貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2015-08- | ARCHIVE-SELECT | 2015-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

昼飯は五平餅&たこ焼

栗きんとんを買うのに手間取ってしまい、狙っていた店に「鶏ちゃん」を食べに
行ったら中休みの時間でした。

お預けを喰らったら、より一層 腹が空いてきた。

しかたなしに、この際なんでもいいやって入った店は

○ 湯 舟 沢 五 平 餅 た こ 焼

kiso053.jpg

誰も客のいない店の中は、味噌が焼ける香ばしい匂いがしていました。  

メニューを見てら、五平餅とたこ焼しかありません。

他に選びようもなく、その2品を注文。

kiso054.jpg

たこ焼きの値段は3個で100円になっていて、3個の「ちびっこ」から始まり、

小学生・中学生・高校生・ねえちゃん・にいちゃん・かあちゃん・ばあちゃん・

じいちゃん・とうちゃん・助役さん・村長さん90コ(3000円)まであります。

(90個なんて、いったい誰が注文するんだろう?)

kiso055.jpg

値段は、普通の店より3割くらい安い気がする。

オバサン2人が大量の五平餅を焼いてたので、どこかに卸しているのかも。

< 五 平 餅 1本90円 >
kiso057.jpg

五平餅は、クルミが入った甘めの味噌が焦げて香ばしくなった部分が

特に美味しかったです。

kiso056.jpg

このテの食べ物は焼きたてアツアツが旨いわけで、

テイクアウトするより屋台か こんな店で食べるのが一番。

湯舟沢五平餅たこ焼レストラン(その他) / 落合川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 木曽路へ | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

木曽路 馬篭宿

○ 馬 篭 宿 (まごめじゅく)

kiso058.jpg

馬篭宿は、坂に沿うような宿場です。

木曽11宿の中で最も南にあるらしい。

人気のスポットみたいで、メチャクチャ観光客が多かったです。

kiso059.jpg

現在の住所は岐阜県中津川市ですが、かつては長野県木曽郡山口村だったらしい。 
(それで、岐阜県だけど木曽路なのか)

kiso060.jpg

石畳が敷かれた道の両側には観光客向けの土産物屋が軒を連ねて

商いをしていますが、どこもかしこも混雑していました。

< 島崎藤村の生家 >
kiso061.jpg

あ~ 疲れた~ (´д`)

坂道を歩いたのと人の多さに疲れ、菓子屋の店先のベンチで

少し休憩することにしました。

○ ひ む ろ

kiso062.jpg

この店も栗を使った お菓子だらけです。

kiso063.jpg

この辺で喰ったものといえば、おやき・五平餅・たこ焼・栗きんとん・・・

タンパク質足りてねぇ~ 

まともな食事していないから疲れるのか?
(いいや 歳だからだよ)

kiso064.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

男滝女滝

○ 男 滝 女 滝 (おだきめだき)

馬篭宿(まごめ)から妻籠宿(つまご)へ向って峠道を走っていると、

道路脇に看板があったので急停車。

kiso065.jpg

駐車場から、チラッと滝の一部が見えます。

kiso066.jpg

どうやら、滝は近くにあるらしい。

が、朝から歩き回って足に喰らったダメージが大きくて、もう これ以上階段を

昇り降りするのはごめんです。。

kiso067.jpg

そこで、相方にカメラを預けて、滝を撮ってきてもらうことにしました。

まっ、いわゆるリモコンカメラですね。

< 男   滝 >
kiso068.jpg

15分ほどで、男滝女滝 2つの滝を撮ってカメラが戻ってきたので、

さっそく再生。

ほほぉ~  けっこう 形のいい滝じゃないですか。

相方によると、「水量があって、近くまで寄ると かなり迫力がある」 んだとか。

< 女   滝 >
kiso069.jpg

そうだよなぁ・・・  やっぱ、写真じゃなくて実物を見なきゃ感動が薄いよ。

と 滝を見に行かなかったことを悔やみました。


写真を見ながら

「まぁまぁの滝だけど、カメラのアングルがイマイチで迫力が伝わらない」 

と、言った自分の言葉が負け惜しみに聞こえた。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

木曽路 妻籠宿

○ 妻 籠 宿 (つまごじゅく)

kiso070.jpg

こちらの住所は、長野県木曽郡南木曽(なぎそ)町。

隣接する馬篭宿と合わせて木曽路の観光名所になっています。

kiso071.jpg

到着した時刻は予定より遅れて16時。 

まだ、空は明るいですが、周りを山に囲まれているためか

日が翳り始めていて、観光客が少なくなっていました。

kiso072.jpgkiso073.jpg

kiso074.jpgkiso075.jpg

この宿場の出入口の道は、外敵が直進して侵入しにくいように、

桝形(ますがた)と呼ばれる直角に曲げた造りになっています。

kiso076.jpg

土産物屋が軒を連ねていた馬篭宿と比べると妻籠宿は生活感が

残っているような感じがします。

kiso077.jpg

軒下の行灯(あんどん)が燈り出すと、宿場町らしい風情が

どんどん増していくような気がしました。

kiso078.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

南木曽から移動

木曽の山々に日が落ちる頃

kiso079.jpg

温泉に入って着替え、寝る準備を始めました。

< 南木曽温泉 木曽路館 >
kiso080.jpg

スーパーで食料を仕入れて、

kiso082.jpg

寝場所の道の駅に向う途中、「一番清水」という湧き水を見かけたけど、

真っ暗闇なのでチラッと見ただけ。

kiso081.jpg

「道の駅 信濃路下條」に到着したのは19時過ぎ。

疲れ果てて、ヘロヘロ

完全にヘバッていました。  (´д`)

kiso083.jpg

明日は家までの運転が待ってるので、夕飯を喰ったら早めに寝ることにします。

kiso084.jpg

最近、目に見えて体力の衰えを感じるようになりました。

いつまで、こんな旅ができるのだろう?

少し、弱気になった。

この日走った距離 : 166Km

kiso085.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

天竜峡

2013年10月14日(月) 曇り

○ 天  竜  峡 (てんりゅうきょう)

kiso086.jpg

朝一番は、飯田市の天竜峡に移動。

kiso087.jpg

道の駅が混んでいたので、ここの駐車場で朝飯を食べました。

kiso088.jpg

食後、少し休憩してから遊歩道を歩いていきました。

kiso089.jpg

絶景が見えるというビューポイントの展望台へは駐車場から歩いて10分ほど。

途中には、湧き水が流れていたり

kiso090.jpg

どこにでもありそうな 「幸せの鐘」ありました。

kiso091.jpg

「龍角峯」という展望台は、対岸に立っている奇岩の頂上らしい。

< 龍 角 峯 >
kiso092.jpg

吊り橋を渡り、坂道登っていく。

< つ つ じ 橋 >
kiso093.jpg

で、龍角峯の上の展望台からの眺めがこれ。 (怖いので、下の方は見ないことにした)

ん~ なかなかいい (o^。^o)
 
kiso094.jpg

暴れ天竜と呼ばれる川の流れが造った峡谷で、この辺で舟下りが

運行されているらしいです。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

名水百選 猿庫の泉

中央道のインターチェンジが近くなってきました。

家に帰る前に名水を補充しておきます。


◎ 猿庫の泉 (さるくらのいずみ)

kiso095.jpg

看板には、「江戸時代、茶道家の不蔵庵龍渓宗匠が茶に適した水を求め、
諸国を遍歴中に天竜川下流の水のうまさに心ひかれ、・・・・・
この泉を探し当てた」と書かれてました。

kiso096.jpg

昔から、茶の湯に適していることで知られた水らしいです。

kiso097.jpg

茶の心得がないオイラだけど、チョロチョロと水の流れ落ちる音だけが聞こえる

この空間は心が落ち着くような気がしました。

kiso098.jpg

この水を汲んで、家に帰ってから茶を点てるなら、茶菓子は栗きんとんで決まりだな。

kiso099.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

高速に乗って家に帰る

それじゃ そろそろ帰るとするか

< 駒 ヶ 岳 S A >
kiso100.jpg

帰りの高速道路の走行距離は800Km近くになった。

< 姨捨SAからの眺め >
kiso101.jpg

3連休に相方と行く車旅では これ以上距離を伸ばすのは難しいようです。

kiso102.jpg

介護の職場に勤めている相方は、まとまった休暇が取れないので

一緒に出掛けるのは、ゴールデンウィークだけになるかもしれない。

kiso103.jpg

まっ、どこに行っても温泉に入って、ソフトクリーム食べるだけの

低レベルな旅だけどね。

この日走った距離 : 799Km

kiso104.jpg


<旅行のデータ>

走った距離:
10月11日 自宅~東北道都賀西方PA 396 Km
10月12日 都賀西方PA~道の駅上矢作 535 Km
10月13日 道の駅上矢作~道の駅信濃路下條 166 Km
10月14日 道の駅信濃路下條~自宅 799 Km
走った距離計: 1,896 Km

消費したガソリン:
日星石油 海老名SS 41.50L×159円= 6,599 円
安全ガスエクスプレス飯田羽場 39.80L×154円= 6,129 円
キタセキ花巻南SS 44.37L×151円= 6,700 円
消費したガソリン:(99.86リットル) 19,428 円

1リッター当りの走行距離: 1644Km÷99.86リットル= 16.5 Km/リットル

高速・有料道路料金:
花巻南IC~浜松IC(深夜割引) 10,120 円
飯田IC~花巻南IC(休日特別割引) 7,400 円
通行料計: 17,520 円

入浴した温泉:
湯谷温泉 鳳来ゆうゆうアリーナ 1,200 円
南木曽温泉 木曽路館 1,400 円
入浴料計: 2,600 円

休憩した道の駅:
愛知県 2ヶ所
鳳来三河三石 ・ どんぐりの里いなぶ
岐阜県 3ヶ所
上矢作ラ・フォーレ福寿の里 ・ きりら坂下 ・ 五木のやかた かわうえ
長野県 1ヶ所
信濃路下條

外食したもの:
石松本店 (餃子定食) 2,200 円
道の駅きりら坂下 (おやき・五平餅) 490 円
湯舟沢五平餅たこやき (五平餅・たこ焼き) 750 円
ひむろ (栗どら) 560 円
ざるそば (サービスエリア) 700 円
外食費計: 4,700 円

駐車料・入場料:
阿寺の七滝 300 円
田立の滝 400 円
馬篭宿 500 円
妻籠宿 500 円
駐車料・入場料計: 1,700 円

スーパー等で使ったお金:
ボンパン(菓子パン) 400 円
食料・お土産など(レシート失くした) 7,000 円くらい
スーパー等で使った金: 7,400 円くらい

使ったお金の合計 : 53,348 円

1日当りの旅費: 13,337 円

1人1日当りの旅費: 6,669 円




ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 木曽路へ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

塩釜で早めの昼飯

地元の鎮守様(稲荷神社)の世話人3人で、お伊勢参りすることになりました。

平均年齢63歳の「金は無いが有り余っている時間で贅沢な旅行」を目指します。


2015年3月23日(月) 晴れ

朝8:30に集合して車で花巻を出発。

塩釜市場に隣接する店で早めの昼飯を食べました。

○ 食事処 伸 光

ise001.jpg

入店した時刻は10:30。

朝6:00から営業の店なので、ピークは過ぎていて客は誰もいませんでした。

お品書きを見ると、この時間は丼物だけらしい。

「海鮮丼2200円」が目に飛び込んできましたが、旅の初っ端にしては
贅沢過ぎるので、「中おち丼1000円」を選択。

ise002.jpg

ほどなく出てきた中おち丼の鮮度は平均レベル。 ま、こんなもんでしょ。

ボリューム的には文句なし。

けっこう満足できました。

ise003.jpg

食後に、お茶をいただきながら、
「海が目の前だけど、(震災で)津波大丈夫だったの?」 と店のオバチャンに訊くと

「店の中さ波入って大変だったけんど、流されるくらいじゃながったのしゃ
松島通ってくるうちに弱まったんだべがねぇ・・・」 とのこと。


次に来る時には、奮発して「海鮮丼」を食べようと思った。


食事処 伸光寿司 / 東塩釜駅本塩釜駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

仙台港からフェリーに乗る

食事の後は、仙台港フェリー埠頭に向かった。

ise004.jpg

ここから名古屋港へ向かうのですが、今回はジジィの3人旅で、車中泊する
予定がないので人だけが乗り込みました。

ise005.jpg

そんで、12:50。  定刻通り出船。

明朝10:30まで、およそ20時間の船旅が始まりました。

ise006.jpg

デッキに出ると風が強く、少し白波が立っていた。

海と空の青さが心地よい。

< 新いしかり号とのすれ違い・・・帰りは あの船に乗る >
ise007.jpg

今回、太平洋フェリーを利用する最大理由は、価格の安さ。

仙台~名古屋便を2ヵ月前にネット予約すると 通常料金の半額になるのです。

二等客室の場合、片道 なんと 3,600円  という驚きの安さです。

ise008.jpg

それと、安さだけならLCC(格安航空)のセールを狙うという方法もあったのですが、
年寄りには、空港での手続きが煩わしいし、なによりも、トイレに行くのが一苦労な
狭い座席に座り続けるのは無理だという結論に達したのでした。

ise009.jpg

たしかに、フェリーの二等客室って知らない人と広い部屋に雑魚寝するスタイルですが、
起きている時間の多くは、海が見える展望風呂やミニシアターやテレビを見るなど
快適な共有スペースで過ごすわけで、客室にいるのは寝る時くらいなものです。

ise010.jpg

20時間の船旅とはいえ、スーパーで3食分の食べ物と酒をドッサリ仕入れてきたので、
飽きることはないでしょう。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

洋上で朝を迎える

2015年3月24日(火) 晴れ

早起きしてデッキに行きました。

すると、洋上の朝日は6時前に昇ってきました。

ise011.jpg

そして、朝日の反対方向には・・・

おっ! 富士山!

ise012.jpg

客室に戻り、もうひと眠りしてから 展望風呂で歯磨き・髭剃りを済ませる。

ise013.jpg

フェリーは予定通り10:30に名古屋港に着岸。

とても快適で居心地の良い船旅でした。

ise014.jpg

フェリー埠頭からはバスで移動。

ise015.jpg

野跡駅で あおなみ線に乗り換え。

とりあえず、名古屋駅に向かいました。

ise016.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

熱田神宮へ

名古屋駅のコインロッカーに荷物を入れ、身軽になって観光に出掛けた。

ise017.jpg

○ 熱 田 神 宮

ise020.jpg

まず、向かった先は、三種の神器の1つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祀る

神社として知られる熱田神宮。

< 本   宮 >
ise021.jpg

なんとなく、身が引き締まるような感じがしました。

ise019.jpg

この旅の目的の一つは、「神社のお札集め」。

社務所で2000円納めて、1枚目のお札を頂戴しました。

ise018.jpg

境内を歩いていると、大きな楠のところで写真を撮っている人たちがいました。

ise022.jpg

この木が何なのか知らないけど、パチリとカメラに収めておきました。

人が集まっていると反射的に写真を撮ってしまうのです。

とりあえず撮っておきさえすれば安心できるのは、知識の無い者の悲しい性なのかも。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 05:47 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

名物のきしめん

熱田神宮に参拝したら、緑に囲まれた境内で名物のきしめんが食べたい。

○ 宮きしめん神宮店

ise023.jpg

現在、数店展開している大正12年創業の老舗は、熱田神宮が発祥の地らしい。

< 宮きしめん定食 950円 >
ise024.jpg

丼のきしめんの上には、たっぷりの花カツオ・シイタケ・ホウレンソウ・油揚げ・蒲鉾
そして薬味のネギが乗っています。

きしめんの特徴である平たい麺は、ツルツルっと滑らかに口に飛び込み
噛めばモチっとした食感。

ダシに加えて、花カツオが効いている汁は濃い目の味付け。

ise025.jpg

シンプルであっさりした食べ物ですが、なぜか地味豊かなもののように感じられました。

パワースポット的な雰囲気がそう思わせるのかもしれないが・・・


宮きしめん 神宮店そば・うどん・麺類(その他) / 神宮前駅神宮西駅伝馬町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

名古屋城

熱田神宮参拝の後は、地下鉄名城線に乗って移動。

ise026.jpg

向かった先は市役所駅。

といっても、市役所に用事があるわけじゃありません。 (名古屋市民じゃないし)

ise027.jpg

目的地はここ。

○ 名 古 屋 城

以前訪問したときは夜で入城できなかったのでリベンジに来たのです。

その時の記事 : 名古屋城攻略ならず

ise028.jpg

まずは、復元工事中の本丸御殿へ入ってみた。

ise029.jpg

本丸御殿の障壁画は、狩野派の絵師たちが描いたものなんだとか。

ise030.jpgise031.jpg

金ピカで眩しいというか、絢爛豪華というか。

(撮影時フラッシュ禁止です)

ise032.jpgise033.jpg

そんで、天守閣。

さすがにデカくて立派ですね。

ise034.jpg

シンボル的な金のしゃちほこ。

オスとメスがあるらしいが・・・

ise035.jpg

いちおう、展望室に登って名古屋の街を眺めてみた。

伊勢は津で持つ 津は伊勢で持つ 尾張名古屋は城で持つ ってか。

ise037.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

晩酌付きのカプセルホテル

名古屋のシンボル テレビ塔をチラ見してから、この日の宿に向かった。

ise038.jpg

○ カプセルキャビン プチナゴヤ

ise039.jpg

名古屋駅から歩いて5分。

飲食店ビルの3階がカプセルホテルになっていました。

ise043.jpg

いちおう、個室になっていますが、

風呂なし(共同のシャワーのみ)・タオルや歯ブラシなども置かれていません。

1泊3240円という安さが魅力です。

ise044.jpg

そして、540円を追加で支払い、1階(和食)または5階(洋食)の飲食店で

利用できる「お食事券」を買いました。

ise040.jpg

「お食事券」では、日替定食か晩酌セットが選べますが

もちろん、ジジィ3人組なので、迷わず晩酌セットをチョイス。

この日は、ビール1杯・枝豆・お刺身・フライドポテトのセットでした。

ise041.jpg

追加注文した鳥モツを八丁味噌で煮込んだ「どて煮」は、

味噌の風味がたまらなくウマイ。

おかわりしたビールが280円というのも嬉しい。

< ど て 煮 1本80円 >
ise042.jpg

けっこう呑んで、盛り上がってから眠りにつきました。


こだわり鮮魚海鮮よし木 名古屋駅北口店居酒屋 / 名古屋駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

レンタカーで二見浦へ

2015年3月25日(水) 晴れ

05:30に起床。

この日は、お伊勢参りに行きます。

コンビニで朝飯を買って06:24名古屋駅発の電車に乗り込みました。

ise046.jpg

この旅でも基本的に、JRでの移動は青春18キップを利用。

先を急ぐ旅じゃないのでノンビリと進んで行きます。

各駅停車で関西本線~紀勢・参宮線と乗り継いで、伊勢市駅にたどり着いた
時刻は09時を過ぎていました。

ise047.jpg

で、駅前でレンタカーを借りて出発!

軽自動車が5076円。 3人で割り勘です。

ise048.jpg

向かった先は、二見興玉神社。

熱田神宮に続いて2枚目のお札をゲット。

ise050.jpg

夫婦岩があったけど 

ジジィ3人組で記念写真を撮るのもなんだかなぁ・・・

ise049.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

豊受大神宮

○ 豊 受 大 神 宮

ise051.jpg

伊勢神宮は、外宮からお参りするのが古くからの慣わし。

ザッ ザッ ザッ と玉砂利を踏みしめながら、広い境内を歩いていきました。

ise052.png

外宮とも呼ばれる豊受(とようけ)大神宮は衣食住と産業の神様です。

とりあえず、喰うことに困らないように拝んでおきました。

< 正   宮 >
ise053.jpg

以前、参拝に訪れた時は式年遷宮の前でしたから、神殿は現在の場所では
なかったのですね。

【その時の記事】

< 遷宮前に神殿があった敷地 >
ise054.jpg

せっかくなので、正宮だけでなく別宮にもお参り。

< 土宮(つちのみや) >
ise055.jpg

別宮も20年に一度の式年遷宮が行われ、新しい建物になっていました。

< 多賀宮(たかのみや) >
ise056.jpg

式年遷宮の際には大量のヒノキが使用されますが、解体される旧殿の用材は、
全国の神社の鳥居などの造営に再利用されるそうです。

切り取られて細かくなった木材も神社のお札に加工され、捨てることなく全て
リユースされているんだとか。

日本の神様ってエコな方なんですね。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

皇大神宮

いよいよ、この旅のメインイベント 内宮の参拝へ。

近場の駐車場が満車なので、かなり離れた場所から五十鈴川沿いに歩いていきました。

ise057.jpg

宇治橋を渡った先が内宮です。

○ 皇 大 神 宮

ise058.jpg

平日にも関わらず、すんごい人の数でした。

< 五十鈴川御手洗場(いすずがわみたらし) >
ise059.jpg

ただ、境内がメチャクチャ広大なので、混雑した感じがしません。

ise060.jpg

植えられてる木がイチイチでかいし。

ise062.jpg

通称「内宮」と呼ばれる 皇大神宮(こうたいじんぐう)の ご祭神は、最高神である
天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)。

まっ、神社界のボス的存在ってことですかね。

< 正   宮 >
ise061.jpg

同行している二人の先輩にとって、「一生に一度は お伊勢参りしたい」

という夢が叶った瞬間でした。

ise063.jpg

そして、熱田神宮・二見興玉神宮・豊受大神宮に続いて4枚目のお札をゲット。

外宮・内宮ともに3000円でした。

う~む。 さすがに伊勢神宮のお札は高いなぁ。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

This is The 伊勢うどん

お参りを済ませて、おはらい町に出てくると

いやはや なんとも スゴイ人の数です。

ise064.jpg

13時を過ぎていたので、とりあえず昼飯を食べることにしました。

○ ふ く す け

ise066.jpg

時代がかった店の中は満席。 立錐の余地もありません。

はじき出されるようにして外に出ましたが、

旅の道中に茶屋の縁台に座って食べるような雰囲気で これもまたいい。

ise067.jpg

注文したものは、もちろん 伊勢うどん。 伊勢に来たら、これだけは外せません。

渡された番号札を持って待ちました。

< 伊勢うどん 480円 >
ise068.jpg

で、店員さんから受け取った伊勢うどんは、真っ黒い汁と白いうどんを よ~く混ぜて

さらに、七味を振りかけてから ズズズ と啜ります。

ん~ うまい! (o^。^o)

ise069.jpg

あえてコシを殺して、柔らかく茹でられた麺は フワフワというか、モチモチというか

搗き立ての餅を飲み込むような感触にも似ている。

そして、たまり醤油をダシで割った汁のコクがヤワヤワの麺には丁度いい。

ise070.jpg

汁を飲み干すと 「福」やってが来た。


ふくすけうどん / 五十鈴川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

人気のコロッケ

伊勢うどんを食べた後、おかげ横丁でもう一軒立ち寄った。

ise065.jpg

○ 豚  捨

ise071.jpg

人気の店の前には行列ができていました。

並んで待っている間に揚げ物のイイ香りが鼻をくすぐります。

ise072.jpg

豚捨のHPによると

“豚捨”なんてふてぶてしい屋号だろうか。
その昔、豚を飼っていた捨吉という男が食肉店をはじめた。
人呼んで「豚捨…ぶたすて」。それがいつの間にか屋号になった。
ところがおかしな伝説も生まれた。
この店の牛肉があまりにもうまいから「豚なんか捨てちまえ!」と客が豚肉を投げ捨てた。
というのが豚捨のはじまりだという。

もともと三重県には伊勢牛と伊賀牛しかありませんでした。
その後昭和10年頃から松阪牛が登場し、食肉店で“松阪肉” を看板に
あげる店が増えてきましたが、当店では創業以来、この伊勢肉を守り続けています。

と、こんな店らしい。

ise073.jpg

買い求めたのは、コロッケ(90円)とミンチカツ(130円)。

どちらもサイズは小ぶり衣はカリッとハード系。 サクサクした歯ざわり。

中身は、シットリ。 ミンチの脂がジュワジュワ。

絶妙にスパイスが効いていて かなりウマイ。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

避けて通れない名物

お伊勢参りに来たら赤福は欠かせない。

必須条件というか、お土産のマストアイテムですね。

< 賞味期限は製造日の翌2日 >
ise080-01.jpgise080-02.jpg
ise080-03.jpgise080-04.jpg

赤福はいろいろな場所で売っていますが、一度は本店で作りたてを
食べてみたくて立ち寄ることに。

< 赤 福 本 店 >
ise074.png

風情ある店の中は満席。

ise075.jpg

一番奥の出口に近い所に陣取り、番号札を持って待ちました。

ise076.jpg

で、運ばれてきたお盆の上には、人数分の赤福餅3つとお茶のセットが

< 赤福餅盆 290円 >
ise077.jpg

搗き立ての餅は柔らか。 こし餡はシットリした食感。

ん~ やっぱり、作りたてはウマイ。

ほど良い甘さをお茶で流しながら、お伊勢参りの旅人気分に浸りました。


赤福 本店甘味処 / 五十鈴川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

この日の宿に移動

猿田彦神社でお札をいただき、お伊勢参りのミッション完了。

< 猿 田 彦 神 社 >
ise078.jpg

レンタカーを返却して、伊勢市駅から快速みえ号に乗り込みました。

< 16:22 伊勢市駅発 >
ise079.png

津で各駅停車に乗り換え、亀山からは関西本線へ。

< 17:43 亀山駅発 >
ise080.jpg

そして、関という駅で電車を降りて今宵の宿に向かいます。

< 17:50 関駅着 >
ise081.jpg

予約する際に頼んでおいた送迎車が待っていてくれた。

ise082.jpg

駅から10分ほど走ったでしょうか、宿は小高い山の上に建っていました。

ise083.jpg

○ 国民宿舎 関ロッジ

ise084.jpg

この日の宿泊プランは、1泊2食付き 6,400円(税別)の「お手軽プラン」というもの。

部屋は、和室8畳(バス・トイレ無)を3人で利用。

夕食の品数が通常プランより少ないらしい。

ise085.jpg

それでも、上の写真のほかに何品か出てきて満腹になりました。

食べ残すほど豪華な食事は必要ないし もったいない。

ジジィ達は部屋に風呂が無くても、大浴場のお湯が温泉だったことで満足でした。

フェリー泊、カプセルホテル泊と続いたので、

3日ぶりに寝転がった布団の感触が心地よかった。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

関宿(三重)から京都へ

2015年3月26日(木) 快晴

どうして旅に出ると朝飯がこんなに美味いんだろう?

ご飯を3杯も食べてしまった。 (^v^)

ise086.jpg

早めの電車に乗りたいので、8時前にチェックアウトして送迎車で駅まで
送ってもらいました。

関は、東海道五十三次の47番目の宿場町。

時間があれば散策したかったのですが・・・


送迎車の運転手さんが、「関宿の祭りは見事ですよ」と言っていました。

特に、山(山車)が立派で、とても贅沢な造りらしい。
そして、街道筋の建物の軒先をかすめるほど大きくて、宿場の狭い道では
身動きできないほどなそうです。

だから、「これ以上のものはできない」 とか 「これが精いっぱい」 なことを


関の山 というのだとか。

< 08:10 関駅発 >
ise087.jpg

関からは2駅先の柘植(つげ)で草津線に乗り換え

< 08:34 柘植駅発 >
ise089.jpg

草津からは東海道線の新快速でスピードアップ。

< 09:21 草津駅発 >
ise090.jpg

そんで、

京都に キタ――――(゚∀゚)――――!!

< 09:43 京都駅着 >
ise091.jpg

この日は公共交通機関で移動するので、荷物が重くて邪魔。

京都駅では荷物をまとめてキャリーサービスを利用した方が
コインロッカーより安くて便利です。

身軽になって観光に出かけました。

< 一時預かり 1個420円 >
ise093.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

伏見稲荷大社

京都駅からは奈良線に乗りました。

ise094.jpg

次の目的地は駅を降りて すぐ目の前。

ise095.jpg

○ 伏見稲荷大社

< 楼   門 >
ise096.jpg

伏見稲荷は、「外国人に人気の日本の観光スポット」のナンバーワンなんだとか。

日本語で話さない人たちがワンサカ集まっていました。

< 内 拝 殿 >
ise098.jpg

まずは、社務所でお札をゲット。 2500円也。

この旅では、熱田神宮から始まり、二見興玉神宮、豊受大神宮、皇大神宮、
猿田彦神社と ここ伏見稲荷大社で6枚のお札を集めたことになります。

ise099.jpg

伏見稲荷の名所といえば、稲荷山に奉納された約1万本の鳥居。

特に、狭い間隔で多数が建てられている千本鳥居の周辺は人が多かったです。

< 千 本 鳥 居 >
ise100.png

千本鳥居を過ぎても参道は続いていますが、この先まで行く観光客は少ないようです。

ise101.jpg

ゆっくり写真を撮りたいなら、奥の方まで進んだ方がいいですよ。

ise102.jpg

さて、稲荷のシンボルといえば狐ですが

①狐は穀物を食い荒らすネズミを捕食する ②狐の色や尻尾の形が稲穂に似ている
ことから、狐が農業神である稲荷神の使いとして祀られているといわれてます。

ise097.jpg

伏見稲荷大社は、全国に3万社あるといわれる稲荷神社の総本社です。

地元(花巻)の稲荷神社の世話人をしている我々3人としては、狐の置物を
お土産にしたかったのですが・・・

けっこうな値段なので諦めました。。。

ise103.jpg

その代わりの旅の思い出にと 稲荷寿司を分け合って食べることに。

稲荷寿司って俵型のものだと思っていましたが、この辺では三角形なんですね。

ise104.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:08 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

音羽山 清水寺

伏見稲荷からは京阪電車で

ise105.jpg

七条で降りて、バスに乗り換え

ise106.jpg

そして、墓だらけの坂を登る。


次の目的地まで google map のナビ通りに進むと こんなルートだった。

ise107.jpg

○ 清 水 寺

< 三  重  塔 >
ise108.jpg

やはり、ここにも熱烈観光団が大発生していました。

しっかし、話し声デカイよなぁ。。。

ise109.jpg

舞台の上から下の境内を眺めると長蛇の列ができていました。

3筋に流れ落ちる水は、パワースポットといわれる「音羽の滝」らしい。

左から、「学問成就の水」・「恋愛成就の水」・「延命長寿の水」で
飲めばご利益があるんだとか。

その中で、「恋愛成就の水」が人気のようです。

ただ、恋愛が成就したおかげで、運勢のバランスを保つために、
頭が悪くなったり、早死にしなきゃいいけどね。

ise110.jpg

いちおう、定番である奥の院からの記念写真は撮っておきました。

ise111.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

清水寺から八坂神社まで

岩手から来た お上りさん3人組は、清水寺から八坂神社までの
人気定番観光コースを歩くことにしましたが

ise112.jpg

いやはや、すごい人混みです。

道の両側に土産物屋が軒を連ねていますが、人の流れに押されて、
立ち止まるのが困難なほどでした。

< 産  寧  坂 >
ise113.jpg

田舎者は、混雑した道を歩くと神経がすり減ります。

< 八 坂 の 塔 >
ise114.jpg

八坂神社まで30分ほどの道のりでしたが、けっこう疲れました。 (´Å`)

< 八 坂 神 社 >
ise115.jpg

昨日(伊勢)、一昨日(名古屋)ともに2万歩近く歩いてきたし、
今日も万歩計は1万を超えていて、完全に体力のリミットオーバー。

60歳過ぎの老体の節々がギシギシ音を立て始めてきた。

観光はここで切り上げて京都駅に戻ることにしました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

京湯葉豆腐丼

京都駅に戻ってきた。

電車に乗る前に昼飯を食べておきたくて、地下街の蕎麦屋に入りました。

○ 富士屋 京都ポルタ店

ise116.jpg

セットメニューがお得なようなので、「京湯葉豆腐丼セット1000円」を注文。

蕎麦は、「冷たい」を選びました。

ise117.jpg

セットの「冷たい蕎麦」は、ざる蕎麦などのつけ麺ではなくて、丼に汁が少な目の
おろし蕎麦に小ぶりなエビ天が乗ったもの。

蕎麦は細め。 コシの強さより喉越しを楽しむタイプ。

汁の色が薄いわりに、おろしを混ぜても味がしっかりしています。

ise118.jpg

そして、どんなものか気になっていた「京湯葉豆腐丼」

ご飯の上に豆腐、その上に生湯葉を敷き詰め、トロトロの餡をかけたものでした。

あっさりとして優しい味が疲れた体には嬉しい。

冷たい蕎麦の薬味に付いてきたワサビを湯葉に乗せて食べたら美味しかったです。

(ちなみに、小生は冷たい蕎麦にも一味唐辛子派です)

ise119.jpg

駅の地下街で食べる蕎麦にしては まずまずのクオリティ。

ボリュームは満足できるレベルでした。


冨士屋 京都ポルタ店そば(蕎麦) / 京都駅九条駅七条駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

家に帰ろう

ヨ~シ それじゃあ 帰るとするか

電車に乗り込み、京都駅からは米原駅で乗り換え

< 15:32 米原駅発 >
ise120.jpg

大垣駅から名古屋駅まで。

< 16:11 大垣駅発 >
ise121.jpg

そして、名古屋駅のデパ地下で酒と食料を仕入れて、名鉄バスセンターへ
向かったのですが、名鉄バスセンターってビルの4階の片隅にあるんですね。

なかなか見つからず、すんごく苦労してたどり着きました。

ise122.jpg

名鉄バスセンターからは、太平洋フェリーの埠頭へ直通バスが出てきます。
(運賃520円)

でも、なぜか、フェリー埠頭から名古屋駅への直通バスは運行していません。

フェリー埠頭からの直通バスがあれば、とても便利なんですが・・・

< 17:20 名鉄バスセンター発 >
ise123.jpg

で、仙台行きのフェリーに乗船。

もちろん、「早割」で 運賃は 3,600円

もちろん2等客船だけど。  それにしても 安いよなぁ

< 19:00 名古屋フェリー埠頭発 >
ise124.jpg

出港前の一番風呂に入ってから夕飯&晩酌でダラダラ。

ヒレカツとエビフリャ~に付いてきたソースは味噌ダレでした。

さすがは名古屋。  どえりゃ~ うみゃ~

ise126.jpg

2015年3月27日(金) 快晴

ゲームに戯れるガキンチョの笑い声で目が覚めた。

疲れが溜まっていたらしくて10時間も眠り込んでいました。

ise127.jpg

とりあえず、朝風呂に入って髭剃りを済ませてから朝飯。

天むす うまし!

ise125.jpg

暇つぶしにデッキに出たら風がメチャクチャ強かった。。。

ise128.jpg

船旅は20時間。 家には夜8時ころ到着予定。

(´○`) ふぁ~ けっこう疲れた。  でも、楽しい旅だったなぁ・・・

一緒に行った先輩の背中が そう語っていました。

ise129.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 神社のお札収集 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

スーパームーン

昨夜の月はスーパームーンらしい。

tKHrGxVlfDKHKe81443432783_1443432823.jpg

安物のガラクタのコンバージョンレンズを組み合わせて撮ったので

これで精いっぱいです。

awWWfidbVX5BuUU1443432842_1443432868.jpg

う~む。 

それにしても、重量バランスが悪すぎるセットだ。。。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 06:07 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

残念なことに

来月から無収入になります。

失業保険の支給が今月で終了しました。

家で農業や自営業を行っていませんので、来年の誕生日(1月)から
受け取れる「特別支給の老齢厚生年金」が支給されるまで収入が
途絶えてしまいます。

そんな折、愛車のオーパが走行中に異音が発生するようになったのです。

カーディーラーで調べてもらったら、エアコンのコンデンサとマフラーの交換が
必要とのことで、修理見積もりを取ったところ、 311,610円
という予想もしない高額のものでした。
(早い話が、古い車は修理せずに新しい車に買い替えろってこと)

走行には支障ないので、来年6月の車検までは乗れるようですが・・・

いずれにしろ、愛車オーパでの車中泊は困難な状態になりました。


でも、ものは考えようで、

今後は、失業保険受給のための就職活動が必要なくなりましたし、
来春には古いオーパに代わる車を手に入れて、長期の旅に出ることが
可能になったともいえます。



このブログについては、まだネタが若干残っているので続ける予定ですけど、

ただ、この先、車の買い替えや旅行計画を立てる時間が必要になるため
時々記事の更新が滞ることがあることを ご承知おきください。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。