと、ズラリとノボリ旗が

並んでいる所がありました。

日帰り

○ 康 楽 館 (こうらくかん)

見るからにレトロな建物は、小坂鉱山従業員の娯楽施設として建てられ、

現役の芝居小屋としては日本最古のものなんだとか。

国の重要文化財に指定されていて、芝居が行われていない時は、

中の舞台を見学そうですが、入館料が600円もするので、ここはパス。

日帰り

そして、国道282号を北上して、秋田県から青森県に入った。


○ 古 遠 部 (ふるとおべ) 温泉 (入浴料280円)

< 看板に療養の文字が書いてある >
日帰り

ウワッ! スゲェ~!

風呂場に行くと驚いた。

大量の お湯がドバドバと浴槽に注ぎ込まれ、床に溢れ出して

小川のように流れています。

日帰り

お湯は、少しショッパくて、鉄の匂いがしましたが、

客は、誰一人として体を洗うこともなく、黙々と湯に浸かってはあがり、

床に座り込むか寝そべっています。

そして、誰もが、ただただ、この動作を繰り返していて、

純粋な療養湯治場の雰囲気でした。

日帰り

お湯が勢いよく床を溢れているので、寝ていても 常に 熱めのお湯が

背中にかかっている状態ですから寒くはありません。

古遠部温泉では、床に寝ることも一種の入浴法のようです。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

   
スポンサーサイト

| 温泉 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

名水百選 渾神の清水

○ 渾 神 の 清 水 (いがみのしつこ)

日帰り

青森県旧平賀町から、リンゴの木が多い山の坂道を登っていくと

道路脇に水の湧いているところがあります。

日帰り

名前の由来は、よく分かりませんが、

坂上田村麿(さかのうえのたむらまろ)が東夷征伐の折りに眼病を患い、

その時、夢の中に現れた神に

「この先の清水で眼を洗えばたちまち治る」

と告げられ、眼を洗ったところ、眼病が治癒したという伝説があるんだとか。

日帰り

元気よく溢れている湧き口からペットボトルに水を汲んで、温泉めぐりで

乾いていた喉を潤しました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 名水 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

津軽の濃厚煮干ラーメン

昼飯は、弘前市の撫牛子(ないじょうし)という所にあるラーメン屋で。

○ たかはし中華そば店

日帰り

店中に漂うスープやチャーシューを煮ている いい香りだけで期待が膨らみます。

10年ほど前に衝撃を受けて以来、完全にハマッてしまいました。

北東北3県の中で、印象的に残る 好みのラーメンの一つです。

日帰り

(好き嫌いは分かれるところですが)

黄土色に濁っているスープは、濃くて力強く、とにかく煮干の匂いが強烈。

麺は太めの自家製麺。 食感はモッチリ。

大盛を注文したことを、後悔するほどボリュームがあります。

久しぶりに食べたけど、やっぱりうまい。

煮干好きには、たまらない一杯。

津軽で煮干の風味が濃くて、旨いラーメンを追いかけていくと、

きっと、この店に辿り着くことになるでしょう。


たかはし中華そば店ラーメン / 撫牛子駅

昼総合点★★★★ 4.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名城 弘前城

春の訪れが遅い みちのくでも気温が上がり、だいぶ春めいてきました。

とはいえ、桜の花は、まだ蕾でした。

日帰り

○ 弘 前 公 園 (弘前城跡)

日帰り

弘前公園の2014年開花予想は、4月23日だそうで、

ゴールデンウィークには、ちょうど満開の見頃を迎えると思われます。

< 日本一太いソメイヨシノ >
日帰り

だったら、満開の時の桜を見せろ! という お叱りごもっとも。

ですが、

満開の時期にはメチャクチャ混雑するし、駐車料がベラボーに高くなるし・・・

あくまで、今回は、お城めぐりに訪れましたので、そこのところは ご勘弁を f(^_^;

< この桜は、樹齢100年以上なんだとか >
日帰り

弘前城は、津軽氏の居城でしたが、

三重の堀と土塁に囲まれた6つの曲輪で構成され、場内には櫓と門が8棟

そして、天守閣が1棟 現存しています。(いずれも国の重要文化財)

< 北門(四の丸) >
日帰り

明治時代には、廃城令によって、本丸御殿などが取り壊されましたが

旧藩主の津軽氏が、市民公園として一般開放し、それ以降 桜の木が

植えつけられたのだそうです。

< 東  門 >
日帰り

しばらく見ないうちに、だいぶ天守閣が小さくなったよなぁ・・・

と、思っていたら、二の丸の櫓だった (恥)

日帰り

桜が満開のときは、この辺りが撮影ポイントになります。

< 天守閣は大きくありませんが、現存12天守閣の一つです >
日帰り

あ~ぁ、やっぱり、桜が満開の時期に見たかったな って?

そういうと思った。。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りの旅 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

団地にある温泉銭湯だけどレベルが高い

岩木山は春霞がかかって、ハッキリ見えません。

(写真の腕が悪いからじゃないですヨ!)

日帰り

弘前市の西南にある、桜ヶ丘団地という団地の温泉銭湯に立寄りました。

○ 桜 ヶ 丘 温 泉 (入浴料370円)

日帰り

ここは、住宅街の中にあって、隣が幼稚園という、いわゆる「ふだん着の温泉」です。

カランやシャワーは古い設備で、浴槽はそれほど大きくないですけど、
肝心のお湯は完全なかけ流し。

ほんのり硫黄の香りがして白く濁り、細かな湯の花が舞っています。

日帰り

お湯の温度は42℃。 やや熱め。

ツルツルした肌触りが、すこぶる気持ちいい。

むむっ (-_~-)  温泉銭湯といえども、お湯の実力はあなどれない。

弘前では、団地にある温泉も なかなかなもんです。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

安達太良SAで足止めを喰わされる

2010年4月16日(金) くもり のち 大雪!

今回の旅のテーマは

ふぐすまさ 花見さ行ぐべ! (福島へ花見に行こう!)です。

会社から大急ぎで帰り、入浴を済ませて19時過ぎに自宅を出発。

高速はスムーズに車が流れ、3時間で宿泊地の安達太良SAに到着しました。

< 東北道 安達太良SA >
滝桜

空からチラチラと小雪が降り始めてきましたが、

4月中旬にもなれば、もう道路に雪が積もることはないだろうと

タカをくくって、寝酒を楽しんでから眠りました。

ところが、朝6時 目が覚めて ビックリ!!! w(゚o゚)w

滝桜

ヒエェェェ~ッ!!! 

ゆっ 雪が積もってる~!!!

しかも、事故と視界不良で、東北道と磐越道が 通行止め

にっちもさっちも、どこにも行けない状態になってしまった。。。

< サービスエリアで交通情報を見て時間をつぶした >
滝桜

そのうえ、遠出に備えて、わざわざ、タイヤ交換したのが災いした。

スタッドレスタイヤなら、次のインターまで行って、高速を降りれるのですが

ノーマルタイヤでは、とても走れるような道路状態じゃありません。


結局、雪が小降りになって除雪されるまでの間、サービスエリアに足止め

ということになったのです。


あっちゃ~、この調子じゃ、お花見どころか、家に帰ることもままならない。

さて、この先どーなることやら。。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 福島の滝桜・花見山 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

とりあえず、高速を降りた

2010年4月17日(土) 雪 のち 曇り 時々 晴れ

サービスエリアで通行止めの解除を待つ間は、なにもすることがなく

寒さがシンシンと身に滲みるだけでした。


9時を過ぎたところで、ようやく、郡山ICまで通行できるようになったので、

とりあえず、安達太良SAから恐る恐る高速道路を走り、郡山ICで降りて、

冷え切った身体を温めようと温泉を探すことにしました。


○ う ね め 温 泉 (入浴料400円)

ところが、近場の温泉に行こうにも、一般道も除雪は遅れていて、道路には

雪が積もったままです。

真冬と比べたら、積雪の量は少ないのですが、それでもノーマルタイヤで走ると

かなりスリリングに感じられました。

滝桜

どうにか、こうにか、辿り着いた日帰り温泉には、お客の数は少なかったです。

さっそく、風呂場に向かい湯船に浸かりましたが

よほど冷え切っていたのか、体が ジンジン ジンジンと痺れます。
 
10分以上もお湯に浸かっていても、温まった感じが全くしません。

滝桜

体のサーモスタットが壊れたのだろうか?

体は十分温かくなっているのに、脳が温度を感じていないのか、

茹でダコになる寸前まで、お湯から出ることができませんでした。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 福島の滝桜・花見山 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

グッドルッキングなラーメン

雪は、まだ降り続いていました。

路面状況を考えると、ノーマルタイヤで郊外へ行くのは危険なので、

しばらくは郡山市内をうろつくしかなさそうです。


といっても、土地勘がないので、時間つぶしできる場所のアテもなく・・・

とりあえず、ノレンがかかってあるラーメン屋に入ることにしました。


○ 支那そば 正 月 屋

滝桜

まだ、お昼前で、開店したばかりなので、客は誰もいませんでした。

いちおう、メニューの写真を一通り眺めたら、アッサリ系の店のようなので

小生は「塩そば」、相方は「中華そば」をオーダー。

< 塩 そ ば (大) 750円 >
滝桜

待つこと5分ほどで目の前に現れましたが、

具材が丁寧に盛り付けられ、透明感のある清楚な感じのする姿でした。

塩そばのスープの味は、スッキリ淡白ですが、干しエビの風味が効いています。

中華そばの方は、意外に脂っこくて、しっかりとした味です。

麺は、中細ストレートの自家製麺。

チャーシューとメンマには、グッとくるような個性は感じられないですが、

どれもバランス良くて、そつ無く纏まっていると思いました。

< 中 華 そ ば 650円 >
滝桜

でも、考えてみれば、ラーメン屋で時間をつぶそうなんて、到底 無理ですよね。

ゆっくり食べれば、麺がのびるし、スープがぬるくなってマズくなるし・・・


結局、入店から20分で店を出て、

再び、ノーマルタイヤの車で、雪が残っている道を走り出しました。

正月屋ラーメン / 郡山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 福島の滝桜・花見山 | 06:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

須賀川市民温泉

買物は、ヨークベニマル

滝桜

飲み物は、酪王カフェオレ

滝桜

時間つぶしに、「福島らしさ」のものを探そうと思ったけど、

こんなものしか思いつきませんでした。。。

・・・・・

そうこうするうちに、お昼を過ぎたら、雪が止んで晴れてきました。

ヨ~シ! o^□^o

これなら、国道沿いを、どうにか走れそうなので、

郡山から国道4号線を南下することにしました。


○ 須賀川市民温泉 (入浴料250円)

で、

もう一度、しっかり体を温めようと、須賀川市街地にある市営の温泉施設へ。

滝桜


須賀川市民・老人は料金が割引になります。

公共の温泉なので、風呂場は混んでいるし、塩素臭がするは致し方ないけど、

薄黄色でヌルヌルする お湯は肌触りが とても良かったです。 o(^ヮ^)o


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 福島の滝桜・花見山 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名瀑 乙字ヶ滝

道路の雪は徐々に溶け出し、ノーマルタイヤでも動ける範囲が

少しずつ広くなってきたので、

須賀川市内から、阿武隈方面へ向って行きました。

滝桜

↑ 桜が咲いている道を通って、赤い橋まで歩くと、

水が乙の字の形をして流れ落ちる 日本の滝百選の一つがあります。


○ 乙 字 ヶ 滝 (おつじがたき)

滝桜

松尾芭蕉が訪れて、「五月雨の 滝降りうづむ 水かさ哉」という俳句を

ここで詠んだのだとか。

滝桜

滝幅の広さから「小ナイアガラ」とも言われるそうです・・・

日本の滝百選が、どういう基準で選ばれるのかは知りませんが、

落差が6mしかないので、正直言って迫力は感じられませんでした。


やっぱ、松尾芭蕉の影響力って大きいのかなぁ?


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 福島の滝桜・花見山 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

雪原に咲く 三春滝桜

< 道の駅 た ま が わ >
滝桜

時々、青空が見えてきましたが、まだ 道路には雪が残った状態。

この程度の雪でも、ノーマルタイヤで走るにはヒヤヒヤものです。

スピードは控えめにして、三春町を目指しました。

< 福 島 空 港 >
滝桜

そして、

やっとのことで、滝桜の駐車場に到着!

雪が残っている こんな日でも、桜を観に来る人が大勢いました。
(オレもその一人だけど・・・)

滝桜

○ 三 春 滝 桜

滝桜

初めてお目にかかる滝桜は、まだ、半分も咲いていません。

おまけに、足元は雪が溶けてグチャグチャで歩きにくい。

滝桜

だけど、天然記念物 滝桜の”雪見桜”なんて滅多に見れるもんじゃありません。

満開ではありませんでしたが、真っ白な雪原の中に咲いている桜に出会えて

ラッキーなことだと思えてきました。

滝桜


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 福島の滝桜・花見山 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

斎藤の湯 上の湯

○ 斎藤の湯 上の湯 (入浴料300円)

三春町の斎藤という山あいの地区に、鉱泉宿が2軒 ひっそり佇んでいます。

滝桜を観た後に、奥のほうにある「上の湯」に お邪魔しました。

滝桜

風呂場は、4人も入れば満員になる湯船と、シャワーとカランが2つだけで
浴室は広くありません。

お客は全員 地元の人らしく、山仕事の話題が中心。

そろそろ、山菜が採れる季節になったようです。

滝桜

弱放射能冷鉱泉を温めた ぬるめのお湯は、ジンワリと滲みこむような感じでした。

滝桜

休憩所には、滝桜のジグソーパズルが飾ってありました。

あと何日で、滝桜は、こんな風に満開になるんだろう?


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 福島の滝桜・花見山 | 06:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

道の駅 安達

スーパーで弁当を買って、この日の寝床 「道の駅安達」へ。

< 道の駅 安 達 >
滝桜

21時まで利用できる飲食コーナーで夕食にしました。

滝桜

この日は、昨夜の大雪で思うように車で走れず、予定していたスケジュールを
大幅に変更せざるを得ない一日でした。

とはいえ、

元々、「三春の滝桜を見に行こう!」という思いつきだけで出発したわけで、
大ざっぱな計画しかないから、スケジュールの変更なんて どうにでもなります。

それに

たとえ、綿密な計画を立てたところで、突然 雨や雪が降ってきたり
開花の時期が早すぎたり遅すぎたり、自然の出来事は人間の思い通りに
なるものではありません。

明日の天気も どうなるか分からない。

風が吹いたら風を、雨が降ったら雨の 感触を楽しみながら、
旅を続けたいと思います。

滝桜滝桜

雪が止んで、空は晴れていましたが、真夜中は霜が降りるほど寒かったです。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 福島の滝桜・花見山 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

福島 花見山で言葉を失う

朝一番で福島市に向かい、カップうどんの朝食を済ませ、シャトルバスに
乗り込みました。

雪のために、安達太良SAで足止めを喰らった間に、”桜の開花情報”を
調べていたら、東北で唯一 満開だったのが、ここ 花見山だったのです。


滝桜

花見山は阿部さんという園芸農家が、私有地を無料開放している公園です。

滝桜

ウワァァ~~! スゲェェ~~!

思わず、声が出ました。

滝桜

写真がヘタで、うまく伝わらないかもしれませんが、スゴイ光景です。

滝桜

一昨日降った雪のおかげで、花が散らずに残っているらしい。

滝桜

いろんな花が咲き誇り、まさに百花繚乱。

プロの園芸農家が植樹・管理しているので、山全体 どこを見ても見事な
咲きっぷりです。

滝桜

ん~~ 今日は絶好のお花見日和になりそうだ。

滝桜

ここに来て本当によかった。

最初に驚きの一声出した後は、完全に言葉を失って花を眺めていました。

滝桜


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 福島の滝桜・花見山 | 06:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

土湯温泉 サンスカイつちゆ

朝起きて、歯も磨かず、顔も洗わず、2時間も花見山を見物していた。

念願のお花見を楽しんだ後は、朝湯にはいろうと温泉を求めて

土湯峠を登って行きました。


○ 土湯温泉 サンスカイつちゆ こけし湯 (入浴料250円)

滝桜

3年前は営業時間外、去年は工事中で2回も空振りだった

「サンスカイつちゆ」に、ようやくリベンジ出来ました。

滝桜

研修室や会議室を備えた公共施設の中に、日帰り入浴の温泉がありました。

4人も入れば満員の木製の湯船。

お湯は透明で消しゴムのカスのような、白くて細かな湯花が混じっています。


源泉は激熱で、ホースから水が入れられていて、重油かゴムが焦げたような

匂いが何故か良い香りに感じられました。


土湯温泉のお湯は大好きです。

少し熱めの お湯でホカホカ温まり、とても気持ちよくなりました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 福島の滝桜・花見山 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ソースカツ丼がオススメ

昼飯を食べようと飯坂温泉に来たのですが、どこに行くアテもないので、

看板に”自家製麺”の文字が書かれてある食堂に入りました。


○ 吉 原 食 堂

滝桜

注文したラーメンは、具材からスープまで典型的な懐かし系の一杯。 

あっさりとして、優しい味でした。

自家製麺という麺は、中細のストレート。

際立つような特徴はありませんが、ツルッとして喉越しがいい。

< ラーメン 530円 >
滝桜

ラーメンとセットで食べた餃子は、手作り感がある しっかりとした味で

けっこう旨かったけど、430円は高すぎかな。

< 餃  子 430円 >
滝桜

一方、相方はソースカツ丼を注文。

なんで、自家製麺の店に来て、ソースカツ丼を食べるのかねぇ? って、

呆れていたんですが、 (-Д-\)=3


途中で、ラーメンと交換して食べてみたら

これがまた、絶品!

マジでうまい。 (☆。☆)

< ソースカツ丼 850円 >
滝桜

大きなヒレカツは、歯が無くても食べれそうなほど柔らかい。

そして、衣と ご飯に滲み込んだソースとのバランス抜群。

ボリュームも十分で、言うことなし。


入口に、「自家製麺」ではなくて、「ソースカツ丼の店」と

書いておいて欲しかったなぁ・・・

吉原食堂定食・食堂 / 飯坂温泉駅花水坂駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 福島の滝桜・花見山 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

茂庭温泉 もにわの湯

飯坂温泉の八幡神社でも桜が咲いていました。

滝桜

家に帰る前に、もう一ヶ所温泉に入ろうと

飯坂のシンボル的な共同浴場「鯖湖湯」に来たけど、

ここは何度か入っているので

今回は、飯坂を流れる摺上川の上流へ向うことにしました。

< 鯖 湖 湯 >
滝桜


○ 茂庭温泉 もにわの湯 (入浴料250円)

摺上ダムを建設したら、ダム直下の地域に温泉が湧出したらしく

その源泉を利用して、福島市が建設した公共の施設です。

滝桜

設備が新しいし、料金も安いのですが、

市街地から相当離れた山の中にポツンと建っているので、

温泉だけが目当てで、ここに来る人は少ないんじゃないかなぁ。

まぁ、お客が少ないから、のんびりと温泉に浸かれて良かったですけど。

滝桜


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰りの高速は、渋滞も無くスムーズに走れました。

前日の大雪で通行止めになったために、外出を控えた人も多かったのでしょう。

自宅には無事、17時に到着しました。


今回の教訓は、「お出かけの際は、しっかりとした足元で」。

タイヤ交換の時期は、よく考えてからにしよう。

それにしても、最近の天気はどうかしている・・・。

走行距離 : 316Km


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 福島の滝桜・花見山 | 06:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

娘に会う口実

盛岡のアパートに一人で住んでいる娘が、風邪をひいて熱があるらしいけど、

電話したら「見舞いに来るな!」と言うのです。


それでも、一人娘のことが心配で、居ても立ってもいられず、相方と

近くのラーメン屋に来たついでに寄った」作戦を決行。

缶詰やらジュースやらを無理矢理 娘に渡してラーメン屋に向ったのでした。


○ 東  座 (あずまざ)

食べ物

小さな券売機で、相方が「あっさり出汁」、小生は「鶏白湯」の

チャーシュー麺を選択。

10分ほど待つと、運ばれてきたので

さっそく、レンゲで鶏白湯のスープを一口。

・・・

うひょ~! コラーゲンたっぷりで、かなり濃厚!

しかも、嫌な臭みは感じません。

< 鶏白湯チャーシュー麺 800円 >
食べ物

麺は中太ストレート。 少し硬くて、噛み応えがあります。

炙ってあるバラ肉チャーシューは、柔らかさの中にも弾力が残っていて

肉を齧る楽しさがあります。

食べ物

「ふむふむ・・・かなりイケてる」と思いつつ、半分まで食べたところで、

相方と丼を交換。


「鶏白湯」の方が「あっさり出汁」より高いわけで、

この100円の違いはデカイだろうと「あっさり出汁」のスープを飲んだら・・・

< あっさり出汁チャーシュー麺 700円 >
食べ物

あっ! やられた・・・ けっこう深い・・・

鶏ダシと魚介ダシがバランス良くブレンドされて、

こっちの方が、オレ好みかもしれない。。。

・・・・・・・

ヨシ! 次は、相方には娘に会いに来ることを口実にして、

一人で、あっさり出汁ラーメンを食べに来ようっと。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 食べ物 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大鰐温泉 国民宿舎おおわに山荘

相方もオフクロも出かけて誰もいない日曜日。

一人、朝5時前に起床して、東北道を北に向かい青森県へ。

そして、大鰐の温泉街を抜けて、スキー場方面へ山を登って行きました。

○ 大鰐温泉 国民宿舎おおわに山荘 (入浴料200円)

日帰り

山荘という名称だけれど、秘湯感が全く無いコンクリの建物。

温泉本のクーポンを使い、100円払って風呂場に行くと貸切状態でした。

スキーシーズンではないので、宿泊客はいないようです。

朝6時から日帰り入浴を受付けていましたが、

さすがに8時前に朝湯に入っている日帰り客はいませんでした。

日帰り

風呂場からの見晴らしが良くて

誰もいない大きな湯船からは、お湯が溢れ出しています。

お湯は無色透明で、温度は適温。

ん~ (*^_^*)  やはり、一番風呂は気持ちがいい。

日帰り

湯上りは、やたらに広い休憩室に、一人 寝転がりました。

窓から入って来る風と、鳥のさえずる声が、心地よかったです。

日帰り

少し朝寝していこうかな。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

名水百選 富田の清水

○ 富 田 の 清 水 (とみたのしつこ)

青森県弘前市の名水「富田の清水」は、学校や病院が集中する

市街地の路地に湧いていました。

日帰り

この湧き水は、以前、和紙を製造する時の紙漉きに利用されていたそうですが、

「おいしい水」の条件を満たしているので、水汲みに訪れる人が多いのだとか。

日帰り

水槽は6つあり、

1・2番が飲用、3番が米洗い・洗顔、4番は漬物・紙漉の材料を浸ける、

5・6番は洗濯・足洗い用と決まりがあったらしい。

日帰り

今でも、日常の生活用水として使えるように管理されてみたいです。

地元の人は大事に使っているんでしょうね。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 名水 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

平賀観光温泉

道の駅の物産館で オヤツを調達。

< 道の駅 い な か だ て >
日帰り

津軽に来たなら、

JAアオレンの リンゴジュース

日帰り

サクサクした素朴な食感の 干し餅

日帰り

その後、平賀町(現:平川市)の住宅地にある温泉銭湯へ。


○ 平 賀 観 光 温 泉 (入浴料250円)

温泉本のクーポンを使って、100円で入浴できるので立寄った。

日帰り

「観光温泉」という名前でしたが、観光には全く関係ない、

田舎の住宅地に建っていました。

日帰り

かけ流されているのは、透明でサッパリ・スッキリ系のお湯。

少しヌルッとしているので、床や浴槽内はツルツル滑りやすいです。

客は少ないし、循環なしで かけ流されているので、お湯は新鮮。

お財布にも優しくて、良い印象の温泉銭湯でした。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

桜の花が咲くのを待っています

天気が良かったので、家から車で出かけたのですが

4月半ばを過ぎても、岩手県内陸の桜は まだ二分咲き程度。

花見には早いので、沿岸に向い陸前高田へ。

日帰り

復興のシンボルとなっている「奇跡の一本松」の周辺の景色も少しずつですが

変わってきています。

日帰り

川に架かる長い橋は、人が渡るためのものではなく、土砂を運ぶための

巨大なベルトコンベアでした。

日帰り

高台に新しく住宅地をつくるため、造成工事で発生する大量の土砂を、

このベルトコンベアを使って運び出し、それを低い土地のかさ上げ工事に

利用するのだとか。

これによって、トラックで土砂を運ぶより、かなり工事のスピードアップが

図れるといいます。

日帰り

枝分かれさせながら、約3Km張り巡らす計画らしいですが、

巨額の資金が使われるため、建設に反対する意見も多かったようです。

日帰り

三陸鉄道は、今月になって南リアス線・北リアス線ともに復旧しましたし、

これからは、道路や建物が造られていくことでしょうが、

・・・・・

いずれにしろ、

オレとしては、陸前高田に咲く桜の花を早く見たいのです。

日帰り

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りの旅 | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

手打ち津軽ラーメン

たしか、この辺だったはず・・・

何度か会社の同僚に連れて来てもらったのですが、

休日に一人で来るのは初めて。

土地勘はなかったけど、どうにかこうにか辿り着きました。

○ 山 忠 村 上

日帰り

津軽地方で印象に残っている店。

メニューは、ラーメン一本。 他に選びようがありません。


鶏ガラ&焼干し・昆布の油が浮いていないスープ。

細くて平たい手打ちのビラビラ麺。

硬くて、パサパサしたチャーシュー。

日帰り

いつ見ても、なんか物足りなそうに見えるんだけど、

喰い始めると、スープから立ち昇る香りと手打ち麺の啜り心地が良くて

そのたびに うめぇ うめぇ うめぇ って、

あっという間に完食しちゃうのです。


大盛があったらいいのになあ。


※ 残念ですが、黒石の名店「山忠村上」は閉店したようです。。。

山忠村上ラーメン / 黒石駅

昼総合点★★★★ 4.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 食べ物 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大鰐温泉 山吹湯

ここ大鰐の温泉街も中心部は道が狭いし、入り組んでいてカーナビは

役に立たず苦労します。

日帰り

なので、大鰐温泉で湯めぐりをするなら、まずは、赤い橋のたもとにある

小さな公園に行くことにしています。

ここには、温泉街の地図があるので、それを参考にしして、ここから歩いて

行くのです。

日帰り

大鰐温泉には共同浴場がいくつかありますが、

この日は、公園から歩いて2分の「山吹湯」へ。


○ 山 吹 湯 (入浴料150円)

日帰り

中を覗くと 客が誰もいないようで、湯番のオジサンが居眠りしていました。

勝手に入るわけにもいかず、「スミマセ~ン」と声をかけると、

オジサンは ウワッ! と ビックリして飛び起きました。

よほど驚いたのか、寝ぼけていたのか

入浴料を渡すと、釣り銭を間違えそうになりました。

日帰り

風呂場は広くなく、4~5人のサイズ。

湯船には、透明のお湯が入っていました。

お湯の温度は42~43℃と少し熱めでオレ好み。

まったりと貸切状態で楽しむことができました。


湯番のオジサン 気持ちよく居眠りしていたところを驚かせてゴメンね。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

最近もの忘れが多くて・・・

○ ヤ ン セ ン

とっくに昼時を過ぎていたけど、けっこう客が入っていました。

メニューは幅広く、鶏アッサリ系からトンコツ背脂チャッチャ系まである店です。

日帰り

相方は、「ねぎラーメン」に決めたようですが、

オイラは、何にしようか・・・ 少し迷ってから、

ラーメンとミニチャーシュー丼がセットになった「まんぷくセット」をオーダー。

日帰り

麺は中細麺。

スープは鶏ダシがベースのラーメンでした。

バラ肉のチャーシューは、少し硬かったですが、メンマが大きくて旨かったです。

日帰り

ただ、・・・・

全体的には纏まっているし、ハズしてはいなんですが、

なんとなく、盛り上がりに欠けるというか・・・ 主張が弱いというか・・・

客の顔色に合わせているために、個性がなくなったようで・・・

野球のバッターでいうなら、「思いっきりバットを振り切らずに、小手先でボールに

当てにいってる」ような感じがしてなりません。


不思議なことに、この店には何度か来て食べているのだけど、

その時 何を食べたのか記憶に残っていないのです。。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 食べ物 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

湯川温泉 大扇別館

最近は、西和賀(岩手県)の湯川温泉が お気に入りです。

雨降りだけど、

この日は、米寿になるオフクロを連れて、温泉街の中ほどにある大扇別館へ。

○ 湯川温泉 大扇別館 (入浴料300円)

日帰り

風呂場には、誰も客がいませんでした。

この旅館も内湯・露天ともにツルツル系の お湯がかけ流し。

内湯は「洞窟風呂」という名がついていて、薄暗かったです。

日帰り

渓流沿いの露天風呂には、屋根がついていますが開放感があり
結構いい感じ。

日帰り

露天風呂には、カーテンのような仕切りがあるだけで、基本的には混浴です。

まぁ、他に客がいないようなので、女湯から露天風呂に入って来るとしたら

オフクロ ぐらいなものですけどね。

日帰り

少し熱めで、湯上りにポカポカして、とても気持ちが良かったです。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

蕎麦にこだわる?こだわらない?

○ は ら ぺ こ

日帰り

「十割そばを製麺機で作る店」を堂々と掲げ、”手打ち”に こだわる店とは
正反対の路線を進んでいる店です。

開店直後に訪問したのですが、駐車場は満杯でした。

日帰り

この店では、何種類かのそば粉の中から、好みのものを選んで注文する
システム(2色盛もできます)

なので、

3人前の量という 大もりの更科(860円)を注文。

相方は、かけそば(440円)。  

それに、野菜天(2枚で120円)を1枚ずつ分け合って食べることにしました。

日帰り


で、

実際に食べてみると・・・ 

(・o・ )えっ?

「十割そば」と謳っていますが、肝心要な蕎麦の香りと風味は濃くありません。

それに、”更科”というのは、もっと色が白いのかと思っていたけど・・・

オレ的には、可もなく不可もなく、フツーのそばにしか感じませんでした。

まぁ、この値段で、このボリュームなら、こんなもんでしょうけど。

日帰り

ただ、

野菜天は、カラッと揚がっていて美味しいので、オススメできます。

「野菜天そば」(650円)より、「かけそば」+「野菜天」の方が安いですしね。


それにしても、、

この店が いつも混んでいるのは、オレと同じように、

製法「手打ち」や原料「そば粉」にこだわるより、値段とボリュームの方に
こだわる人が多いってことなのかなぁ?


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 食べ物 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

温泉に入るだけじゃ勿体なかった

年をとると、体のあちこちが痛くなってきます。

休日に身体をほぐそうと、温泉本のクーポン利用で100円引きになる、

家から近場の温泉に行きました。

○ 矢巾温泉 国民保養センター (入浴料500円)

日帰り

公共の温泉にありがちな味気ない建物で、単純アルカリ泉のお湯は、

ツルツル系だけど、完全循環で塩素臭がしました。

日帰り

館内には食堂もあり、広間で昼寝をしながら、長時間滞在するタイプの

施設のようです。

地域住民は割引になるので、湯質より休憩を目的に訪れる人が多く、

大半は座布団を並べて寝転がっていました。


オレも枕と毛布を持ってくれば良かったなぁ・・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

お花見

fUYWvW4U4owoUkg1398584560_1398584586.jpg

や~~っと 岩手の桜も満開になりました。

WtGPAgkhZwWHdMv1398584723_1398584765.jpg

ただ、桜の名所と呼ばれる所は、休日には大混雑となるので、

それを避けて、岩手県立農業大学へ お花見に行きました。

B6tkl2O0OcSFkXw1398584827_1398584856.jpg

(学校に確認していませんが・・・)

この時期には、学校の関係者以外にも開放しているようです。

4Aoj6zYEI6hBdx21398584921_1398584930.jpg

敷地が広い割りに訪れる人が少なくて、ここは穴場かもしれません。

eY4bfIE98BALghK1398585056_1398585067.jpg

先日まで寒い日が続いていましたが、3~4日前から

急に暖かくなった途端、いろんな花が一斉に咲き出したみたいです。

HalAzEXMqrWUCGR1398584967_1398584978.jpg

ゴールデンウィークになって、いよいよ春本番を迎えたって感じがしました。

nHx8bIORZ5_xLA91398585007_1398585021.jpg

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りの旅 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

渋滞に巻き込まれた (´д)=з

2011年4月28日(木) 曇り 時々 雨

大震災後、私の住んでいる岩手でも桜の花が咲き始め、

余震の回数が だいぶ減ってきましたが、いまだに復興が進まず、

原発事故で電力供給量も落ち込み、世の中はすべてに自粛ムードが

漂っていました。

< この日は矢板北PA(栃木県)で寝ました >
静岡
走った距離 : 374Km

こんな状況で、旅行なんかに出かけていいのか? という批判も当然の

ことですが、この時はボランティアの人数も制限されていましたし、

私たちに今できることは、義援金を送ることや普段通り金を使って

自粛ムードを和らげることぐらいしかありません。


って、勝手な理由をこじつけて、相方と車に乗って出発しました。

< 上河内SAでパン・納豆・ヨーグルトの朝食 >
静岡

朝5:30に出発して、途中で朝めし・トイレを済ませ、

首都高に入ったのは7:20頃。

ここまでは、予定より早いペース。

順調な滑り出しです。

静岡

ところが

徐々に道路が混み始め、ノロノロとした動きに変わりました。

静岡

さらに

東名に入ったら、もっともっと ひどい渋滞が待っていた。

歩いた方が早いかも。

あ~っ もう イラつく! (`ヘ´~)

静岡

10分間で変わったのは、両隣の車だけ。。。

静岡

このままじゃ、大幅にスケジュールが狂っちゃう。

しかも、トイレに行きたいのだが、そろそろ限界に近い。

(。_。;) うっ…ヤッベ~! 次のSAまで持ちそうにない。

エ~イ!意を決して、次ICで一般道に降りることにした。

急げ急げ トイレ・・・トイレ・・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 「しぞ~か」へ | 05:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。