貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2015-06- | ARCHIVE-SELECT | 2015-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

不動滝散策道

蔵王

蔵王スカイケーブルに乗って お山の上に登りました。

蔵王

相方と娘は高いところが好きなようだけど、

オイラは揺れるのが苦手で、まともに下を見ることができませんでした。

蔵王

蔵王高原の散策路は良く整備されており、

トレッキングに訪れる人も多いようです。

< ストック代わりに使える木の枝が置かれている >
zao33.jpg

この日、我々は舗装された散策路を逸れて、「不動滝散策道」を

歩くことにしました。

蔵王

白樺の林の中を歩くのは気持ちがいい。

蔵王

小さな沢を渡り

蔵王

階段を昇り降りして、歩くこと15分。

観光パンフレットの地図では、もっと近いと思っていたけど

どうにか、目的地に到着。

蔵王

「不動滝」という滝が三筋に分かれて流れ落ちていました。

落差は大きくありませんが、涼やかな感じがします。


で、記念写真を撮る時に娘の足元を見て気がついたのですが

オマエ サンダル履きで来たの?


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 娘も一緒にお出かけ | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

冷やしラーメン

蔵王温泉で入浴してから、山形市内にやってきた。

家に帰る前に山形名物の「冷やしラーメン」を食べたかったのです。

○ 栄 屋 本 店

蔵王

18時を過ぎていたけど、空はまだ明るく、気温は30℃近かったです。

店は大混雑で、行列に40分くらい並んでから中に入りました。

蔵王

栄屋本店の冷やしラーメンは、全国的に名前が知られるようになり、

メニューのレパートリーも増えてきたようだ。

< 冷やしラーメン 750円 >
栄屋

3人分の空席が出来たのが、店に入ってから20分後。

小生は基本の「冷やしラーメン」、娘は「冷やし薬膳ラーメン」、

相方は「激辛冷やしラーメン」をそれぞれ注文しました。

< 冷やし薬膳ラーメン 900円 >
冷やしラーメン

ところが、30分経っても40分経っても出来てこない。

待ちきれずに、相方が店員さんに 「まだですかぁ?」と訊ねると

「順番に作ってますから・・・」とのこと。

あったかいラーメンと違って、氷でキンキンに冷たくする冷やしラーメンは

作るのに時間がかかるらしい。

< 激辛冷やしラーメン 850円 >
冷やしラーメン

あっ! やっと来たぁ~

店員さんがトレーに丼を3つ乗せて近づいてきたのですが・・・

それが置かれたのは他のテーブルでした。

しかも、我々の後から入店した客の席に。。。

・・・・・・・・・

これには相方がブチ切れて、「まぁまぁ」と制止する娘を振り切って

厨房へ怒鳴り込みにいってしまいました。 (#`ロ´)

・・・・・・・・・

結局、冷やしラーメンを食べ終わったのは、この店に来てから2時間後。

相方にとっては、氷がゴロゴロ入っている冷やしラーメンの味が

グラグラ煮えくり返るホットなものに感じられたようです。 ┐('~`;)┌


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 娘も一緒にお出かけ | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ピーチで仙台から関空へ

2014年7月12日(土)

今回は、旅仲間のヒラ君と一緒の二人旅です。

夕方、16時に車で花巻を出発して仙台に向かいました。

< 仙 台 空 港 >
仙台空港

仙台空港からは、貧日本紀行で初のジェット機移動。

面倒くさい航空券や宿の予約は、ヒラ君に手配してもらいました。

たしか、「仙台~関空の往復で7,000円以下」だったと思う。

< 関 西 空 港 >
ピーチ

関西空港に着陸した時刻は22時を過ぎていました。

とりあえず、南海電車で3つ目の駅 井原里(大阪府)まで行き、

この日の宿にチェックインしてから遅い晩飯を食べることに。

waka003.jpg

店の中には、片言の日本語を話すチャイニーズ系女性の店員さんが一人。

閉店間際だったので客は誰もいませんでした。

waka004.jpg

手っ取り早くできそうなツマミを注文して、ビールで乾杯。

暑い日だったので、ビールが進みます。

2杯目のビールを飲み干し、酎ハイレモンに切り替えました。

濃い目にサービスしてね」 とお願いした酎ハイを飲んでみると


・・・・・


(≧ж≦)すっぺぇ~! なんじゃこりゃ!

焼酎やのうて、レモンシロップ濃くしてどないすんねん!!


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

南海貝塚でレンターを借りて出発

○ ロッジ長二郎

waka005.jpg

「ロッジ長二郎」というところが今宵の宿。 (素泊まり3900円)

泊り客は、アジア系の若者が多かったです。

waka006.jpg

宿の戻ってきた時は0時を過ぎていたため、共同の風呂場は閉まっていて

シャワーしか使えず。。。

隣の部屋の話し声が聞こえるし、エアコンの音がうるさい。

おまけに、プ~~~~ン と蚊が飛び回る音が気になって、

ほとんど寝れなかった。


2014年7月13日(日)

waka007.jpg

寝不足のまま、井原里から貝塚へ移動。

waka008.jpg

この旅ではレンタカーを利用します。


○ 激安.レンタカー 貝塚店


1日3600円のコンパクトカーを3日間予約しておいたのです。

二人で割りカンだから、一人1日1800円の負担で済みます。

駅の近くにある事務所はショボイし、狭い駐車場に停めてあった

レンタカーは9年前の年式でしたが文句はありません。

waka009.jpg

さっそく、荷物を積み込んで 出発!

と、走り出したら すぐに雨が降り出しました。

< 道の駅 愛 彩 ラ ン ド >
waka010.jpg

いくらも進まず、岸和田の道の駅で雨宿り。

早くも相棒のヒラ君が 雨男の実力を発揮してくれた。。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大阪府で唯一の村 千早赤阪村へ

○ 千 早 城 (ちはやじょう)

大阪府で唯一の村 千早赤阪村に来ました。

千早城

千早城址へは、金剛山の登山道を行くらしい。

雨が降り続いていたし、どんな道かも知らないので少し躊躇いましたが
またここに、いつ来れるか分からないので、意を決して登っていきました。

千早城

途中の水飲み場で休憩していたオバ ご婦人の姿を見て一安心。

金剛山は、中高年でも気軽に登れる山のようです。

千早城

(焦って撮って手ブレしちゃいましたが)
さらに、登ると お城への分岐点がありました。

千早城

お城への道は、緩やかな登りの登山道と比べると かなりキツイです。

千早城

で、この辺が本丸だったのでしょうか?

千早城

小さな祠がポツンと建っているだけ。

大昔、楠木正成が鎌倉軍と戦った城ですから、遺構らしきものは
見当たりません。

千早城

ただ、山城から眺める景色は魅力的。

小雨に煙る山々が いい感じです。

waka018.jpg

帰りは石畳の道を下ってきました。

どうやら、この道が表参道だったようです。

千早城

急な石段は、幅が狭いし、雨に濡れていて、何度か滑って転びそうになった。

千早城

長~~い 石段を降りて戻ってきた時には、汗と雨に濡れて
Tシャツがグショグショになっていました。

この調子じゃ、何度着替えることになるやら・・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

天然モノの鯛焼きを食べた

千早赤阪村(大阪府)から峠を越えて御所市(奈良県)に来ました。

○ 日本一たい焼き 奈良御所店

日本一たい焼き

実は、レンタカーには南海貝塚駅で合流した女性が二人同乗していまして、

「たい焼き食べたいわぁ」というので立ち寄ったのです。

オイラ一人だけなら絶対に入らない店だと思う。

日本一たい焼き

「日本一たい焼き」は福岡市で始まり、主に九州と近畿で展開している

チェーン店らしい。

「鯛焼きには 天然モノと 養殖モノがある」って書いてあったけど、

どこが違うんだろう?

日本一たい焼き

たい焼きはイートインコーナーで、お茶と一緒にいただきましたが

皮が薄くてサクサクの食感。

中に入っていたカスタードは甘さ控えめのタイプでした。

日本一たい焼き

さて、本日同行している二人の女性の話題ですが、相棒ヒラ君の

知り合いでして、わざわざ和歌山市内から駆けつけて来てくれたのです。

(詳しい経緯は機会があれば記事を書こうと思っています)



ってことで、レンタカーには岩手のヲヤジ二人と和歌山のオバチャン二人が

乗り込んでいますが、話している時間は和歌山勢が圧倒的に長い。

さすがは、関西のオバチャン。 マシンガンのような口を持っている。

これなら、カーラジオやCDは必要ないかも。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

日本三大山城 高取城

waka024-1.jpg

西国三十三所第6番札所 壺阪寺(つぼさかでら)の横の

狭い坂道を登っていきました。

高取城

ドン詰まりの終着点からは歩きになります。

高取城

ハイキングコースは明日香村まで続いているようですが、

そんなに歩くつもりはありません。

高取城

坂道を5分ほど登っていくと石垣が見えてきました。

○ 高 取 城

高取城

岩村城、備中松山城と並び、三大山城の一つといわれる高取城は、

麓の城下町から登城すると2時間近くかかるらしい。

高取城

普段、運動不足の体では、車を降りて10分歩いただけで息が上がります。

高取城

で、大手門跡の虎口にたどり着きました。

立派な石垣が残っています。

高取城

苔むした石垣が古城らしい雰囲気を醸し出してる。

< 天 守 台 跡 >
高取城

お手軽コースで登ってきたとはいえ、スケールの大きな山城らしさが

感じられ大満足でした。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

奈良県の郷土料理「柿の葉寿司」と「三輪そうめん」

○ 大 神 神 社 (おおみわじんじゃ)

三輪そうめん

縁結びのパワースポットとして知られている奈良県桜井市の大神神社。

大神=おおみわ と読みます。

三輪そうめん

ブログを読んでいただいている皆様の幸福をお祈りしました。

ウソです (^_^;

神社の鳥居近くでご当地名物の三輪素麺を食べる前に立ち寄ったのです。


○ そうめん処 森 正

三輪そうめん

長い「奈良麻のれん」をくぐって入ると、趣きある古い店舗と手入れされた

庭先の風情ある空間でした。

三輪そうめん

この日は暑い日だったので、「冷やし」と柿の葉寿司を注文。

冷たい素麺が出来上がるまで、柿の葉寿司で繋ぎます。

柿の葉寿司

柿の葉寿司は、スッキリした酸味が美味しい。

強めの酢と塩気が鯖の生臭さを感じさせず、

ご飯の甘さとバランスが良かったです。

柿の葉寿司

そして、見た目にも涼やかに盛り付けられた素麺が登場。

三輪そうめん

真っ白な素麺の上は、錦糸卵の黄色・海老の赤・椎茸の黒・木の葉の

緑に彩られ、その横には透き通った大きな氷が乗っています。

さっそく、生姜とネギの薬味を入れたツユを付けてススッと素麺を啜ると、

冷たくて引き締まった食感です。


ツユは、やや醤油が濃い目。

食べ終わるまでの味が計算されているのだと思います。


ボリュームの割りに 多少、お値段が高いように思われますが、

雰囲気を重視する方にはオススメです。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

岸和田のディープな裏路地で「かしみん焼き」を食べる

こんな狭い道も「だんじり」は通るんだろうか?

かしみん焼き

ナビが指し示す目的地は、さらに 狭~い裏路地です。

(ホントに狭い道なので、運転に自信がない人は、近くのパーキングに
 車を停めて歩いて行った方がいいです)


○ 鳥 美 (とりみ)

かしみん焼き

たどり着いた店は、一緒に行った和歌山のオバチャンが二の足を踏むような
岸和田のディープゾーンにありました。

中を覗くと若い男たちで満員御礼。 

盛り上がって笑いながら話す声は店の外でも聞こえます。

”こりゃアカン” と立ち去ろうとしたら

気の良さそうな女将さんらしき人が出てきて手招きしました。

「ちょっと待ってて~」と言うので、2~3分待っていると店の中から
5~6人の客がゾロゾロと出てきました。

どうやら、女将さんに追い出されたらしい。。。

かしみん焼き

狭い店の中に入るとビールを呑んでいるオッチャンが一人残っておるだけ。

空席になった鉄板カウンターの隣りに座りながら「スンマセン」と言うと、
「地元のだんじりの連中やから かまへん」とのこと。

< 洋食かしわ 450円 >
かしみん焼き

壁に吊るしてあるお品書きには、目当てにしていた岸和田独特のコナモン
かしみん焼き」がありません。

洋食かしわ」というのが それらしい。

”洋食”というのは、具を混ぜずに小麦粉だけの土台を敷き、その上に
千切りキャベツやら肉やらを乗せる焼き方なんだとか。

かしみん焼き

”かしみん”の特徴である粗ミンチの鶏肉は、コリッと硬くて噛み応えあり。

親鳥なので、味がしっかりしています。

かしみん焼き

そして、先客のオッチャンがネギと一味をガッツリかけて食べていた
「ぼんじり」が旨そうなので追加注文。

女将さんもオッチャンも話好きな人たちで、焼ける間に「だんじり」や
岸和田城のことをいろいろ教えてくれました。

野球の話題になり、オッチャンは、もちろん阪神ファンなので、
甲子園での藤浪と大谷の対決は当然覚えているし、
西武の菊池雄星のことも知っていた。

そこで、「オイラも花巻の高校を卒業しましたよ」と言ったら
「へぇ~」って、少し興味持ってたけど

花巻ですけどね。 女房は花巻」 と 続けたら

・・・・・

なんや とちゃうんか (;-_-;)

って、オッチャン ガッカリ。。。

鳥美お好み焼き / 岸和田駅蛸地蔵駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

和歌山のホテルにチェックイン

この日の宿は、南海和歌山市駅から徒歩3分のホテル。

和歌山のオバサマ2人とは、ここでお別れ。

家に帰って、晩ご飯を作るそうです。

○ ワカヤマ第2富士ホテル

waka045.jpg

この立地で朝食付き3500円(税込み)はメッチャ安いと思う。

waka046.jpg

とりあえず、チェックインしてから晩酌を呑みに出かけました。


○ 一 朋 堂

waka047.jpg

繁華街の方向に歩いて行き、事前にネットで調べて目星をつけていた店を
探したのですが見つからず、(閉店した?)

近くにあった鶏料理屋に入りました。

waka048.jpg

店の中は小洒落た感じで、若い女性の客が多かったです。

まずは、お疲れぇ~ 冷えたビールで乾杯!

(*≧∀≦*)プハァ♪

waka050.jpg

そして、一味をたっぷり振りかけた焼き鳥。

どれを食べてもウマイ ^^

waka049.jpg

で、鳥の煮物を食べながら、もう一杯ビールをおかわりすると ( ̄#; ̄)ゲプッ
腹いっぱいになりました。

すでに、「三輪そうめん&柿の葉寿司」+「かしみん焼き&ぼんじり」が
納まっているので、腹の中の空きスペースが少なかったのです。

腹も身のうち。 暴飲暴食は慎もう ってことで、


ヨシ、それじゃ、そろそろホテルに戻ろうか と席を立とうとしたとき

♪♪♪~♪♪♪~ ヒラ君のケータイの着メロが鳴りました。



「モシモシ・・・ ボソボソ・・・ いいねぇ・・・ okok・・・」

さっき分かれた和歌山のオバサマの一人からの電話らしい。



話の内容は、

これから、ラーメン食べに行こう という お誘いでした。

一朋堂焼き鳥 / 和歌山市駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

盛岡冷麺もあったけど・・・

(食べ物の記事が続いて申し訳ありません。 m(_ _)m)

ってことで、ミエちゃん(和歌山マダム)の車に乗ってラーメン屋へ。


○ 丸源ラーメン 御膳松店

waka051.jpg

店の中はファミレスのような明るい雰囲気。

日曜日だったこともあり、家族連れの客が多かったです。

< 肉 そ ば 650円 >
waka052.jpg

それほど腹は空いていなかったけど、
この店のイチオシメニューらしいので、「肉そば」を注文。

トッピングされている「肉」は、豚バラスライスを煮たものでした。

スープは豚骨・鶏ガラベースらしいが、表面に脂ギトギトの層があって、
かなりオイリー。 (血管が詰まらないか心配になるほど)

もみじおろし・青ネギ・タマネギを混ぜ込むことで、若干サラリとして
脂っぽさが和らぎました。

< 丸 源 餃 子 280円 >
waka055.jpg

サイドメニューの餃子は野菜が多く、コッテコテの肉そばの後で食べると
アッサリした感じで旨かったです。

< 醤油とんこつラーメン(赤) 650円 >
waka053.jpg

ミエちゃんが食べたのは、「醤油とんこつ・赤」という唐辛子がバッチリ
効いていそうなラーメン。

「見た目ほど辛くはない」と言ってたけど、その額には汗が滲んでた。。

< 盛 岡 冷 麺 700円だったような・・・ >
waka054.jpg

そんで、ヒラ君がオーダーした、「盛岡冷麺」

なんで、岩手県人が和歌山まで来て、これを食べるのか?

オイラには理解できなかった。

しかも、焼肉屋じゃなくてラーメン屋で冷麺なんて・・・

まっ、旨きゃなんでもアリだけど、ちゃんとした盛岡冷麺のルックスとは
かなりかけ離れていました。

ちなみに、もみ~が好きな盛岡冷麺の店は→ 盛楼閣

丸源ラーメン 御膳松店ラーメン / 和歌山市駅東松江駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.9


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

これが、日本の滝百選の一つ?

2014年7月14日(月)

waka056.jpg

グッスリ寝れて快調な目覚めです。

朝めしがウマイ ^^ 

ちなみに、この後うどんも食べました。

スッキリしない空模様だけど、腹だけは満足になって さあ、出発!

< 道の駅 白浜町 椿花の湯 >
waka057.jpg

和歌山ICから阪和道に乗って、一気に終点の南紀田辺ICへ。

昨日の日曜日一緒だった和歌山マダムは仕事があるので、

今日からはヲヤジ二人での観光になりました。

< 道の駅 志 原 海 岸 >
waka058.jpg

R42を南下して、志原海岸で一休み。

天気はイマイチだけど南紀っぽい雰囲気です。

waka060.jpg

で、ここから、日置川に沿って山のほうに向かう。

八草の滝

1.5車線の狭い道を ず~~~っと 登っていくと

ありました。 日本の滝百選のひとつ 「八草の滝」の看板が

八草の滝

○ 八 草 の 滝 (はそのたき)

ここが、観瀑台らしい。

車を降りて、すぐ滝が見えるようです。

さてさて、百名瀑のひとつは どんなのだろう。 o(^o^)o ワクワク

八草の滝

ん? 

ひょっとして・・・

あれ?

八草の滝

まったくの期待はずれ (o´。`o)

遠くに白い線がチョロっと見えるだけじゃないか。。。 

しかもモヤって、よく見えないし。。

なんで、これが日本の滝百選に選ばれるワケ?

waka066.jpg

向こう岸へ渡って、滝の近くへ行こうとしても、

あの橋じゃ車が通れそうもないし

あ~あっ (´3`)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

清姫の墓~中辺路

< 道の駅 ふるさとセンター大塔 >
waka067.jpg

中辺路(なかへち)に向かって走っていると、

「清姫の墓」なるものがあったので立ち寄りました。

○ 清 姫 の 墓

waka068.jpg

清姫って誰? と ご存じない方でも、「娘道成寺(むすめどうじょうじ)」
という歌舞伎踊の演目の名を聞いたことがないでしょうか。

その基となっている、「安珍・清姫伝説」の大体のあらすじとしては、

奥州の安珍という美形の僧侶が、毎年熊野詣をする際に幼い清姫の住む
館に宿を取っていました。
ある日、幼い清姫が駄々をこねるのを見かねて、安珍が「良い子にしてたら
私のお嫁さんにしてあげる」とあやした言葉を本気にし、清姫は安珍を慕う
ようになったのだとか。

ところが、安珍は毎年熊野詣に訪れるものの、いつまでも清姫を妻に
しようとしない。
清姫は思い余って、安珍の寝所に忍び寄り、早く夫婦になりたいとせがんだ
のですが、安珍は”自分は出家の身、妻をもつわけにはいかない”と困り果て
「熊野参詣を果たしたのちに夫婦になろう」といつわり、熊野に向かって発った。

清姫は安珍の帰りを待ちわびたが、あまりにも遅いので熊野帰りの旅人に
尋ねてみると、旅人は、その僧なら自分より先に下向したと答えた。
清姫は、だまされたのか!と悔しがり、飛ぶように安珍を追いかけていき、
身を大蛇に変えて川を渡り、道成寺の鐘に巻きついて、中に隠れた安珍を
鐘もろとも恨みの炎で包み焼き殺した。

という悲恋のストーリーです。

< 清  姫  堂 >
waka069.jpg

まぁ、伝説の中の人物ですから、清姫が本当にいたかは謎ですが・・・

< 清 姫 の 墓 >
waka070.jpg

それに、イケメンじゃない俺たちには、女が恋焦がれる話なんて無縁のこと。

ですが、いちおう 合掌! 

(深田恭子に焼き殺されてみてぇ~)

< 道の駅 熊野古道中辺路 >
中辺路

そんで、道の駅 熊野古道中辺路のベンチに座って腹ごしらえ。

中辺路

めはり寿司とサンマ寿司のセット。

うまい (o^。^o)

中辺路

道の駅の前の道路を渡ると熊野古道があります。

中辺路

中辺路(なかへち)は、田辺から山の中に入って本宮へ至る道。

中辺路

今回のプチ古道散策は約2Km歩くコースです。

中辺路

平日だったから、世界遺産の道を歩いている人は誰もいませんでした。

中辺路

以前、松本峠までプチ散策したときの記事 → 熊野古道 松本峠


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

名水百選 野中の清水

だいぶ山を登ってきました。

waka080.jpg

いちおうバスが通っているようですが、上りが朝7時に一本、
下りが夕方19時に一本だけ。

しかも、5つのバス停しか停まらないバスのようです。

野中の清水

○ 野 中 の 清 水

野中の清水

野中の清水は熊野古道に湧いている清水です。

野中の清水

古くから、熊野詣での旅人の給水ポイントになっていたんのだとか。

野中の清水

湧き出し口がどこか分からなかったけど、けっこうな水量です。

野中の清水

飲んでみると、柔らかな感じの飲み心地。 ( ^o^) フゥ~ うまい!

中辺路のプチ古道散策をした後の喉の渇きを癒してくれます。

腹がチャポンチャポンと音を立てるまで飲んでしまった。

野中の清水


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

湯の峰温泉で身体を清めて熊野本宮へ

○ 湯 の 峰 温 泉

湯の峰温泉

川沿いにある「湯筒」の温度は90℃という熱湯らしい。

近くの土産物屋で温泉玉子用の生玉子を売っていたけど、
数が多いのでやめておきました。

湯の峰

で、世界遺産に登録されている「つぼ湯」に入ろうと受付に行ったら
今日はダメ」とのこと。 

えっ? 空いているようなんだけど・・・
(「つぼ湯」は事前に予約した方がいいかも)

以前の「つぼ湯」はこんな感じ → 湯の峰温泉つぼ湯

湯の峰

やむを得ず、共同浴場(入浴料250円)で汗を洗い流すことに。

ほのかな硫黄の香りのおかげで、少し気持ちが安らぎました。

湯の峰

身体を洗って清めてから熊野詣でに向かいました。

○ 熊 野 本 宮 大 社
 
waka091.jpg

今回は、速玉大社と那智大社には行かず、本宮大社のみの参拝です。

信仰心の薄い小生ですが、やはり身の引き締まるような感覚になりました。

waka092.jpg

熊野神社は、八幡神社や稲荷神社と並んで、全国津々浦々に建っている
ビッグネームな神社なわけで、「熊野神社」と名乗っている神社は、
日本中に3000社ほどもあるそうです。

waka093.jpg

ってことは・・・

はたして、「熊野神社」という名前の使用料はどうなっているんだろう?

上納金というか、フランチャイズのロイヤリティってあるんだろうか?


・・・・・・・・・・


いかんいかん! 邪念を祓って参拝することにしよう。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

和歌山ラーメンの超有名店

< 樹  の  里 >
waka094.jpg

やたらに暑いので、本宮大社の隣の土産物屋に一時退避しました。

クーラーが効いている所でソフトクリーム舐めてクールダウン。

waka095.jpg

< 道の駅 奥熊野古道ほんぐう >
waka096.jpg

道の駅や土産物屋をチラ見しつつ、白浜方面に戻ることにした。

< 古道歩きの里 ちかつゆ >
waka078.jpg

途中で、ミエちゃん(和歌山マダム)がオススメの煎餅を食べてみました。

バッチリ醤油が染みていて、けっこうしょっぱい。

和歌山が醤油で有名だったことを思い出しました。

waka079.jpg

そんで、和歌山市内に戻り、ホテルに向かっていると

おんや? 和歌山ラーメンの超有名店の前に行列が無い。

駐車場もガラガラに空いているし、チャンス!ってことで店に飛び込みました。

○ 井 出 商 店

waka097.jpg

入店すると、豚骨スープの香りが鼻をくすぐってきました。

とりあえず、中華そばを注文。

出来上がりを待つ間は、早すしで繋ぎます。

< 早 す し 150円 >
waka098.jpg

スッキリした酸味で、ますます食欲が増してきた。

waka099.jpg

で、お待ちかねの中華そば登場。

< 中 華 そ ば 700円 >
waka100.jpg

さてさて、和歌山ラーメンの名を全国的に知らしめた人気店の
スープのお味は・・・

ウヒョ~ 濃厚!  でも、クドさがなくて、まろやか~ てな感じ。

< 特製中華そば(チャーシューが多い) 800円 >
waka101.jpg

麺は中太ストレートでツルツルの食感。

チャーシューは、柔らかくて、味もしっかりしています。

waka102.jpg

期待を裏切らない美味しさに満足。

やはり、和歌山観光に来たら、この店は外せない存在ですね。

井出商店ラーメン / 田中口駅和歌山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

酒屋で呑む

一旦、ホテルに戻ってシャワーを浴びてから、歩いて晩酌を呑みに出かけた。

○ 田 中 屋 酒 店

waka103.jpg

外観は飲食店というより酒販店そのもの。

「酒屋で呑む」というと、缶詰や乾き物をツマミに立ち呑みする「角打ち」を
連想しがちですが、この店はそれとは違っています。

店内に入って、奥のほうに進むと酒場になっていました。

waka104.jpg

イスに腰掛け、メニューを見ると、さすがに酒屋ですから酒の種類が多く
しかもリーズナブル。

ビールは、銘柄に関わらず、ビン(大)・生ともに450円でした。

なので、当然のように生エビスを選択。

waka110-1.jpg

< 牛スジどて焼き 400円 >
waka105.jpg

食べ物の方は、一番高いもので500円。

300円台が主流のようです。

< 国産牛カルビ焼肉 400円 >
waka106.jpg

味はそこそこ。 悪くはありません。

全体的に、酒が進むように濃い目の味付けだと思いました。

< 冷  奴 100円 >
waka107.jpg

< 豚モヤシ炒め 400円 >
waka108.jpg

客層は、酔っ払いのオヤジが多いかと思いきや、意外に若者が多く
ワーワーキャーキャー言いながら女子会しているグループもいました。

waka109.jpg

もちろん、和歌山の地酒でシブ~く呑むのもアリだと思いますよ。

< 水 ナ ス >
waka110.jpg

酒処たなかや居酒屋 / 和歌山市駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

友ヶ島にフラれ、人形だらけの神社へ

2014年7月15日(火)

waka111.jpg

この日も ワカヤマ第二富士ホテル のバイキング朝食。

うん。 ネギをたっぷり入れた うどんが旨い。

waka112.jpg

この日は、人気のスポット「友ケ島」を観光する予定。

いざ 友ヶ島へ!

と、朝めしを食べてからフェリー乗り場に向かいましたが

waka113.jpg

な、  な、  なんと

運休日。。。 _| ̄|○

あ~っ やっちまった~!

なんで、来る前に調べておかなかったんだろう・・・

はい。 全て私のミスです。 手違いです。。 

暫し立ち直れず。  凹む

・・・・・・・・・・・・・

完全にスケジュールが崩れてしまった。

この後、どこへ行く予定も無いし、どうしよう?

観光パンフレットを見ると、近場に「淡嶋神社」という所があるらしい。

○ 淡 嶋 神 社

waka114.jpg

淡嶋神社は、婦人病や安産祈願など、女性のための神社なんだとか ^^;

ですが、なんとも言えぬ異様な雰囲気があります。

waka119.jpg

境内一面に人形がびっしりと置かれているのです。

waka120.jpg

熊やタヌキの他に意味不明で不思議な人形もあります。

waka117.jpg

そして、圧巻なのは拝殿に所狭しと並んでいる人形たち。

waka118.jpg

向かって左側には、お姐さんたちの日本人形。

waka115.jpg

右側には童女の人形。

これだけの数が並んでいると少し恐怖を覚える。

waka116.jpg

中には、「髪の毛の伸びる人形」もいるのだとか。 ヒェ~ッ m)゚O゚'(m


ちなみに、相棒のヒラ君のスマホからは、淡嶋神社で撮った写真が
全部消えて無くなっていたそうです。 (これ本当の話)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

和歌山の天満宮と東照宮

う~ん  困った  (~ヘ~;)

友ヶ島行きのフェリーが運休で、スケジュールがメチャクチャになった。

和歌山市内を観光しようにも予備知識が無いし・・・

困り果てて、ミエちゃん(和歌山マダム)に電話すると、
「2時間くらいなら地元の和歌浦を案内してあげる」と言ってくれました。

いろいろ仕事もあるだろうに・・・   申し訳ありません。

○ 和 歌 浦 天 満 宮

waka123.jpg

ってことで、加太港から40分ほど移動して、待ち合わせ場所の
和歌浦天満宮に来ました。

waka122.jpg

学問の神様である菅原道真が祀られ、大宰府天満宮、北野天満宮と並んで
日本の三菅廟といわれているそうです。

< 楼   門 >
waka124.jpg

にしても、階段登りがキビシイ~!

しかも、天然岩を積み重ねているので、一段ごとの高さがビミョーに違うし。。。

< 拝   殿 >
waka125.jpg

ヒィヒィ言いながら登りきると海が見えた。

あれが、和歌浦?

waka126.jpg

で、ミエちゃんと合流して、最初に向かった先は「紀州東照宮

waka127.jpg

○ 紀 州 東 照 宮

waka128.jpg

そういえば、紀州は徳川御三家なわけで、暴れん坊将軍の出所なわけで

waka129.jpg

立派な石灯籠が並んでいます。

waka130.jpg

って、その先は また急な登り階段かい!

< 楼   門 >
waka131.jpg

なんでも、紀州東照宮は、「関西の日光」と呼ばれ、名匠 左甚五郎の
彫刻が施されているんだとか。

waka132.jpg

まぁ、それはいいとしても、

ヒザがカクカクいっている

階段登りは、もう勘弁してくれ!!!


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

和歌の浦海岸

そんで、海岸線にやってきた。

< 田ノ浦漁港 浪早ビーチ >
waka133.jpg

ちょっぴり、お洒落な海水浴場のようですが、

ちょっぴり、魚臭い漁港の雰囲気も残っていました。

waka134.jpg

で、どこをどう走ったか分からないけど、高台に登ってきました。

waka135.jpg

そっか、ここも瀬戸内海なんだぁ

waka136.jpg

ん~ ♪ なんか、いい感じの眺めです。


○ 雑 賀 崎 灯 台 (さいかざきとうだい)

waka137.jpg

灯台があったので登ってみる。

waka138.jpg

北の方向に見えるのは和歌山港。

waka139.jpg

南に見えるのは有田だろうか?

waka140.jpg

空は梅雨明け間近です。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

シューパリ食べて一休み

和歌浦の商店街にある、ミエちゃんがオススメのお菓子屋さんで一休み。

○ 春  栄  堂

waka141.jpg

「シューパリ」が一番人気だというので、それをいただく。

< シ ュ ー パ リ 136円 >
waka142.jpg

基本的にシュークリームですが、外の皮にアーモンドがまぶしてあり、
表面に粉砂糖が振りかけられています。

waka143.jpg

こんがり焼きあがった皮は、香ばしくて「カリッサクッパリッ」と音がする。

waka144.jpg

中の黄色いクリームは、トロリと舌触り。  しつこい甘さはありません。

これなら、2~3個はペロッとイケちゃいます。


で、和歌浦の観光に戻った。

○ 不  老  橋

waka145.jpg

不老橋は、紀州藩10代藩主 徳川治宝が命じて、嘉永4年(1851年)に
完成したアーチ型の石橋なんだとか。

橋台の部分は、復元修理されて新しいものですが,欄干が古びていて
いい味出しています。

・・・・・・・・・

この後、近くの神社にも行ったけど、地味過ぎるので省略。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

チャーシュー旨すぎ

○ 丸  三

waka151.jpg

この近辺では人気の店なのでしょう。

開店からそれほど時間が経っていないはずだけど
店の前には行列ができていました。

入店までクソ暑い炎天下で待つこと30分。

waka152.jpg

壁に貼ってある お品書きは、いたってシンプル。

迷うことなく、特製 を注文しました。

waka153.jpg

それと、テーブルに積んである「早なれ寿司」と「巻き寿司」を皿の上に。

< 早なれ寿司 100円 >
waka154.jpg

早なれ寿司は、サッパリとした酢飯とサバの旨み。

どこか物足りないけど、この物足りなさが食欲を増してくれる。

< 巻 き 寿 司 150円 >
waka155.jpg

ボリュームのある巻き寿司はラーメンと一緒に食べることにしました。

< 特 製 750円 >
waka156.jpg

で、肝心要の和歌山ラーメンのお味はというと

基本的にトンコツの濃厚なスープ。 少しトロミがあります。

レンゲで掬って飲んでみると、マイルドな口当たりの中にも、
ドッシリとした旨みとコクが感じられました。

麺は中太ストーレート。 やや軟めの茹で方。

そして、チャーシューがかなり旨い。

脂身部分がトロッとした状態になるまで煮込まれており、
アッサリ&シンプルな巻き寿司との相性が良かったです。

もし、この店で食べる機会があるなら、「特製」をオススメします。

丸三ラーメン / 紀三井寺駅宮前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

三つの井戸を探す

○ 紀三井寺の三井水 (きみいでらのさんせいすい)

西国三十三国所第2番札所 紀三井寺に来ました。
waka168.jpg

ここでのミッションは、「三つの井戸を探せ」です。

ところが、参道の近くには駐車場がありません。

しょうがなしに 車が停めれる場所を探して、お寺の周囲をウロチョロ
走っていると 「吉祥水」 という文字が目に飛び込んできました。

○ 吉 祥 水

waka157.jpg

ん? ひょっとして、三つの井戸のひとつ?

てっきり井戸は お寺の境内にあるものだと思っていたけど・・・

念のため、階段を登って行ってみると、井戸ではなくて湧き水が
流れ落ちていました。

waka158.jpg

案内板を読むと、この吉祥水は三井水の一つらしい。

waka159.jpg

とりあえず、一つ目の井戸をクリアして、再び車で走ったら
ほどなく 紀三井寺の駐車場の入口がありました。 (有料)

係員に残り二つの井戸の場所を尋ねると、「お寺の境内にある」
というので、料金を払い坂道を登っていくことに。

waka162.jpg

で、結局、駐車場は和歌浦が一望できる山の中腹に存在していました。


< 本   堂 >
waka160.jpg

三つの井戸とは、「清浄水」・「楊柳水」・「吉祥水」 という湧き水のことで、
紀三井寺の名は、これに因んで名付けたのだとか。

< 多 宝 塔 >
waka161.jpg

さて、境内に湧いている2つの水ですが、

「三井水」と書かれたノボリ旗が立っているので、
意外なほど簡単に見つけることができました。

○ 楊 柳 水

waka163.jpg

井戸らしきものがありますが、屋根のような覆いが掛けられていて
中は覗けません。

waka165.jpg

けど、石碑の前にある蛇口から水が汲めるようになっています。

(水道の水みたいで風情がないですけどね)

waka164.jpg

そして、最後の三井水は、山門の近くまで下ってきた所にありました。

○ 清 浄 水

waka166.jpg

ちっちゃな滝のようになって、清浄水は流れ落ちていました。

柵があって直接触れることができませんが、水質を守るには
仕方がないことかも。

waka167.jpg

で、どうにかこうにか三井水を探すミッションをクリア。

さあ、そろそろ家に帰ろう。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「ラピート」 カッケェ~

○ 黒 潮 市 場

waka169.jpg

関西空港へ向かう前に、和歌山マリーナシティに立ち寄って
お土産を買うことにした。

waka170.jpg

館内では、マグロ解体ショーのイベントが行われていましたが
刺身は土産に向かないのでスルー。

干物と佃煮っぽいものを買いました。

waka171.jpg

ヲヤジが買い物に使う時間は極めて短い。

時間を持て余して、黒潮市場の隣りの建物に移動しました。

○ 紀ノ国フルーツ村

waka172.jpg

フルーツ村では、土産を買うことも無く

持ち込んだ焼酎で生オレンジジュース割りを作って呑みました。

はい。 これなら時間がつぶせる ^^

waka173.jpg

で、南海電車に乗って関西空港駅へ。

ラピート」というカッケェ~特急電車が停車していました。

waka174.jpg

ラピートの写真を撮った後に改札を出ようとしたら・・・ (゚Д゚;)

乗車券を紛失していた。。。

(どうにか改札を通してもらったけど)余裕ぶっこいて焼酎の生オレンジ割り
呑んだため緊張感が無くなっていたようです。

waka175.jpg

そして、ピーチで仙台空港へ。

この時の航空運賃が2700円とバカ安だったので、てっきり満席の
ギューギュー詰めだろうと思っていたら、けっこう空席がありました。

相棒のヒラ君によると、

バカ安運賃の時は、とりあえず予約しておいて、乗れなくなっても
キャンセル手数料(3000円)の方が運賃より高いので、払い戻し
しない人が多いのだとか。

ヘンな世の中になったもんだ。

waka176.jpg

たまには空の旅も面白い。

LCCのことを少し調べてみようと思う。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

秋田県湯沢市へ

いやぁ~ 毎日クソ暑くてマイってしまいます。 (;´Д`) アヂィ


そこで、急遽、旅仲間のヒラ君と涼を求めて、ジムニーで日帰り旅に
出かけました。

まずは、秋田県湯沢市へ。

両関・爛漫など7軒の酒蔵を有する この地の冷たい名水で喉を潤し、
ついでに顔を洗いました。

○ 名水百選 力  水

kawara01.jpg

そして、むさいヲヤジ2人連れには不似合いな ”小町堂” に立寄った。

○ 小 町 堂

kawara02.jpg

旧雄勝町小野地区は小野小町生誕の地なんだとか。(諸説ありますが)

もしかしてだけど、秋田美人がお参りに来ていて、

もしかしてだけど、それってオイラを誘ってんじゃないの?


てな 展開があるかもと 下心ミエミエで来たものの誰もいません。

小道娘には出会えず・・・

kawara03.jpg

で、栗駒山の方向にハンドルを切って長い坂を登っていく。

○ 三 途 川 渓 谷

kawara04.jpg

国道から県道に入り、しばらく進むと断崖絶壁の谷に差し掛かりました。

kawara05.jpg

車を停めて橋の上から覗いてみると   m)゚O゚'(m ヒャ~

背中がゾクゾク、足がすくんで 手すりの近くまで進めません。

kawara05-1.jpg

谷底まで引き込まれそうな感覚になって少しブルッてしまった。

橋の真下の写真は撮れませんでした。 (マジ勘弁)

少しの間だけど暑さを忘れて、この後は大湯滝に向かいます。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 05:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

川原毛大湯滝ではしゃぐ

空は真夏の青空です。

三途川の上流へ遡るように、クネクネとした細い道を進むと
川原毛地獄の駐車場にたどり着きました。

kawara06.jpg

駐車場で車を降りると、硫黄の香りが鼻をついてきました。

山の上の方には、荒涼とした岩場が広がっています。

案内板によると「川原毛地獄は、南部の恐山、越中の立山と共に
日本三大霊地の一つであり、多くの修験者や参拝者が訪れ、
女人禁制の山だった」そうな。

でも、我々は、ここで『地獄』を見るためじゃなくて『極楽』で遊ぶため
ここに来たのです。

< 川原毛地蔵菩薩 >
kawara07.jpg

大湯滝は地獄と反対方向へ進みます。

kawara08.jpg

大湯滝への遊歩道は整備されていて歩き易い道です。

この辺りがちょうど いい湯かげん。
kawara09.jpg

山の中は平地と比べると、空気がカラリとしていて涼しい。

kawara10.jpg

そして、その先には

お湯が滝になって流れ落ちる 野湯マニアには堪らない人気のスポット 

川原毛大湯滝

川全体が温泉であり、滝壺では豪快な湯浴みが楽しめます。

kawara11.jpg

ここは、まさに 温泉パラダイス

これだけ大量に流れている温泉だけど、温度は適温。

しかも、硫黄の香りがする本格派。

油断してシブキが目に入ると、「アイタタッ!」って涙が出るほど
刺激が強いです。

< 滝壺がイイ感じの深さの浴槽?になってます >
kawara12.jpg

滝に慣れてくると、少し冒険をしてみたくなるもの。

相棒のヒラ君が、二段になって流れ落ちる左側の滝の一段目の滝まで
よじ登って行きました。

< 一段目はシブキがかなりキツイ >
kawara13.jpg

まっ、 ヒラ君的には、アドベンチャー気分を満喫したのでしょうが、

温泉を楽しみに来た人たちからすれば・・・

kawara14.jpg

楽しみ方は人それぞれ。

暫しの間、童心に帰って水遊びに興じました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 05:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

稲庭でうどんを食べる

○ 七 代 佐 藤 養 助 商 店 総 本 店

kawara15.jpg

昼飯は、ご当地名物の 稲庭うどん

”温かいの”と”冷たいの”がセットになった「味比べ」をオーダー。

温かいうどんは柔らかでツルッと滑らかな食感。

ダシが効いた薄味の汁に柚子がほんのり香る。

< 燻りガッコも付いてます >
kawara16.jpg

そして、冷たいうどんはコシが強くてシコッとして噛み応えがある。

しっかり締められていて、イカソーメンのような歯ざわり。

オレ的には、こっちの方が好み。  かなり旨い。

< 味 比 べ 1140円 >
kawara17.jpg

ま、正直、「稲庭うどんのメッカ、湯沢市稲庭町で食べている」という心理が

旨さを倍増させているのかもしれませんが・・・

佐藤養助 総本店うどん / 湯沢市その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.3


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

秘湯 泥湯温泉の黒玉子

鄙び系3軒の宿が連なる小さな温泉場の泥湯に立ち寄った。

kawara18.jpg

○ 泥 湯 温 泉 奥 山 旅 館 (入浴料500円)

kawara19.jpg

券売所で入浴券を買って、まずは、最もメジャーな露天風呂へ。

kawara20.jpg

さっそく、真っ白い湯に足を突っ込むと・・・ アッチ~!!!

源泉がドバドバ流れ込んでいるので、上の方がかなり熱くなっているのです。

なので、よ~く お湯をかき混ぜてから体を沈めました。 

広々とした石造りの露天風呂は開放感抜群。  う~ん 幸せ ◎

kawara21.jpg

奥山旅館ではもう一箇所の湯小屋に入ることができます。

一枚の入浴券で2箇所入れて、ちょっとお得な感じ。

kawara22.jpg

こちらは、内湯と2つの露天風呂があります。

どちらも泥水を薄めたような色のお湯で、硫黄の香りや刺激がなくて
優しい感じの肌触りです。

強烈な硫黄の湯に浸かった後の ただれた肌を癒してくれそう。

kawara23.jpg

そして、湯上りに缶ビールと黒玉子でホッコリ。

この黒玉子 すんごく美味しいです。

kawara24.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

帰り道は栗駒山麓を通って

泥湯からは、岩手・秋田・宮城の県境 栗駒山方面へ。

○ 平成の名水百選 須川岳秘水ぶなの恵み

kawara25.jpg

道すがら、湧き水があったので一時停止。

栗駒山麓にはたくさんの湧き水があるらしいですが、この水汲み場は
平成20年に17名が死亡した「岩手・宮城内陸地震」の復興記念として
整備されたのだとか。

冷えていて美味しい水でした。

< 祭 畤 大 橋 >
kawara27.jpg

どんどん山を下って一関市内に向かいましたが、所々で山肌が崩れていて、
今でも岩手宮城内陸地震の爪跡がまだ残っていました。

祭畤(まつるべ)大橋は、地震により栗駒山側の地盤が約11mも地滑りして
落橋したそうです。

今思えば、2年9ヶ月後に起こる東日本大震災の予兆だったのかも。

でも、人間は、どんな災害に遭っても必ず立ち直る生き物。

そう信じたい。

< 新 祭 畤 大 橋 >
kawara26.jpg

で、一関から高速で家に帰る前にジェラートを食べました。

たまには、甘いものも悪くはない。

kawara28.jpg

< チョコナッツ & イチゴマーブル >
kawara29.jpg

< 冷 や っ こ : オカカと醤油がビミューにマッチ >
kawara30.jpg

この日のコースは夏休みの林間学校のような感じ。

子供の頃だったら、もっともっと楽しめたでしょう。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

黒磯駅(栃木県)の休憩室で一夜を越す理由

2013年7月26日(金)

青春18キップの夏到来!

今回も一ヶ月前に「ムーライトながら」の指定席券を入手済みで
抜かりはありません。

明日の朝 07:27 京都駅に到着予定どす。

< 花 巻 駅 >
dan01.jpg

ってことで、12:48花巻駅発の電車で出発!

のはずでしたが、約15分遅れの電車に乗り込みました。

昨日降った大雨で各地のダイヤが乱れているそうです。

< 一 ノ 関 駅 >
dan02.jpg

でも、もともと、一ノ関駅で乗り継ぎの待ち時間が15分の予定だったので
ノープロブレム。

待ち時間なしで乗り換え、一気に遅れを取り戻しました。

< 仙 台 駅 >
dan03.jpg

ところが、仙台駅で10分遅れ。

白石駅で快速に乗り換えたものの福島駅まで遅れを取り戻せず。

< 白 石 駅 >
dan04.jpg

そして、郡山駅の手前で電車が完全に停まってしまった。。。

当初の計画では、秋葉原か神田のネカフェでシャワーを浴びる予定
だったけど、この分じゃそれは無理なようです。

< 日 和 田 駅 >
dan05.jpg

それどころか、30分ほど経って無人駅にやって来たJRの駅員さん
によると、今のところ運転再開の目途が立っていないとのこと。

郡山駅までは あと一駅。 タクシーで行けば2000円くらいらしい。

新幹線は通常運転してると言うが、18キッパーとしては気が進まない。

う~ん <(××)> どうすっかなぁ・・・

< 18キップでも新幹線に乗り換えできる連絡書が発行されました >
dan06.png

で、結局、一所懸命作業しているJRの人たちに賭けてみたのですが、
電車が動き出し、郡山駅に着いたのは 3時間23分遅れ

すぐさま、新幹線に乗って東京駅に向かったのですが、時刻表を見ると
23:10発ムーンライトながらへの乗り換えはビミョー

ってか、10分ほど間に合わない。。。

< 山形新幹線の車両に初めて乗った >
dan07.jpg

車掌さんを探して、事情を説明。

ムーンライトに乗り継ぎできるように発車を待ってもらえないか
懇願しました。

「やってみます!」 と車掌さんは言ってくれましたが
 
しばらくして戻ってくると、「やはり、発車時間は変えられないそうです」
という返事でした。

dan08.jpg

ムーンライトに乗れないのでは、今回の旅は続けられない。 (o´。`o)

しょうがないが、ここで、ゲームオーバー!

宇都宮で新幹線を降りて、家に戻ることにしました。

dan09.jpg

宇都宮からの終電は黒磯止まり。

途中で諦めれば良かったのに、無駄に栃木県まで来てしまった。

< この日の夕飯 >
dan10.jpg

で、駅の休憩室でパンを齧っていると、駅員さんが来て「キップを見せろ」
というのです。

黒磯駅は夜間駅員がいなくなるので、普段は無人にするらしいが・・・

こっちとしても、電車がスムーズに動いていれば、こんな所にいなくても
よかったわけで・・・

結局、本日は乗客の救済措置として休憩室で寝てもよいことになった。

ただし、施錠するので駅の外には出られません。

dan11.jpg

休憩室は冷房が効いていて快適なのですが、

トイレがホームにあるので、いちいち改札を通らなければならないのが
不便でした。

dan12.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りでリゾート号など | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。