貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2014-12- | ARCHIVE-SELECT | 2015-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アゲましておめでとうございます

新年 明けまして おめでとうございます!


さて、2015年 最初の記事は 一年前の元日に出かけた時のものです。
(リアルタイムのことではないです)

相変わらず、古いネタで申し訳ありません。 m(_ _)m

まっ、年が新しくなっても こんな調子ですが・・・・

今年も よろしく お願いします。


ではでは、2015年のブログ スタートォォ! (o^。^o)

定義

元日の朝 相方&娘と宮城県の定義山(じょうぎさん)に初詣

定義

あいにくの雨でしたが、沢山の人が参拝に訪れていました。

定義

いちおう、今年27歳になる一人娘の縁結びを祈ってから

定義

定義山参拝後のお約束 

一辺が15Cmほどの三角形の大きな油揚げをいただくことにしました。

定義

「定義山名物」といっても、油揚げに七味唐辛子と醤油をかけて食べるだけ
なのですが

揚げたては表面がサクッ、中がフワッとした とても軽い食感。

定義

素朴でありながら

アツアツで 香ばしくて、寒い日の朝に食べると格別です。

しみじみと うまいなぁ・・

ヨッシャー!  今年も一年間 がんばろう! って気持ちになりました。

定義

いつも、皆様のご支援に活力を貰っています。 ありがとうございます。

今年一年、皆様の運勢が
アゲアゲ↑↑になりますように!



ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 娘も一緒にお出かけ | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

那須湯本温泉へ

お正月休みに親子3人で行く一泊旅行を計画しました。

コース名は、「冬のアンコウ鍋と名瀑紀行」
五浦
ただ、今回は車中泊ではなく民宿に泊まる予定。

旅費が10万円ほどになりそうなので、事前に旅行代理店風の企画書を作り

我が家のサイフを握っている相方の承認を受けておきました。
五浦
2012年1月2日 晴れ

花巻を朝6時に出発して、向った先は栃木県 那須高原。

まずは、観光名所の「殺生石」へ。

周囲は硫化水素の臭いが立ち込める荒涼とした地獄地帯です。

五浦

○ 殺 生 石 (せっしょうせき)

悪行を重ねていた「九尾の狐」が、この地に詰められて、

退治された恨みを大きな石に化身して猛毒を噴き出し、

あらゆる生き物を殺したという伝説があるんだとか。

五浦


○ 那須湯本温泉 鹿の湯 (入浴料400円)

五浦

殺生石の近くにある鹿の湯は、湯治場の雰囲気を残す大人気の共同浴場です。

五浦

風呂場には、どうにか4人が浸かれるほどの小さな浴槽が6つ。 

それぞれが41℃~48℃と温度が違います。

お湯は白く濁り、一面に硫黄の香りが漂っていました。  

< 那須温泉のHPより >
五浦

洗い場は無く、お湯に入ったり出たりをひたすら繰り返します。

鹿の湯の入浴作法は、かぶり湯→半身浴→短熱浴の順らしい。 

修行の場というか、道場のような雰囲気がある温泉でした。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 娘も一緒にお出かけ | 06:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

氷瀑となった袋田の滝

娘に滝を見せたくて、那須高原から一気に茨城県の大子町へ移動。

○ 三名瀑  袋 田 の 滝

料金300円を支払って、トンネルの中を進んでいくと

五浦

ウワァ~オ!  袋田の滝が

期待通りに凍って、見事な氷瀑になってる。 

\(^O^)/ バンザーイ


五浦

水量は減っているけど、さすがに圧巻の大迫力。

初めて見る 娘は驚き、そして、喜んでいました。

五浦

小生は二度目の訪問ですが、水量の多かった春とは趣がまったく違う表情に

娘と同様に驚き、しばらくの間 眼を奪われていました。

【関連記事】 新緑の頃の袋田の滝

五浦

別名 ”四度の滝”といわれているので、夏と秋にも来なきゃなりませんね。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 娘も一緒にお出かけ | 06:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

北茨城で本場のアンコウ鍋を食べる

○ 民 宿 五 浦 (いづら) 1泊2食付:10000円

五浦

夕方到着した宿は、北茨城大津港に近い民宿です。

福島の原発事故の影響で客が激減したとのこと。

この日の泊り客は我々3人だけで寂しいかぎりでした。

五浦

海辺の民宿に泊まる目的は、もちろん海の幸。

完食に手こずるほどのボリュームでした。

五浦

そして、圧巻なのは アンコウ鍋。 

五浦

「西のフグ、東のアンコウ」と呼ばれる鍋の代表格。 

本場北茨城では、アン肝を炒めて味噌で味付けするのが一般的。

いわゆる ドブ汁 と呼ばれる濃厚なものです

五浦

コラーゲンたっぷりで、ヒレや皮の食感はプルプル、トロトロ。 

オレンジ色の肝油が浮いた汁はコクがある。

煮込むほど、ますます、こってり濃厚となり、シメは玉子とご飯で雑炊に。

五浦

旨すぎて、文句のつけようが無い

もう満足というか 恍惚というか・・・。

五浦

腹いっぱいになり、幸せな気分で寝床につきました。

親子で川の字になって寝るのは何年ぶりだろう・・・


民宿 五浦旅館・オーベルジュ(その他) / 大津港駅

夜総合点★★★★ 4.3


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 娘も一緒にお出かけ | 06:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

日の出を拝んで朝湯・朝飯

2012年1月3日 晴れ

「父さん日が昇るよ!」  という娘の声で目が覚めた。

五浦

翌朝は空が晴れ渡って、部屋の窓から日の出が拝めました。

昨夜は気づかなかったけど、この民宿は全室シーフロント・オーシャンビュー

ロケーションだったんですね。

五浦

朝湯に入った風呂場からも海を眺めることができました。

ちなみに、浴槽には温泉が引かれていて、少ししょっぱい お湯が

かけ流しになっています。

五浦

昨夜は食べ過ぎてしまったけど、朝湯に入れば また腹が空いてきます。

ハマグリがたっぷりの お吸い物が美味しくて、ご飯を3杯 おかわりしてしまった。

五浦

民宿から見える五浦(いづら)海岸は 「日本の音風景100撰」「日本の渚100撰」
に選ばれた所です。

食後にメインスポットの「六角堂」へ歩いて行ったのですが、閉鎖されていました。

東日本大震災の津波で流出したそうです。 

民宿のご家族の方々も、きっと、怖い思いをしたことでしょう。

チェックアウトの際に、「わざわざ来てくれたから」と宿泊代を1人10,000円に
値引いてくれました。

風評被害を受けている地域で営業を続けるのは大変だろうに・・・

なんだか、申し訳なくて涙が出そうになった。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 娘も一緒にお出かけ | 07:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

カウントダウンがゼロになる日

本日、60歳の誕生日を迎えました

(* ̄(エ) ̄)/゚・:*【祝】*:・゚\( ̄(エ) ̄*)


これで、ついに、

定年退職の栄冠を手に入れた!

ってことは・・・

もう 会社の仕事に拘束されることがなくなった!

ヤッタ~ 8(≧▽≦)8 うれし~ぃ



今日からオレは自由だぁ  (σ≧▽≦)σ イェ~ィ!


奴隷開放 パーフェクト リバティーや!!



ん? んん? でも 待てよ・・・


明日から会社に行かないってことは、

無職という肩書きになるってこと?

・・・・・・・・

┐(-_- )┌ … まっ しょうがないか

まだ年金をもらえる年齢じゃないので

とりあえず、ハローワークに行って

失業手当の手続きして来ようっと



ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 06:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

アクアマリンふくしま

北茨城を北上すると、すぐ福島県に変わった。

○ ア ク ア マ リ ン ふ く し ま (入場料1600円)

五浦

入場料が高いけど、このまま真っすぐ家まで帰るのが、もったいないので

いわき市小名浜(おなはま)の水族館に立寄りました。

五浦

正直、「この歳になると水族館なんて興味沸かねぇ~」 と思ってたんですが、

それが、なかなかどうして・・・。

五浦

いろいろな魚が泳いでいて、けっこう面白い。

五浦

特に、「潮目の海」と呼ばれる巨大な水槽の中でイワシとカツオが一緒に

泳いでいるのが興味深かったです。

五浦

同じ水槽の中を泳いでいるので、時々、カツオがイワシを追いかけて食べたりします。

残酷なようにも見えるけど、これが自然の生態なのでしょう。

大きな塊りを作って、その形を変えながら泳ぐイワシの群れは、

いつまでも見飽きることはありませんでした。

五浦

オレも 弱肉強食の世の中では、皆が右に行けば右に、左に行けば左に行く

サラリーマンの群れの中でしか生きてこれなかったもんな・・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 娘も一緒にお出かけ | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

フラを観ながら時間つぶし

五浦

アクアマリンふくしまの展望台に登ってみた。

五浦

まだ、震災後1年経っていない時でしたから、道の脇にはガレキが

残っていましたが、海は とても穏やかでした。

五浦

ひんやりとした海風を吸い込んだ後は、近くの「いわき・ら・ら・みゅー」

という物産センターへ。

五浦
   
我が家の女どもは、景色を眺めるより お土産を買う方が楽しみのようです。

五浦

二人の買い物に付き合う気にならず、休憩所で待つことにしたら

小中学生とおぼしき フラガールズが踊っていました。

五浦

ちょっぴり スパリゾートハワイアンズに行った気分で暇つぶしできた。

アロハ~


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 娘も一緒にお出かけ | 06:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

いわき湯本温泉に浸かって家路につく

ら・ら・ミューで買い物の後、昼飯を食べました。

○ 五 鉄 ら・ら・ミュー店

五浦

えびラーメンがオススメの店らしい。

塩、醤油、味噌の中から味を選べますが、個人的にエビ風味と相性がいいのは
塩が一番だと思っているので迷わずに塩味を選択。

エビ油が浮いている透明なスープからは、エビの香りが立ち昇っていて、
塩味はしっかりしている。

鶏と魚介がベースのようで、脂っこさやクドさは感じませんでした。

< えびラーメン(塩) 800円 >
五浦

麺は中太ストレート。

トッピングのチャーシュー・煮玉子・メンマともに味は悪くないです。

ただ、このレベルで800円という値段は、正直、少し高いと思った。


○ いわき湯本温泉 さはこの湯 (入浴料220円)

そして、今回の旅の締めくくりは温泉。

五浦

いわき湯本温泉は、福島県浜通りで最も名前の知られた温泉場です。

シンボル的な存在の「さはこの湯」は、共同浴場にしては立派な和風建築の建物。

入浴料220円と手頃な値段でもあるので混雑していました。

風呂場では、5~6人しか入れない浴槽の周りを20人以上が取り囲んで、
誰かが上がるのを待っている状態。

とても落ち着いて温泉に浸かるような雰囲気ではなかった・・・。

< いわき市公園緑地観光公社HPより >
五浦五浦

帰りの車は、途中で何度か娘と交代しながらの運転でした。 

最近、長い距離を連続して走るのが辛くなってきた。

我ながら、集中力が衰えたし、反応が鈍くなったなぁと自覚する場面が増えました。

車で一人旅に出かけれるのは、あと何年だろう?


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 娘も一緒にお出かけ | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

寒い日は やっぱり温泉に限る

○ 湯 川 温 泉 高 繁 旅 館 (入浴料300円)

日帰り

寒い日は 湯っこ(温泉)が一番

ってことで、家から雪道を車で走って1時間。

岩手県西和賀町の湯川温泉へ。

日帰り

源泉の温度は約80℃。

お風呂は もちろん 部屋の暖房にも利用されているんだとか。

もともとが、自炊の湯治宿なので連泊する客が多いようです。

日帰り

館内には、源泉を使って温泉玉子を作る場所がありました。

ちなみに、左が熱い源泉で、右は冷たい湧き水です。

日帰り

風呂場は男女合わせて8ヶ所あるそうで、

黄金に彩られた黄金風呂やメノウを貼り付けた宝石風呂がありました。

大浴場は、それぞれ1階が混浴(男性用)、2階が女性用に分かれています。

日帰り

露天風呂は大浴場に繋がっていて、川に面していて開放感があります。

お湯はツルツルした肌触りの あったまり系。

もちろん、源泉かけ流しです。

< 子宝に恵まれるという「金精様」(こんせいさん)がチン座 ^^ >
日帰り

高繁旅館には何度か お邪魔していますが、お湯が豊富なうえに300円という

低料金で入浴できるのがうれしい。

ますます気に入りました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

四国へ出発の準備

2012年12月23日 晴れ

年末年始は四国へ向けて車中泊の旅の予定。

着替え・ヤカン・コンロなどはルーフキャリアに積みますが

今回は一人旅なので、助手席周りのスペースも活用します。

四国

冬道を走っていくので、まずは非常時用の牽引ロープとブースターケーブルを

助手席の凹みへ置く。

四国

その上にプラスチックの板を敷くと ほぼ水平。

ガスコンロやカセットヒーターの火は ここで炊きます。

四国

火気を使わない時の助手席は こんな感じ。

四国

後部座席の足元には、サブバッテリーとカップラや焼酎など。

高速に乗っている時間も多いし、年末年始はスーパーが休業しているので、

食べ物は多めに準備。

ルーフキャリアにも、発泡スチロールに入れた食料を積み込みました。

冬は車外の気温が低いので、ルーフキャリアが冷蔵庫代わりに使えます。

四国

助手席側に”突っ張り棒”を取り付け、防寒ジャンパーを掛けるハンガーと

塗れたタオル用の洗濯バサミ   ↑ あ~っ! 選択 って書いてしまった。。。

四国

そんで、

後部座席を平らにしてからマットレス。

四国

封筒型2枚でダブルサイズにした寝袋。

ダブルの方が寝返りも打てて、グッスリ寝れますから。 ^^

四国

もちろん、これだけでは寒いので、さらに掛け布団を用意。

四国

さらにさらに、湯タンポも持っていく。

湯タンポは最強の防寒アイテムです。

四国

そして、欠かせないのが缶チューハイ。

とりあえず8本持っていくけど、これじゃ足りねぇなぁ・・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ほんまに四国に行きよるが?

2012年12月29日(土) 雪 のち 曇り

定年が近くなってくると、有休休暇を取りやすい。

思い切って、仕事始めの日を休むことにして、サラリーマン生活史上初の

8連休を獲得しました。 \(^O^)/ バンザ~イ

ヨッシャ~! 

今年は四国に行っちゃるき~!


< 東北道国見SA(福島県)のイルミネーション >
四国

仕事納めから帰り、風呂に入ってから18時に出発。

年末の帰省ラッシュの時期に、首都高・東名を通るルートは避けて、

北陸道経由で進みます。

この日走った距離 : 387Km

< 磐越道 阿賀野川SA(新潟県)で寝ました >
四国


2012年12月30日(日) 曇り

昨夜は頑張って走ったつもりでしたが、四国へ道は、4分の1進んだ程度。 
(´ε`)

まだまだ、先は長い。

< パンとバナナで朝飯 >
四国

ラジオの天気予報によると、あいにくの雪と雨模様らしい。

走る距離は稼ぎたいが、高速の運転で疲れきってしまっては

観光に身が入りません。

逸る気持ちを抑えつつ、余裕を持ったペースで走ることにしました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 07:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

北陸道 徳光PAで休憩

新潟県の阿賀野川SAから4時間ほど走って

午前10時に石川県の徳光PAに到着。

雨が降っていました。

四国

けっこう大きなPAです。

四国

ここで休憩する目的は ト イ レ

じゃなくて、その下に書いてある 松任海浜温泉

徳光PAの駐車場から歩いてPAの外に出ると、

「松任(まっとう)海浜温泉」という日帰り温泉施設があるのです。 

四国

歩くこと3分。

おぉ あれかぁ

風呂道具をぶら下げて歩いていくと・・・


えっ? (;゚ο゚)

四国

それじゃ、昼飯にしようかとPAに戻ったのですが、

まだ どの店も準備中のようです。 

ま、どうせ、ここじゃ食べませんけど・・・

四国

ここのPAで ゆっくり休憩する予定でしたので、

余った時間で ご飯を炊きました。

四国

水に浸しておいた無洗米を強火にかけて

四国

蒸気でフタがカタカタ鳴り出したら、吹きこぼれないように火を弱め、

音がしなくなったら火を止めます。

四国

15分ほど蒸らして

はい、出来上がり!

「カニの穴」が出来てウマソーに炊けた

四国

梅シソ味の「ご飯にまぜるだけ」を混ぜていると

いい感じの おこげ が現れた。

四国

おにぎり3個を作り、残りはそのまま食べました。

ヨ~シ。 これで、今日一日、餓える心配ナシ。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

淡路島南PAまで ひたすら走る

雨の名神高速で渋滞に巻き込まれた。。。

まっ、急ぐ旅じゃないので、車間距離を長めに取って ゆっくり走ろう。

焦ることはない。

四国

こんな調子なので、

明石海峡大橋を渡る頃には暗くなっていた。

四国

そして、淡路島へ。  

淡路島って、デカイ島です。

四国

淡路SA 

観覧車があって、まるで遊園地のように明るい。

ここで車中泊する車が多いようですが、ゆっくり落ち着いて寝れるのかなぁ?

四国

この日は、さらに1時間走って、淡路島南PAに移動。

夕飯は、昼に作ったオニギリに富山県のSAで買った「白えび味噌」を

トッピングして食べました。

家から持ってきたスーパーの魚フライはカチンカチンに硬くなっていた。。。

四国

四国は、すぐ目の前だ

この日走った距離 : 763Km


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 06:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

四国突入! 鳴門の渦潮を船から見る

2012年12月31日(日) 晴れ

四国

大晦日の朝、夜が開ける前に大鳴門橋を渡りました。

イェ~ィ! ついに、四国突入!!! 

\(^O^)/ バンザーイ

阿波の方々、よろしゅう頼むけんね!


四国

で、鳴門北ICで一般道に出た。、

花巻南ICから1000Km以上 ず~~~~~~~~~~~っと

高速道路を走って来たわけだ。

まだ、観光には時間が早いので、とりあえず、大鳴門橋を眺めながら朝飯を喰う。

四国


○ う ず し お 汽 船

四国

お四国に入国して、最初のミッションは、  渦潮見物

大枚1500円支払って観光船に乗り込みました。

四国

ラッキーなことに、この日は大潮で、07:40が満潮です。

四国

08:10発の観光船に乗って、大鳴門橋の下をくぐりました。

四国

おぉ~!! 巻いてる 巻いてる!

渦潮が現れるポイントに到着すると、全員が船尾の展望デッキに移動。

渦潮が現れた方向を船の係員が教えてくれるので、見逃すことなく

かなり近距離で渦潮が見れました。

四国

係員が「右です」と指差せば、全員が右へ。 

」と言えば全員が左に移動。 

右 左 前 後 と 言われたとおりに皆が動きます。

まるで、犬が調教を受けているようだった。。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大鳴門橋の下を歩く

< 大 鳴 門 橋 >
四国

渦潮見物には、 大鳴門橋から見る という方法もあります。

だけど、大鳴門橋の上は高速道路で、もちろん  駐停車禁止


○ 渦 の 道 (うずのみち)

四国

それなら、歩いて行けばいいじゃん! 

的な考えで造られた施設が 「渦の道」

早い話が、大鳴門橋の車道下に造られた歩行者用の通路です。

四国

渦の道の全長は450m。 

渦潮のポイントまで、急ぎ足でも10分ほどかかります。


四国

道の途中には、床の一部がガラス張りになっている場所があり、

海面を見下ろせるようになっていました。

ガラスの枠には、ジャンプ禁止 と書かれていますが、

ガラスの上でジャンプするってことなのだろうか?

ジャンプどころか、ガラスの上に乗ろうとは思えなかった。

四国

展望所に着いた時刻は 08:50。 

満潮から1時間半を過ぎ、渦潮は末期 を迎えつつ、姿を変えていました。

四国

渦巻きが、もがき苦む 断末魔 のようにも見えた。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 06:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

架橋記念館エディ

○ 架 橋 記 念 館 エ デ ィ

四国

渦の道で、セットの入場券を買えばお得だと勧められ、

架橋記念館エディに入ってみました。 

< 橋に使われているワイヤー >
四国

だけど、オレの興味が湧くようなものは展示されていません。 (-д-;)

四国

なんで、ラジコンの展示なのか分からない

模型好きの人にはいいかもしれないが・・・

四国

よくありがちな、巨大な公共工事にコバンザメのように張り付いて、

箱物を建てることだけが目的の施設のようで、なんだか残念。

四国

ただ、

館内に陳列されたものより、屋上からの眺めの方が記憶に残ると思います。

四国

見晴らしは素晴らしい。

冬の海風は冷たいけどね。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名城 徳島城

鳴門から徳島市内の中心部へ。

四国

徳島駅にはSLが停車していました。


・・・・・


って、

ごじゃ(ウソ) ぜよ

ここは、徳島中央公園 というところです。

ここに来た目的は、 お城めぐり。

< 三 の 丸 石 垣 >
四国

○ 徳 島 城

四国

徳島城は、阿波淡路二十六万石 蜂須賀氏の居城でした。

四国

城山に築かれた山城と、周囲の平地を固めた連郭式平山城という

造りなんだそうです。

四国

天守閣や櫓は残っていなくて、お堀と石垣があるだけ。

< 東 二 の 丸 跡 >
四国

だけど、登っていけば徳島市内が望めます。

ん~~ いいねぇ・・・

四国

期待はしてなかったんだけど、予想外に変化があって、

思いのほか、見ごたえのある城跡でした。

< 本 丸 跡 >
四国


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 05:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

生卵を入れてラーメンを食べる

○ ラーメン東大 大道本店

四国

目指すは、 ラーメン界の東大 なんだとか・・・

だとしたら、客が店に入るのが難しいってこと?

などと、くだらねぇことを思いながら

初めて食べる 徳島ラーメン は、店のオススメ「こってり肉入り」を注文。 

< 徳島ラーメンこってり肉入り 800円 >
四国

茶色いトンコツ醤油スープの上に、豚バラ肉が乗った姿で登場しました。

とりあえず、マストアイテムと思える生卵とニンニク入りの辛味

を入れてから、スープを一口・・・・・・

ウヒョー! メッチャ濃厚。 

トロッとして甘みが強い。

すぐに、喉が乾きそうなほど濃い味付けです。

豚バラは、柔らかくて美味しいですが、やはりこれも濃い味。 

卵を溶かして混ぜ込むと、味は少しマイルドに。 

そして、スープはトロトロに。 

麺を啜るたびにズルズルと音がします。

完全に、これは、ご飯のオカズです。

どうして、ライスを注文しなかったんだろう?

「ご飯にかけても、ラーメンに入れても、生卵いくらでも無料」

って書かれていたのに・・・

四国

ギョーザ無料券もらったけど・・・

なぁ・・・

ラーメン東大 大道本店ラーメン / 阿波富田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 06:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

海辺の温泉で休憩

< マルナカ徳島店 >
四国

お正月に入ると休業する店が多いので、大晦日のうちに食材を仕入れてから

阿南市へ向った。

四国

海沿いの くねくね折り曲がった道を進んでいくと、高台に見晴らしのいい

場所がありました。


○ かもだ岬温泉 保養センター (入浴料500円)

四国

昨日は、風呂に入らず仕舞い だったので  f(^_^;

とりあえず、温泉に入ってサッパリすることに。

四国

内湯のほかに、海が一望できる 景色のスバラシイ露天風呂がありました。
( 露天風呂の写真はありません m(_ _)m )

客は まばらで ゆったりできます。

ぬるめの お湯でリラックスした後は、無料休憩所で少し横になりました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 05:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

四国最東端はマイナーなところ

四国

○ 四国最東端 蒲生田(かもだ)岬

四国

駐車場から海辺の遊歩道を歩いていくと

小山の上の灯台が見えてきました。

四国

どうやら、あそこが岬の先端らしい。

急な階段を登って、灯台の立っている場所まで行った。

四国

四国最東端はメジャーな観光地ではありません。

正直言って、ここに来るまで蒲生田という地名すら知らなかった。

当然のように、観光客はおろか 人っ子一人誰もいませんでした。

四国

ヒュ~~  ザザァ~~

聞えてくるのは、風と波の音だけ。

でも、こうゆう場所の方が ”端っこ感”が漂っていて

自分としては嫌いじゃないです。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ウミガメのおらん浜で なにしよん?

四国最東端から、海沿いに南下して日和佐(ひわさ)へ。

○ 大 浜 海 岸

四国

大浜海岸は、ウミガメの産卵場所として知られているそうなんですが、

産卵の時期は真夏の7月。

お正月に、姿が見えるワケも無く・・・

四国

海岸の近くに、「うみがみ博物館カレッタ」という建物がありましたが

予想通り 休館。

四国四国

暇つぶしに 2枚の写真でパナラマ風にしてみた。

バカヤロー! と叫びたくなるほど

とても波が穏やかで静かな海岸でした。


○ 日 和 佐 城 (ひわさじょう)

四国

日和佐から移動しようとしたら、

ん? 山の上に お城が見える。

せっかくなので、立寄ることにしました。

四国

そんで、お山を登って行くと

いきなり、コンクリート造りの天守閣が。。。

四国

立派な天守閣ですが、石垣や門らしきものは無いし・・・

これは、山の上に登らずに、下から眺めたほうがいい城です。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

道の駅スタンプラリー 撃沈・・・

四国でも道の駅のスタンプを集める予定。

ですが、スタンプ帳が手に入らない道の駅があります。

でも、ご安心を

そこは、ぬかりなくネットからスタンプブックをダウンロードして印刷しておきました。

< 道の駅 公方の郷なかがわ >
四国

そんで、

さっそく、スタンプ帳を持って、最初の道の駅 公方の郷なかがわ へ。

四国

ところが、なんと  臨時休業 _| ̄|○ ガクッ

いきなり 出鼻をくじかれた。。。

< 道の駅 日 和 佐 >
四国

しゃーない。 

次 行ってみよう と訪れた 道の駅日和佐 は営業中のようです。

ところが・・・  無い・・・ 無い・・・ スタンプ帳が無い!

どうやら、さっきの道の駅のベンチに置いてきたらしい。。。

(´д)=зはぁ~  1個もスタンプなしで終了かよ・・・

< 道の駅 宍 喰 温 泉 >
四国

日暮れが近いので、そそそろ寝場所を決めておきたい。

できれば、寝る前に、もう一度温泉に入れれば言うことなし。

と 思って、道の駅宍喰温泉に来たのですが、駐車場はすでに

満車状態

キャンピングカーが多いから、ここで車中泊するのでしょう。

あ~ぁ ツイテネェ~ (´Д`)

四国

弾き出されるようにして、国道を2~3Km進んでいくと、

なんと、こんな近くに

ガラガラの広い駐車場があるやないか。


どないなっとんぜ?

四国

どうやら、知らないうちに県境を越えて、高知県に入っていたらしい。

甲浦という所の海水浴場の駐車場のようです。

トイレのほかにシャワー室までありました。

これだけ広いと、隣の車に余計な神経を使わずにすみます。

群れちゃーせんと安心こたわんがはジャコぜよ!

四国

道の駅めぐりはサンザンだったけど、酎ハイ飲めば気分はハッピ~ ♪

ラジオで紅白歌合戦を聞きながら、どんな曲かも分からずに、

テキトーに口ずさみ”一人大晦日の夜の宴”で勝手に盛り上がった。

四国

フィッシュカツ うめぇ~ (≧∇≦)

もっと買えば良かった


この日走った距離 : 195Km

ではでは、良いお年を。 ♪♪♪


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

こりゃ めぇった! こじゃんと人が来ゆうき

2013年1月1日(月) 晴れ

新年明けましておめでとうございます。

< 第24番札所 最御崎寺 >
四国

合掌し 一礼

< 仁  王  門 >
四国

あっ いえいえ、お遍路を始めようとは思っていません。

今年の初日の出は室戸岬から・・・ 

の予定でしたが、岬の周辺は大渋滞、路注した車の列が1Km以上。。。

パトカーが道路を封鎖して交通規制する始末です。

仕方なしに、海岸線から山の方に向い、第24番札所最御崎寺の駐車場へ

車を停めて、その先にある灯台から初日の出を拝むことにしたのでした。

< 室 戸 岬 灯 台 >
四国

さっそく、車を降りて室戸岬灯台へ向ったのですが

いやはや、なんとも ここも人だらけ。 

しかも、時間とともに人が増え始めてきました。

四国

そこで、室戸岬灯台の人混みから逃げて、さらに山を登って行きました。

この辺まで、離れれば人もいないだろうと思ったのですが・・・

四国

なんと! 展望台に乗り切れないほど大勢の人が!!!

四国

アッチャ~!!! ヤベェ~!!! 

太陽が昇り始めた。


こうなりゃ、しかたがない。 早く、初日の出撮らなくちゃ

四国

今年の初日の出は、人の頭の間から昇ってきた。。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

室戸岬の海岸を歩く

山の上に灯台が見える。

四国

○ 室 戸 岬

四国

初日の出フィーバー(←古っ)が一段落してから室戸岬の海岸へ。

太陽は昇りきっていました。

四国

人通りが少なく閑散として、まるで、祭りの後のように寂しい感じがします。

あの馬鹿騒ぎは一体なんだったんだろう?

四国

中岡さん おんしは、そこから見れて えいねぇ

初日の出を見るのも、まっこと、おおごとぞね。



ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 06:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

海岸線を西へ西へと進んでいく

四国

室戸の町は、まだ、渋滞が続いていました。

< 道の駅 キラメッセ室戸 >
四国

イラついても、どうにもならないので、道の駅で休憩しながら進みます。

四国

やがて、道路は一転。

海岸線を走る快適な道になりました。

< 道の駅 田 野 駅 屋 >
四国

お正月、元日から出歩く人は少ないのだろうか?

道路は、ガラガラに空いているし、道の駅の物産館は休んでいるところが
多くて寂しい。

(どうせ、買わずに見るだけですけどね f(^_^;)

四国

時々見える海は穏やかな表情です。

< 道の駅 大  山 >
四国

車で移動、道の駅で休憩。 車で移動、道の駅で休憩。

四国

運転しやすいが、単調な道に少し飽きてきた。。。

< 道の駅 や す >
四国

道すがら、チョ~~ 長~~い 砂浜が見えました。

イメージしていた土佐湾らしくて、いい感じです。 (^-^)

四国

そして、巨人軍のキャンプ場がある安芸を通り過ぎてから、

一旦、海沿いの道から、山の方向にハンドルを切りました。

< 道の駅 美良布(びらふ) >
四国

ここの道の駅は、「アンパンマンミュージアム」という施設になっていて

子供連れの家族で賑わっていました。

四国

久しぶりに見る 人の多い道の駅でしたが

ヲヤジ一人では どうも居心地が悪い。

早々に立ち去ることにしました。

四国

じゃぁな。 ガキンチョども。 バイバイキ~ン!


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

日本の滝百選  轟の滝 (とどろきのたき)

平家落人伝説が残るという御在所山へ向かいました。

四国

山道に入ると、道幅が狭くてアップダウンのキツイ道に変わった。

対向車が来たらどうしようと、ドキドキしながら走行。

四国

駐車場にある案内図を眺めたけど、どっちに進めばいいか

イマイチ分からず・・・

四国

よ~く 周りを見渡すと・・・

お~っと! 遊歩道の看板を発見。

四国

遊歩道を下ること5分。

意外なほど近い場所に 滝が見える 観瀑台がありました。


○ 轟  の  滝

四国

ほほぉ~ これは、思っていたより見事な滝です。

三段になって流れ落ちる姿が見えます。

四国

でも、観瀑台からでは、一番下の滝壺が見えません

さらに階段を下って行くことにしました。

ここまで来たからには、一通り見ておかないとね。

四国

下りていく途中で見ると、こんな感じ。

けっこう近くで見れます。

四国

で、橋を渡って対岸まで行くと、一番下の滝壷が見えます。

四国

ただ、ここからでは上段の滝が見えませんが・・・

四国

一番下の滝壺へは、ここから近づけるようです。

(濡れたくないので、行かなかったけど)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

夢の温泉

轟の滝からの帰り道。 温泉があったので立寄りました。

○ 夢 の 温 泉 (入浴料750円)

四国

「夢の」などと、ふざけた名前をつけやがって・・と思ったのですが

「夢の」というのは、Like a Dream の意味ではなくて

ここが、「夢野」という地名だから とのこと。

四国

風呂場は意外に狭くて、客は誰もいませんでした。

四国

目立った特徴のある温泉ではないし、建物もパッしてないけど

ただ、窓から見える物部川の景色は、実に素晴らしい眺めです。

四国

駐車場にミカンのような果物の木がありました。
(何という種類かわかりませんが・・・)

岩手では、柑橘類の木を見ることがないので、つい写真を撮ってしまった。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

日本の滝百選  龍王の滝

温泉に入ったばかりですが、明るいのうちに、もう一箇所、

近くにある滝を攻め落としたくなり、梶ヶ森という山へ向いました。

四国

ここも狭い林道を登ります。

四国

驚いたことに、駐車場の脇に雪が残っていました。

へぇ~っ 高知県でも雪が降るんだ・・

まぁ、俺んチの方では、この程度じゃ降ったうちに入らないけどね。

四国

で、駐車場の奥の林へ入っていく。

四国

滝までは歩いて15分。 500mの距離らしい。

四国

途中に休憩場所があったけど・・

尻が濡れそうなので座らなかった。。

四国

しだいに、足場が悪くなる。

四国

そして、目的の滝に到着。

案内板によると、落差20m

この滝には大蛇に化身した娘が住んでいるのだとか。

四国


○ 日本の滝百選 龍 王 の 滝

四国

龍王の滝の周りには、飛沫が凍って、岩に張り付いていました。

大きな滝ではないですが、冷たい空気の中、凛として流れ落ちる姿は美しい。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

疲れが溜まってきた。。。

< 道の駅 南国風良里 >
四国

さて、この日は、室戸の初日の出フィーバーに始まり、

あちこち振り回されたうえに、滝めぐりで やたらに山道を歩き回ったので、

疲れ果てました。。。 (´д`)

< 道の駅 大  杉 >
四国

もう、これ以上歩いて観光する気にはなれず、

夕方まで道の駅めぐりをしながら、寝場所を探すことにしました。

< 道の駅 土佐さめうら >
四国

ただ、休業している道の駅が多くて、

物産館をひやかしたり、ご当地ソフトを舐めることもなしに、

ひたすら移動しただけです。。。

< 道の駅 633美の里 >
四国

で、この日10ヶ所目の道の駅で本日の任務完了。

< 道の駅 土佐和紙工芸村 >
四国

他の車がいない場所を見つけて駐車。

四国

夜は冷え込んできたので、火を焚きました。

まずは、米2合を炊いて、おにぎり4個補充。

四国

お次は、お湯を沸かして、カップ焼そば。 

それに、”カットわかめ”と、おつまみの”イカ天”を砕いて投入。

四国

そこそこウマイけど・・・

たんぱく質 足りてねぇ。。。

南国土佐といえども、寒いのでカセットヒーターを焚いた。

四国

温泉施設が隣接している道の駅でしたが、

風呂に入るのが面倒くさくなって、そのまま寝てしまいました。

この日走った距離 : 333Km


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| はじめての四国 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。