貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2015-05- | ARCHIVE-SELECT | 2015-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

大王わさび農場

白川郷

○ 大 王 わ さ び 農 場 (入場料 無料)

白川郷

営業時間の前でしたが、ゲートが開いていました。

中で働いている人に、「入ってもいいですか?」と訊くとOKとのこと。

なので、遠慮なく見学させていただきました。

白川郷

農場内に広がる わさび田と水車小屋は、イメージしていた安曇野の

風景そのもの。

白川郷

朝早くて客がいないので、とても静かでした。

< ワサビのモニュメント >
白川郷

できれば、ワサビを薬味に蕎麦を食べたいところですが、

そろそろ家に帰らなきゃならないし・・・

まっ、豊富な湧き水が流れる風景を見ながら散歩できたから良しとします。

白川郷

水飲み場の蛇口が閉まっていたけど、近くの洗い場に蛇口があったので

ペットボトルに水を汲みました。

同じ湧き水でしょうから、味は変わらないはず。

家までの帰り道に飲んでいきます。

白川郷白川郷


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 合掌造りの里~上高地 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

車旅だけど昼めしは駅弁を食べた

最後に、スタンプをつこうと道の駅に行ったけど、営業時間前で空振り。。。

< 道の駅 池  田 >
白川郷

さあ、そろそろ家に帰ろう。

豊科ICから高速に乗りました。

< 高速道路にも信号があるんですね >
白川郷

図らずも、休憩したSAは”鉄色”でした。

< 姨 捨 S A >
白川郷

姨捨(おばすて)駅からの眺めは日本三大車窓なんだとか。

白川郷

横川SAの中には駅があるし・・・

白川郷

「峠の釜飯」を売っている。

白川郷

こんな状況では、車旅だったとしても駅弁が食べたくなってしまうわけで・・・。

白川郷

今回は、三本滝が宿題に残ってしまいました。 

今度は、スキー場の雪が無い時期に来なきゃいけませんね。

この日走った距離 : 695Km


<旅行のデータ>

走った距離:
5月2日 自宅~阿賀野川SA 392 Km
5月3日 阿賀野川SA~道の駅飛騨白山 418 Km
5月4日 道の駅飛騨白山~沢渡第二駐車場 186 Km
5月5日 沢渡第二駐車場~道の駅アルプス安曇野ほりがね 114 Km
5月6日 道の駅アルプス安曇野ほりがね~自宅 695 Km
走った距離計: 1,805 Km

消費したガソリン:
オートバックスエクスプレス砺波 20.41L×147円/L= 3,000 円
田中石油飛騨古川バイパス 30.01L×162円/L= 4,862 円
コスモハーブの里SS 25.02L×151円/L= 3,753 円
キタセキ花巻南SS 34.00L×145円/L= 4,930 円
消費したガソリン:(109.44リットル) 16,545 円

1リッター当りの走行距離: 1,805Km÷109.44リットル= 17.1 Km/リットル

高速・有料道路料金:
花巻南IC~砺波IC (深夜割引) 6,550 円
白川郷IC~飛騨清見IC (ETC割引) 400 円
安房峠道路 (ETC割引) 400 円
豊科IC~花巻南IC (休日割引) 6,300 円
通行料計: 13,650 円

運賃: 上高地シャトルバス(往復) 4,000 円

入浴した温泉:
庄川湯谷温泉 1,000 円
大白川温泉 しらみずの湯 1,200 円
栃尾温泉 荒神の湯 200 円
平湯温泉 ひらゆの森 1,000 円
白骨温泉 煤香苑 1,400 円
浅間温泉 浅間温泉会館(ホットプラザ浅間) 1,260 円
入浴料 6,060 円

立ち寄った道の駅:
富山県 : 6駅
砺波 ・ 庄川 ・ 井波 ・ 利賀 ・ たいら ・ 上平
岐阜県 : 5駅
白川郷 ・ 飛騨白山 ・ ななもり清見 ・ アルプ飛騨古川 ・ 奥飛騨温泉上宝
長野県 : 3駅
風穴の里 ・ アルプス安曇野ほりがね ・ 池田

外食したもの:
相倉集落茶店まつや(五箇山豆腐・五平餅) 550 円
道の駅飛騨白山(かき揚げそば・飛騨牛串焼) 1,250 円
国八食堂(ホルモン焼・豆腐焼・中華そば) 1,410 円
こばやし(ざるそば・ごぼ天おろしそば) 2,400 円
外食費計: 5,610 円

駐車料・入場料
チューリップ公園入場料 2,000 円
チューリップ公園駐車場 400 円
相倉集落駐車場 500 円
菅沼集落駐車場 500 円
白川郷せせらぎ公園駐車場 500 円
平湯大滝公園駐車場 500 円
沢渡第二駐車場 1,000 円
松本市営中央駐車場 450 円
駐車料・入場料計: 5,850 円

スーパー等で使ったお金:
ボンパン(菓子パン) 800 円
全日食花巻店(弁当) 480 円
有磯海SA上り売店(鱒寿し) 1,730 円
道の駅たいら(ソフトクリーム) 300 円
道の駅飛騨白山(赤カブ漬物) 300 円
道の駅アルプ飛騨古川(ジュース・団子他) 670 円
高山朝市おおもり(漬物) 1,050 円
Aコープ奥ひだ店(納豆・ヨーグルト・バナナ・コロッケ) 714 円
デイリーヤマザキ高山丹生川店(おにぎり・ジュース) 1,069 円
デリシア2元町店(弁当・パン他) 1,111 円
姨捨SA下り売店(土産) 4,201 円
横川SA下り売店(弁当) 1,500 円
スーパー等で使った金: 13,925 円

使ったお金の合計 : 65,640 円

1日当りの旅費: 13,128 円

1人1日当りの旅費: 6,564 円


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 合掌造りの里~上高地 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

月月火水木金金

○ も っ き り や

住所:岩手県花巻市東町10-26

もっきりや

家から5分ほど歩いた所に「せんべろ」の店がオープンしました。
\(^O^)/ バンザーイ

もっきりや

午後3時から開いているので、定年後の暇なヲヤジにはウレスイ出来事。

さて、どんな店かと呑み仲間と訪問したのですが、

暗くなる前から、10席ほどの狭い店内は ほぼ満席。

けっしてイケメンとはいえない中高年のオッサンが一人で切り盛りしていました。

< モ ツ 煮 込 み 300円 >
もっきりや

そんで、お品書きを見ると、一番高いメニューが400円。 

一品200円の料理?が中心で、100円というモノもあります。
(刺身などの生ものは無いですけどね)

< ポ テ ト サ ラ ダ 200円    竹 輪 キ ュ ウ リ 200円 >
もっきりやもっきりや

ヘビーユーザーのボトルは1.8Lの焼酎。

もっきりや

自家製の梅干は何個でも入れ放題。

もっきりや

< ブ タ バ ラ 焼 き 300円     赤 ウ イ ン ナ ー 200円 >
もっきりやもっきりや

チープな食べ物だけど、どれもこれも手作り感があって、満足度は高いです。

< ど ん ど ん 焼 き 1枚100円 >
もっきりや

これは ヤバイ・・・ 

毎晩、千円札1枚を握り締めて通うことになりそうだ。

< ホ ル モ ン 炒 め 400円    ナスを持ち込んで作ってもらった >
もっきりやもっきりや


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

五能線沿線のドライブに出発 温泉に浸かりながら日本海を眺める

< 五能線 あきた白神駅 >
日帰り

相方のジムニーで五能線沿線の道の駅めぐりに行きました。

< 道の駅 み ね は ま >
日帰り

秋田道能代南ICから海沿いの国道をひたすら北上して、秋田と青森との県境 

八森(はちもり)で まずは朝風呂。

○ 八森いさりび温泉 ハタハタ館 (9:00~22:00 入浴料500円)

日帰り

大規模な施設で、お土産や産直品の店もあり観光バスが多かったです。

ガラス戸に囲まれた露天風呂もありますが、内湯からも日本海が眺められます。 

お湯そのものよりも、ロケーションと設備を楽しむ所のようです。

日帰り

八森といえば「ハタハタ」が有名な土地。 

”しょっつるラーメン”を食べたかったが営業時間前でした。(残念!)

< 道の駅 は ち も り >
日帰り

道路標識には「道の駅はちもり」ではなく、「お殿水」と標記されていました。

○ お 殿 水 (おとのみず)

日帰り

津軽の殿様が参勤交代の際に、この水を飲んで絶賛したという。

「白神山地のブナ原生林が源」らしい。

日帰り

ただ、水量はチョロチョロと少なかった。

日帰り


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

白神山地 十二湖を散策

そして、いよいよ十二湖へ。 

「落口の池」の駐車帯から歩き出した。

日帰り

山の中だけど、バスや自動車で手軽に来れるので観光客は多い。

途中、”平成の名水百選 沸壷池の清水”で喉を潤し、遊歩道を進みました。

日帰り

で、これが有名な青池。 

本当に青い色をしています。 

しかも、透明度が高い。

なぜ、青くなるのかは、よく解っていないらしいが、なんとも 神秘的・・・。

日帰り

ブナ自然林の中の遊歩道を歩きます。

日帰り

十二湖は江戸時代に地震の山崩れで沢が堰き止められてできたといわれ、

実際には三十三の湖沼があるそうです。

ただ、観光としては、有料駐車場から青池周辺を散策するのが一般的なようです。

日帰り

今回、我々が歩いたコースの所要時間は1時間弱。

道も平坦で整備されており、本格的なトレッキングには、ほど遠いですが、

緑の中を歩いた後の爽快感は十分味わえました。

< 沸壺の池も青く透き通っています >
日帰り


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 名水 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

野湯マニアなら入るかも? 椿山のこぼれ湯

十二湖から海岸線に出ると、「ガンガラ岩」という穴の開いた岩があったので

見晴らしの良さそうな陸橋の上で眺めていました。

< ガ ン ガ ラ 岩 >
日帰り

すると、背後から五能線の列車が走ってきたのです。

人気の「リゾートしらかみ号」じゃなかったけど、

ナゼか反射的に何度もシャッターを切りました。

日帰り

晴れてたら もっと良かったのに・・・

走り去っていく列車を見ながら、ちょっぴり”撮り鉄”の気分に浸った。

日帰り

○ 椿 山 の こ ぼ れ 湯

< 海岸から飛び出ている椿の群生地「椿山」 >
日帰り

ジムニーはウェスパ椿山まで、やって来ました。  

人で賑わっている、ウェスパの駐車場を通り過ぎ、さらに海岸へ向って進んだ。

日帰り

海岸線から見上げると、ウェスパ椿山の展望風呂が見えるので、

そちらの方へ歩いていくと・・・

日帰り

ドバドバと音を立てて お湯が出ていました。

ウェスパ椿山の源泉は海岸にあるのですが、その源泉井から、

お湯が溢れ、こぼれ落ちているのです。

< ウェスパ椿山の源泉井 >
日帰り

そして、こぼれた お湯は、海に向かって流れていました。

< 鉄分を含んだお湯で石が茶褐色に変色しています >
日帰り

波打ち際には、石で組まれた浴槽らしきものが・・

日帰り

手を入れてみると温かく、腰まで浸かれそうな深さですが、

入ってみようとは思わなかった。

海水なので、後で体がベタつきそうな気がして・・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ドデカイ水車と目の前を五能線が走る温泉

温泉本を利用して無料で入浴できる温泉旅館には、

観覧車のようなドデカイ水車がありました。

日帰り

○ み ち の く 温 泉 (通常の入浴料400円)

日帰り

我々の他に客は誰もいませんでした。

さっそく、風呂場に向かい、まずは、内湯に体を沈める。 

褐色に濁ったお湯で、かなりショッパイ。

日帰り

そんで、内湯のガラス戸を開けると、外には小さな露天風呂が。

この露天風呂から見える風景は・・・

< 建物側の露天風呂 >
日帰り

(∵)…ん?

五能線の線路が見える。。。 

日帰り

そして、その線路のそばには、東屋らしき屋根が・・・

裸のままで、10mほど歩いていくと、そこにも露天風呂がありました。

日帰り

タイミングが合えば、目の前を「リゾートしらかみ」が走っていくかも。
(時刻表を持ってくればよかった。。。)

なんのために造ったのか解からないバカデカイ水車や、

線路が近い露天風呂など、ナニコレ的に楽しい温泉です。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

生干焼きイカ ん~♪ 最高 ◎

鯵ヶ沢から深浦までの海岸線では、イカを開いて干している店が多いです。

< 道の駅 ふ か う ら >
日帰り

道の駅の駐車場で車を降りると イカを焼いている

いい匂いが鼻をくすぐりました。

日帰り

その香りに誘われて、生干しの焼きイカを買い、

焼きたてアツアツを食べました。

< イ カ 焼 き 300円 >
日帰り

うわっ!

イカァ ウッメェ~!!!

ん~ 最高◎ 完璧 旨過ぎる。

干されてことで旨味が凝縮しているが、スルメと違って

ジューシーで柔らかく、しかも弾力ある噛み心地。

ゲソやエンペラの少し焦げた部分が香ばしい。

小腹が減っていただけに、感動的なほどに旨かった。

日帰り

そして、深浦の景勝地に立ち寄りました。

< 千  畳  敷 >
日帰り

この辺の海岸は砂浜ではなくて、一面が岩で出来ています。

日帰り

津軽藩主が、ここに畳千畳を敷き、200間の幕を張って宴を催したことから

その名がついたんだとか。

日帰り

日本の夕陽百選の海岸らしいが、そろそろ家に帰らなきゃ・・・

途中で生干しイカを買って、晩酌に焼いて食べよっと。

道の駅ふかうら かそせいか焼き村その他 / 風合瀬駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 食べ物 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

みんな同じように老いぼれていく

2015年6月6日(土)

中学時代の同じクラスの仲間10人で集まりました。

同級会

場所は、家から15分ほどの所にある地元の温泉。

同級会

15時にチェックインして呑み始めていたから、

19時からの宴会の時には、すでに出来上がっていました。 (~。~*)~゚

同級会

当然、カラオケは中高年向けの選曲になるわけで・・・

(歌の上手い下手は別として) とにかく、年齢を忘れて盛り上がりました。

同級会

話は尽きることなく、

部屋に戻ってからの二次会は深夜1時を過ぎていたようです。

(致死量に近いアルコール摂取のため記憶が無い・・・)  (^_^;

同級会

で、翌朝。

このまま解散して別れてしまうのが淋しくなって、

チェックアウト後に車に分乗して、近くの山の中に入って行きました。

dokyu07.jpg

一列に並んで緑の中を歩いて、プチ遠足気分。

同級会

5分ほどで目的地に到着しました。

そこで、見上げたものは

同級会

「薄衣(うすぎぬ)の滝」

よく見ると、二段になって流れ落ちているようです。

同級会

まぁ、こんな感じで、ミニクラス会は終わったわけですが、

気の置けない仲間と楽しいひと時が過ごせました。


お互い 髪は白くなり、目は老眼。

孫や病気の話題が多くなってきたけど、気持ちだけは中学生だった

あの頃に戻っていました。


あと何年続けられるんだろう・・・ なんて、先のことは考えていません。

とりあえず、 また、来年も会いたいなぁ。

同級会


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「眠る」という行為ではなく、起きている時の行為が問題

先日、JR北上線ホット湯田駅に立ち寄り、トイレをお借りしたのですが、

こんな貼り紙がありました。

まったく、残念なことです。

f6Oe6pr5FFueRUv1433292307_1433292406.jpg

なぜ、「車中泊」が嫌われ、禁止する場所が増えてきた

と思いますか?

正確には、車中泊で”眠る”という行為ではなく、

起きている時の”迷惑行為”が嫌われているのです。




具体的には

提供してくれたサービス以外のことを要求するからです。

・ 駐車場は駐車するスペースであり、テントやコンロを使う場所ではない。
・ トイレは用便、手洗いの場所、コンセントの利用はしない。


”困っているんだから”という甘えた理由で迷惑行為を
平気で行うからです。

・ 勝手にゴミを捨てていく。
・ 所かまわず、用便をする。


困ってなくても周囲の迷惑を考えないからです。

・ 民家の周りで騒いだり、エンジン・発電機かけっぱなしで音を立てる。
・ 勝手に火を焚く。


要するに、利用できる場所で利用できること以外はしないというのが原則です。

他に利用できるところがなくて、どうしても利用したいときは管理者から
許可をいただいてからにしましょう。


時々、「これくらいはいいだろう」 「オレだけじゃないよ」 「他所ではあたりまえ」
「この前はよかったのに」 「なんだケチ」 「そんなに目くじら立てるな」
と思うことだってあります。

ただ、それは、他人が親切にしてくれることを前提に物事を考えているからで
要求が受け入れられないことに腹が立つんです。

”情け”や”施し”は自分ができることを与えるものであって
他人に求めるものではないはずです。

もちろん、普段はそんなことしないけど・・

”旅の恥はかき捨て”なんていうし、人が見ていないんだったら
いいんじゃない?・・・

って、 ホントに、それでいいんでしょうか?


私自身、意志が弱くて自分勝手な考えをしがちなので、改めて、
他人に指摘される前に時々自分でチェックしようと思いました。

他人に迷惑をかけ、嫌な思いをさせてまで旅をする意味はない。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 05:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

昇仙峡を歩く

2013年5月4日(土) 晴れ

< 東北道 上 河 内 S A >
山梨の水

ゴールデンウィークだけど、休みは土日だけでした。。。

なので、5月3日は普通に働いて夜に出発しました。

憲法記念日が休みじゃないのは、憲法違反でしょ?

山梨の水

できるだけ距離を稼ぎたいので、昨夜は11時過ぎまで走り、

上河内SA(栃木)で寝て、朝は5時前に起床し走り出しました。

山梨の水

で、

東北道 ~ 北関東道 ~ 関越道 ~ 圏央道 ~ 中央道と、ひたすら走り、

甲府昭和IC(山梨)へ。

山梨の水

高速を下りて向った先は、甲府郊外にある

特別名勝に指定されている「昇仙峡」という渓谷です。

どうやら、この辺は、水晶の産地らしい。

山梨の水

駐車場(有料)に車を停めて、遊歩道を歩いていく。

ん~ (o^。^o) 今日は空が晴れていて良かった。

< 覚 円 峰 >
山梨の水

しばらくすると、「覚円峰(かくえんぼう)」という切り立った

昇仙峡の主峰が見えてきました。

その昔、覚円という僧侶が頂上で修行した場所なんだとか。

山梨の水

やがて、大きな岩がゴロゴロと横たわった渓谷になりました。

山梨の水

遊歩道も岩を削って造ったような所に変わります。

< 石   門 >
山梨の水

「石門」という、巨大な岩でできた門のような所があるのですが、

よくよく見ると、岩が繋がっていない! (゚O゚;)

万が一ってことはないよね?

山梨の水

○ 仙 娥 滝 (せんがたき)

山梨の水

そして、遊歩道を30分ほど歩いて行ったところに、

日本の滝100撰の仙娥滝がありました。

ただ、苦労せずに滝まで来れるのは嬉しいけど、人が多いので、

じっくり観ている時間はありませんでした。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 山梨で水めぐり | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

B1グランプリ「甲府鳥もつ煮」発祥の店

ご当地グルメをいただくのも旅の楽しみのひとつ。

昇仙峡から甲府市内へ戻り、蕎麦屋で昼飯を食べました。

山梨の水

○ 奥 藤 (おくとう) 本 店

< 鳥 も つ セ ッ ト 1180円 >
山梨の水

ここは、「B1グランプリ」のゴールドグランプリに輝いた

「鳥もつ煮」発祥の店なんだとか。

鳥もつ煮(小)+蕎麦(もりorかけ)+ご飯(小)がセットになった

「甲府鳥もつセット」が人気のようなので、迷わずに それをオーダー。

山梨の水

もちろん、創業100年という店の蕎麦は、間違いようのない味で、

かなり美味しいです。

山梨の水

そして、鳥もつ煮は、キンカン・レバー・砂肝などを濃い目の甘辛味に

煮たもので、たっぷり一味を振りかけてから食べました。

鳥もつが新鮮なためか、臭みが全く無くて食べやすいし、

いろいろな食感が楽しめます。

これはもう、日本酒が呑みたくなること必然。

奥藤 本店そば(蕎麦) / 国母駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 山梨で水めぐり | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

疾如風 徐如林 侵掠如火 不動如山

山梨の水

○ 武 田 氏 館 (武田神社)

山梨の水

武田氏館には、以前に青春18キップの旅で訪れたことがありましたが、

今回は車旅で立寄りました。

山梨の水

いちおう、神社で旅の安全を祈願し、社務所で駐車券にスタンプを

いただいてから散策。 (スタンプがあると駐車料が無料です)

山梨の水

前回と比べると藪になっていた所が切り払われ、石垣も復元されたようで、

より城跡の面影が現れていました。

< 空   堀 >
山梨の水

もともと、武田氏館は城というより、政治や軍事を司る居館として

存在していたわけですから、強固な防備はありません。

山梨の水

織田・徳川連合軍が甲斐国に進軍してきた時には、

すでに、武田勝頼は韮崎の新府城に居城を移した後で、

ここは事実上の廃城になっていたらしいです。

< 西  曲  輪 >
山梨の水

天守閣や櫓があるわけでもないけど、それでも観光客が多いのは

やはり、武田信玄の人気の高さに他ならないと思いました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 山梨で水めぐり | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

露天風呂から甲府盆地を眺める

武田神社から山の方へ登り、積翠寺温泉に立ち寄りました。

< 真下にお寺の屋根が見える >
山梨の水

○ 積翠寺(せきすいじ)温泉 要害 (入浴料700円)

山梨の水

この辺に髑髏ヶ崎館(武田氏館)の詰城として築いた要害城という

山城があったのだとか。

山梨の水

館内は静かなもので、風呂場には誰もいませんでした。

山梨の水

お湯そのものはに特徴はありませんが、露天風呂からの眺めはスバラシイ。

甲府盆地が一望できます。

ぬるめの温泉に浸かりながら、まったりと眺望を楽しみました。

山梨の水

湯上りに玄関先でチョロチョロ流れ落ちている水で水分補給。

この時は、石に書かれている文字 「石水」 を ”いしみず” だと

思っていたのですが、後で調べてみたら ”せきすい” と読むらしいのです。

積翠寺は、以前 石水寺と表記されていたんだとか。

水の名前じゃなくて、場所の名前だったんですね。

っま、何の役にも立たないムダ知識ですけど・・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 山梨で水めぐり | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

白州の水

< 道の駅 に ら さ き >
山梨の水

山梨といえばワインだけど、まだ、この先の道の駅まで移動するので

ぶどう味のソフトで我慢。

< ぶ ど う ソ フ ト 300円 >
山梨の水

途中のスーパーで夕飯を仕入れて西に向かいました。

山梨の水

で、宿泊場所の「道の駅はくしゅう」に到着。

< 道の駅 は く し ゅ う >
山梨の水

北杜市白州町は水の美味しい所として知られていて

ウィスキーやワインの工場があるようです。

< 水汲み場もある >
山梨の水

道の駅に着いた時は、まだ明るかったけど、朝起きるのが早かったし、

翌朝はトレッキングする予定。

なので、早めに夕飯を食って寝ることにしました。

山梨の水

建物の中には、いい感じでテーブルとイスが配置されていたので、

それをお借りしてディナータイム。

山梨の水

寝酒は、もちろん焼酎を白州の水で割ったものでした。

この日走った距離 : 387Km


2013年5月5日(日) 晴れ

山梨の水

いっぱい眠れたし、晴れ渡って気持ちがいい朝です。

山梨の水

道の駅の外にあるベンチに座って、いつものように朝めしを食べました。

山梨の水

トレッキングに備えて、出発前に目一杯 水を補給。

山梨の水

田んぼ道を南アルプスに向って走って行きました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 山梨で水めぐり | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

南アルプスの麓 尾白川渓谷を歩く

朝イチで向かった先は、南アルプス 甲斐駒ケ岳を源として流れる尾白川。

山梨の水

○ 尾白川(おじらがわ)渓谷

山梨の水

朝7時前でしたが、駐車場には けっこう車がいました。

山梨の水

車の陰でトレッキング用の服装に着替え、道の駅はくしゅうで汲んだ水を

相方と1リッターずつ持って歩き出しました。

山梨の水

尾白川渓谷へは甲斐駒ケ岳登山口から入っていきます。

< 駒 ケ 岳 神 社 >
山梨の水

途中にある駒ケ岳神社に参拝。

山梨の水

10分ほど進むと、「名水百選 白州・尾白川」の看板が。

山梨の水

さあ、いよいよ、吊り橋を渡ると、甲斐駒ケ岳登山道と別れて、

白州・尾白川渓谷遊歩道になります。

山梨の水

キビシイィィィ~!!  

遊歩道を歩き始めたら、ず~~っとキツイ登り階段が続きました。

山梨の水

しかも、ヒィ~ヒィ~言って、階段を登ぼりながら、

ふと 上を見たら目の前で、カモシカが道を塞いでいるし・・・

(カメラを構えたら逃げていった)

山梨の水

フゥ~ッ (〃´o`)=3 流れの緩い川原で少し休憩。

たしかに、尾白川はクリアな感じがする水です。

< 三  ノ  滝 >
山梨の水

そして、滝が見え始めてきました。

山梨の水

相変わらず、遊歩道の勾配は険しくて、

木の根っこに摑まりながら、よじ登ることもしばしば。  

(;´Д`)ハァハァ

< 旭   滝 >
山梨の水

どうみても、これは「名水めぐり」ではなくて、

ジャンルとしては、「滝めぐり」に入れるべきコースだと思いました。

山梨の水

何度も座れる場所を見つけては休憩し、

その度に 道の駅で汲んできた「白州の水」に助けられました。

空は晴れて気持ちがいい。  

ヨシ! 先に進むとするか。

< 神  蛇  滝 >
山梨の水

登り始めて1時間。 

やっとこさ、メインスポットの「神蛇滝(じんじゃたき)」まで来ました。

ここから、50m先で 「渓谷沿いの道」「尾根沿いの道」 に 別れるようです。

< 百 合 ヶ 淵 >
山梨の水

渓流沿いを進めば、最後に残る「不動の滝」がありますが、

そこまでは、さらに1時間。。。

尾根沿いの道を進めば、駒ヶ岳神社の手前まで戻れます。

う~ん どーすっかなぁ・・・  "<(××)>" 悩む。。。

山梨の水

結局、尾根沿いの道で帰ってきました。

完璧を目指さずに、行ける所まででいいや

というのがオイラの生き方。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 山梨で水めぐり | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

名水公園の温泉でホッコリ (*^_^*)

山梨の水

○ 白州・尾白の森名水公園 べるが (入園料200円)

山梨の水

大きな噴水の後ろに見えるのは八ヶ岳だろうか?

山梨の水

尾白川沿いにある「べるが」の親水池では、子供たちが水遊びしていました。

この公園はかなり広くて、「水の遊び場エリア」のほかに、「森で遊ぼうエリア」

「宿泊エリア」・「温泉・休憩エリア」などがあります。

若い子供連れの親子には、遊ぶスペースが広くて楽しいでしょうが、

歩き疲れた中高年の夫婦が、ここに来たのは、水遊びや森林浴するためじゃなく、

たっぷりかいた汗を洗い流したかったからです。

山梨の水

○ 尾 白 の 湯 (入浴料500円)

< べるがのHPより >
山梨の水

風呂場は広くて、内湯の他にサウナ・打たせ湯・露天風呂がありました。

記憶に残るような名湯ではないけど、温泉に入って汗で濡れた下着を

着替えたら、 気分爽快 キモチイィィ。

山梨の水

湯上りに、白州の水で水分補給。

山梨の水

猛烈に腹が減ってきたので、館内の食堂で蕎麦を食べることに。

山梨の水

< 冷 や し 山 菜 そ ば >
山梨の水

< 山 脈 塩 ラ ー メ ン >
山梨の水

これまた、記憶に残るような逸品ではなかったけど、

汗を流した後では、冷たさと塩分が美味しく感じられました。

山梨の水

食後は、休憩室のリクライニングシートで暫しの間 ダラ~リ脱力。

白州庵そば(蕎麦) / 北杜市その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 山梨で水めぐり | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

八ヶ岳の麓に移動して大滝湧水へ

甲斐駒ケ岳の麓から、八ヶ岳の麓に移動しました。

山梨の水

それにしても、北杜市は名水の多いところです。

八ヶ岳の南側の麓にも、多くの湧き水があるらしい。

山梨の水

まずは、大滝神社の境内に湧いているという名水を目指したのですが

GPSが微妙にズレていたらしく、道に迷ってしまい、

一旦、小淵沢駅に行って現在位置を確認してから仕切りなおしました。。。

山梨の水

○ 八ヶ岳南麓高原湧水群 大 滝 湧 水 

山梨の水

大滝神社の本殿は鳥居から線路を挟んで離れた所にありました。

山梨の水

湧き水は探すまでもなく、神社の横にある樋からドバドバと音を立てて

流れ落ちていました。

山梨の水

水量は多くて、かなりの勢いです。

山梨の水

そして、流れ落ちた湧き水は、わさび田を通り

山梨の水

水路を経由して

山梨の水

ニジマスの養魚池に注ぎ込まれていました。

名水百選「八ヶ岳南麓高原湧水群」で育った魚は旨いんだろうなぁ・・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 山梨で水めぐり | 06:06 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

水争いを防ぐ知恵 三分一湧水

山梨の水

○ 八ヶ岳南麓湧水群  三 分 一 湧 水 (さんぶいちゆうすい)

< 水の湧き出し口 >
山梨の水

この湧き水は、水争いが起こらないように、

3つの村へ均等に分配して流しているのだとか。

山梨の水

湧き出し口から出た水は、分水枡で三分の一ずつ

平等に分けられる仕組みらしい。

山梨の水

そして、分けられた水は、それぞれの村に流れて行くのですが

それにしても、よくもまあ、綺麗に水路を掘ったもんだ。

山梨の水

湧き水の近くには、三分一湧水館という施設があります。

周囲の景色を眺めようと展望ホールに行ってみました。

山梨の水

目の前に広がるのは南アルプスの山々。

山梨の水

背後には八ヶ岳が見えるが・・・ 見晴らしはイマイチ。

山梨の水

昼めしは湧水館の蕎麦屋で食べたかったが、長い行列ができていたので

売店のオニギリになりました。

山梨の水

相方が飲み物を買ってきたんだけど、オニギリと甘いジュースは相性が悪い。

オレ的には湧き水を飲んだ方がマシだと思った。。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 山梨で水めぐり | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名城 高遠城

八ヶ岳の麓から一気に、長野県伊那市高遠まで走って来ました。

山梨の水

○ 高 遠 城 (たかとおじょう)

< 桜  雲  橋 >
山梨の水

高遠城は、高遠頼継の居城でしたが、甲斐の武田信玄が攻め落とし、

ここから拠点として信濃へ進出していったそうです。

< 問  屋  門 >
山梨の水

また、高遠城は領地が接する織田・徳川との軍事拠点になっていたんだとか。  

たしかに、地図を見れば甲州街道・中仙道・北国街道が交わる場所に近く、

要となる場所だと思われます。

山梨の水

また、高遠城址は 日本三大桜の名所の一つ としても有名です。

山梨の水

公園内には1500本の桜の木が植えられており、満開の時期には

見事な眺めになるだろうと想像できます。

山梨の水

ただ、この時は時期はずれだったので、人影は少なく閑散としており、

城の近くの駐車場は、どこもロープが張られて車が入れないようになっていました。

花見の時期以外は来るな! ってこと? (まさか)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 山梨で水めぐり | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

伊那のご当地名物「さくら丼」&「ソースカツ丼」

夕飯は、伊那のご当地名物 「さくら丼」と「ソースカツ丼」を食べました。

山梨の水

○ た け だ

ここは、肉屋が経営する店らしい。

< さ く ら 丼 1200円 >
山梨の水

「さくら丼」に敷き詰められた赤身の馬肉は、柔らかで、

噛んでいると甘みが感じられます。

シソとタマネギの薬味の効果もあって、臭みはまったくナシ。

さくら丼

赤身の上に添えられた白いものは、動脈を茹でたものらしく、

コリッとした歯ざわりが食感に変化をつけてくれました。

< ミ ニ ソ ー ス カ ツ 丼 770円 >
ソースカツ丼

そして、相方が注文した「ソースカツ丼」。

店員さんに 「女性なら ミニでも十分」 と薦められたのでしたが、

やや小ぶりな丼の「ミニ」とはいえ、蓋が閉まらないほどのボリューム。

カリッとした薄い衣と脂身が甘くて good! (^-^)g"

ソースカツ丼

メニューに「ジャンボソースカツ丼」なるものがありました。

ミニサイズで この量だから、ジャンボサイズってドンダケなんだろう?

想像するだけで胃もたれしそうになった。。。

たけだかつ丼・かつ重 / 伊那北駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 山梨で水めぐり | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

木曽路 奈良井宿

○ 木 曽 路 奈 良 井 宿

奈良井宿

当初は、伊那から中央道に乗って早めに帰る予定でしたが、

ここまで来て帰ってしまうのが勿体ないような気がして、

少しだけ足を伸ばして、木曽路(中仙道)の宿場を見ていくことに。

この日走った距離 : 152Km

alp095.jpg

2013年5月6日(月) 晴れ

昨夜は「道の駅 奈良井木曽の大橋」で寝ました。

この日も朝から雲ひとつない快晴です。

alp096.jpg

車の中を片付けてから、近くの公園のベンチに座って朝食。

まだ、時刻は6:30ですが、ワンサカ観光客が来て、騒がしくなる前に

早めに見物に出かけます。

奈良井宿

奈良井宿は、中仙道の三十四番目の宿場町で、

木曽の中では最も賑わっていたのだとか。

奈良井宿奈良井宿

奈良井宿奈良井宿

現在も住居として使われており、生活感は残っていますが、

全てがタイムスリップしたような空間でした。

奈良井宿奈良井宿

観光地には、朝早く行くのがいいですね。

声の大きな熱烈観光団がいなくて静かだし

それに、土産物屋が閉まっているので、相方が好きな買い物が出来ないし
(`∀´)

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 山梨で水めぐり | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

長野道に乗って家に帰る

< 道の駅 小 坂 田 公 園 >
alp104.jpg

道の駅でお土産を買って、塩尻ICから高速道に乗りました。

帰り道は、長野道~上信越道~関越道~北関東道~東北道 と

700Km以上走ります。

< 東 部 湯 の 丸 S A >
alp105.jpg

途中のサービスエリアで昼食。

といっても、車の中に残っていた食べ物ですけどね。

alp106.jpg

もう一日あれば、もっと木曽路を南に下って行けるのだけど・・・

相方の仕事の都合もあるので、仕方ないか。。。

いずれ、木曽には相方と一緒に また秋にでも来ようと思っています。


<旅行のデータ>

走った距離:
5月4日 自宅~東北道上河内SA 384 Km
5月5日 上河内SA~道の駅はくしゅう 387 Km
5月6日 道の駅はくしゅう~奈良井木曽の大橋 152 Km
5月7日 奈良井木曽の大橋~自宅 721 Km
走った距離計: 1,644 Km

消費したガソリン:
セルフステーション竜王 40.85L×146円= 5,964 円
エネフリ塩尻SS 17.61L×150円= 2,642 円
キタセキ花巻南SS 41.4L×145円= 6,003 円
消費したガソリン:(99.86リットル) 11,967 円


1リッター当りの走行距離: 1644Km÷99.86リットル= 16.5 Km/リットル


高速・有料道路料金:
花巻南IC~甲府昭和IC(休日特別割引) 7,350 円
塩尻IC~花巻南IC(休日特別割引) 6,650 円
通行料計: 14,000 円

入浴した温泉:
積翠寺温泉要害 1,400 円
甲斐駒ケ岳温泉 尾白の湯 1,000 円
入浴料計: 2,400 円

立ち寄った道の駅:
山梨県4ヶ所
しらね ・ にらさき ・ はくしゅう ・ こぶちざわ
長野県3ヶ所
南アルプスむら長谷 ・ 奈良井木曽の大橋 ・ 小坂田公園

外食したもの:
奥藤本店 (甲府鳥もつセット) 2,360 円
たけだ (さくら丼・ミニソースカツ丼) 1,970 円
白州庵 (塩ラーメン・冷やし山菜そば) 1,300 円
外食費計: 5,630 円

駐車料・入場料:
昇仙峡駐車場 500 円
名水公園べるが 400 円
三分一湧水館 600 円
駐車料・入場料計: 1,500 円

スーパー等で使ったお金:
ボンパン(菓子パン) 400 円
オギノ韮崎店 (弁当ほか) 1,096 円
三分一湧水館 (練り唐辛子・金時ほか) 2,580 円
木曽くらしの工芸館 (さるなし酒・カステラほか) 5,715 円
道の駅小坂田公園茜里(せんべい・漬物ほか) 1,660 円
スーパー等で使った金: 11,451 円


使ったお金の合計 : 46,948 円


1日当りの旅費: 15,649 円


1人1日当りの旅費: 7,825 円


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 山梨で水めぐり | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

スノーシェルターに覆われている 奥羽本線 峠駅

○ 奥羽本線 峠  駅

峠駅

この駅には電車で来たのではありません。 相方のジムニーで来ました。

何故、この駅にいるかというと

本来の目的地はここではなく、福島と山形の県境にある米沢十湯のひとつ
滑川温泉に向かったのですが、途中で許可された車以外の一般車は
通行止めになっていました。 (土砂崩れがあったらしい)

そこで、滑川温泉に電話したところ、
峠駅で待っていれば15分後に迎えに来てくれると言われたのです。

峠駅

峠駅は、全体がスノーシェルターに覆われている少し変わった構造でした。

峠駅

スノーシェルターの中には小さなプラットホームがありますが、

駅員のいない無人駅です。

峠駅

おっ! 山形新幹線だ。

峠駅

もちろん、この駅に停車することはなく、

あっという間に通り過ぎていきました。

駅の中に警報機と遮断機があるんですね。

峠駅

温泉の送迎車は15分経っても現れず・・・

時間つぶしにスノーシェルターから出て待つことにしました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 名水 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

送迎車に乗って日本の滝100選へ

滑川大滝

滑川温泉の送迎車が峠駅まで迎えに来てくれました。

乗客は、相方と小生の二人だけ。

「日帰りだけんど・・いがべが?」という小生の問いに

「さすけねぇ」(差し支えない)とのこと。

滑川大滝

運転手さんによると

滑川温泉までの道は、細くて曲がりくねった山道なのですが、

雨で路肩が崩れて危険な状態なので、復旧するまでの間は工事関係と

温泉の送迎車しか通れないのだとか。

滑川大滝

もともと、ガードレールが無くて危ない道らしい。

一般車通行止めのおかげで、神経をすり減らしながら車を運転することもなく、

山道を4~5Km走って滑川温泉に到着しました。

滑川大滝

わざわざ送迎してくれた訳ですから、もちろん温泉に入ります。

ですが、その前に行きたいところがあるのです。

滑川大滝

歩くと揺れる吊り橋を渡って向こう岸へ。

滑川大滝

ず~~っと登りが続く遊歩道を30分進むと

「大滝展望台」というところに着きました。

○ 滑 川 大 滝

滑川大滝

右上の細い線のように見えるのが「布引の滝」(落差50m)

そして、左下には日本の滝百選の「滑川大滝」が見えました。

う~ん だけど、ここからじゃ木が邪魔で上のほうしか見えない。。。

滑川大滝

展望台の脇にあった案内板によると

ここから40分ほど下って、沢を登ると滑川大滝の下にいけるらしいが・・・

滑川大滝

10分ほど下った所で引き返してきました。

だって、手に持っているのは温泉に入るためのタオルだけで

とても沢登りするような格好じゃなかったから。。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りの旅 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

地球に優しい秘湯

滑川温泉

○ 滑川温泉 福島屋 (入浴料500円)

滑川温泉

滑川(なめがわ)温泉 福島屋旅館は山の中の一軒宿。

「日本秘湯を守る会」の会員らしい。

建物は古く、廊下を歩くと床がミシミシと音を立てました。

< 混 浴 内 湯 >
滑川大滝

風呂場は4ヶ所あり、内湯は混浴と女性専用が1つずつ。

露天は混浴の「檜露天風呂」と女性専用の時間帯がある「岩露天風呂」です。

< 岩露天風呂 福島屋旅館のHPより >
CZ3WxXpIvCCDD2V1434512360_1434512374.jpg

大きな岩風呂が一番人気ですが、訪問した時間帯が女性専用だったので

そちらへは相方が。

小生は24時間混浴の檜風呂に向かいました。

滑川温泉

檜の露天風呂は5~6人サイズで、それほど大きくはありません。

滑川温泉

少し熱いと感じるほどの温度で、プ~ンと硫黄臭がします。

滑川温泉

川が目の前を流れていて、カエルの鳴き声が聞こえていました。

滑川温泉

露天風呂から上がって旅館に戻って来たら、こんなものを見かけました↑

滑川温泉

旅館の横に建っている小屋で川の水を利用して発電しているらしい。

入り口に「滑川発電所」と書かれていました。

滑川温泉

温泉は加温・加水されたものではありませんし、電気も水力で100%自家発電。

地味で古い設備の温泉宿ですが、自然エネルギーを巧みに利用した

環境負荷の少ないエコな施設だともいえます。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

福島でラーメンを食べて家に帰る

滑川温泉からは福島経由で帰ることにしました。

夕方に飲み会があるため、早めに家に帰りたいのですが、

相方が「腹へった~」というので、しょうがない。

食べログを参考にしてラーメン屋に飛び込みました。

伊達屋

○ 伊 達 屋 (だてや)

< チャーシュウメン 950円 >
伊達屋

福島では人気店らしい。

長蛇の列ができていたら他の店に行こうと思っていましたが、
お昼時を過ぎていたので、ラッキーなことに懼れていたほど
お客は多くありませんでした。

小生はチャーシュウメン、相方は塩バターラーメンを注文して
出来上がりを待つことに。

店内に漂うイイ香りにジラされること5分。

お待ちかねのラーメンが登場しました。

< 塩バターラーメン 800円 >
伊達屋

スープは鶏ベース。

しっかりとした旨みとキレがあります。

麺は細めのストレート。

スルッと啜り心地の良い麺です。

そして、チャーシューは予想以上にデカくて、とろけるように柔らかい。

なるほど・・・と 納得がいく一杯でした。

name27.jpg

で、福島飯坂ICから東北道に乗ったのですが、

10分も走らないうちに相方がサービスエリアに停まってほしいと
言い出しました。

name28.jpg

トイレに行くのだろうと思っていたら、戻ってきたその手には
マヨネーズのようなプリンが握られていました。

「食後のデザート」なんだとか。。。 オイオイ(-д-;)  

このペースじゃ、今晩の飲み会には遅れそうだ

伊達屋ラーメン / 上松川駅笹谷駅泉駅(福島交通)

昼総合点★★★☆☆ 3.9


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 食べ物 | 06:09 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

蔵王の御釜

2014年の夏 相方と娘と蔵王に行った時の記事です。

遠刈田

朝早く出発して、一気に宮城蔵王の麓 遠刈田温泉まで来ました。

遠刈田

そんで、無料の足湯で小休止。

遠刈田

足湯に浸かりながら団子を食べる。

やはり、宮城県では「ずんだ」が一番メジャーなフレーバーです。

遠刈田

さらに、娘が屋台を見つけて、こんなものを買ってきた。

遠刈田

アンコとカスタードが入っていて旨いことは旨いが・・・

相方と娘が一緒だと いつもこんな調子で なかなか前に進めない。

蔵王

やっとこさ、蔵王エコーラインを登り始めて「滝見台」で撮影会を開催。

< 三 階 の 滝 >
蔵王

三階の滝は、日本の滝100選の一つですが、離れた場所から見るので

迫力はイマイチ。

< 不 動 の 滝 >
蔵王

滝見台から少し登ったところには不動の滝が。

こちらは水量が多い。

< 不 帰 の 滝 >
蔵王

さらに、蔵王エコーラインを登っていくと不帰の滝(ふりかえらずのたき)が

流れ落ちていました。

蔵王

そして、刈田岳(かっただけ)山頂へ。

まっ、山頂といってもレストハウスから少し坂を上るだけですけどね。

蔵王

でも、ここからの見晴らしは頗る良好。

遠くの山々や雲海が見渡せますし、蔵王のハイライトである

御釜の全景が良く見えます。

蔵王

2015年4月に火山性地震の増加により、火口周辺の噴火警報が

発令されていましたが、地震回数の現象を受けて6月16日に

解除されたようです。


一部通行止めだった蔵王エコーラインは6月22日から全線再開となり

有料だった 御釜までの蔵王ハイラインは観光客を誘致するため

7月31日まで無料解放するそうですよ。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 娘も一緒にお出かけ | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

冷たい蕎麦とジンギスカン

蔵王エコーラインを進んで山形県に入りました。

蔵王

昼めしは温泉街の入り口の食堂で食べることにした。

○ 食事処 き く ち

蔵王

ノレンをくぐって中に入ると店はほぼ満席。 けっこう混んでいました。

蔵王

お品書きを見ると当然のごとく蕎麦が主流。

小生は「板そば」、相方と娘は「冷たい肉そば」を選択。

< 板 そ ば 1200円 >
蔵王

板そばは予想よりも細くて白く、ツユも優しい味です。

< 冷たい肉そば 800円 >
蔵王

冷たい肉そばには、薄く切られた鶏肉が乗っていました。

スープに鶏の旨みが加わって、スッキリした味の中にもコクが感じられ

コスパ的にも板そばよりコチラの方がオススメです。

< ジンギスカン(ミックス) 1400円 >
蔵王

そして、相方の情報によると 蔵王温泉ではジンギスカンが名物らしいので、

一人前を三人でシェア喰いしました。

蔵王

正直、蕎麦とジンギスカンを一緒に食べるなんて・・・ と思いましたが

それが、けっこうイケル味です。

噛むたびにジワッと湧き出す肉の脂とアッサリした蕎麦は

意外に相性がいいのかもしれません。

食事処 きくちそば(蕎麦) / 山形市その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.4


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 娘も一緒にお出かけ | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。