貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2014-11- | ARCHIVE-SELECT | 2015-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アキバでスタ丼

夕方17時を過ぎて、アキバに到着。

瀬戸内

昔はメイドカフェなんてなかったなあ・・・ などと、ジジ臭い感慨に浸りながら

まずは、ジャンク品を売っている伝統的な店をチラ見。

瀬戸内

アニメやフィギュアは興味ないし

瀬戸内

どこもかしこも人が多く、変なガイジンや頭大丈夫?的な若者も混じっていて
まっとうな生活を送っている中高年には理解できない部分が多かったです。

瀬戸内

日本の将来を (-◇-)=3 はぁ~ って嘆いていてもしょうがないので、
夕飯を喰うことにします。

○ 昭 和 食 堂

瀬戸内

「スタ丼」と呼ばれるアキバ名物の「スタミナ丼」。

豚バラ肉をニンニクが効いたタレで炒めて、それを丼めしに載せただけのもの。

< ス タ ミ ナ 丼 (大) 600円 >
瀬戸内

並盛り・大盛りとも同価格。 

ただし、大盛りはご飯の量が多いだけなので、肉とのバランスが悪い。

そのため、残ったご飯に生卵をニンニクダレで味付けして、ブッ掛けて
食べるのが一般的。


で、スタ丼を食べ終わり、店の外に出て気がついた。

オレの身体は、焼酎とニンニクが混じり合って臭いらしい

すれ違う人が、「まっとうな生活を送っている若者には理解できないニオイだ」 
ってな顔していました。


昭和食堂 秋葉原店定食・食堂 / 末広町駅秋葉原駅御茶ノ水駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 10冬 瀬戸内へ | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

戸越銀座温泉

夜行列車に乗る前に風呂に入っておこうと地下鉄で移動。

< 地下鉄 都営浅草線 >
瀬戸内

戸越銀座の商店街を歩いて行きました。

瀬戸内

○ 戸 越 銀 座 温 泉 (入浴料450円)

瀬戸内

「中の湯」という銭湯が、2007年に温泉を掘削し「戸越銀座温泉」として
リニューアルしたのだとか。

風呂場は2階にあり、内湯と露天がありました。

露天の湯は、ツルツルスベスベの「東京の黒湯」

休憩できるイスやテーブルも無料で利用できます。 

< 戸越銀座温泉のHPより >
瀬戸内
瀬戸内

これが以前と同じく、銭湯の料金で入れるなんて・・・

とても得した気分になりました。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

年末の大掃除

早いもので、もう師走となりました。

1年が経つのは、本当にあっという間ですね。

今年は、早めに机やロッカーの中の不要な物を捨てて

仕事場の大掃除をしました。

LOCKER.jpg

ってか、退職の準備ですけど・・・


TUKUE.jpg

満60歳の日で定年になるには、少し時間がありますが

誕生日が1月6日の私は、仕事始めの日が退職日

とややこしいので、早めに引継ぎや退職の挨拶を済ませ、年内20日頃から

(同じ職場で働いている人達には申し訳ないような気もするけど)
有給休暇を使ってフェイドアウトすることにしました。



立つ鳥跡を濁さず

残りわずかとなりましたが、出社している間は少しずつでも

窓ガラスやトイレもキレイにしていこうと思っています。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

食いだめして東京駅からは夜行列車で

アキバで喰ったスタミナ丼のボリュームが意外に少なかったし、

明日は電車の乗り継ぎが多いので、まともな食事ができないだろうと
戸越銀座の食堂で食いだめをしました。

瀬戸内

○ 太  陽  軒

瀬戸内

飛び込んだ店は、常連客がテレビを見ながら餃子や野菜炒めでビールを飲み、
ラーメンで締めるような町の大衆中華料理屋でした。

メニューの数は多かったですが、無難なところで生姜焼き定食を選択。

付け合せのキャベツの千切りは、ジャブジャブのタレに絡めて豚肉と一緒に
食べました。

値段相応の肉質と味で、腹だけは満腹になりました。

< 生姜焼き定食 650円 >
瀬戸内

そして、戸越銀座から東京駅に向かったのですが、途中で有楽町で下車。

瀬戸内

夜行列車の発車時間まで時間をつぶそうと銀座方向に歩き出したけど、
オイラの風貌が戸越銀座と違い、あまりにミスマッチに思えてきて、
すごすごと駅に戻りました。

瀬戸内

東京駅のホームには寝台特急が停車していましたが、

もちろん、これには乗りません。

< サンライズ瀬戸・出雲 >
瀬戸内

青春18キップと指定席券510円で乗車できる快速列車がこの日の寝床です。

< 23:10 東京駅発 快速ムーンライトながら >
瀬戸内

ムーンライトながらの発車時刻は23:10。

花巻駅を06:03に出発してから17時間以上経っています。

初日に飲んだ焼酎は約4合。

”最初から飛ばしすぎた。 明日から酒は控えめにしよう” と
寝酒を飲みながら少し反省。

太陽軒中華料理 / 戸越駅戸越銀座駅戸越公園駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.8


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

忠臣蔵の街へ

2010年12月31日(金) 晴れ のち 曇り

花巻を6時の始発で出発して、翌朝の10時。 

や~っと、忠臣蔵の街に到着!!

< 10:10 播州赤穂駅着 >
瀬戸内

年末になると、何度もテレビドラマで放映されている忠臣蔵。  

討ち入りの舞台は江戸なのですが、赤穂浪士の故郷として播州赤穂では
忠臣蔵一色に染まっていました。

そんな街の赤穂浪士ゆかりの場所を歩いてみます。

瀬戸内

駅前で大石内蔵助がお出迎え。

おのおのがた、ご油断召されるな。

瀬戸内

○ 息 継 ぎ 井 戸

瀬戸内

まずは、駅から歩いて5分ほどのところにある「息継ぎ井戸」。

元禄14年3月14日、江戸での浅野内匠頭による刃傷事件の第一報を知らせるため、
藩士2名が155里(約620Km)を早かごに揺られ4昼夜半で赤穂に着く。

城下に入ると、この井戸の水を飲んで一息ついたとされていますが

現在は空井戸。  水は飲めません。。

瀬戸内

○ 花  岳  寺 (か が く じ)

< 赤穂城から移築された西惣門 >
瀬戸内

息継ぎ井戸から、さらに徒歩5分で 藩主、浅野家の菩提寺「花岳寺」。

大石内蔵助を中心に義士たちの墓があり、中には遺髪が収められているんだとか。

瀬戸内

境内には義士ゆかりの品々が保管されている宝物殿というのがあるんですが、

拝観料400円なのでパス。

瀬戸内

「大石内蔵助お手植えの松」があったけど、 

二代目 と書かれてあり ビミョー  (∵)?


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

赤穂城と大石神社

○ 赤  穂  城

瀬戸内

赤穂城は、藩祖 浅野長直によって築城されましたが、3代長矩の
江戸城での吉良義央への刃傷事件で改易となったため、浅野氏が
入城していたのは40年間に過ぎません。

< 赤 穂 城 大 手 門 と 隅 櫓 >
瀬戸内

その後に入封した森氏の方が城主としての年数が長いのですが、
やはり、忠臣蔵の舞台のひとつなので、浅野氏の城というイメージ
があります。

瀬戸内

余談ですが、赤穂出身は四十七士の半数程度で、浅野氏の
前の領地だった常陸(茨城県)の武士も多かったんだとか。

< 大 石 邸 長 屋 門 >
瀬戸内

○ 大 石 神 社

瀬戸内

四十七士の討ち入り以降、赤穂浪士をリスペクトする人たちによって
大石邸内に小さな祠が密かに祀られていたらしいが、明治時代になり
神社を建てることを政府が許可したのだとか。

瀬戸内

赤穂では、大石内蔵助をはじめとした四十七士の像や絵を多く見かけました。

瀬戸内

ただ、藩主であった浅野内匠頭の像を見ることは無かった。

出来の悪い経営者が嫌われるのは当然か・・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

赤穂線で東岡山まで

播州赤穂駅に戻り、赤穂線に乗って岡山方面へ。

< 11:39 播州赤穂駅発 普通 > 
瀬戸内

岡山までの電車の本数が、複線の山陽本線より

単線の赤穂線の方が多いって、どーゆーこと?

山陽線沿いは、新幹線に乗れってことらしい。

瀬戸内

電車からの眺めは播磨灘から瀬戸内へと変わっていく。

日生(ひなせ)からは、小豆島への最短フェリーが出ているらしい。

瀬戸内

備前・・・ってことは、岡山県?

いよいよ来たねぇ 岡山県。  よろしゅ~ 頼むぞな

瀬戸内

備前長船(びぜんおさふね)は刀匠の郷らしいが、

途中下車して見学する時間ないしなぁ・・・

瀬戸内瀬戸内

で、再び、山陽本線と合流する東岡山駅で電車を降りた。

< 12:52 東岡山駅着 >
瀬戸内

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

名水百選 雄町の冷泉

東岡山駅からは、名水を求め 15分ほど歩いて行きました。

○ 雄 町 の 冷 泉  (おまちのれいせん)

瀬戸内

岡山の名水は住宅街の中にありました。

アクアガーデン」という公園になっていましたが本日は休園日

< 水  時  計 >
瀬戸内

まっ、休園日だろうがなかろうが、名水百選の水は年がら年中

湧き出しているだろうと水汲み場に行ったのですが・・・

< 水 汲 み 場 >
瀬戸内

エェェ~! (゚O゚;)

水汲み場はカラカラに乾いて一滴の水もない!!!

瀬戸内

近所のオバサンに訳を訊いたら、

雄町の冷泉の源泉は、近くの民家の庭先にある井戸水らしいんですが、
役場ともめて、今は水を汲ませないのだとか。

そこで、同じ水脈に井戸を掘り、公園を整備したんだけど、
ポンプアップするのは開園している昼間だけなそうです。

ってことは、雄町の冷水は湧き水じゃなくて、井戸水だったのね。。。

わざわざ、ここまで来て、水が無いとは・・・ 

おえりゃ~せんのう (キ`д´)

瀬戸内

いったい、どんな基準で環境省は名水百選の選定をしているんだろう?

少し白けた気分で、バスに乗って、岡山の中心部に向いました。

< 宇野バス 雄町中→浜  170円 >
瀬戸内

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
 

| 10冬 瀬戸内へ | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

後楽園を散策

○ 後  楽  園 (こうらくえん)

< 沢  の  池 >
瀬戸内

岡山市の観光名所といえば、日本三名園のひとつ後楽園。

瀬戸内

庭園には全く興味が無いけど、偕楽園・兼六園・後楽園と

なぜか三名園を訪問してしまった。。。 (-д-)=З

瀬戸内

私の旅は知識や信念を基にしたものではなく、好奇心と思いつきだけの
薄っぺらなものなので、興味が無くてもミーハー的に何処でも行くものだと
ご理解ください。

瀬戸内

三名園の選定理由として、いわゆる”雪月花”に対応したものという
説がありますが、

雪の兼六園 と 花の偕楽園 は見ることができるけど、

17時に閉園する後楽園で月を眺めることは不可能

だと思います。


えっ? なになに? 

月が出るまで、どこかに隠れて待っていろって?

そんなぁ 勘弁してくださいよぉ (T◇T)

瀬戸内瀬戸内


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名城 岡山城

○ 岡  山  城

瀬戸内

後楽園から見える岡山城は城の後ろ側です。

っていうか、岡山城の後ろ側にあるのが後楽園です

< 後楽園への通路は閉鎖していました >
瀬戸内

岡山城は、本丸の北から東にかけて曲輪が無く、防備が薄い造りになって

いたため、旭川を天然の堀として利用し、曲輪の代わりに「後園」として

後楽園が築かれたとも言われてます。

< 月 見 櫓 (現存) >
瀬戸内

ただ、明治以降に門や櫓が壊され、堀を埋め立てられた城跡は、

広大な敷地を誇る後楽園と比べると少し地味な感じがしました。

< 廊 下 門 (復元) >
瀬戸内

本来 背後を防衛する目的で、岡山城の一部として築かれた

後楽園の方が観光客が多かったです。


バックコーラスの方がメインボーカルより派手で人気がある

グループのようなものですかね。

瀬戸内


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

天満屋で食料仕入れてカプセルホテルへ

岡山の繁華街も大晦日に歩く人は少なかったです。

瀬戸内

夕飯は岡山名物「デミカツ丼」か「エビめし」にしようと思ったけど、

どちらの店も大晦日は休業。

< 天 満 屋 岡 山 本 店 >
瀬戸内

ささやかだけど、年越しの食べ物を買いに・・・

デパ地下で大晦日の売れ残りを割引セール売れ残り商品を漁って

この日の寝床へ向いました。

瀬戸内

岡電に乗って移動。

県庁通り→西川緑道公園 100円

瀬戸内

○ ホ テ ル リ バ ー サ イ ド

瀬戸内

ホテルはリバーサイド ♪  川沿いリバーサイド ♪

食事もリバーサイド ♪  オォオォ~ リバーサイド ♪


< ア ナ ゴ 巻 420円 フツー >
瀬戸内

今夜は岡山駅から近くのカプセル ホテルリバーサイドに宿泊

カプセルルーム 一泊2280円也

< カキおこわ 367円 ウマシ! >
瀬戸内

サウナで一汗かいてから、ロビーでまったり。

大晦日の夜は、他に泊まる人も無く

灯りが点いているのはオイラのカプセルだけでした。

瀬戸内

発泡酒に始まり焼酎で仕上げて、カプセルの中へ

テレビで紅白歌合戦を見ながら、すぐに眠りこけた。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

鷲羽山から瀬戸大橋を眺める

2011年1月1日(土) 晴れ のち 曇り

朝6時に起きて岡山駅へ。

瀬戸内

この年の初日の出は、電車の窓から拝みました。

瀬戸内

向った先は、JR本四備讃線の児島駅。

< 08:06 児島駅着 >
瀬戸内

駅前から「下電バスとこはい号」に乗って鷲羽山(わしゅうざん)まで250円

瀬戸内

そんで、鷲羽山から児島駅方面を眺めると、こんな感じ。

瀬戸内

せとねけー に なげー はし かかったんじゃてなー
瀬戸内海に長い橋が架かったんだってね
 
< 瀬 戸 大 橋 >
瀬戸内

橋の向こう側は、香川県の坂出?

四国近っ!

瀬戸内

展望台からの眺めはいいけど、風がビュンビュン吹くので寒かった。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「瀬戸の花嫁」を聞きながら観光船に乗る

瀬戸大橋を山の上から見た後で、今度は海から見てやろうと

再びバスに乗って児島駅前まで戻り、港まで歩いていった。

< 児 島 観 光 港 >
瀬戸内

○ 瀬 戸 大 橋 観 光 船

瀬戸内

今日は風が強いので出港は微妙。 船が出ても橋の下はくぐれません
とのこと。 

待つことしばし で、どうにか無事出航。

瀬戸の花嫁”をBGMに流しながら、乗客は5名だけのクルージングです。

[広告 ] VPS

瀬戸内

ヒャッホ~!! ヽ(^◇^◎)ノ

風は冷たいけど、とっても爽快!

瀬戸内

[広告 ] VPS

岸から1番近い島だけが岡山県で、それ以外の島は全部香川県なんだとか。

瀬戸内


瀬戸内

瀬戸大橋とは、本州(岡山県倉敷市児島)と四国(香川県坂出市)間の
瀬戸内海を跨いで結ぶ10の橋の総称です。

ただの海に架かる橋と言えばそれまでなんですが、

普段、海を見ていない山猿にとってはテンションの上がる眺め。 

理屈抜きで楽しい。

[広告 ] VPS

瀬戸内

乗組員は弟船長と兄ガイドの兄弟船。

「橋の下くぐってぇ~」 とリクエストしたのですが

「そねんことゆーても、わしにゃー出来りゃせんぞ」 

と 岡山弁丸出しで お断りされました。。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

駅前のラーメン屋

< 11:40 児島駅発 快速マリンライナー >
瀬戸内

児島駅から電車で次の目的地 倉敷に向いました。

児島も市町村合併で、現在は倉敷市なのですが、電車で倉敷の
市街地まで行くには岡山を経由しなきゃなりません。

< 12:10 岡山駅発 普通 >
瀬戸内

倉敷に着いた時はお昼過ぎ。  

駅近くの某寿司屋で、岡山郷土料理の”バラ寿司”を食べる予定 ♪

< 12:28 倉敷駅着 >
瀬戸内

だったのですが・・・ ナニー!! 寿司屋は休業だって!

ホームページに年中無休って書いてじゃないか

ちばけたー おえんぞな!

○ 豚 龍 ラ ー メ ン 駅 前 店

瀬戸内

昨日の朝から食べたのは、おにぎりや巻き寿司だけ。

”お預け”を喰らったと思うと、無性に腹が空いてきた。  

アテもないまま駅前を歩いていると、「ラーメン」の4文字が目に飛び込んできた。 

吸い込まれるように店の中に入って、イスに腰掛けるなり、

ラーメンを注文していました。

< 豚龍ラーメン 600円 >
瀬戸内

目の前に運ばれてきたのは、豚骨ダシと思しき濁ったスープの上に
チャーシュー・メンマ・モヤシ・ネギをトッピングした普通のラーメン。

麺は中太のストレート。 茹で過ぎたようでフニャっとしてる。 

スープも雑身があり、決してうまいとは言えない。

だけど、寒空の下で船に乗った後は温かいものが何よりのご馳走です。 

気がつけば、最後の一滴まで飲み干していました。

豚龍ラーメン 駅前店ラーメン / 倉敷市駅倉敷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

レンタサイクルでアイビースクエアに迷い込む

倉敷の駅レンタカーでは自転車も貸していました。

瀬戸内

< レンタサイクル 4時間まで350円 >
瀬戸内

コインロッカーに荷物を預け、準備万端。

いざ、レンタサイクルで観光に出発!

瀬戸内

勢い込んで出発したものの、道に迷ってしまい、どこを走っているか
分からなくなってしまった。。。

若い頃は、地図さえあれば迷うことはなかったけど、

どうやら、カーナビに頼りだしてから方向感覚が悪くなったようです。

○ 倉 敷 ア イ ビ ー ス ク ェ ア

瀬戸内

で、気がつけばアイビースクェアに来ていました。

瀬戸内

クラボウ発祥の地 元は紡績工場だったそうで

現在は、ホテルやレストランの施設になっています。

瀬戸内

< チャペルウェディング式場 >
瀬戸内

レンガ造りの建物を一通り見てから、地図とにらめっこ。

ここを基点にして、自転車で美観地区へ向った。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

倉敷美観地区

瀬戸内

美観地区の代表的なスポット、倉敷川の掘割りに来ました。

< 倉 敷 考 古 館 >
瀬戸内

旅行の下調べをした時には、正直言って倉敷に、それほどの魅力を

感じることはありませんでした。

< なまこ壁の通り >
瀬戸内

美術館には興味がないし、どうせ時間を持て余ましてしまうから

美観地区を自転車でササッと走れば十分だと考えていたのです。

< ひやさい (日当たりが少なくヒンヤリする路地) >
瀬戸内

ところが、意外に街は広く、かなり雰囲気のいい所でした。

見所が多くて、興味がある人なら1日観光しても時間が足りないでしょう。

< 大 原 美 術 館 >
瀬戸内

電車の時間が迫ってきたので、駅まで戻らざるを得ませんが

次回は、相方と一緒に来て、ジックリと観光したいと思いました。

< 有  隣  荘 >
瀬戸内


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 06:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名城 福山城

倉敷から30分ほどで福山に到着。 

ここから広島じゃけ~

< 15:23 福山駅着 >
瀬戸内

駅を出て横断歩道を渡れば、もう、そこは福山城。 

日本一駅に近いお城です。

道に迷わないし、疲れないし、うれしい限り。  (o^。^o)

瀬戸内

○ 福  山  城

< 鉄 筋 御 門 (現存:伏見城から移築) >
瀬戸内

福山城は、”大阪夏の陣”で豊臣家滅亡後、徳川普代の水野勝成によって
築城されたそうです。

< 伏 見 櫓 (現存:伏見城から移築) >
瀬戸内

本殿・櫓等は秀吉が築城した京都伏見城から移築したものなんだとか。

勝者が敗者の物を戦利品として使うのは当たり前の時代だったのです。

< 鏡  櫓 (復元) >
瀬戸内

福山城は建築技術が進んだ徳川幕府の時代に新しく築かれた城で、

10万石の所領とは思えないほど大きな規模でした。

< 月 見 櫓 (復元:伏見城から移築) >
瀬戸内

実戦や火災の経験が無く、昭和20年に空襲を受けるまで、天守閣は

そのままの姿で残っていたそうです。

< 二 の 丸 へ の 虎 口 >
瀬戸内

明治以降は、お城に軍事的な要素なんて無かったはずですが・・・

戦争とは、なんて野蛮で無益な破壊行為なのでしょう。

< 天 守 閣 (復元) >
瀬戸内

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


| 10冬 瀬戸内へ | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

サウナで疲労回復 カプセルで爆睡

福山城から、駅の反対側の繁華街へ向かった。

瀬戸内

○ カ プ セ ル & サ ウ ナ 日 本 (カプセルライト3360円)

瀬戸内

この日の宿は、福山駅前のカプセルホテル。

カプセルにしては料金が少し高いですが、サウナや風呂の設備が
充実していました。

下の階にはコンビニがあって便利。

夕食のメニューはバッテラ380円と発泡酒です。

瀬戸内

この日も朝早くから歩き回り、だいぶ旅の疲れが溜まってきました。

入浴に時間をかけて、1955年式のポンコツボディを労わりました。

明日の夜は電車の中で寝る予定。 

今晩は、たっぷり寝貯めしておこうっと。  \(´◯`)/゙ ふぁ~

瀬戸内

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村



| 10冬 瀬戸内へ | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

渡船で向島へ

2011年1月2日(日) 晴れ

< 08:17 尾道駅着 >
瀬戸内

この旅の最終目的地、尾道で電車を降りました。

瀬戸内

駅から海は、ほど近い。

「尾道水道」と呼ばれる海峡は狭く、波は穏やかです。

瀬戸内

対岸の、向島(むかいじま)へ渡船に乗って行ってみました。

瀬戸内

たった3分の航海だけど、なんだか気持ちが高ぶる。

[広告 ] VPS

瀬戸内

料金は 大人60円 普通車100円 軽90円

料金所は向島側にしかありません。

瀬戸内

向島には造船所が多く、何本もの大きなクレーンが立ち並んでいます。

瀬戸内

向島から見た尾道駅。

本当に穏やかな海だ。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 06:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

縁側で日向ぼっこ

瀬戸内

尾道には平らな土地が少ない。

瀬戸内

海の反対側は山の急斜面に家が建ち並び、細い路地が

まるで迷路のように張り巡らされています。

< 石   門 >
瀬戸内

そして、尾道には古い寺が数多く残っています。

< 持  光  寺 (じこうじ) >
瀬戸内

お寺めぐり”の案内板があったので、何箇所か お寺を巡ろうと思ったのですが

曲がりくねった狭い道では、自分が何処にいるのかも分かりません。

瀬戸内

しかも

ず~~~~っと 坂道が続いて歩き疲れました。

瀬戸内

○ 志 賀 直 哉 旧 居

瀬戸内

どこをどう歩いたのか分からないが、

志賀直哉の住んでいた家に迷い込んだらしい。

尾道は、ゆかりの文学者が多く、その住居が保管されてます。

文学に無縁の者にとって、幸い?休館日だったので、

縁側に腰掛け、日向ぼっこしながら、ゆっくり休憩できました。

瀬戸内

日差しが暖かくて、スンゴク気持ち良かった。 ( ^o^)

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

絵は書けないので写真を撮る

瀬戸内

上り坂の勾配は、どんどん急になり、もはや山登りをしている感覚になる。  

息はゼーゼー、膝はカクカク言い出した。  (;´Д`)ハァハァ

< 文学記念室は休館でした >
瀬戸内

尾道ゆかりの作家としては、志賀直哉をはじめに林芙美子・高垣眸・
横山美智子・行友李風。

歌人では、中村憲吉・山下陸奥・麻生路郎などがいるらしい。


○ 尾道新大橋を天寧寺より遠望

瀬戸内

狭い路地を抜けたところに空き地を発見して、休んでいると
絵が描いてある小さな看板が道の脇にありました。

尾道出身の平山郁夫画伯が、ここでデッサンしたのだとか。
(平山郁夫もここの出身 って、尾道スゲ~な)

ほほぅ~  そう言われてみれば、たしかに絶景。 芸術家は感性が違う。

絵は描けないので、せめて真似をした写真を撮ったとさ。


○ 千  光  寺 (せんこうじ)

< 毘 沙 門 堂 >
瀬戸内

806年の開基といわれる古刹は、”一番尾道らしい場所”として
ここに観光客が集中していました。

また、中国巡礼札所なので、本堂周辺には近寄れないほど人が多い。

< 三 重 岩 >
瀬戸内

そして、お寺の周囲には巨岩群があるらしく、こっちにも人が集まっていました。

< 鐘   楼 >
瀬戸内

この鐘は、何度もTVに除夜の鐘の音が流れことがあり、

残したい日本の音風景」の一つなんだとか。

生の音を聞いてみたいが、大晦日じゃないし・・・ 

勝手に撞いたらマズイかなぁ・・・

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ロープウェイで山を下る

お昼近くなると、日差しが強くてジャンパーを脱げるほど暖かくなった。

ぶち ぬっけぇー のぉー (⌒▽⌒)

「千光寺山展望台」というのがあったので登ってみる。

瀬戸内

尾道駅前向島方面

瀬戸内

しまなみ海道 新尾道大橋方面

瀬戸内

「文学のこみち」はチラ見

瀬戸内

○ 千 光 寺 山 ロ ー プ ウ ェ イ

< 千光寺山頂駅 >
瀬戸内

お山からの下りはロープウェイに乗って、しばしの間 空中散歩。

逆コースをたどり、ロープウェイで登って、歩いて山を下る方が楽なんでしょうが、
多少キツイ思いをする分だけ記憶にも残るはず。

瀬戸内

光寺山ロープウェイ(ガイド付き) 280円

瀬戸内

出発後の画像は、動画でお楽しみください。

[広告 ] VPS


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

尾道でラーメン

ロープウェイを降りた長江という地域が尾道の中心街。

NHK朝ドラ「てっぱん」の舞台になった場所です。

瀬戸内

でも、昼飯は お好み焼ではなくて、ご当地ラーメン ♪

○ 尾道ラーメンたに 長江口店

瀬戸内

ご当地、尾道ラーメンとは・・・、

シンプルな醤油味ベースのスープに豚の背脂が浮いている。

コッテリかな? と思えば、鶏といりこのダシで意外にアッサリ。  

麺はスルスルッとした中太のストレート。 

全体的には、”懐かし系の中華そば”。

強烈な個性がない代わりに飽きることがない味です。

< 日替わり定食 750円 >
瀬戸内

たにラーメン / 尾道駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

帰りの電車に乗り込む

○ おのみち映画資料館

瀬戸内

尾道が舞台となった映画のロケ写真などを展示しているらしい。 

特に、小津安二郎の「東京物語」と新藤兼人の「裸の島」の資料が多いとのこと。  

しか~し、尾道生まれで尾道育ち、自身の郷愁を込めて尾道を舞台にした
「転校生」をはじめ、「時をかける少女」・「さびしんぼう」を加えた”尾道三部作”
を製作した 大林宣彦の作品は承認が得れないので、展示していないとか。 

中途半端やなぁ ┐(´.`)┌

瀬戸内

市内を循環するバスに乗って尾道駅まで戻ろうと、
バス停のある新尾道大橋の方向へ歩いて行きました。

日本列島は年末から大雪に見舞われ、九州や四国でも雪が降ってるそうです。  

バスを待つ間、歩いている人たちが
「降っとらんのは、この辺だけじゃて」と話していました。

○ レ ト ロ バ ス

< 好っぷライン循環バス 140円 >
瀬戸内

このバスは完全に観光用として運行しています。

見た目は、ちょっぴり派手なだけですが、いざ走り出すと尾道の観光ガイドや
民謡が車内に流れます。 

しかも、音量が大きいのでバス停でドアが開くたびに、周りの人の目が
集まるような気がして、少し、気恥ずかしい感じがしました。

[広告 ] VPS


そんで 12:30 尾道駅を発車 
瀬戸内瀬戸内

尾道ゃぁ ええとこ じゃけんど ぼちぼち いのうかいの

ほいじゃ~ さいなら~ (^o^)/~~

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 06:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

電車を何度も乗り換えて家に帰る

< 12:30 尾道駅発 >
瀬戸内

尾道から18キップを使って、電車で花巻の家に帰るには
24時間以上かかります。


順調に行っても、

尾道 ~ 岡山 ~ 上郡 ~ 姫路 ~ 米原 ~ 大垣 ~ 東京 ~
上野 ~ 宇都宮 ~ 黒磯 ~ 郡山 ~ 福島 ~ 仙台 ~ 小牛田
~ 一ノ関 ~ 花巻

と、14回乗換えの予定です。

< 18:35 米原駅着 乗換え時間まで駅の外へ >
瀬戸内

電車の中では暇を持て余すだろうと思われるでしょうが、そんなことはナッシング。

乗換えのたびに乗客や景色が変わって、気分がリセットされます。

< 平和堂米原店で食料調達 >
瀬戸内

しかも、いくら綿密なスケジュールを立てたとしても、実際の旅では、

時刻どおりに電車が走らないし、キオスクが閉まって腹ペコになるし、

駅の外に出て食い物を買おうとしても、方言の意味が分からなかったり

道に迷ったり と、いつもドタバタの連続で暇を持て余す時間はありません。

< 駅のベンチに座って、この日の夕飯 >
瀬戸内

18キップでの旅の楽しさは、ただ単に目的地へ移動することだけじゃなくて、

ゆっくり変わる車窓からの風景を眺めたり、ふだん着で乗り込んでいる乗客たちと

ふれあうことにあると思うんです。

< 05:46 上野駅発 >
瀬戸内

だから、電車に乗り飽きるどころか、

家が近づいてくると、なんとなく寂しい気持ちになります。

この淋しさを紛らすために、雪が融けたら、また、次の旅に出かけることにしよう

と思うのです。

< 安達太良山  東北に帰ってきた >
瀬戸内

<旅行のデータ>

交通費:
青春18きっぷ 2300円×5回= 11,500 円
指定席券 510円×2枚= 1,020 円
都営地下鉄浅草線 (五反田-戸越銀座) 340 円(往復)
岡山:宇野バス (雄町中-浜) 170 円
岡山:岡電 (県庁前-西川緑道公園) 100 円
児島:下電バス (児島駅-鷲羽山展望台) 500 円(往復)
児島:瀬戸大橋観光船 1,550 円
尾道:福山渡船 (尾道-向島) 120 円(往復)
尾道:千光寺山ロープウェイ(山頂-山麓) 280 円
尾道:おのみちバス (浄土寺下-尾道駅) 140 円
交通費計: 15,720 円

宿泊費:
岡山:リバーサイドホテル 2,280 円
福山:カプセル&サウナ日本 3,360 円
宿泊費計: 5,640 円

入場料および入浴料:
東鷲宮:百観音温泉 700 円
戸越:戸越銀座温泉 450 円
岡山:後楽園 400 円
入場料および入浴料計: 1,550 円

外食したもの:
秋葉原:昭和食堂 スタミナ丼(大盛り) 600 円
戸越:太陽軒 しょうが焼き定食 650 円
倉敷:豚龍ラーメン駅前店 豚龍ラーメン 600 円
尾道:尾道ラーメンたに 日替わり定食 750 円
外食費計: 2,600 円

スーパーなどで買ったもの:
スリーエフ戸越銀座店 (おにぎり・パン) 340 円
岡山天満屋 京樽 (アナゴ巻・のり巻き) 769 円
岡山天満屋 比呂栄 (カキおこわ) 367 円
ヤマザキショップ藤田 (酎ハイ・発泡酒) 1,084 円
デイリーイン児島店 (缶ビール・おにぎり) 349 円
ファミリーマート福山伏見町店(パン・焼酎) 1,287 円
ハートイン福山 (発泡酒・おにぎり) 531 円
さんすて福山 (バッテラ) 380 円
おみやげ街道尾道店 (土産・たばこ) 1,670 円
平和堂米原店 (フライドチキン・ジュース) 218 円
スーパーなどで買ったもの: 6,995 円

雑費:
コインロッカー (播州赤穂駅) 300 円
コインロッカー (岡山:後楽園) 400 円
コインロッカー (児島駅) 400 円
コインロッカー (倉敷駅) 400 円
コインロッカー (尾道駅) 400 円
レンタサイクル (倉敷:駅レンタサイクル) 350 円
自販機で買った水・ジュースなど 2,040 円
雑費計: 4,290 円

使ったお金の合計: 36,795 円

1日当りの旅費: 7,359 円


そして、飲んだ焼酎(25%) 2.8 リットル
(おまけで、発泡酒) 2.0 リットル

隣りの座席に座った方々へ 

酒臭くてどうもスミマセンでした
  m(_ _)m


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 10冬 瀬戸内へ | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

長い間 お世話になりました

昨日 会社に退職の挨拶をしてきました。 
♪祝v(^O^)v祝♪

Z2w8a54b1VDy2v91419395227_1419395239.jpg

年末の人事異動があって引き継ぎが遅れていましたが、

今日から定年になる日までは有給休暇の消化をします。
といっても、たった4日間ですが・・・

ただ、

1月6日の誕生日までは、まだ籍が残っているわけで、
会社に拘束されていることに変わりなく、完全に自由に
なったとはいえないけど

とりあえず、久しぶりに年末年始は家でゆっくり
過ごそうと思っています。

その後も

年金や健康保険の手続き、失業手当の申請、運転免許の更新など・・・ 
しばらくの間は、暇を持て余すことはなさそうです。

昨年から町内会の世話人を引き受けましたし、
これからは 出来る範囲でボランティアにも関われたらなぁ・・・  

と、漠然とですが退職後のことを考え始めることにしました。

・・・・・

それじゃあ、明日から具体的に何をしようか

と頭をひねったら

(~ヘ~;) う~ん ・・・・・・・・・・・

・・・・・

出てきた言葉は



朝寝坊

これしか 思い浮かばなかった。。。 (情けねぇ~)

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 06:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

たざわこ芸術村 ゆぽぽ

"\(- 。*)/" ファ~

朝 休みだと思うと、起きるのが辛く感じる。。。

相方に 無理やり 起こされて、温泉に行くことになりました。

○ たざわこ芸術村温泉 ゆ ぽ ぽ

日帰り

秋田県仙北市の旧田沢湖町に「たざわこ芸術村」という施設があります。

劇団わらび座の本拠地として、「わらび劇場」・「田沢湖ビール」・「森林工芸館」
「民族芸術研究所」・「化石館」などを備えた芸術・文化の複合施設になっています。

日帰り

観劇+食事がセットになった日帰りコースがあるようですが、

この日立寄ったのは、ペアで入浴が無料のクーポンを利用するためでした。

日帰り

露天風呂が無くて内湯だけですが、窓が大きくて開放感のある風呂場です。

お湯は、ツルツルあったまり系。

額から汗が流れるまで、ジックリと温泉に浸かりました。

日帰り

たざわこ芸術村は駐車場が広いですし、レストランや温泉がありますから
車中泊ポイントにはいいかもしれません。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

断・捨・離 できない

秋田県の大曲で昼飯を食べることにした。

○ 味 よ し/味 二 番

日帰り

この店には入口が2つあり、表通りに”味二番”、裏通りには”味よし”の
ノレンが掲げられています。

元々、「味よし」の店名で営業していたのですが、一時、少し離れた場所に
味二番」という店を開業したそうです。

その後、「味二番」が閉店することになったのですが、店の名前を残して
合体させたのだとか。

日帰り

メニューを見ると その数の多さにビックリ。

少しずつ増えていって、120種類くらいになったらしい。

しかも、チーズインオムライスレバニララーメンなどの変りダネが目に付く。

日帰り

メニューが多すぎて困った相方は、「おまかせ定食」を選択。

煮魚・メンチカツ・野菜の煮物に丼飯と味噌汁のセットでした。

味とボリュームは田舎のB級食堂そのもの。

とにかく、腹は膨れる。

< おまかせ定食 660円 >
日帰り

そして、小生は「オープンカツ」なるものを注文。

その実態は、チキンライスにカレーをかけて、その上にトンカツを乗せたものでした。

カツカレーのライスをチキンライスに置き換えたものといえるが、
正直、この組み合わせは意味不明。

< オープンカツ 880円 >
日帰り

閉店した店の名前を残していたり、メニューがトンデモナク多かったりと

たぶん、この店は 断・捨・離 ができないのだろう思った。

味よし味二番 定食・食堂 / 大曲駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 食べ物 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

まいった・・・・

(≧Σ≦) ゲホゲホ・・・

定年前の休みに入ったと思ったら 風邪を引いてしまった。。。

会社に行く必要が無くなって、緊張感を失ったといいうか、
知らぬ間に気が緩んでいたのでしょうね。


とりあえず、病院へ行こうと思うのですが、

年末年始の休み前で患者が多いでしょうし、

今年、岩手県ではインフルエンザが大流行しているので、
病院でうつされないか心配です。


( ~д~)ハ・・・ハ・・ ( ~д~)・ハ・・・・ハ・・

(o>Д<)o・'.::・ハックショォンッ!!


相方に言いつけられて、家の大掃除や買出しをしなきゃならないし・・・

このクソ忙しい時に なんてこった。。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

良い お年を

2014年も 残すところ あと僅かとなりました。

今年は例年になく厳しい寒さが続きますが、お変わりありませんか?

私の方は、相変わらず景気は良くなかったですが、なんとか無事に
年を越せそうです。

皆さんには、拙いブログをご覧いただき 大変感謝しております。
今まで続けてこれましたのも、 温かいご支援のおかげです。
ありがとうございました。

いよいよ、年明けには定年を迎えますが、今になっても退職後の
生活設計は何一つ決まっていません。

とりあえず、来年もブログだけは続けようと思っていますので、
お引立ていただければ幸いです。

尚、近所の小さな神社に詰めて、年越しの参拝者の
お世話をする予定ですから、
明日の大晦日はブログはお休みさせていただきます。

新年には、また新たな気持ちで第二の人生を歩みながら、皆さんからの
コメントを楽しみにして、旅行記を書いていこうと思っています。
(返事が書けず申し訳ありませんが・・・)

どうか、健康にお気をつけて 良いお年をお過ごしください。

今年も お世話になりました。 

来年も よろしくお願いいたします。



ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 06:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。