貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2015-07- | ARCHIVE-SELECT | 2015-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

18キップでBRTじゃないバスに乗る

2013年7月27(土)

黒磯駅で目覚めました。

何も敷かずにベンチで寝たので体中が痛かった。

dan13.jpg

始発電車に乗って家に帰ることにしました。

まだ、ダイヤが乱れていて、時刻表は役に立ちませんが、焼酎を
3日分持ってきているので、意味も無く 気持ちに余裕があります。

dan14.jpg

ところが、仙台を過ぎたら、なかなか電車が進まなくなった。

昨日、この辺は順調だったのに・・・

なんてこったい。。。

dan15.jpg

どうにか、電車は一ノ関駅までたどり着いたが

な、なんと

その先、盛岡までは 運転見合わせ

dan16.jpg

ここで、また足止め。。。

と思ったら、バスで代行運転するという。

dan17.jpg

JRの代行バスには、運転手の他に車掌が乗っていました。

もちろん、JRの運賃が適用されます。

dan18.jpg

JRの各駅に停車しながらバスは進みましたが、時間は電車の3倍掛かりました。

で、1時間半ほど走って、水沢駅に到着。

ここから、盛岡まで臨時列車がでることになったようです。

あと5駅で花巻だ・・・

dan19.jpg

それにしても、今回の18キップ旅は、けっこうシビレました。

日本の鉄道は時間が正確だといわれますが、それは。都会の狭い地域を
走る電車のことであり、地方を走る電車は脆弱なインフラだということを
思い知らされました。

< 南部鉄器の風鈴の音が涼やか >
dan20.jpg

そして、今回、大雨のために途中で旅を断念せざるを得ませんでしたが
悔いはありません。

18キップで新幹線やバスにも乗れたので良しとします。

ありがとう JR


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 日帰りでリゾート号など | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

リベンジの旅に出発進行!

2014年3月29日(土) 曇り

昨年の夏、大雨の影響で不発に終わった0泊3日弾丸ツアーのリベンジへ。

sasa001.jpg

今回は、多少ダイヤが乱れても対応できるように、万全を期して

始発に乗って出発しました。

sasa002.jpg

ま、そんな時に限って、電車は遅れることもなく順調に走るわけで

sasa003.jpgsasa004.jpg

sasa005.jpgsasa006.jpg

そうなりゃ、時刻表を開くこともなく、ボーッと車窓を眺めているわけで

181003

何事もなく、お昼頃 白河駅に到着。

途中下車して昼めしを食べることにしました。

sasa007.jpg

で、

まずは、白河駅の隣りにある観光物産協会に行きました。

sasa008.jpg

ここでは、1時間500円のレンタカーを貸してくれるのですが、

昼めしを食べるためだけに借りるのはもったいないので

無料のレンタサイクルをお借りしました。

sasa009.jpg

さあ、型の古いママチャリに乗って、白河ラーメンを食べに行こう!

チリンチリン ♪


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

白河で途中下車 ピロピロでチュルチュルなワンタンを啜る

目指すラーメン屋は、駅から一本道なので、迷わずに辿り着きました。

○ 田 中 屋

sasa010.jpg

この店で一番高いチャーシューワンタンメンは、

丼の縁ギリギリまでスープで満たされていました。

< チャーシューワンタンメン 900円 >
sasa011.jpg

表面を覆っているチャーシューをめくると、下には縮れた麺と

大きくて薄皮のワンタンが隠れていました。

sasa013.jpg

さっそく、そのスープを啜ってみると、あっさりとして、なんとも優しい味です。

sasa012.jpg

麺は、柔らかでツルモチ系。 

そして、たっぷりとスープを吸ったワンタンはビロビロした食感で

チュルルン!と喉を通っていきます。

ガンガン自己主張をアピールわけでもなく

ジ~ンワリと旨さがこみ上げてくるような一杯でした。

田中屋ラーメン / 白河駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

赤羽の居酒屋で一息つく

白河から電車を乗り継いで、東京都内に入ったら夕方になっていました。

sasa014.jpgsasa015.jpg

sasa016.jpgsasa017.jpg

そろそろ、夕飯時で腹が減ってきました。

赤羽駅で電車を降りて、東口のOK横丁の居酒屋へ。

sasa018.jpg

○ 八  起 (やおき)

sasa019.jpg

夕方7時過ぎ。 

店内は賑わっていましたが、カウンターに1つだけポツンと空いている席を

見つけて滑り込みセーフ。

< もつ煮込み 390円 >
sasa020.jpg

とりあえず、瓶ビールで喉を潤し、もつ煮込みをつまんで繋ぎます。

もつは柔らかくて、クドさや臭みはありません。

< 餃  子 370円 >
sasa023.jpg

追いかけて出てきたのは、皿の上に小ぶりな6個が並んだ餃子。

焼き目がカリッ。 中身の餡にはバッチリとニンニクが効いて

小さいながらもパンチ力があります。

< マグロ中落ち 500円 >
sasa021.jpg

腹が落ち着いたところでチューハイに切れ換え、まぐろの中落ち。

< チューハイ 340円 >
sasa022.jpg

一人呑みが侘しく見えたのか、手の空いている店員さんが

取り留めの無い話しの相手になってくれました。

八起居酒屋 / 赤羽駅赤羽岩淵駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

蒲田の黒湯の温泉

ほど良く酔いが回ってきましたが、このまま夜行列車に乗るわけには
いかない。

sasa024.jpg

風呂に入って、寝る準備をしておきたいけど、

できれば 黒湯の温泉 がいいなぁ・・・  ってことで、

赤羽から京浜東北線に乗って蒲田へ移動。

sasa025.jpg

○ ゆ ー シ テ ィ 蒲 田 (入浴料460円)

sasa026.jpg

JR蒲田駅から5分ほど歩き、商店街を抜けたマンションの2階で

営業している銭湯。

建物の中に入ると、 白樺ぁぁ 青ぉ空ぁ~ ♪

と、気持ち良さそうにカラオケを歌う声が聞えてきました。

どうやら、ここはジジババの社交場でもあるようです。

sasa027.jpg

風呂場は広くなく、小ざっぱりと明るい感じで、ジャグジーや電気風呂が

ありますが、お目当ての「黒湯」が見当たりません。

sasa028.png

「黒湯」は風呂場を出て、さらに奥の露天風呂に入っていました。

< ゆーシティ蒲田のHPより >sasa029.jpg

文字通りコーラのように真っ黒いお湯を見て嬉しくなりましたが

湯船に浸かったら・・・  塩素臭が キ・ツ・イ!

しかも、この露天風呂の周りがグルッと壁で囲まれていて、

屋外だけど、開放感が1ミリも感じられず残念なものでした。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

情報誌を握り締めた美食家

ムーンライトながらの出発まで、時間があるので、蒲田で湯上りの一杯。

sasa030.jpg

○ さ し み や 五 坪

sasa031.jpg

1階は立ち飲みらしいが、イスに座りたいので階段を登って2階の店へ

sasa032.jpg

閉店時間まで30分。 

他に客はいませんでした。

メニューを見ると刺身の種類が多くて、4~500円程度とリーズナブルな

価格設定になっています。

sasa033.jpg

アオリイカの刺身で生ビールを飲んでいると、

オイラと同年代の男が一人、手に情報誌を握り締めて入ってきました。

ウマイ刺身が食べたくて、情報誌の地図を頼りに来たのだとか。

sasa034.jpg

男の趣味は食べ歩きで、いろいろな店に行き美味しいものを探しているそうです。

で、 その男は、注文したナマコ酢と鯛刺しをガツガツと口に入れ、

それをグイッとビールで流し込んだと思ったら、さっと席を立ち勘定を済ませました。


そして、帰り際に「活きが悪くてガッカリしたよ」と捨てゼリフを吐いて

出て行ってしまいました。

sasa035.jpg

いくら男が舌の肥えたグルメかもしれないが、

その言葉はないだろうと少し怒りを覚えました。

情報誌の記事は、値段の割りにウマイという意味で書いてあると

想像できるし、閉店間際の立ち飲み屋に来て、価格以上のものを

求める方がどうかしていると思うのです。


店の中が気まずい雰囲気になった。。。

さしみや五坪立ち飲み居酒屋・バー / 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ムーンライトながらに無事乗り込んだ

東京駅に向って電車に乗っていたら、

浜松町駅のホームでオシッコしている坊やを発見!

sasa036.jpg

○ 浜松町駅の小便小僧

sasa037.jpg

この春から幼稚園に通い始めたようだけど、何組なの?

sasa038.jpg

○ 23:10 東京駅10番線

< 快速ムーンンライトながら号 >
sasa039.jpg

1年ぶりに乗るムーンライトながら号の車輌が変わっていた。

(テツじゃないので、何系の車両かは知りません)

sasa040.jpg

相変わらずの人気で、指定席券は即日完売のようです。

sasa041.jpg

ただ、定期運行から臨時列車になり、春の運行期間は4週間から

たった1週間だけになってしまった。  

廃止が近いのだろうか・・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 06:04 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

翌朝は大阪で唯一の名水百選へ

2014年3月30日(日) 雨 のち 曇り

< 07:36 京都駅発 >
sasa042.jpg

大垣~米原~京都と乗り継いで、山崎駅で電車を降りました。

< 07:51 山崎駅着 >
sasa043.jpg

西国街道を歩き、サントリー蒸留所を過ぎると大阪府に変わった。

sasa044.jpg

土地勘が無いので、何度か道を尋ねながら歩き、

水無瀬(みなせ)神宮に たどり着きました。

sasa045.jpg

○ 離 宮 の 水 (りきゅうのみず)

sasa046.jpg

水無瀬神宮は、大きな神社ではありませんが、格式ある雰囲気の場所。 

sasa047.jpg

この境内に湧いている大阪の名水は、後鳥羽上皇の離宮址にあるため

「離宮の水」と呼ぶらしい。

sasa048.jpg

元々は、神様に供える神聖な水だったそうで、

今はサントリーでも、同じ伏流水を使い、ミネラルウォーターとして

販売しているんだとか。

< 水 汲 み 場 >
sasa049.jpg

離宮の水を汲んでいるうちに雨が降ってきました。

折りたたみ傘を開き、荷物はゴミ袋で包んで雨対策。

sasa050.jpg

これで、完全にゴミを運んでいるヲヤジに見えそうだ。。。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

雷が鳴っていたので箕面滝は断念

山崎駅には戻らず、1つ先の島本駅に向いました。

sasa051.jpg

JR島本駅に着いた時には雨は本降り。

(。ー_ー。)。ο〇 う~ん  どうすっかなぁ・・・

sasa052.jpg

とりあえず、やって来た電車で大阪駅へ。

sasa053.jpg

久しぶりに降りた大阪駅は、リニューアルされていて、

巨大な屋根がかかっていました。

sasa054.jpg

大阪駅からは、阪急電車に乗換えて、箕面(みのお)で滝を見る計画

だったので、阪急梅田駅に向ったのですが・・・

sasa055.jpg

駅の外に出ると、雨はますます強くなっていました。

連絡通路には水溜りが出来ていたし、おまけに、ゴロゴロw ゴロゴロ・・・

と雷が音を立てていて、完全に滝へ歩く気持ちが萎えてしましました。

sasa056.jpg

この後は天気が回復するという予報でしたが、

それまで待っている時間がもったいなくて、電車で次の目的地 

丹波篠山へ向いました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

電動アシストの自転車を借りる

大阪駅から1時間10分で篠山口駅に到着。

sasa057.jpg

雨が止んでいたので、駅の隣りでレンタサイクルを借りました。

sasa058.jpg

駅から町の中心部までは けっこう距離を走るらしいので、

レンタル料が800円と高いが、電動アシスト自転車で出発。 

sasa059.jpg

丹波篠山は、栗とイノシシと黒豆が有名らしい。 

レンタサイクル店の方がオススメの観光コースを地図に書いてくれました。

sasa060.jpg

で、30分ほど走って篠山市の中心部へ。

sasa061-2.jpg

歴史を感じさせるような古い町並みが続いています。

道幅が狭いので、観光するなら車より自転車の方がいいと思います。

sasa061.jpg

「武家屋敷」が残っているってことは城下町なわけで・・・

この後、日本百名城のひとつ篠山城に向かいます。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

篠山城 大書院

○ 篠 山 城

sasa062.jpg

お城に近づいていくと、途轍もなくドデカイ屋根が石垣の上に見えてきました。

sasa063.jpg

篠山城は、徳川家康が西国諸大名の抑えを目的に築城を命じたのだとか。

sasa064.jpg

藤堂高虎が縄張り(設計)を担当したというだけあって、見事な石垣です。

sasa065.jpg

(城の造りがあまり堅固になるのを幕府が嫌ったため)

もともと、この城には天守閣が無くて、大書院(おおしょいん)が
シンボル的な建物だったそうです。

sasa067.jpg

となれば、400円を支払って入館しないわけにはいかない。

ま、展示物は、よくありがちなビデオや鎧兜、そして、建物のミニチュアなど
でしたが。

sasa068.jpg

なるほど、なるほど、キレイに真四角な形の城だったんだ。

sasa069.jpg

篠山城は、どことなく京都の二条城を連想させました。

それは、大書院が実戦よりも政治的な意味合いの強い存在に
感じられたからです。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

猪肉とろろ丼

丹波篠山の郷土料理といえば「ボタン鍋」。

ですが、けっこうなお値段なので手を出せず、猪肉丼(ししにくどん)

なるものを大衆食堂で食べることにしました。

○ 大 手 食 堂

sasa070.jpg

ノレンを潜って中に入ると、店員のオバチャンといい、イスやテーブルといい

使い込まれて年季を重ねた雰囲気が漂っています。

sasa071.jpg

お目当てにしていた、「猪肉とろろ丼」を注文して、イスに座ると

空かさず、ステンレス皿に盛り付けた漬物がテーブルに置かれました。

この漬物とポットのお茶で料理が出来るまで繋げということらしい。

sasa072.jpg

そんで、漬物をつまみながら10分ほど待つと「猪肉とろろ丼」が登場。

< 猪肉とろろ丼 1200円 >
sasa073.jpg

”豚丼的なもの+とろろ” というものを勝手に予想していたのですが

それは、見事に覆されました。

その実態は、猪肉とネギを味噌仕立てに煮たものを玉子でとじ、それを

汁ごとご飯にぶっかけ、さらに、その上にとろろをかけたものでした。

sasa074.jpg

歯ごたえのある猪肉を噛みながら、米と汁ととろろが一体になった

ドロドロをズズズッと啜るように食べます。

猪肉は、臭くも脂っぽくもなく、意外なほどにクセがなくて食べやすい。

ってか、特徴というか存在感が薄かった。

正直、これが1200円というのは高いと思いましたが、「ボタン鍋は

高くて手が出ないけど、話のネタに猪肉を一度食べてみたい」方はどうぞ。

大手食堂郷土料理(その他) / 篠山口駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

明日15日までお休みします m(_ _)m

残暑お見舞い申し上げます。


今年もお盆の時期になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

小生は、来年行われる「希望郷いわて国体」のリハーサル大会に
ボランティアとして、8月8日から12日まで参加しておりましたが、
異常な暑さで体調を崩し、ヘロヘロ状態になってしまいました。。。

やたらにダルイし、頭が痛いのです。 軽い熱中症かもしれません。

とはいえ、お盆中は墓参りに行かなきゃならないし・・・

なので、明日までブログはお休みします。


郷里に帰って懐かしい顔と再会されたり、休暇を利用して旅行に
出かける方もいらっしゃるでしょう。

今年の暑さはひとしおです。

くれぐれも ご自愛ください。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

王子山公園ささやま荘

篠山城の近くに建っている「大正ロマン館」に立ち寄りました。

旧篠山町役場の建物を保存利用して、土産物売り場やレストランに
改装した施設なんだとか。

sasa075.jpg

レンタサイクル屋さんオススメの観光コースに書かれていたのだけど・・・

う~む  ヲヤジの興味を惹くようなものが無く、チラ見しただけ。

ヨシ! 次へ行こう

と 向かった先は小山の上にある温泉旅館。

坂道を登っていくので、電動アシスト自転車を借りて正解でした。

sasa076.jpg

○ 王子山公園 ささやま荘 (入用料600円)

sasa077.jpg

雨で箕面滝行きを断念し、スケジュールを変更したため時間の余裕がある。

というか、この先の予定が立っていない。

sasa078.jpg

とりあえず、露天風呂やサウナに入って時間つぶししたのですが・・・

長湯し過ぎてノボセてしまった。。。 (→.←)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

お土産は名産の黒豆

○ 小 西 の パ ン

sasa079.jpg

黒豆パンが丹波篠山の名物らしいので、駅に戻る途中に立ち寄りました。

< 黒 豆 パ ン 3個入り525円 >
sasa080.jpg

レンタサイクルを返却し、預けていた荷物を受け取って篠山口駅の改札を通ると
大阪行きの快速電車が停車中。

黒豆パンは電車の中で食べることにしました。

sasa082.jpg

座席に座るや否や、袋から1個出して食べてみる・・・

うまい!

ゴロゴロ入っている大ぶりな黒豆が柔らかく、しかも豆の風味がしっかりと生きています。

sasa083.jpg

そして、ほんのり甘いパン生地がシットリしていて、黒豆の食感との違いが見事に
計算されている。

見た目は、懐かし系で素朴なパンのようではあるけど、食べたら衝撃的だった。

これは美味い。

sasa084.jpg

丹波篠山のお土産は『黒豆ずくし』・・・

sasa081.jpg

お~っと。 黒豆じゃない日本酒まで買ってしまった。

しかたがない。 土産にならないから呑んでしまおう (^_^;

sasa085.jpg

小西のパンパン / 篠山口駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

十三で立呑み

大阪駅に着いた時刻は16:20

このまま乗り継いで大垣駅に向かうには早すぎる。

sasa086.jpg

なので、梅田駅から阪急電車に乗って十三へ移動。

sasa087.jpg

が、駅前のションベン横丁で火災があったのを忘れていた。。。

しかたなしに国道の先の飲み屋街まで足を延ばしました。

sasa088.jpg

○ 立呑み 得 一 十三店

sasa089.jpg

まだ空が明るかったけど店は賑わっていました。

長~いカウンターの奥の方に空きを見つけて滑り込み、壁の大きなテレビを見ながら
とりあえず、瓶ビール(400円)で喉を潤す。

sasa090.jpg

アテは、マグロ(300円) 安っ!

しかも うまい!

sasa091.jpg

お次は、クジラユッケ(380円)

えっ! このボリュームでホントに380円?

sasa092.jpg

で、チューハイレモン(210円)に切り替え。

sasa093.jpg

餃子(200円)

間違えなし 言うことなし

sasa094.jpg

イワシ天ぷら(250円)

いやはや なんとも コスパ半端ねぇ

sasa095.jpg

と、まぁ、呑んだり喰ったりする分には満足したのですが、

この日、テレビで放映されていたのが、東京ドームでの巨人阪神の3回戦でして、

なんと 3対12 で阪神ボロ負け

オイラは阪神ファンじゃないんだけど、この場の空気を読み取って

「ええ加減にさらせ!」「いちびんのもたいがいにせぇよ!」
みたいな顔つきをしながら呑むのがつらかった。。。

立呑み 得一 十三店立ち飲み居酒屋・バー / 十三駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大垣で時間つぶし

大阪駅に戻り、東海道線の上り電車に乗り込みました。

sasa096.jpgsasa097-1.jpg

米原で乗り換え、大垣駅へ。

ここまで来れば、あとは22:49発のムーンライトながらに乗るだけ。

まだ時間に余裕があるので、駅の外に出ることにした。

sasa098-1.jpgsasa099-1.jpg

○ や 台 ず し 大垣駅前店

sasa100.jpg

時刻は22時近かったけど、けっこう客の数が多かったです。

sasa101.jpg

寿司がメインの店のようですが、それほど腹が空いていないので
ハイボールで海鮮ユッケを突っつくことに。

あれ? 寿司屋にしては、イマイチ 活きが・・・

sasa102.jpg

とはいえ、もう少し時間を潰したいので、ハイボールをおかわり。

イカの塩辛で粘って居座ることにした。

けど

う~む  手作り感ゼロ。 市販品のような味だ。。。

sasa104.jpg

で、残り少ないハイボールを舐めるように呑んでいると、

「ビールいかがですか」

と隣に座っていたオイラと同年代でスーツ姿の男性に声をかけられました。

sasa103.jpg

彼は、「沖縄から仕事で来て、この近辺に何日か泊まっている」んだとか。

オイラが岩手から来たと言ったら、「へぇ~ 随分遠くから」って驚いてたけど

ここからじゃ沖縄の方が遠いでしょう。 絶対。


「全国を仕事で飛び回っているので、老後は地元の沖縄でのんびり暮らしたい」

というのが彼の夢らしい。

「定年後は自由に旅へ出たい」派のオイラとは相反する生き方をするのだろうが

なぜか、彼には親しみを覚えました。

(ビールをご馳走になったからではありませんよ!)

や台ずし 大垣駅前町居酒屋 / 大垣駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.7


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ひたすら電車を乗り継いで家に帰る

快速ムーンライトながら号は、定刻通り大垣駅のホームに入ってきました。

まぁ、それにしても相変わらずの人気だ。

sasa105.jpg

で、翌朝。

東京 ~ 上野 ~ 宇都宮 ~ 黒磯 と乗り継いでいく。

途中下車する意欲が沸かず、電車に揺られながら、ひたすら眠りこけていました。

sasa106.jpgsasa107.jpg

郡山 ~ 福島 ~ 仙台 ~ 小牛田 ~ 一ノ関

何時間電車に乗り続けているんだろう?

時間の感覚がマヒしてきた。

sasa108.jpgsasa109.jpg

そして、車窓を眺めながら旅情に浸る余裕も失せました。

やはり、年々老いぼれていく身体に夜行列車を利用した0泊3日の旅は
正直キツくなってきました。

sasa110.jpg

だからといって、青春18キップの旅は続けたいし・・・

これからどうすりゃいいんだ?  (~へ~;) う~ん

とりあえず、家に帰って ひと眠りしてから考えよう。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 14春 丹波篠山へ | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

富士川サービスエリアで富士山を望む

2013年10月11日(金) 晴れ

夕方19時。

相方と東北道を南下し始めました。

明日朝早く首都高を抜けたいので、頑張って宇都宮の先まで走った。

< 都賀西方PA(栃木県) >
kiso001.jpg

23時を過ぎて誰もいない休憩所で運転の緊張感をほぐすために
寝酒を呑んでクールダウン。 (´ε`)フゥ~

この日走った距離 : 396Km

kiso002-1.jpg


2013年10月12日(土) 快晴

翌朝は5時半に起きて、トイレを済ませてから ファイト一発! な朝飯で気合十分。

kiso003-1.jpg

首都高を抜けて、東名で静岡県に入ると

ん~(^^♪  天気サイコー!

ヨッシャ~!! 今回の旅は天気に恵まれそうだ。

一気にテンションが上がった。

kiso004.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

浜松餃子で昼めし

ひたすら高速を走って、昼近くに浜松ICで一般道に降りました。

○ 石 松 本 店

kiso005.jpg

浜松は、一世帯あたりの餃子消費量が王者 宇都宮を抜いて日本一に
なったことがあるほど餃子好きの街らしい。

その浜松の老舗といわれる店で昼飯にしました。

kiso006.jpg

円盤状に焼かれ、真ん中に茹でたモヤシが乗っているのが浜松餃子の
特徴的なルックス。

< 餃子定食(中)15個 1100円 >
kiso007.jpg

パリッとした羽根がついていて、皮に油っぽさは感じません。

キャベツが多いためか、噛むと甘みがあってシットリとしている。

kiso008.jpg

ニンニクのニオイも控えめ。

モヤシと一緒に食べることで さらにアッサリ軽い味になります。

ふむふむ。 これなら、女性客が多いのもうなずける。

石松 本店餃子 / 遠州小松駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 06:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名城 長篠城

腹が満ちたり、浜松から北西の愛知県新城市(しんしろ)へ移動。

< 道の駅 鳳来三河三石 >
kiso009.jpg

○ 長 篠 城 跡 (ながしのじょう)

kiso010.jpg

東三河にある長篠城は、武田と徳川が争奪戦を繰り広げた城ですが、
現在は、本丸跡や空堀が残っている程度で、櫓や門などの建物はおろか
石垣もありません。

< 空  堀 >
kiso013.jpg

城は、二つの川が合流する場所に突き出した断崖絶壁の上に
配置されているらしい。

kiso012.jpg

ただ、本丸の傍をJR飯田線が通っているので、本丸から川へは
行けません。

本丸の規模は あれっ?と思うほど小さくて、正直いって原っぱにしか
見えませんでした。

kiso014.jpg

歴史好きの人なら、資料館や古戦場で武田滅亡のキッカケとなった
「長篠の戦」に思いを馳せるのでしょうが、

浅学で歴史に疎いオレとしては、お城らしき雰囲気が感じられず、
あまり興味が湧くような場所ではなかったです。

kiso011.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名瀑 安寺の七滝

長篠城から、それほど離れていない所に百名瀑の滝があります。

kiso015.png

駐車場からは、料金箱にお金を入れて遊歩道を歩いていきます。

kiso016.jpg

道は平たんで、スニーカーでもOK。

20分ほど歩くと滝に到着します。

kiso017.jpg

○ 阿 寺 の 七 滝 (あてらのななたき)

kiso018.jpg

礫岩の断層にかかる7段の滝となっている事から、七滝と名付けられたらしい。

水量が少なくて、豪快さや迫力には欠けますが、サラサラと七段に流れ落ちる姿は

けっこう雰囲気を感じさせる滝です。

陰陽師の安倍晴明が若年期にこの滝で修行したという伝説があるんだとか。

「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」
(りん・びょう・とう・しゃ・かい・じん・れつ・ざい・ぜん)

ちなみに、これは、九字真言といって 「山に入る際に邪気をかわす呪文」です。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

夕飯はパンとカップラ

陽も傾いてきたので、この日の観光は打ち止め。

長篠から近い温泉に入ってから、寝場所を探しながら移動することにしました。


○ 湯谷温泉 鳳来ゆうゆうアリーナ (入浴料600円)

kiso019.jpg

内湯・露天風呂のほかにプールもある広い施設。

お湯に特徴のある温泉ではありません。

家族連れの客が多く、ガキンチョだらけで騒がしいので早々に退散。

休憩所の畳に寝転がって、なかなか上がって来ない相方を待った。

kiso020.jpg

19時を過ぎに到着したら、どこもかしこも真っ暗。

新城から ひたすら北に走り、設楽を過ぎると岐阜県恵那市でした。


で、「道の駅上矢作ラ・フォーレ福寿の里」という静かな所で寝ることに。

kiso021.jpg

ここまで来る途中、営業している食堂やスーパーを見つけられず、

夕飯は家から持ってきたカップラとパンで済ませました。  

kiso022.jpg

侘しい食事なんだけど、非日常の旅先で食べると これはこれでウマイ。

この日走った距離 : 535Km!


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 06:04 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

美濃岩村城

2013年10月13日(日) 晴れ

この日がメインの活動日。

しっかり朝飯を喰って

夜明けから日暮れまで、目一杯楽しむゾーっと。 o^□^o

kiso023.jpg

意気込んで出発したものの、道に迷ってしまった。。 (-д-;)

少し時間をロスして、城下町の狭い通りを走り抜けて城跡へ向いました。

kiso024.jpg

○ 美 濃 岩 村 城

絵図を見ると相当広い城のようです。

kiso025.jpg

三大山城の一つに数えられる岩村城は、標高721mの地にある 

日本で一番高いところにある城跡なんだとか。

< 「六段壁」と呼ばれる本丸の石垣 >
kiso026.jpg

岩村城は、鎌倉時代に築城された城で、何人も城主が代わったものの

改修を重ねながら明治維新を迎えるまで続いた城だったそうです。

< 本 丸 虎 口 >
kiso027.jpg

岩村城跡には門や櫓の建物は残っていないものの、

苔むした石垣には古城のロマンを感じさせるものがあります。

kiso028.jpg

そして、本丸から見渡す景色は素晴らしい。

石垣に腰かけ、ジーっと周りの山並みを眺めていた人がいたけど

その気持ち わかるなぁ

kiso029.jpg

ところで、岩村城下では「女城主の里」という文字を多く目にします。  

歴史に疎い小生は、武芸・才知に長けた女性の戦話かと思っていたのですが、

後で調べてみたら全く違いました。

< 歴代の城主 >
kiso030.jpg

(少し長いですが)まとめると次のような内容です。

当時の城主 遠山景任に嫁いだ織田信長の叔母にあたる「おつや」は、
景任が病死したため、信長の五男(坊丸)を養子に迎え入れましたが、
坊丸が幼少なので、おつやが後見人となり、事実上の女城主になりました。

ところが翌年、武田配下の秋山信友が岩村城に攻め込んできたのです。
秋山は、おつやを妻に迎えるとして、和議を申し入れたので、おつやは
これに応じて開城。 
岩村城主の妻の座に着き、養子の坊丸は人質として甲斐に送られました。

その後、織田信長は岩村城奪回を図りましたが、なかなか落ちません。
そこで、「叔母の城と戦いたくない」 と和議を持ちかけたました。
秋山と おつやはこれに応じたのですが・・・
信長は和議を結び城を開けた秋山信友と家臣を皆殺しにし、
おつやを逆磔刑に処したのです。

あまりに過酷な仕打ちに おつやの方は嘆き、
「敵方であった秋山は開城に際し約束を守ったのに、
 身内である信長は和議の約束を反故にするのか。」
恨んだといいます。

・・・・・・

どこぞの国の第一書記の将軍様も義理の叔父を銃殺したらしいが、
そのうち、その国で本能寺の変が起きるかもね。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

道の駅きりら坂下で一休み

< 道の駅 きりら坂下 >
kiso031.jpg

ここは、岐阜県中津川市にある道の駅ですが、長野との県境に近いためか

信州名物の「おやき」も売られていました。

kiso032.jpg

小腹が空いていたので食べてみましたが、

ん?

今まで食べた「おやき」とは少し違う

< つ ぶ あ ん 170円 >
kiso033.jpg

表面を焼いてから蒸しているので、皮がふっくら柔らか蒸しパンのような食感です。

< 野 沢 菜 170円 >
kiso034.jpg

そして、「おやき」の次に「五平餅」を買いましたが

kiso035.jpg

えっ? これが五平餅?  

五平餅というのは、草履形のものを想像していたけど・・・

この辺では団子状のものが一般的らしい。

塗られた味噌もクルミの風味がして少し甘め。

< 五 平 餅 150円 >
kiso036.jpg

どうやら、「おやき」も「五平餅」も一言で語れるほど単純な食べ物じゃないらしい。

岐阜も信州も広いので、「おやき」や「五平餅」は、地域によっていろんな
タイプがあるようです。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

百名瀑 田立の滝

道の駅を出ると、まもなく長野県南木曽(なぎそ)町でした。

kiso037.jpg

国道から分かれ、山の方に20分走って粒栗平駐車場へ。

kiso038.jpg

トイレを済ませ、協力金200円を料金箱に入れて遊歩道を歩き出しました。

kiso039.jpg

滝のある川までは40分、所々に立っているダジャレで木の説明が書かれている

看板を眺めたりしながら、ひたすら山を登ります。

kiso040.jpg

遊歩道は整備されていて歩きやすいです。

kiso041.jpg

途中にある小さな滝を越えて岩場に出ると、

目の前に ド~ン! と迫力ある滝が現れました。

< 霧  ヶ  滝 >
kiso042.jpg

「田立の滝」 とは、この大滝川にある いくつもの滝の総称なのですが、

見ごたえあるのは、この「霧ヶ滝」と すぐ近くの上流にある「天河滝」が

代表的な滝のようです。

kiso043.jpg

で、

これが、田立の滝群の主瀑「天河滝」。 

切り立った40mの巨大な岩壁を二筋になって流れ落ちています。

う~ん さすがに主瀑だ (^^♪

< 天  河  滝 >
kiso044.jpg

この奥にも小さな滝がいくつかあるようですが、

途中で立入禁止の看板があるので引き返してきました。

kiso046.jpg

天河滝のところに戻ってくると

ん!

滝の上に誰かいる!


kiso045.jpg

本人は怖くないんだろうが、下で見ているコッチがドキドキハラハラしてしまう。

お願いだから、度胸試しなんてやめてくれ!


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

中津川名物 栗きんとん

9時に出発して、滝めぐりから戻ってきたら13時になっていました。

中津川市内に戻って昼飯を食べようと走っていたら、お祭りがあるようで
人だかりができていました。

kiso047.jpg

その人だかりの先には、派手な飾り付けをした馬がいました。

坂下神社の「花馬祭り」といって800年の歴史があるんだとか。

kiso048.jpg

で、中津川に戻り、行列ができている有名店に並びました。

○ 栗きんとん本家 す や

kiso049.jpg

「栗きんとん」というのは、正月のお節料理で食べる甘い餡の中に

黄色い栗が入ったものと思い込んでいましたが、中津川名物の

栗きんとんは全くの別物でした。

< 栗きんとん 6個入り 1425円 >
kiso050.jpg

元祖の店では栗の収穫が始まる9月~1月の間だけ製造・販売しているらしい。

しかも、保存料を入れてないので賞味期限4日間。

原料は、美濃東部の栗と少量の砂糖だけで作る王道の高級和菓子なのです。

kiso051.jpg

裏漉しされて、しっとりとした食感と細かく刻まれた栗の歯ざわりの変化が絶妙。

栗より栗の味がする」と称されるほど栗そのものの風味に仕上がっています。

上品な風味で、これは絶対に抹茶のお供ですね。

kiso052.jpg

直径5Cmほどの小さなものだけど1個200円以上!もする。

「ネコに小判 ・ ブタに真珠 ・ もみ~に栗きんとん」 ってか?

栗きんとん本家 すや 本店和菓子 / 中津川駅

昼総合点★★★★ 4.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。