貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2014-06- | ARCHIVE-SELECT | 2014-08- >>

| PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

福島県の道の駅に立寄る

奥久慈

「不動滝」という看板を見かけて一時停止。

奥久慈

滝というより、沢水が流れ落ちているようなものでした。。

< 道の駅 はなわ >
奥久慈奥久慈

空は晴れ渡り、道端にもいろいろな花が咲いている。

このまま、近くのインターから高速に乗って帰るのはもったいない。

< ダリヤソフト 300円 >  ビミョーな味
奥久慈

もう少し、道の駅を巡って地場産品のお値打ち品を物色しながら
走って行くことにしました。

< 道の駅 ふるどの >
奥久慈奥久慈

道路を走っていると、瓦屋根が崩れた家を見かけます。

古殿町や平田村は福島第1原発から30Km以上離れていますが、
徐々に、『がんばろう』の文字が多くなってきた気がする。

< 道の駅 ひらた >         < 道の駅 たまかわ >
奥久慈奥久慈

「平田の水は放射能測定済み 安心して飲んでください」
と休憩所の入口に書かれてありました。

< 桜ソフト 300円 & じゅうねん(エゴマ)コロッケ 50円 >
奥久慈奥久慈

一日も早く、頑張らずに当たり前の生活ができるようになってほしい
と願うだけです。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 奥久慈で滝を眺める | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

須賀川で人気のラーメン店

国道4号線が近くなってきました。

須賀川で昼めしを食べてから、東北道に乗って家に帰ることにます。

奥久慈

○ ら ー め ん 好 房 (こうぼう)

人気の店なのでしょう。

開店から間もない時間ですが、すでに列ができていました。

奥久慈

並んで待つ間に魚介系の香りがハラペコの胃袋をくすぐります。

< 好房らーめん 550円  (チャーシュー5枚・背脂入り) >
奥久慈

で、やっとこさ店の中に入って、実際に食べてみると

なるほど、並んでまで食べたい理由が分かりました。

① らーめん450円、つけ麺550円  【お値打ち価格】
② 麺の量は1~1.5が普通、2~3が大盛り(100円増し) 【ボリュームある】 
③ スープは魚・豚・野菜のダシがバランスよく効いている。
  厚切り柔らかチャーシューの味もいい。 【けっこう旨い】

驚きのコストパフォーマンスなのです。

< つ け 麺 (1.5玉)  550円  >
奥久慈

味・値段・ボリュームとも文句なし。

メジャー級のスラッガーではないが、「走・攻・守」揃った一流選手といえる。

気に入った。

・・・・・・・・・・・・・

「義援金がない所で金を使う」なんて大口叩いて出発した割りに、
相変わらずセコイ旅になっちゃいましたね。 (^_^;

でもね、金額の大小じゃないの。

風評被害を受けた地域は、賑やかしにでも来て欲しいんだから
└(^へ^)┘居直る

ら~めん好房ラーメン / 川東駅

昼総合点★★★★ 4.1


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 奥久慈で滝を眺める | 06:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

車検を受けるか 車を変えるか

平成15年生まれで10万キロを越えた 愛車オーパの車検が近づいてきました。

定年後は、長い期間の旅に出ようと思っているので、そろそろ乗換えを
考えてもいいのかもしれません。

そこで、燃費のいい軽自動車にすればどうか、ザックリではありますが
シミュレーションしてみました。

【 車輌代金 】  
   オーパ : 償却済みなので 0円
   軽新車 : 総額150万円の軽自動車を購入し、
          10年間乗り続けることを前提に 4年間は旅に使用する。
         1,500,000円÷10年×4年=600,000円

【 ガソリン代 】
(条件) ガソリン1リッター160円とし、年間2万Km、
     4年間で8万Km走る

   オーパ : 今までの旅では1リッターあたり16Kmぐらいで走っていた
          80,000Km÷16Km/L×160円=800,000円

   軽新車 : 1リッターあたり25Kmは走って欲しい
          80,000Km÷25Km/L×160円=512,000円

【 自動車税 】
   オーパ : 39,800円×4年=159,200円
   軽新車 : 7200円×4年=28,800円
【 自賠責24ヶ月 】
   オーパ : 27、840円×2回=55,680円
   軽新車 : 26,370円×2回=52,740円
【 任意保険 】
   オーパ : 12,000円×48ヶ月=576,000円
   軽新車 : 10,000円×48ヶ月=480,000円
【 車検・メンテ 】
   オーパ : 120,000円×2回=240,000円
   軽新車 : 90,000円×1.5回=135,000円

それを表にまとめて比較してみると

オーパ軽新車
車輌代0円600,000円
ガソリン代800,000円512,000円
自動車税159,200円28,800円
自賠責55,680円52,740円
任意保険576,000円480,000円
車検・メンテ240,000円135,000円
合計1,830,880円1,808,540円


このままオーパに乗り続けても、

150万円でリッター25Km走る軽自動車に乗換えても

あまり費用は変わらないようです


で、軽とはいえ新車にするか、愛着のあるオーパのままにするか

悩んで・・・悩んで・・・悩みぬいた結果

オーパの車検を取って、定年後も乗ることにしました。

ボロくなったとはいえ、やっぱり、コイツと一緒に旅がしたいのです。

でも、
旅を続けるには車関係だけで 180万円も必要なんだ・・・

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名瀑 銚子ヶ滝

天気が良さそうなので、宿題になっていた滝のリベンジを図ることにした。

日帰り

朝6時前にジムニーに乗って出発。

途中で朝食を摂りながら、高速を南下して磐越道に入りました。

磐梯熱海ICで降りて、一般道を郡山石筵(いしむしろ)ふれあい牧場へ
向って走っていくと銚子ヶ滝への看板が見えてきます。

看板に従って、道なりに3Kmほど行くと遊歩道の入口がありました。

日帰り

遊歩道の長さは1400m。  長い距離ではない。

しかも、標識が立っているので、迷うことはありません。

最初は登りが続きますが、さほど急な坂でもなく、道は整備されていて
とても歩きやすいです。

日帰り

ところが、滝まで最後の300mは急激な下りになりました。

基本的には、手すりの付いた階段なので安心ですが、所々に鎖を渡して、
岩を越える場所があり、足元の注意が必要です。

↑の写真は、階段を下りてから撮ったもの

日帰り

こんな鎖場が何箇所かあるので、帰りの登りは相当キツイ
(;´Д`)

日帰り

そして、川原にたどり着くと、

そこには、轟音を立てながら「銚子ヶ滝」が待っています。

日帰り

酒を入れる銚子に形が似ているのが名前の由縁らしい。

大きさ、迫力とも申し分なし。

日帰り

いちおう、記念写真。

一段目で砕けて散ったシブキが、少し離れた場所まで飛んできます。

日帰り

ショウジョウバカマが咲いていました。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りの旅 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

沼尻元湯 (野湯)

日帰り

安達太良山への主な登山口は5つあるそうです。

銚子ヶ滝へは、その中の1つ 石筵登山口から向かいましたが、

今度は、沼尻登山口に移動して、野湯界ではメジャー級に有名な

沼尻元湯へ向います。

日帰り

沼尻元湯へのルートは2つありますが、往きは通常の登山道を
40分歩くことにしました。

↑歩き始めると、すぐ、遠くの方に白糸の滝が見えてきます。

日帰り

背中の方向に見える高い山は磐梯山だろうか?

標高が高くなると、所々に雪が残っていて歩きにくくなりました。

日帰り

やがて、ドド~ンと巨大なガレ場が現れます。

目を凝らして谷間を見ると、幾筋もの線がありました。

ここから、岩だらけで足場の悪い、急な斜面を沢まで降りて行きます。

日帰り

沢沿いは廃墟があり、荒れ果てて淋しい風景。

硫黄の臭いが強く、湯気が立ち昇っています。

いたる所に”立入禁止”や””の文字が見えました。

1993年に沼ノ平で硫化水素により登山者4名が死んでから、
立入り規制が厳しくなってるんです。

日帰り

この沢自体が温泉ですが、適温な所には湯船が作られています。

あまりにも有名な野湯なので、女性も来ていましたし、

銭湯気分で手にタオルを握り締めただけの人もいました。

日帰り

ただ、登山道から丸見えなので、服を脱いでスッポンポンになるのは

少し恥ずかしいですけどね。 (*^^*)

日帰り

ここから、山の下にある中ノ沢温泉と沼尻温泉へお湯を引いているのです。

帰りのコースは、沢伝いに伸びているパイプに沿って歩くことにしました。

日帰り

登山道と比べると平坦な道でしたが、途中には落石や土砂崩れで岩が

道を塞いでいたり、道そのものが崩れている所がありました。

日帰り

そんで、20分ほどで駐車場に戻ってきたのですが、

看板には「がけ崩れと有毒ガスで危険」と書いてありました。

このルートは立入禁止だったのですね。

もし、行かれる場合は、あくまで自己責任で。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

白濁湯大好き

トレッキングの後は、山の麓の温泉に入って疲れた筋肉を揉みほぐしました。

○ 沼尻温泉 旅 館 ひ い ら ぎ (入浴料500円)

日帰り

旅館というよりペンションのような佇まいの中に入り、入浴をお願いすると

「最近、源泉からの湯花が多くて、掃除しきれず残ってます・・・」

と女将さんが済まなそうに言っていましたが、白濁湯大好き人間にとっては、

むしろ、ウェルカム。

日帰り

期待して風呂場に向うと

あれ? お湯は透明。

しばらく、誰も入っていないらしく、湯花が湯船の底に沈殿していました。

日帰り

さっそく、ドボンと お湯の中に入り

よ~~く、攪拌して濁り湯に変身。

日帰り

それでも、まだ湯船の底には大量の湯花が残っています。

貸切り状態なので、湯花をすくい取って、

子供の泥んこ遊びのように、はしゃぎまわりました。

女将さん 風呂掃除の手を抜いてくれて ありがとう!

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

残り半年

さて、いよいよ 60歳の誕生日まで半年と迫ってきました。

定年後の生活について情報を集め、少しずつでも準備を始めようと
思ってはいるのですが、何から手をつけていいか分からず困っています。

元来が横着者なので、「どうにかなるさ」と楽観的な考えのままで
何もせずに その時を迎えるような気がします。

それと、もうひとつ悩みの種は、
定年後の余暇に読もうと 旅の思い出を書いてきたこのブログのことです。

当初の計画では、定年までのカウントダウンがゼロになるまでに
過去の旅行記を書き上げてフェイドアウトする予定でしたが、
このままのペースでは、それは不可能なようです。

文章を書くのが苦手で、筆が遅くて、なかなか前に進めません。

しばらくの間、ブログが続くことになりますので、お付き合いいただければ幸いです。


えっ? なに?

こんな くだらねぇ事を書く暇があったら、チャッチャと旅行記を書け!って?

はいはい。。。 そうしますよ。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 06:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

砂沢城

秋田県の五城目町(ごじょうめまち)を車で走っていると

おやっ 山の上に城らしきものが見える。

日帰り

近そうなので、行ってみることにしたのですが、曲がりくねった田舎道に

方向感覚を狂わされ、途中で少し道に迷いました。

そして、手こずりながらも、細い山道を頂上まで登って行くと、そこには

最近、町おこしに作ったような小さな天守閣がありました。

日帰り

う~む。 なんかガッカリ。

コンクリートで造った味気ない城だなぁ。  (-Д-\)=3

これなら、わざわざ山を登って来る価値はない。

ぶっちゃけ、下で見上げたほうがカッコ良かったと思いました。

日帰り

でも、ここには「砂沢城」という城がホントにあったらしい。

せっかくだから、天守閣に登って周りを眺めることにしました。

日帰り

ほ~っ  こんな ちっちゃな天守閣からでも下を眺めると気持ちがいいもんだ。

なんか、偉くなったような気がします。

「我が民よ 予は汝らと共にあるぞ」  なんてね。
 ヤギと○○は高い所が好き

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りの旅 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

味噌つけたんぽ

○ 湯 の 越 の 宿 (入浴料400円)

日帰り

秋田県中央部としては珍しい白濁湯があるというので立寄ってみました。

風呂場には、浴槽が2つあって若干温度は違うものの、
どちらもオレには ぬるく感じられました。 (40℃くらい)

日帰り

お湯は、スベスベの肌触りで、白い色の割りに硫黄臭は強くありません。

カビのような黒いものが混じっているのが少し気になりました。
(湯花だったのかなぁ?)

< 道の駅 ご じ ょ う め > 
日帰り

五城目町からは、東北の方角に進んで上小阿仁村に向いました。

< 道の駅 か み こ あ に >
日帰り

上小阿仁の山里にある道の駅は、意外なほどに混みあっていました。

< 味噌つけたんぽ 1本100円 >
日帰り

「味噌つけたんぽ」を注文しましたが、次から次に高校生が来て、
オバチャン2人で たんぽを焼くのが追いつかない状態。

普段は炭火でじっくりと焼いているのでしょうが、
この日はガスの強火でガンガン炙るもんだから、
たんぽが焼けずに割り箸が焦げて最悪の出来ばえ。
(*_*;

このテの食べ物は、客が多いときに食べるとロクなことありませんね。。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大太鼓の里

< 道の駅 た か の す >
日帰り

上小阿仁(かみこあに)から、さらに北上して鷹巣(たかのす)に来ました。

< 大 太 鼓 の 里 >
日帰り

道の駅の隣りに、「大太鼓の里」という施設があったので入ってみると

日帰り

デカッ! (◎。◎)! ドデカイ太鼓が並んでいます。

日帰り

どんだけ大きいかというと

人の背丈よりも大きい。 (オイラが小さいのじゃないですからね)

< 北秋田市のHPより >
日帰り

祭りの時に、これを人が寄ってタカって長いバチで叩くものらしい。

日帰り

鷹巣の綴子(つづれこ)神社の祭り太鼓は、年々大きくなって、
今では世界一大きくなったという。

あまりに大きくて、保管するために「大太鼓の館」を建てたのだとか。

< 右が日本一 左が世界一 の大太鼓 >
日帰り

ただ、不思議に思ったのは

世界一の大太鼓の直径は3.71m

日本一の大太鼓の直径が3.8m と書いてありました。

これって、どうゆうこと?


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りの旅 | 06:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

銚子の滝 【秋田県】

○ 道の駅 ふ た つ い

< 産 直 物 産 館 >
日帰り

鷹巣からR7号を西に進んで、二ツ井(現:能代市)の道の駅に向かいました。

< 観 光 案 内 所 >
日帰り

「東北道の駅スタンプラリー」のスタンプを置いている場所を探したんですが、
建物が3棟もあり、しかも、それぞれ運営が異なっていて解かりにくい。

店員さんに尋ねても、どこの建物にあるか知っていない。

これも、お役所の縦割り行政の弊害でしょうか。

道の駅二ツ井では買物をせず、さっさと次の目的地 藤里町に向いました。

< 観 光 セ ン タ ー >
日帰り


○ 銚 子 の 滝

日帰り

道を走っていると、「銚子の滝100m↑」の看板を発見!

すぐ近くにがあるようなので、歩いて行ってみました。

日帰り

滝そのものは細いのですが、周囲の岩盤がえぐられた洞窟のように
なっていて、なかなか迫力のある眺めです。

日帰り

秋田県には見ごたえある滝が幾つもあるなあ。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りの旅 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ゆとりあ藤里

秋田県藤里町は白神山地への入口の静かな町です。

< 白神山地世界遺産センター >
日帰り

温泉本のクーポンが利用できる施設があったので立寄りました。

○ 湯の沢温泉 健康保養館ゆとりあ藤里 
    (入浴料400円クーポン200円)


日帰り

町営のクアハウスといった存在なのでしょう。

プール、歩行浴、サウナ、ジャグジー、ジェットバスなどの設備もありました。

日帰り

”健康”という言葉が好きな相方は、それなりに楽しんだようですが、

オレ的には、落ち着いて入れる雰囲気ではなかったし、消毒臭が

鼻をついて、ゆっくり温泉に浸かることができませんでした。

日帰り

シャンプー・ボディーソープも備え付けられていますし、これだけの施設を

安く利用できるのはありがたいことですが、

利用する人の数が少なくて、老婆心ながら、とても入浴料400円では

採算が取れないだろう思ってしまいました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

能代で大好きな「味とのれんを大切にする店」のラーメン

能代へ移動して昼飯にラーメンを食べました。

○ 吾作ラーメン 東能代店

日帰り

秋田県内に数軒ある秋田限定ローカルチェーンの店。

「味とのれんを大切にする店」というのがキャッチコピーです。

この店のメニューにはチャーシュー麺がありません。

普通のラーメンに4~5枚の薄いチャーシューが乗ってくるからです。

< 醤油味ラーメン(大) 780円 >
日帰り

呉作の一番人気は味噌ラーメンなのですが、オレは醤油ラーメンが好き。

豚骨ベースで、醤油が香る、少し しょっぱいスープと コシのある中太麺。

歯ざわりのいい太いメンマに肩肉のチャーシュー。 

< 味 噌 味 ラ ー メ ン 680円 >
日帰り

胡椒は多めにかけるのが好み。

適度に効いている化調の旨みにキレが加わるような気がします。

ガツンとうまいわけじゃないけど、食べ終わる頃にはナゼか「十分満足だ」
と思ってしまう一杯です。

吾作 東能代店 ラーメン / 鶴形駅東能代駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 食べ物 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

300年前から植え続けられた「風の松原」

○ 風 の 松 原

日帰り

秋田県能代市の海岸には、300年前から防風林として植え続けられ、

現在700万本といわれる黒松の広大な林があります。

日帰り

東西1Km南北14Km 東京ドーム163個の面積で、

日本一広い松林なんだとか。

ここまで拡げるとは、なんというスゴイ執念なんだろう。

日帰り

立っている多くの木が斜めに伸びていることから、ここには 相当 強い海風が
吹くのだろうと想像できます。

松の木は、その体を曲げながらも我々を風から守ってくれています。

オレは困っている誰かの風避けになれるだろうか?

日帰り

< 道の駅 こ と お か >
日帰り

空が曇ってきたので、そろそろ高速に乗って家に帰ろうと思いますが、

途中の道の駅で一休み。

< こはぢゃソフト 300円 >
日帰り

こはぢゃ」は山葡萄の一種でナツハゼという木の実。

酸味が利いたさっぱりとしたオイシさです。

< 道の駅 し ょ う わ >
日帰り

この日行った道の駅は6ヶ所。

最後に立ち寄った道の駅で、花の苗を買いました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りの旅 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

夏の「青春18キップ」で出発進行!

2011年7月22日(金) 曇り

さあ、やってきました、青春18の季節が。

待ちに待った、貧乏旅行界 夏の甲子園開幕!!

< 06:06 花巻駅発 >
東尋坊

いつもの始発電車に乗って出発!

いつものように何事も無く、電車を乗り継いでいきましたが、

途中で、スンゴイ犬が乗り込んできたのです。

東尋坊

その犬は盲導犬でして、

どうやって見分けるのか不思議ですが、電車が走り出すまでの
僅かな時間に、迷うことなく主人を空いている優先席まで導き、
そこでピタリと止まったのです。

そして、主人が席に着くと、その脚の間に体を丸めて座り込み、
電車が走っている間はピクッとも動きませんでした。

この一連の動作は、ごく自然で、スムーズで、よ~く訓練されたものが
発する美しさがあります。

スバラシイ (☆。☆)

まるで、名作ドキュメンタリーを観たような感動を覚えました。 

< 15:19 川越駅着 >
東尋坊

そんで、電車を7回乗換え、乗車時間9時間で

埼玉県の川越駅に到着。

< JRバステック レンタサイクル事業 >
東尋坊

川越では、レンタサイクルで観光します。

料金は半日で400円。

荷物は無料で預かっていただき、身軽になって自転車で チリンチリン ♪


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

レンタサイクルで 川越大師 喜多院

小江戸川越の観光は、徒歩で廻るには距離が長く

車で廻るには道が混んでいて時間が掛るらしい。

○ 中  院 (なかいん)

東尋坊

なので、レンタサイクル屋さんが、オススメのルートを観光マップに

書き込んでくれて、それを頼りに細い通りを走ることにしました。

東尋坊

○ 喜 多 院 (きたいん)

東尋坊

観光マップによると、「川越七福神めぐり」のコースが書かれていましたが

所要時間と体力を考慮して、代表格の喜多院だけに立寄りました。

< 多  宝  塔 >
東尋坊

↑相棒のレンタサイクルです。

< 鐘  楼  門 >
東尋坊

とりあえず、旅の無事をお願いしました。

< 五 百 羅 漢 >
東尋坊


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

無念!!! 百名城 川越城本丸御殿

○ 川 越 城 本 丸 御 殿

東尋坊

この建物は、東日本で唯一の現存する本丸御殿なのだとか。

東尋坊

もともと川越城には、広大な水掘りに囲まれて、石垣にそびえ立つような
天守閣は無かったそうです。

しかも、都市化の波が押し寄せて、城らしさを残すものは驚くほど少なくて
唯一、面影を残しているのは本丸御殿ぐらいなもの。

東尋坊

小江戸川越観光が城下町の景観を売りにしているだけに
チト寂しい感じがしますが

日本百名城の一つに選ばれているからには、この川越城本丸御殿は
是非、押さえておきたい。


さて、入口はどこだろう?

と、柵の周りを歩いていたら

東尋坊

えっ! 休館?

_| ̄|○

ガックリ

・・・・・・・

まぁ いいさ どうせ オレの人生 こんなもの

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「菓子屋横丁」をチラ見

○ 菓 子 屋 横 丁

東尋坊

菓子屋横丁は昭和レトロの雰囲気。

埼玉県川越市は、関東大震災で被害を受けた東京に代わり、
駄菓子製造の拠点となっていたそうです。

最盛期には70軒以上店が軒を連ねていたといいますが、
現在は10軒ほど残っているだけ。

東尋坊

平日で観光客が少なかったためか、通りは閑散としていました。

東尋坊

並んでいる お菓子を見ると、今どきの子供が喜びそうなものというより、
中高年が懐かしいと思うものばかり。

気になるものもありましたが、他に誰も客がいないと、ヲヤジとしては
手に取るの気恥ずかしく思えて、お菓子を買うだけの勇気が湧きませんでした。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

小江戸川越 蔵造りの町並み

○ 蔵 造 り の 町 並 み

東尋坊

小江戸川越を代表する観光スポット。

東京に近い観光地は車と人がやたらに多い。

やはり、レンタサイクルを借りて正解でした。

東尋坊

川越の町並みは、明治二十六年(1893年)の川越大火で町の3分の2が
焼き尽くされた後、今度は火事に負けない町にしようと商家を蔵で建てで
出来たものなんだとか。

東尋坊

焼け野原になった町の再建のために、町民と行政が一体になって取り組み、
整備義援金として寄付を募ったそうです。

東尋坊

災害に負けない復興への強い思いが、現在の小江戸川越を創りあげたのですね。

東尋坊

この後、駅前に戻ってレンタサイクルを返却したのですが、予定時間より
だいぶ遅れて、営業時間を過ぎていました。

ヤッベェ~ 怒ってるだろうなぁ と思いながらレンタサイクル店の中に入ると

怒られるどころか「お疲れさまでした」 と、冷たいお茶とオシボリの
サービスをしてくれました。

< 時 の 鐘 >
東尋坊

自転車を借りる時、貸出票の住所欄に「岩手県」と書いたら、
なんか勘違いしたらしく、荷物を預かってくれたり、ウチワをくれたり、
係員の態度がミョーに親切で優しいのです。

「いえいえ、花巻は被災してませんから・・・」 とも言えず、
ご好意に甘えることにしました。

でも、「頑張ってください」って言われると、
なんだか、頑張らなきゃって気持ちになりますよね。

店を出る頃には、「ヨ~シ! がんばろう岩手!!」 みたいな顔つきに
なっていたかも?

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

川越温泉で休憩 マジで寝そうになる

< 川 越 駅 西 口 >
東尋坊

小江戸川越観光を終えると夕方になっていました。

レンタサイクルを返却して、ここからは、路線バスに乗って移動します。

< 西武バス 18:24 かすみ野行き >
東尋坊

○ 小さな旅 川 越 温 泉 (入浴料750円)

東尋坊

夜行列車「ムーンライトながら」の東京駅発車時間は23:10。

ここから終バスで川越駅に戻っても間に合う時間だ。

ヨッシャ、それまでの間、ガッチリ休憩できるぞ!

東尋坊

温泉に浸かってサッパリしてから、湯上りの缶ビールをプシュッ!

プファ~ たまんねぇ~ (⌒▽⌒)

この瞬間が、まさに至福のひととき。

そして、畳の上で横になると体じゅうの筋肉がほぐれていく・・・。

と ろ け そ う ・・・ (θ。θ)

・・・・・

おっと、危ない危ない マジで寝そうになった。

東尋坊

そして、終バス(20:25)で川越駅に向う。

0泊3日の この旅で唯一 横になって休めた場所でした。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

埼玉から福井に移動したけど、駅前で落ち込む。。。

2011年7月23日(土) 晴れ

< 06:50 米 原 駅 発 >
東尋坊

昨夜の寝場所は、東京駅 23:10発の「ムーンライトながら」。

時刻表通り 05:53 大垣駅に到着しました。

大垣駅からは、米原駅で北陸本線に乗換えて、一路 福井へ。

< 08:33 福 井 駅 着 >
東尋坊

結局、東京駅から 9時間20分で

福井駅 キタ――――(゚∀゚)――――!!


で、さっそく、駅前の旅行会社へ。


○ 福井駅前 : 京福エイジェンシー

この旅では、何度か京福バスを利用する予定なので、

東尋坊・永平寺マル得フリー乗車券

を買っておいたほうが絶対お得なはず。

そう思って、ネットで調べておいた 京福バスの関連会社に行ってみたら

東尋坊

ガ━(゚ロ゚;)━ン

なんと、移転してた・・・


移転したならHPに書いとけって!

ん? でも、待てよ。

移転先は すぐ近くのようだ ( ^o^)ホッ=3 

東尋坊

駅から真っ直ぐに行き、最初の角を左に曲がるだけでいいらしい。

実に楽勝。

歩いて、5分で到着。

ところが・・・

東尋坊

えっ? ナニ? 休業日?

_| ̄|○ oOO ハーアァァ


・・・・

えっちぇん(越前) の 皆さま

ざいご(田舎) 臭くて、おぜぇ(汚い) ヲヤジやけどぉ~

おめぇさんらに いじめられんか ものごいん(心配)

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

福井の美味しい駅そばに癒される

どこに行くあてもないので福井駅に戻ってきました。

東尋坊

すると、いい香りが空きっ腹な鼻を誘惑してきた。 ~( ̄‥ ̄*)

○ 今 庄 そ ば

東尋坊

駅の立ち食いそば屋としては、スペースは広め。

中ではオバチャン4人が手際よく働いていました。

旅行者だけでなく、家族連れの地元客も多く、朝早い時間だけど
意外なほど混んでいました。

東尋坊

待つこと30秒、出てきたそばは中太でしっかりした歯ごたえ。

ツユの色は薄く、ミリンの甘みが効いている。

うまい・・・。  なんだか落ち着く味で、しみじみとうまい。

旅の疲れを癒してくれる優しい一杯でした。

今庄そば 福井駅構内そば(蕎麦) / 福井駅福井駅前駅新福井駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

一乗谷でレンタサイクルを借りる

< 09:08 福 井 駅 発 >
東尋坊

福井駅から越美北線(九頭竜線)に乗りました。

2両編成のヂーゼルカーは、ガッタンゴットン ゆっくりと山間に向って
走って行きます。

東尋坊

そして、到着した駅が一乗谷(いちじょうだに)。

東尋坊

周りには田んぼしかなく、ローカル線の無人駅を絵に描いたように
長閑な風景が目の前に広がっていました。


○ 一乗谷朝倉氏遺跡資料館 (入館料100円)

東尋坊

無人駅から1分歩けば資料館の建物が見えてきます。

正直いって、歴史には疎いし、遺跡からの出土品なんかに興味があるわけでもない。

資料館に来た本当の目的は、

無料の自転車を借りて、荷物を預かってもらうこと。

この資料館では、自転車を無料で貸し出しているのです。

とはいっても、失礼にならないように、一応、くるっと展示品を見て廻り、

「大変、貴重な品を拝見させていただき、参考になりました」
的な顔をして出てきましたけど。

< 下 城 戸 跡 : 城郭の主要部を城戸で守っていた >
東尋坊

で、自転車に乗って出発!

東尋坊

通る車も少ない田舎道を15分ほど走っていきました。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

復原町並・武家屋敷

自転車でしばらく進むと、広い範囲で発掘が行われている所が
見えてきました。

東尋坊

そして、その先には、当時の町並みの一部を再現した施設がありました。

東尋坊

○ 復 原 町 並 ・ 武 家 屋 敷 (入場料210円)

東尋坊

戦国時代、越前の国を治めていた朝倉氏は、この地に城下町を築き
往時には1万人余りの人口を抱え、5代100年間の繁栄を誇ったのだとか。

現在では、その当時の重臣の屋敷や商家が建ち並ぶ町が復元されています。

東尋坊

○ ソフトバンクのCM  一 乗 谷 に て の 舞 台

東尋坊

どうでもよいことだが、一乗谷は白戸次郎(ソフトバンクのワンコお父さん)の
故郷です。

TVで冬・夏のバージョンが放映されてから、若い観光客も訪れるように
なったんだとか。

東尋坊
東尋坊


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

朝倉館

一乗谷は、かつて、朝倉氏が築いた要塞都市でした。

寺院や武家屋敷、町屋が建ち並び、越前の中心地として
栄えていたそうです。

東尋坊

しかし、織田信長と対立したため、怒涛の侵攻により、朝倉氏は
攻め滅ぼされ、町は徹底的に焼き尽くされて、廃墟と化したのです。

東尋坊

その後、長い年月の間に焦土は、原型のままで田畑の下に埋もれて
いきましたが、昭和42年に発掘調査が開始され、400年の眠りから
現代に蘇ったのだとか。

< 朝 倉 館 前 に 立 つ 唐 門 >
東尋坊

セミの鳴き声だけが うるさいほど響いています。

一乗谷は、交通が不便で予想以上の田舎でした。

周りは山だらけで、あれ?って思うほど、人や建物が少なかったです。

東尋坊

でも、な~んかいい感じのところです。

ここに来て良かったと思う。

こんな場所だからこそロマンを感じるのかもしれない。

< 10:49発のヂーゼルカーで福井駅に戻りました >
東尋坊

観光ポスターが一乗谷の魅力をこのように語っています。

 『京都にはない 金沢にもない ...なにもない』


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

丸岡城の天守閣で

福井駅のバス乗り場は、駅の建物から離れた場所にありました。

東尋坊

ここからは、京福バスに乗って移動します。

< 11:42発 本 丸 岡 行 き >
東尋坊

そして、終点の本丸岡バスターミナルへ。


本丸岡バスターミナルは以前、京福電鉄の永平寺や芦原温泉方面への

ターミナル駅だったそうで、鉄道が廃止された現在でも、各方面への

中継地になっているそうです。

東尋坊

バスターミナルの事務所に行って、福井駅前で買いそびれた お得な乗車券

マル得フリー乗車券 を買おうと思ったけど、

ここでは扱っていないとのこと。  いったい どこで売ってるんだ?

【関連記事】 : 福井駅前で落ち込む

時間の無駄だった。。

バスターミナルを出て、大急ぎで走り出しました。

東尋坊

バスの中から小高い丘の上に天守閣の屋根が見えていました。

ここから、丸岡城は遠くないはず。

東尋坊

早足で坂をヒ~ヒ~いいながら登ります。

寝不足と暑さでシンドイが、1時間後には戻ってこなくては。

次に乗るバスは一日に3便だけの運行なのです。

乗り遅れたら大変だ。

東尋坊

そして、息を切らせながら お城に到着 (;´Д`)ハァハァ

○ 丸  岡  城

丸岡城は、現存する12基の天守閣の中で最も古いといわれています。
(諸説ありますが・・・)

”野面(のづら)積み”と呼ばれる自然石をそのまま積み上げた石垣、
板張りの壁と石瓦の屋根。

後世に出来た壮麗な城とは違い、小ぶりで質朴ですが、

戦国の世を連想させる味わいのある天守閣です。

東尋坊

ゆっくり観る時間はないけど、現存天守閣の中には入っておきたい。

東尋坊

ほほぉ~ 年季が入った柱がいい味だしてる。

ヨシッ! 次は二階に登ろう。

と、階段に行ったら

東尋坊

オバ お嬢さんが、座り込んで なかなか降りて来ない。。。

イライラ (`ヘ´~)   怖がるくらいなら登るなってぇの!

結局、時間がなくて天守閣の二階には登れず・・ 切腹!!

坂を転がるように走って、バスターミナルへ戻りました。 └(・_・;)┐=3=3


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

京福バスで移動

京福バスに乗って、本丸岡バスターミナルからJR芦原温泉駅へ。

東尋坊

結局、始発から終点まで乗客はオイラだけの貸切バス状態でした。


< J R 芦 原 温 泉 駅 >
東尋坊

芦原温泉駅といっても温泉街まではかなり遠い。

ここで、バスを乗り継いで東尋坊まで行く予定です。

乗り継ぎのバスを待つ間に、JR芦原温泉駅をチラ見して歩いていると

な、なんと、

「東尋坊マル得フリー乗車券」を売っているじゃないの!


京福電鉄関連の所じゃなくて、JRの駅で扱っているって・・・どゆこと?

東尋坊

う~ん。。。 バス代1200円近く払って、ここまで来てしまったしなぁ。。。

千円かぁ。。。 "<(××)>"

悩む。。。

< 14:10発 金津東尋坊線(三国駅先回り) >
東尋坊

さんざん悩んだあげく、発車時間が迫ってきた。

え~い!買っちゃえ。

で、いざ東尋坊へ

東尋坊

バスは越前海岸を走っていきました。

東尋坊

やがて、東尋坊タワーが見えてきた。

< 東 尋 坊 タ ワ ー >
東尋坊

遠くの海を見たいわけじゃないし・・・ここはパス。

東尋坊

道の両側にズラリと土産物屋が並んでいる道を歩いて行きました。

土産物屋の店頭では、ソフトクリーム・かき氷・サザエの壷焼き・
サバのへしこ などを売っていましたが、

香ばしい匂いに引き寄せられて、イカ焼きを買いました。

< イ カ 焼 き (小) 400円 >
東尋坊

考えてみれば、電車やバスの乗り継ぎ時間がタイト過ぎて、

朝に駅の立ち食いそばを食べてから、何も食べていなかった。

もう せわしのうて せわしのうて こんなん だちゃかん


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

断崖絶壁の東尋坊から海面を覗き込む

○ 東  尋  坊  (とうじんぼう)

東尋坊

その昔、怪力を頼りに悪事の限りを尽くしていた東尋坊という僧が、

同門の僧侶たちに突き落とされた場所なんだとか。

東尋坊

さすがに、ここは観光客が多いです。

東尋坊

ここに来ると、誰しもが断崖絶壁の上から真下の海面を覗き込みたくなる。

まっ、怖いことは怖いが、ヒエ~ッと腰が引けて動けなくなるほどではないですけど。。。

東尋坊

○ 救 い の 電 話 1 号

東尋坊

観光客が多く集まる場所から少し離れた所に、電話ボックスだけポツンと
あるので、すぐに、それと気がつきました。

今どき公衆電話なんて時代遅れの存在ですが、
ここでは大いに活躍しているそうです。

東尋坊は、日本一名の知れた自殺の名所でもありますが、
救いの電話を利用して、保護を受ける人の数が毎年30人ほど
いるといいます。

わざわざ、この地を死に場所として選んで訪れる人間は、
心のどこかで、自分を助けてくれる誰かに生きるための
救いを求めているのかも知れません。

本当に死のうと思えば、もっと身近な場所があるはず。

生きにくい今の世の中ですが、なにも ここで死に急ぐことはありません。

この先に楽しい出来事が待っているかも知れないし、

それに、望まなくても人は、必ず いつかは死ぬのですから。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

あわら温泉に入った後 電車で呑み始める

東尋坊からバスに乗って、平野部の何軒かホテルが建っている温泉街へ。

東尋坊

○ セ ン ト ピ ア あ わ ら  (入浴料350円:パス利用)

東尋坊

「セントピアあわら」は、5年ほど前に温泉街の中心部にできた
公共の日帰り入浴施設。

公共温泉施設にありがちな立派な建物と塩素投入のお湯でしたが、
バス停が目の前だし、東尋坊フリー乗車券で割引になったので、
不満はありません。

< えちぜん鉄道 あわら湯のまち駅 >
東尋坊

さて、これから電車を乗り継いで、ムーンライト号の始発駅 大垣まで
向いますが、温泉を出て歩いて駅に着いた途端、猛烈な空腹感が
襲ってきました。

< 17:49 あわら湯のまち駅発 >
東尋坊

あれ? そういえば、

今日食べたのは、駅そばとイカ焼きだけかも。

明日の朝 東京に着くまで時間は、たっぷりある。

よ~し、乗り継ぎの間に食料を仕入れ、キヨスク祭りの開催じゃ!

東尋坊

まずは、コレから。

ク~~ッ!  たまんねぇ~  湯上りの一杯は最高!


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

見た目以上、想像以上にウマイ福井の『焼鯖寿し』

福井駅からは、敦賀~長浜~米原で乗換え大垣駅へ向かいました。

東尋坊

夕飯のメインは、福井駅の越前田村屋で買った焼鯖寿司。

800円(2割引き)で売っていたので、自分へのご褒美ってことで、奮発しました。
(ご褒美をもらうようなことは何もしてませんけど・・・ f(^_^; )

東尋坊

「福井県知事賞受賞」と書かれた箱を開けてみると

酢飯の上に、半身の焼いたサバがド~ンと乗った姿は武骨そのもの。

寿司らしい見た目の華やかさはありません。

東尋坊

一切れ頬張ると、口の中にサバのアブラがジワッと広がっていきます。

そして、じっくり焼かれた皮が香ばしくて、肉厚の身はしっとりジューシー。

東尋坊

サバとシャリの間に挟まれたガリとシイタケのバランスも絶妙。

ん~~  ウマッ!  (^~^)

これぞサバ好きの福井県民が創りあげた秀逸の作品だと断言できる。

見た目以上、想像以上にウマイ

・・・・・・・

たった一人での宴はダラダラ続き、大垣駅に到着する頃には
発泡酒3本・酎ハイ2本・おにぎり2個・蟹カマ・ピーナツ・サラミ
なども腹の中に納まっていました。

ぐぇ~っぷ! ( ̄#; ̄)


越前 田村屋 プリズム福井店寿司 / 福井駅福井駅前駅市役所前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ >>