貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2014-10- | ARCHIVE-SELECT | 2014-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ゲレンデを歩く

STC


清々しい高原の空気を吸いながら歩きました。

< ド ッ コ 沼 >
STC

道の脇には、ブナやダケカンバなどの広葉樹が多かったです。

< 細   沼 >
STC

20分ほどあるくと、しだいに身体が温まり、ひんやりした風が

心地よく感じられました。

< 山 岳 会 山 小 屋 >
STC

計画では、

① 麓から蔵王スカイケーブルで中央高原まで行き
② 軽く高原を散策してから
③ 中央第一リフトと蔵王中央ロープウェイを乗り継いで麓に戻る

という予定でしたので、そろそろプチ・ハイクも終わりです。

< チロリアンな雰囲気の「三五郎小屋」 >
STC

と、ところが、緊急事態発生!!!

乗継ぎのリフトが営業していないのです!


(え~っ そんなの聞いてねぇぞ)

STC

そんなわけで、ゲレンデを歩いて登る破目に。

STC

キビシィィィ~!!!

こんなハズじゃなかった (>_<)

ヘタレ4人組にとっては辛すぎる試練。

STC

何度か休憩を取って

ヘロヘロになりながら、どうにかこうにかロープウェイ乗り場まで
たどり着いたとさ。

STC

ヽ(´▽`)/やったー!  疲れた分だけ達成感がある~↑


STC

てか、事前にちゃんと調べていれば、冬しかリフトが動いていないことが

分かるはずなんだけど・・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| セコツアークラブ | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ロープウェイで空中散歩

○ 中 央 ロ ー プ ウ ェ イ



STC

お山の上からの帰りは、大型のロープウェイに乗って、

しばしの間、紅葉を眺めながらの空中散歩。

STC

空の上から見える赤や黄色に染まった木々は、まるで

お花畑のようにも見えます。

STC

(☆。☆)  うまく表現できない。 ただ、素晴らしい!の一言。 

STC

良かった。

蔵王に来て本当に良かった。

STC

窓から見える紅葉に満足してロープウェイを降りたのですが・・・

< 中央ロープウェイ温泉駅 >
STC

あれっ? ここって、ロープウェイで お山に登った場所じゃないよね?

STC261.jpg

中央ロープウェイの係員の人に尋ねたら、車を置いてきた
「スカイケーブル上の台駅」までは、歩いて15分ほど とのこと。

お山を降りても、またもや、歩きが待っていた。。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

川柳坂

車を乗り捨てた 「スカイケーブル上の台駅」 まで、タクシーで行こうとしたら、

待ち時間が40分という。 

STC

待ちきれず、ゲレンデ登りで疲労困憊の足腰にムチを入れて、温泉街を歩く

ことにしました。

STC

で、硫黄の香りがプンプンする蔵王の温泉街を歩いていると

えっ? なになに 川柳ポスト?

STC

この先にある酢川神社の境内に掲載する川柳を募集しているらしい。

STC

スカイケーブルへは、神社の参道を経由したほうが近道らしいのですが

「川柳坂」という 見上げるような 長~~~~い 階段になっていました。

STC

そして、ナゼか階段の脇に立っている灯篭には川柳が書かれてあります。

STC

くっだらねぇ~ (^m^*) と笑いながら、一つずつ読んでいたら 

疲れを忘れて川柳坂を登りきっていました。

階段の先には、由緒正しそうな神社があったので、いちおう参拝。

< 酢 川 神 社 >
STC

ここで、小生も一句。

さあやるぞと 腰を上げたら もう定年

おそまつ。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

蔵王温泉大露天風呂

歩き疲れた体を癒そうと温泉に向いました。

○ 蔵 王 温 泉 大 露 天 風 呂 (入浴料470円)

STC

蔵王の観光名所のひとつ大露天風呂。

入口のノレンをくぐると、突然、裸の男達の群れが目に飛び込んできます。

若い女性は (*/▽\*) 「キャッ」と目を背け、

そうでない人は ( ̄0 ̄)゛うひょ~ 「なんじゃ こりゃ」と立ち止まる。

< ロープウェイの乗車券で100円割引になります >
STC

(「風呂場の撮影は厳禁」と書かれているので観光協会の写真をお借りしました)

岩で組まれた大きな浴槽は上下2段になっていて、白く濁った大量のお湯が

ドバドバ注がれています。

< 山形市観光協会HPより >
STC

豪快で開放感抜群な露天風呂ですが、人気のスポットなので

あまりに人が多すぎて、じっくりと温泉を楽しむ雰囲気ではありません。

それと、女湯の沢沿いの場所は、男湯から簾越しにチラッと見えるので

気をつけてくださいね  (一ロ一)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ゲソ天が乗ったラーメンを食べる

高速に乗って家に帰る前に山形で夕飯を食べることにしました。

○ 有 頂 天 の 元 祖

STC

それにしても、「有頂天の元祖」とは、意味不明の名前の店だ。

しかも、ラーメンとゲソ天の組み合せ?

キワモノか? と思いつつも、

怖いもの見たさに「ゲソ天味噌ラーメン」をチョイス。

< ゲソ天味噌ラーメン 800円 >
STC

そしたら、予想通り ゲソ天と辛味噌が乗った味噌ラーメンが出てきましたが

まさか、青海苔がかかっているとは。。。  焼そばじゃあるまいし・・・

< ラ ー メ ン 550円 >
STC

とりあえず、辛味噌を溶かしてスープを啜ってみる。 あっ 辛ぇ~!!

お次は麺。 太くて平べったい。 まあ、普通かな。

続いてゲソ天。 おっ? 意外にサクサクして旨い。

スープをもう一口。  ふぅ~っ やっぱ辛ぇ~。 でも、クセになりそう・・・

< 味 噌 ラ ー メ ン 650円 >
STC

って、こんな感じで完食しちゃいました。

結論としては・・・・。

ラーメンにゲソ天と青海苔は相性いいかも。 (^^;

< ゲ ソ 天 150円 >
STC

ラーメンとゲソ天を別盛りでオーダーするのもアリです。


有頂天の元祖ラーメン / 羽前千歳駅楯山駅南出羽駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

奥日光 竜頭の滝

2012年10月12日(金) 曇り 所により 雨

会社から帰り入浴を済ませて、家から出発した時刻は19時。

< 上 河 内 S A >
上州

がんばって走り、23時前に栃木県の上河内SAまで来ました。

この日走った距離 : 386Km


2012年10月13日(土) 晴れ のち 曇り

上州

車中泊する時、できれば隣りに車がいない方がいい。  

そう思っていても、後から隣りに車が来ることは防げません。

だから、駐車禁止の場所の隣りに停めるのがオススメ。  

ここなら、満車になっても駐車する人はいません。

上州

客が多くない時間に、フードコーナーで朝めし。

そして、東北道から日光道路を通って、奥日光へ。


○ 竜 頭 の 滝 (りゅうずのたき)

上州

紅葉の見頃には少し早かったですが、やはり、ここは人の数が多かったです。

上州

混んでると分かっていても、この時期、絶対に外せないポイントだから
しょうがないけどね。

上州

太陽が高く上れば、もっと紅葉が鮮やかに見えるだろうなぁ

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 天下一のカカアとからっ風 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

白根温泉 薬師の湯で朝風呂

○ 白 根 温 泉  薬 師 の 湯 (入浴料700円)

上州

日光から群馬県の片品村に抜けて、朝湯へ入ろうと思ったのですが

まだ営業時間前だったので、周囲を見て歩きました。

< 無料の足湯があります >
上州

温泉玉子製造マシーン スッゲェ~! 元気ある~

上州

で、営業開始と同時に入って、誰もいない一番風呂を楽しみました。

上州

内湯は、石で組まれた大きな浴槽で、もちろん、源泉かけ流し。

あまり特徴のないサラッとしたお湯ですが、湯量が豊富で お湯の鮮度は文句なし。

上州

露天風呂は、「熱め」と「ぬるめ」の湯船が2つあります。

開放感があって、けっこう満足度は高いです。

ん~ やっぱり、一番風呂は気持ちいいなぁ  (*⌒ー⌒*)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 天下一のカカアとからっ風 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

片品村の美味しい水と野菜

○ 村 の 産 物 屋  か た し な や

上州

片品の役場近くを走っていると、店先の一角に「かたしなの恵水」と書かれた

湧水を流してる所があったので、車を停めて立寄りました。

< かたしなの恵水 >
上州

片品は尾瀬への入口にあり、湧き水が豊富で水が美味しい所です。

持ってきた保温カップに水を汲ませていただきましたが、

建物を良く見ると、村営の野菜直売所と食堂が併設してるようです。

上州

タダで水だけ汲んでいくのは気がひけて、まだ腹は空いていないけど、
ここで少し早い昼飯を食べることにしました。

上州

小生がオーダーしたのは、店員さんのオススメ通り

「ざる蕎麦(地粉)620円+野菜の天ぷら300円」

天ぷらはサックリして美味しかったですが、蕎麦は正直言ってシロウトが

打った感じで、食感がイマイチでした。。。

上州

相方は、「ざる蕎麦+サラダバー」。

えっ? ざる蕎麦にサラダかよ! と思いましたが

単品で300円のサラダバーが、セットにすれば100円で追加できるので
お値打ち感に惹かれて選んだようです。

サラダバーといっても、いろいろな野菜を切って大皿の上に並べているだけで
それを小皿に取り分け、好みのドレッシングをかけて食べるスタイルのものです。

でも、ざる蕎麦が出来上がる前に、さっそく、野菜を食べ始めた相方によると

「さすがに、産直の野菜を使っているだけに、少々見た目が悪いものも
 混じってるけど、とても新鮮で味が濃くて美味しい」 のだとか。 

上州

で、運ばれてきた ざる蕎麦は一口食べただけで、その蕎麦を小生に押し付け
さっさとサラダのおかわりに行ったのでした。

おかげで、オイラはイマイチ蕎麦を2枚食べて、腹いっぱいになったとさ。 
( ̄#; ̄)ゲプッ


かたしなやそば(蕎麦) / 片品村その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.2


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 天下一のカカアとからっ風 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

滝は吹割 片品渓谷

○ 吹 割 の 滝 (ふきわりのたき)

上州

どの店も 「駐車無料」 と書いた看板を持って、客引きしていますが、

食事をするか土産を買わなければ、駐車料は500円です。

帰り際に、そんなことを言われると (-□-;)!!ゲッ! 騙された! 

みたいな気分になるので、土産物屋に車を停めるなら、

ハナから駐車料を払うつもりでいた方がいいです。

上州

吹割の滝までは、川沿いの遊歩道を歩いて10分ほど。

上州

「吹割の滝」(ふきわりのたき)は、水が川床を割くように流れ落ち、

そこから水しぶきが吹き上げることから、その名が付いたそうです。

上州

滝としての落差は少ないですが、その大きさから圧倒されるような迫力と

重厚な力強さが感じられます。

上州

ハイライトである、滝の近くのポイント眺めた後は、滝全体を眺めるために

山道を登って、観瀑台まで行くことにしました。

上州

観瀑台からは、吹割の滝全体が眺められ、その大きさが よく分かります。

上州

ほほぅ 人が蟻んこのようだ。

上から眺めると、滝壺らしき所も はっきり見える。

上州

でも、その代わり、流れ落ちる音が聞えなし、

迫力というか 臨場感が薄いなぁ。。

やっぱ、滝は近くで見るのが一番か。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 天下一のカカアとからっ風 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

裾野は長し赤城山

道の駅スタンプラリーを兼ねて、物産館をひやかしながら移動。

< 道の駅 こ も ち >
上州

この日は、だいぶ 群馬の道の駅のスタンプを稼げそうです。

< 道の駅 お の こ >
上州

「道の駅白沢」に無料の展望台があったので登ってみました。

< 道の駅 白  沢 >
上州

展望台から周りを眺めてみると、四方を ぐるっと山に囲まれていました。

上州

足元の石板に方角と山の名前が書いてありましたが、

どこを見ても山だらけで、どれが何という山か分からず・・・

たぶん、右下の写真が赤城山だと思うんですが

上州上州

”赤城おろし”とも呼ばれる 上州名物の”からっ風”とは、

山を越えて吹き込む下降気流のことで、空気の湿度が低くなっているので、

群馬県は意外に雪が少ないのだとか。

< 道の駅 アグリーム昭和 >
上州

それにしても、旅に出ると異常に腹がすく。

普段の4~5倍は歩き回って、エネルギーを消費しているからなのだと

思いますが、それよりも、日常で感じるストレスから開放されることが

大きいのかもしれません。  

< 山菜おこわ 300円 + 味噌こんにゃく 100円 >
上州

とはいえ、昭和村で食べた「コンニャク」は、普段、家の近くのスーパーで

買ってくるものとは、比べようも無いほど風味と食感が豊かでした。  


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 天下一のカカアとからっ風 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名瀑の滝に近づけなかった (´Д`)

渋川市赤城町へ滝を眺めに行きました。

○ 棚 下 不 動 滝 (たなしたふどうたき)

上州

駐車場から1分も歩けば、山の上に雌滝が見えてきます。

< 雌   滝 >
上州

さらに、3分ほど坂を登ると、雄滝のある棚下不動神社がありました。

< 棚 下 不 動 神 社 >
上州

神社の奥に、大きな滝がチラッと見えるのですが・・・

上州

東日本大震災の後、落石の危険があるとのことで、これ以上近づけません。

別ルートで行けないものかと悪あがきしたのですが無駄でした。。

上州

滝が落ちている大きくえぐれた崖の中には、棚下不動の奥院があり

滝の裏側に入れるそうです。

< 雄   滝 >
上州

立入禁止を無視して、自己責任で滝の近くまで行くことはできるみたい

ですが、落石の恐れがあると書いてあったし・・・万が一ということもあるし・・・。 

命を賭けて見るほどのことはない と、勇気ある撤退をしたのでした。

(臆病だからじゃないですからね!)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 天下一のカカアとからっ風 | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

湧き水なら飲めるけど 温泉水はちょっと・・・

赤城山麓の棚下不動尊から移動して、榛名山麓の箱島不動尊に来ました。 

上州

こちらの不動尊の入口でも水が滝になって流れ落ちています。 

でも、ここには滝を見に来たのではありません。

名水百撰の水を飲みに来たのです。

上州

○ 箱 島 湧 水 (はこしまゆうすい)

樹齢500年ともいわれる見事な大杉の根元から榛名湖の水が
湧き出しているんだとか。

予想以上に豊富な水量で、小川になってガンガン流れていました。

< 水源地は立入禁止 >
上州

○ 伊香保温泉 日本の名湯

榛名山の麓まで来たのだから、伊香保温泉に立ち寄ることにしました。

< 飲 泉 所 >              < 金の湯の源泉 >
上州上州

伊香保温泉といえば、「石段の温泉街」ですが、ゆっくり観光する
時間がないので、露天風呂へ直行。

○ 伊香保温泉 露天風呂 (入浴料450円)

上州

鉄分が多く黄土色に濁ったお湯の感じと、開放感のある造りで、
雰囲気の良い露天風呂。

有名な温泉地の露天風呂ということもあり、観光がてらに入っていく
若者が多かったです。

< 渋川伊香保温泉観光協会HPより >
上州

【以前、伊香保温泉露天風呂に訪れた時の記事】 :
温泉水を飲み込むことができず・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 天下一のカカアとからっ風 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

道の駅の臨時駐車場

○ 道の駅 よ し お か 温 泉

今夜は、温泉が併設されている「道の駅よしおか温泉」で寝る予定です。

日が沈み始めた時に到着。

この道の駅は、物産館の他に、レストランや温泉、運動公園、EVスタンド、
無料の足湯などを備えた複合施設でした。

< レ ス ト ラ ン 和 >
上州

ところが、駐車場が満車で、しばらくの間待つハメに。

や~~~っと、駐車できた時刻が17時5分過ぎ。

< スタンプを置いてある案内所の営業時間は 8:30~17:00 >
上州

急いで、スタンプを押しに情報コーナーへ走っていったが・・・

閉まってた。。。 (´Д`) ハァ~

あ~ぁ。。。 日本人ってホント時間に正確だよなぁ~

< 入浴施設 : リバートピア吉岡 入浴料400円 >
上州

ガックリ気落ちしたけど、とりあえず、弁当を買って夕飯を喰うことにしたのですが、
あまりに車が多くて、どうにも落ち着きません。  

温泉が併設になっている道の駅は、車中泊ポイントとしては人気が高いですが、
ギューギュー詰めの満車の所で寝る気にはなれない。

なので、ここは、一旦、道の駅の駐車場から離れることにしました。

上州

結局、道の駅から50mほど離れた場所に「臨時駐車場」があったので、
移動したのですが、こちらは車が一台もいなくて、静かに眠ることが
できました。

< こんな場所が臨時駐車場でした >
上州

考えてみれば、道の駅の駐車場が満車だった時点で、他に駐車場がないか
探していれば、スタンプもゲットできたはずですし、落ち着いて夕飯が食べれた
かもしれません。

人気のある道の駅に車を停める場合は、臨時駐車場がないか探しておいた
ほうがいいと思いました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 天下一のカカアとからっ風 | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

関東と信越つなぐ高崎市

2012年10月14日(日) 曇り 時々 晴れ

この日のテーマは、お城巡り。

まずは、高崎市の箕輪城跡へ向いました。

○ 箕 輪 城 跡 (みのわじょうあと)

上州

駐車場にあったパンフレットを参考に城跡を散策しました。

上州

箕輪城は地理的に、相模の北条氏、甲斐の武田氏、越後の上杉氏が

侵攻を繰り返す場所だったそうです。

< 本    丸 >
上州

中世に実戦目的に築城された箕輪城には、もともと天守閣が存在せず、

見所としては大堀切や曲輪(くるわ)などの縄張りです。

< 大  堀  切 >
上州

お堀の跡が散策路になっていて、ちょっとしたハイキングコースのようでした。

< 本 丸 堀 の 櫓 台 >
上州

ただ、石垣が雑草に覆われていて、管理していないというか・・・ 

ほったらかし感が漂っています。

上州

毎年10月最終日曜日には、「箕輪城まつり」が行われるそうで、

駐車場の近くの畑でコスモスの花が摘み放題でした。

上州

コスモスを植えて歓迎してくれるのは、とても有り難いことですが、

城跡をしっかりと維持・整備してくれると もっと嬉しいです。

上州


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 天下一のカカアとからっ風 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

国定忠治の墓

○ 国 定 忠 治 の 墓

< 養 寿 寺 (ようじゅじ) >
上州

「赤城の山も今夜かぎり・・」 の 名セリフでお馴染み、

博徒の大親分 上州のヒーロー 国定忠治

その墓が この寺にあります。

上州

上州には、高崎(競馬)・前橋(競輪)・伊勢崎(オート)・桐生(競艇)と

公営ギャンブルが揃い、平和・SANKYOといったパチンコメーカーの

本社や工場があります。

上州

(お墓は鉄の柵で囲まれているんですが)

こんな博打好きの場所柄なのか、お守りにするために国定忠治の墓石を

削っていく人が後を絶たないのだとか。

上州

でも、国定忠治は怒らないでしょうね。 

今は角が取れて丸くなったから。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 天下一のカカアとからっ風 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新田金山城を登る

○ 金 山 城 跡 (かなやまじょう)

上州

太田市の中央部に聳える金山の山頂部までは、車で登って行ける

ようですが、途中にある駐車場に車を停めて歩き出しました。

< えっ! イノシシ出るの? >
上州

金山城へは駐車場から、さらに山の尾根沿いに登っていきます。

上州

遊歩道は整備され、堀切や石塁などが復元されていました。

上州

登るほどに金山城の大きさが分かってきます。

< 物  見  台 >
上州

物見台から下を見ると、だいぶ高いところに位置するようです。

上州

さらに道を登り、中心部(実城)に近づいていくと、石で囲まれた

月ノ池」がありました。

< 月  ノ  池 >
上州

築城する際には、篭城戦に備えて本丸周辺に必ず井戸を配置する

らしいのですが、こんな高い岩山の上にも水が湧いているのでしょうか?

上州

本丸へ登る大手道は、見事な石垣で固められています。

上州

山全体を要塞化した造りは、安土城を連想させますが、

山頂近くにある石造りの城という点では、天空の城 マチュピチュのようでもあります。
(マチュピチュに行ったことはないけど・・・)

上州

そして、本丸まで、あと少し。 

南曲輪という広場まで登ってきました。

< 日  ノ  池 >
上州

ところで、さっきから気になっていたんだが、

どこかで、火事か事故が起きたのだろうか? 

サイレンの音がする・・・。

< つづく >

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 天下一のカカアとからっ風 | 05:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

金山城にサイレンの音が響く

ピポピポ・・・  ウ~ゥ~  遠くに聞えてたサイレンが 

ピィポ ピィポ・・・  ウ〜ゥ~ウ〜ゥ~・・  ん?こっちの方か?・・・

ピィポピィポ・・・ ウ~ゥ~ゥ~  おっ!だんだん近づいてきた! 

ウ~ゥ~ウ~ゥ~  えっ?w(゚o゚)w ここ?

上州

まず、最初に警察が来て

上州

続いて、レスキュー隊員が、金山城本丸の方へ登って行きました。 

上州上州

来るわ来るわで、救急車2台、パトカー3台、消防車4台!

上州上州

いったい、何が起こったんだ??

と、本丸に登る石段のところで、警察官に話している通報者らしき
人の声が聞えてきた。

「若い△・・ 自転車で・・・×△崖から・・・ △□転げ落ちた・・・」 

「返事をしない・・、ピクリとも動かない・・・」 「血の気のない顔色・・・」


(。o゚) 耳をダンボのようにして聞いた話の内容では、

どうやら、若い男が、崖から転げ落ちて死んだらしい。。。。

上州上州

あっちゃ~ (>_<)  これは、まずい時に来たようだ。。。  

周りにいた人たちは、面倒なことに巻き込まれないように、

引き返えしてしまいましたが、

p(≧w≦)q ん~!!!

ここまで登ってきて、金山城の本丸まで行かないのはあまりに悔しすぎる。

< 御 台 所 曲 輪 の 大 け や き >
上州

救急隊員や警察官が現場に到着して、目隠しのブルーシートで囲ったり、
作業を終えた頃なら邪魔にならないだろうと、

少し時間をおいてから、音を立てないように石段を登っていきました。

上州

< 「実城」と呼ばれる本丸跡は新田神社になっていました >
上州

すると・・・

死んだとばかり思っていた若者が、救急隊員に抱えられながらも

しっかりと自分の足で立っているじゃないですか!

上州

えっ (∵)? 今までの騒ぎは一体何だったんだろう?

大事をとって、担架で運ばれていく若者と通報者に

「後で事情聴取がありますからね!」

と、ムッとしながら警察官が言っていました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 天下一のカカアとからっ風 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「おっきりこみ」が食べたくて

昼飯は温かいものが食べたくなった。

○ 新 田 乃 庄

上州

なかなか食べる機会がなかった、上州の郷土料理「おっきりこみ」。 
(「にぼうと」とも言うそうです)

一見、山梨の「ほうとう」のようにも見えるのですが、薄くて幅広な麺が
汁を吸って、ピロピロした食感になりツルンと喉を通っていきます。

具は、ニンジン・サトイモ・カボチャなどの他に油揚げが入っていて、
根菜類のうまみと、味噌の風味が効いた汁は なんとも優しくて、
落ち着く味わいです。

< 切り込み煮ぼうとう 1100円 >
上州

そして、もう一品、「牡蠣もっそ飯」。 

ご飯の上に山菜・錦糸卵を散らし、さらに、牡蠣を乗せてから味噌をかけて
蒸し揚げたものです。

こちらは、見た目の”ご馳走感”があります。

< 牡 蠣 も っ そ 飯 1575円 >
上州

お椀に取り分け、アツアツをフーフーしながら食べました。

冷え込みが厳しい時に食べると、もっと美味しく感じるんだろうなぁ。

上州


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 天下一のカカアとからっ風 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

太田焼そば&焼まんじゅうをテイクアウト

家に帰る時間になってしまった。。。

また、明日から仕事だと思うと気が滅入る。 (´Д`)


○ ユーランド新田 (入浴料500円)

家に帰ってから風呂を沸かすのが面倒くさいので、温泉でサッパリしてから
高速に乗ることにしました。

上州

ついでに、夕飯も途中のサービスエリアで食べようと

ご当地B級グルメ 「太田焼そば」 と 郷土料理 「焼まんじゅう」をテイクアウト。

○ 岩  崎  屋

上州

そんで、東北道に入ってから包み紙を開けました。

上州

すると、目に飛び込んだのは、真っ黒な衝撃的物体。

具らしきものはキャベツだけ。 

なんじゃこりゃ? な 焼そばです。

ところが、食べると濃い色のわりに、ソースの味は意外にマイルド。

平うち太麺は、もちもちした食感。 見た目と違い優しい味です。

味・ボリューム・値段とも満足いくものでした。

< 焼 そ ば (中)  315円 安っ! >
上州

そして、「焼まんじゅう」。

小麦粉を蒸かしたまんじゅうを焼き上げ、甘辛い味噌タレをベッタリと塗ったもの。

中にアンコは入っていません。  

「まんじゅう」といっても、こいつを和のスィーツと呼ぶには重たすぎる。

パンやおにぎりなどの軽食のジャンルに属す食べ物です。

< 焼まんじゅう(2本)  340円 >
上州

帰り道にSAやPAの売店で、その土地の土産品をひやかすのも
旅の楽しみのひとつ。

何度も休憩を取りながら、ゆっくり家路につきました。

今回は、お城と滝めぐりの旅でしたが、次回、群馬へは温泉めぐりに
来ようかと思います。

寒くなったら、やっぱり、温泉がいいよなぁ・・・


岩崎屋焼きそば / 治良門橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 天下一のカカアとからっ風 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

これ以上 先に延ばさず やめることに決めました・・・

人間ドックの結果が送られてきました。

DOCK.png

内容としては、多少メタボだけど 概ね異常なし のようです。

ただ、医師との面談の際に、喫煙の影響で肺の機能が落ちていて、
COPD(慢性閉塞性肺疾患)の予備軍だと指摘されました。

もちろん、タバコが健康に良くないのは分かっていますけど、どうしても
意志が弱くて、今までタバコを止められずにいたのです。

が、「このままでは、歩くと息切れが激しくなって、旅行に行けなくなる」
と脅されて、渋々 禁煙 することにしました。

そこで、健康保険が使える「禁煙外来」にお任せしようと、近くの町医者に
行って相談したのですが・・・

はぁ~ (-Д-\)=3  ホントに禁煙する気あるの?

みたいな顔をされて、「本気でタバコを止める気持ちになったら来てください」
と追い返されたのでした。

そんな対応が頭にきて

「意志が弱くて禁煙できないから、医者を頼って来たんじゃないか!」

「もうオメェには頼まねぇ!」 って、薬局でニコレット買い、1週間前から
禁煙を始めたのです。

nicoret.jpg

でも、冷静になって考えてみれば、自分自身の決意無しに、全てを
人任せにしようと思っていたわけで、

勉強する気はないけど、学習塾に通えば成績が上がるだろう 的な、
甘ったれた考えだから、今まで禁煙できなかったのかもしれない。

だから、今日ここで 決意表明することにしました。

40年間続いていた喫煙の悪癖は、必ず
定年退職するのに合わせて卒業するぞ!


(唯一の不安 : ニコレット依存症 ってないのかなぁ?)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 06:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

福島 飯坂温泉で朝湯

東北自動車道 長者原SA(宮城県)付近を走っていたら

未確認飛行物体と遭遇!

と、思ったら熱気球の群れでした。  (-。-;) オイオイ

日帰り

雲ひとつない青空を気持ち良さそうに飛んでいます。

日帰り

で、福島飯坂ICで高速を降りて、飯坂温泉で朝湯を楽しむことにしました。

日帰り

相方は、飯坂温泉のシンボル的存在「鯖湖湯」。

< 鯖 湖 湯 (入浴料200円) >
日帰り

私は、隣接する「ほりえや旅館」の二手に分かれて入浴しました。

< ほ り え や (入浴料300円) >
日帰り

ほりえや旅館の中はアットホームな雰囲気。

日帰り入浴でも、風呂場は貸切りで入れます。

日帰り

もちろん、飯坂のお湯は どこに行っても 源泉かけ流しで激熱。

恐る恐る お湯に手を入れたら  アッチィィィィ~!

このまま入るのは、とてもムリなので、ホースで水をガンガン入れて
温度を下げましたが、それでも熱さが身体にジンジン浸みてきます。

日帰り

一方、相方が行った鯖湖湯は共同浴場なので、勝手に水を入れることは
できません。

しかも、朝早くだったので、客は地元の人だけの完全アウェイ状態。

温度計は50℃近くを指していたらしいけど、原住民のオババたちが
平気な顔していたので、仕方無しに一緒に水を入れずに浴槽に入ったのだとか。

相方は、半日の間、身体中がヒリヒリ痛いと言っていました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 05:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

心が安らぐような 支那そば

福島で早めの昼飯。

○ 支那そば 佐  川

日帰り

有名店らしいので、10時40分に店に入ったけど、すでに、数人の客がいました。 

皆さんは地元の方のようで、お互いに挨拶を交わしていました。

日帰り

メニュー表を見ると、チャーシューメン500円、

カレーライス510円、カツ丼650円とリーズナブル

< 支 那 そ ば 400円 >
日帰り

もちろん、注文したのは看板メニューの支那そばですが、

その味を一口でいえば ”田舎懐かし系”

< チャーシューメン 500円 >
日帰り

麺はコシがなくて柔々。 

スープのダシも強くない。

シャープなキレもないし、パンチはまったく効いてない。

< 半チャーハン 300円 >
日帰り

都会じゃ売れないシロモノかもしれないが、うまい。  たしかに、うまい。

思い出すことはできないが、きっと、遥か昔にどこかで食べたことがある味。

近くにあれば、通いたくなるに違いない。


支那そば 佐川定食・食堂 / 曽根田駅美術館図書館前駅福島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 食べ物 | 06:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

本当の空の下へ

早い昼めしの後は、福島県中通地方の道の駅めぐり。

「ダチョウの生たまご」を売ってたけど、どうやって食べるんだろう?

まさか、TKG? 丼から溢れちゃうよなぁ・・・

< 道の駅  川  俣 >
日帰り日帰り

道の駅スタンプラリーに参加していると思われる オイラと同じニオイのする
ご同輩がいました。

何冊ものポケットブックにスタンプを押していたけど、商品の応募ができるのは
1人1冊だけのハズなんだが・・

< 道の駅 ふくしま東和 >
日帰り日帰り

そして、ソフトクリーム食べたり、ご当地ドロップ買ったりしながら

本当の空 がある二本松市内へ。

< 道の駅 安  達 >
日帰り日帰り

○ 智 恵 子 の 生 家

日帰り

「あどけない話」

智恵子は東京に空が無いといふ、本当の空が見たいといふ。

私は驚いて空を見る。

桜若葉の間に在るのは、切っても切れない むかしなじみのきれいな空だ。

どんよりけむる地平のぼかしは、うすもも色の朝のしめりだ。

智恵子は遠くを見ながら言ふ。

阿多多羅山の山の上に毎日出てゐる青い空が 智恵子の本当の空だといふ。

あどけない空の話である。

日帰り

後に、高村光太郎は花巻へ疎開し

「奥州花巻といふひなびた町の浄土宗の古刹松庵寺で、秋の村雨ふりしきる
あなたの命日に、まことにささやかな法事をしました」 

ちなみに、松庵寺(しょうあんじ)という寺は、我が家の菩提寺です。

記念館には入りませんでしたが、入口で そっと手を合せました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りの旅 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

菊人形祭りの時期とは知らずに二本松城へ

○ 二 本 松 城 址 (霞ヶ城)

日帰り

少年隊 が、お城の前で出迎えてくれました。

といっても、錦織・東山・植草 の懐かしい3人組じゃないですよ。

戊辰戦争に出陣した12歳から17歳の少年兵部隊のことです。

< 二 本 松 少 年 隊 >
日帰り

「二本松菊人形祭り」が開催されていて、多くの人が来ていました。 

お城を見に来ただけの者にとっては、エライ迷惑。

< 箕  輪  門 >
日帰り

いたるところが、菊の展示場になっているし

日帰り

カブトの前立が「愛」だなんて、

まるで、春日山城のようだし。。。

日帰り

チラ見しただけで駐車場に戻った。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りの旅 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

土湯温泉の足元湧出自噴風呂

家に帰る前に福島市の郊外、土湯温泉に立寄りました。

日帰り

< 土湯には無料の足湯が4ヶ所あります >
日帰り

温泉街には駐車場が少ないので、少し離れた場所から歩いて行きました。

日帰り

○ 土湯温泉 富 士 屋 (入浴料500円)

日帰り

女将さんの話によると

この旅館には、足元湧出の自噴風呂が2つあるんだとか。  

男女入替制で、この日は男湯が「不老の湯」、女湯が「長寿の湯」でした。

< 不老の湯 (大浴槽) >
日帰り

風呂場に入ると2本の湯口から お湯が流されている湯船がありました。

温度は適温。 ツルツルの肌触りで気持ちがいい。

ん? でも、お湯がかけ流されているってことは、

この風呂は、足元湧出の自噴じゃないですよね。

お目当ての自噴風呂は、この風呂場から、さらに階段を下ったところの
薄暗い照明の中にありました。 

< 不老の湯 (自噴) >
日帰り

浴槽は小さくて、オイルかゴムが焦げたような匂いが漂っています。 

体を沈めると、お湯が底のステンレス板の所から、じわじわ湧いているのが分かります。

落ち着いた雰囲気と、香ばしい匂いがとても気に入りました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

仕切りがある風呂なんだけど・・・

飲み会の無い金曜の夜に、ゆっくり体を休めようと早く寝たら、
朝早く目が覚めてしまった。

しばらく布団の中でモゾモゾしていたが、ジッとしていられず、
相方を起こし、車に乗って家を出ました。

日帰り

東北道を北上し、青森県 碇ヶ関ICから国道7号を秋田方面に走っていく。

そして、この日の朝風呂。

○ 湯ノ沢温泉 秋元旅館 (入浴料300円)

日帰り

秋元旅館は、青森と秋田との境にある湯ノ沢温泉の一番奥。

レトロな雰囲気が残る、渋~い宿です。

日帰り

内湯は、男女別の小さな浴槽。

そのほかに、混浴の風呂場がありました。

日帰り

女将さんによると、混浴だけど

「仕切りがあるはんで、女の人も入(へ)れます」とのことでしたが、

風呂場に行ってみて唖然・・・

仕切りといっても形ばかりのもの。 

しかも、男が女湯を通る という、ありえない造りになっているので、

普通の混浴風呂よりハズカシ指数は数段高い。 (*/▽\*)

日帰り

お湯の質は、ショッパくて硫黄の香りがする間違いなしの本格派。

いい感じの温泉ではあります。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

昼飯の弁当を食べる場所を探す

大館市内のスーパーで昼飯の弁当を買ったのですが、ゆっくり座って
食べれそうな場所が見当たりません。

< イ ト ク 大 館 S C >
日帰り

で、走り回っているうちに、郊外の大滝温泉まで来てしまったので
とりあえず、もう一軒 温泉に入ることにしました。

○ 大滝温泉 湯夢湯夢(トムトム)の里 (入浴料250円)

日帰り

趣きを感じない名前と 味気ないコンクリート造りの建物から公共の施設だろうと
予想できます。

日帰り

お湯は無色透明。 これといった特徴がありません。

ただ、風呂場の配置が変わっているというか、ちょっとヘンです。

内湯と露天風呂がつながっておらず、わざわざ脱衣所を経由しないと
行き来できない、不便な造りになっているのです。

風情のない建物といい、利用しにくい構造といい、温泉が好きじゃない人が
設計したとしか思えません。

日帰り

湯上りに休憩できる場所も無く、

昼飯の弁当は、眺めの良い所で食べようと十和田湖が望める
発荷(はっか)峠へ向ったのでした。

日帰り

あいにく、天気が悪くて見晴らしが良くありませんが、

車の外に出て、景色を眺めながら弁当を食べました。

日帰り

食べる場所を探して、1時間以上 車で走り回った上に、
温泉に入った後だったので、何を食べても旨かった。

しかも、ここまで来て食べると、スーパーの弁当でもググ~ッと
ランクアップして高級感が出るような気がします。

日帰り

空腹と景色が最高の調味料

ちょっぴり贅沢した気分になりました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「きりたんぽ鍋」を食べる

○ 銚 子 の 滝

日帰り

十和田湖から鹿角方面に戻る途中で「銚子の滝」の看板を見かけました。

案内板に従って 狭い砂利道を走って行くと 大きくはないけど、そこそこの
水量があり形のいい滝が流れ落ちていました。

ただ、滝の横に水力発電所の施設が見えるのが、少し興ざめで残念ですが・・・・。

日帰り

そして、大湯温泉で ひとっ風呂。

○ 大湯温泉 荒瀬の湯公衆浴場  (入浴料150円)

日帰り

川沿いに建っている共同浴場は、古びた感じでなかなかにいい風情です。

風呂場の床は石板が敷き詰められており、浴槽の底も正方形のブロックが
敷かれていました。 

そして、そのブロックのすき間から、時々ブクブクと泡が立ち昇ってくるので
どうやら、足元湧出の温泉らしい。 

きれいに透き通ったお湯は、キリッと熱いが、湯上りはスッキリした浴感です。

日帰り

○ 道の駅 ひ な い

日帰り

大館市内で 「きりたんぽ鍋」を食べたかったけど、店の営業時間外だったので
道の駅の物産館で食材を仕入れました。

< 比  内  鶏 >
日帰り

ちなみに

比内鶏は天然記念物なので食べられません

食べれるのは鶏と掛け合わせた”比内地鶏”です。

日帰り

そんで、家に帰って、大館で調達した食材できりたんぽ鍋を作ってみた。

比内地鶏のガラでダシを取り、キンカンなどの内臓系も、もちろん比内地鶏。

表面に黄色い脂が浮いている汁の中に、舞茸、ネギ、セリを加えて、

最後に 新米のきりたんぽ。

日帰り

少し煮込んで、熱々を フ~ フ~ッ ハフ ハフッ

たんぽにスープがジワ~ッと滲み込んで、口に入れるとホロッと崩れる。

ウッ ウメエェェェ~!!! 

文句なし 間違いなし に ウマイ

素性の分からないニワトリのきりたんぽ鍋と違って、

本物の比内地鶏で作ると風味は濃厚。 味は別格。

手前味噌で言うんじゃないが、今まで食べた中で一番美味しい

きりたんぽ鍋でした。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ドライブレコーダー

車に取り付けました。

RECODER.jpg

最近はコンパクトで手頃な値段のものが出回るようになったようですし、

数年前、一時停止を無視して、脇道から飛び出してきた車にぶつけられた
ことがあり、その時の相手側の対応がヒドイものだったので、万が一の時に
証拠として役立つのはないかと思ったのです。

とはいえ、実際には滅多に事故なんて起こらないでしょうから、

ドライブ中の風景を記録して、旅の思い出づくり使うことが主な目的です。

とりあえず、どんな風に写るか家の近くでテストしてみました。


[広告 ] VPS


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 車中泊の装備 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

始発の電車で出発

2010年12月30日(木) 晴れ ところにより 雪

今回は、冬の青春18電車旅

まだ夜が明けていない時間に出発しました。

< 06:03 花巻駅 発 > 
瀬戸内

ガッチリ酒を飲んでやろうと焼酎一升を持って電車に乗り込み

夜明けとともに飲み始める (~。~*)~♪

瀬戸内

仙台(宮城県)は晴れでだんだけんど

< 08:43 東仙台駅 発 >
瀬戸内

黒磯(栃木県)は雪が降ってだっぺ。

< 12:35 黒磯駅 発 >
瀬戸内

で、7回電車を乗り継いで、東鷲宮駅(埼玉県)に到着。

駅前に自噴の天然温泉があるというので途中下車しました。

< 14:31 東鷲宮駅 着 >
瀬戸内

駅を出ると、すぐに看板が目に入ってきました。

瀬戸内

歩いて3分。  たしかに駅前。  迷うことはない。

○ 百 観 音 温 泉 (入浴料700円)

瀬戸内

ナゼか敷地内に観音堂があります。

瀬戸内

人気の日帰り温泉施設のようで、館内には大勢の客が入っていました。

風呂場は、内湯と大きな露天風呂があり、「100%源泉掛け流し」 という

フレコミ通り、熱い源泉が投入されています。

< 百観音温泉のHPより >
瀬戸内瀬戸内

お湯の色は少し黄色くて、ショッパイ味がしました。

それほど長湯したわけではないのですが、湯上りにも汗がダラダラ。

酒の酔いも手伝って、温泉に入る前より かなり疲れてしまった。。。

出だしから こんな調子じゃ 先が思いやられる。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |