貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2016-01- | ARCHIVE-SELECT | 2016-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

朝から満腹

遅い朝飯は大学や高校が集まっている地区の24h営業の店で。

○ や ん ば る 食 堂

oki268.jpg

財布が無事戻ってきたので、ちょっぴり奮発して「Bランチ780円」を注文。

他に客がいなかったから、店のオバチャン2人が手分けして料理を作り出しました。

oki269.jpg

で、まずはスープが運ばれてきました。

oki270.jpg

そして、やや遅れて大きなワンプレートが登場。

ほぇ~  (゚◇゚)  なかなか迫力のあるルックスです。

< B ラ ン チ 780円 >
oki271.jpg

でっかいトンカツ、チーズを挟んだポーク、玉子、ウインナーにフライドポテト、
それにマカロニサラダ といった布陣。

とりあえず、トンカツから攻めていったが、けっこう手間取った。

oki272.jpg

味そのものは、どれも見た目どおり、想定どおりのもの。

ですが、期待を裏切られる心配もなく、これはこれで満足できます。


頑張って完食して、食後のお茶を飲みながら、昼飯は食べなくてもいいな
と思った。


やんばる食堂定食・食堂 / 安里駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| とりあえず沖縄本島 | 06:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

海軍壕公園

豊見城の高台にある海軍壕公園に立ち寄った。

ここには那覇市街が見渡せる展望台がありました。

oki275.jpg

ぐるっと360度見えます。

[広告 ] VPS

この地は太平洋戦争末期に日本海軍の司令部壕がおかれ、米軍との激しい
戦場となった場所なんだとか。

oki276.jpg

せっかくなので、景色を眺めた後にビジターセンターの中にある階段を降りて
壕内へ行ってみました。

oki277.jpg

現在公開されている部分は300mで、この他に非公開の部分が150mあるらしい。

oki278.jpg

持久戦を続けるために4000人の兵士が収容されていたそうですが、兵員室は
非常に狭く、まともに寝れるような状況ではなかったと想像できます。

oki279.jpg

そして、兵士が突撃していったとされる出口。

oki280.jpg

武器らしい武器もなく この出口から出撃、大半の人が二度と戻って来ませんでした

と書かれていました。

・・・・

見学を終えて壕から外に出ると空の明るさが まぶしく感じられた。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| とりあえず沖縄本島 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

抵抗を感じる呼び名

那覇市内をウロチョロ。

ガイドブックに載っている観光名所ではないけど、ある意味で有名な場所なので
行ってみることにしました。

○ 赤  嶺  駅

oki281.jpg

北緯26度11分36秒

ここが、日本最南端の駅 です。

(鉄道ファンに「モノレールは鉄道じゃねえ」(`△´)って叱られるかもしれませんが)
oki282.jpg

ちなみに、最南端の駅としては、駅から開聞岳が一望できる指宿枕崎線の

西大山駅の方が広く知られていると思うのですが・・・

2004年以降、西大山駅は「JR日本最南端の駅」という表記に変更しています。

oki283.png

そんで、赤嶺駅から次のスポットへ移動。


○ 漫  湖

oki284.jpg

「漫湖」は、100種以上の水鳥が観測されたラムサール条約登録湿地ですが

なにか?

oki285.jpg

漫湖は那覇市民の憩いの場所であり、沖縄尚学高校の校歌の中にも「漫湖」
という言葉が入っているのだとか。

< 漫湖公園というのがあります >
oki286.jpg

ちなみに、沖縄ではニッサンの「ホーミー」が販売されず、代わりに「キャラバン」が
販売されていたそうです。

なんでだろうね?    オイラは知ってる^^

oki287.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| とりあえず沖縄本島 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

もう一度 喜屋武岬へ

さて、どこに行こうか・・・


この日は夜の便で沖縄を離れますですが、予備日として旅程表を作って
いたので、まったくもって日中の予定は何もありません。


う~む。  天気も良さそうだし・・・


そうだ! この前 曇っていた喜屋武岬に行こう 

ってことになった。


○ 喜 屋 武 岬 (きゃんみさき)

< 平 和 の 塔 >
oki288.jpg

ん~ (o^。^o)  やっぱり、晴れた日の海っていいですね。

青さが違う。

【曇りの日に来た時の記事】


oki289.jpg


あっ! 

灯台があったんだ・・・ しかも、すぐ近くに

oki291.jpg

高さは15mほどありそうだけど

この前来た時は完全に見落としていた。。

< 喜 屋 武 岬 灯 台 >
oki290.jpg

この調子じゃ、見落としてことを後から気がついて、行っときゃ良かったと
後悔するスポットが まだまだありそうです。


でも、 なんくるないさぁ~

そん時は また沖縄に来ればいいさぁ~。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| とりあえず沖縄本島 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

玉城城

喜屋武岬から南城市に移動。

グスクロードを通って、玉城城へ。

○ 玉 城 城 (たまぐすくぐすく)

oki292.jpg

案内板には、「別名アマツヅ城とも称され、築城年代や歴代の城主については
さだかでない。「島尻郡誌」では、「アマミキョ」が築いた城であるとの伝説がある」

と書かれていますが、学の浅い小生には知らない名前ばかりで、内容は理解
できませんでした。

oki293.jpg

とりあえず、生い茂った木の間を進むと階段があったので登っていく。

oki294.jpg

城壁は古くて、崩れかかっている場所もあります。

oki295.jpg

で、階段を登りきると、この城跡のハイライト 本丸門。

今にも崩れ落ちそうで、怖いようにも見えますが・・・

oki296.jpg

安心してください。

大きな一枚岩をくり抜いた門なので崩れませんよ。 (とにかく明るい安村風)

oki297.jpg

本丸の中には、古墓と拝所があるだけ。

・・・・

後から調べたら、案内板に書かれていた「アマミキョ」とは琉球神話における
女神のことらしい。

「女神が築いた城」という伝説があるからには、戦いにおける防御が目的ではなく
神殿や聖地のような存在だったと思われます。

「城」と書いても、「しろ」と「ぐすく」の本質は全く違うような気がする。

oki298.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| とりあえず沖縄本島 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

糸満をウロチョロ

時刻は14時。 

昼飯を食べていないので腹が空いてきた。

糸満にも公設市場があるようなので、何か食べようと立ち寄りました。

○ 糸 満 公 設 市 場

oki300.jpg

ところが、食堂やカマボコ屋があるけど、人が歩いている気配がありません。

oki299.jpg

営業時間外なんだろうか?

それにしても、大勢の観光客で賑わう那覇の牧志公設市場とは全然雰囲気が
違います。

oki301.jpg

市場の中の食堂は営業しているようですが・・・

調理場には誰もいない。

オジイとオバアの話を聞いても1個も意味が分からない。

観光客としては、お手上げ状態ですが、素顔の沖縄には こんな一面もあるのだろう。

oki302.jpg

糸満公設市場での食事は諦めて、那覇の方に向かっていると「ラウンドアバウト」
がありました。

ルールは分かっているものの、初めて通るロータリー交差点に少し緊張した。

oki303.jpg

おやっ?  なんだろう?

道路脇にシオマネキのモミュメントがありました。

oki305.jpg

しかも、大小2つある。

イスとテーブルがあるので休憩所のようですが、なんとなく不気味で落ち着いて
座っていられないよなぁ・・・

oki304.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| とりあえず沖縄本島 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ぬーやるばーが

そろそろ、レンタカーを返却するため那覇に向かわなきゃならないが、
その前に何か食べておきたい。

○ J e f 豊 見 城 店

oki306.jpg

ジェフは本島南部に4店舗展開している沖縄生まれのローカルバーガーチェーン。

ファーストフード店にしては、ゆる~い雰囲気が漂っています。

oki307.jpg

イチ押しメニューは、「ぬーやるバーガー」らしいので、そいつをオーダー。

< ぬーやるバーガーセット 650円 >
oki308.jpg

「ぬーやるバーガー」とは、ゴーヤの玉子とじ&ポークランチョンミート&チーズ
の組み合わせにマヨネーズをかけて、バンズで挟んだもので、いかにも、
沖縄らしい食材が使われた ご当地バーガーでした。

oki309.jpg

で、肝心の お味は。

ゴーヤの苦みが効いたポーク玉子にチーズのコクが加わって、予想以上に
美味しい。

意外にゴーヤはマヨネーズとの相性もいいです。

oki310.jpg

ちなみに、「ぬーやるばーが?」は、「なんじゃ こりゃ?」という意味の沖縄方言らしい。

たしかに、沖縄人以外には考えつかないバーガーだと思います。


Jef 豊見城店ハンバーガー / 赤嶺駅小禄駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| とりあえず沖縄本島 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

それじゃ またね

またやーさい 沖縄

レンタカーを返却して、送迎バスで那覇空港まで送ってもらいました。

Peachに乗るため、さらに専用バスでLCCターミナルへ移動。

LCCターミナルは、もともと貨物ターミナルの倉庫を利用した施設なので
ショップに並んでいる品数も少なく、お土産は買いませんでした。
( ハナから土産を買うつもりは無かったけど・・・(^_^; )

oki311.jpg

Peachは50分遅れて出発。   関空には22時過ぎに到着しました。

関空でもLCCは第2ターミナルから第1ターミナルまでバス移動しなきゃならない。

航空業界も格差社会です。

oki312.jpg

この日の宿、泉佐野の旅館に着いた時は23時。

部屋は暖房されていました。

< 美 松 荘  素泊まり3800円 >
oki313.jpg


2015年12月9日(水)

眠りについたと思ったら、すぐに目覚ましが鳴った。 (Θ。Θ)

始発電車に乗るため、夜が明ける前に泉佐野駅へ向かいました。

oki314.jpg

そして、07:10関西空港発-仙台空港行きのPeachに乗り込んだ。

oki315.jpg

LCCのお陰で沖縄が身近な場所になったような気がします。

やっぱり、東北人には暖かな気候とサンゴ礁の青い海に心惹かれるものがある。

次に行く時は、離島めぐりもしたいな。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| とりあえず沖縄本島 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

キャッチフレーズは「何もない贅沢を楽しむ宿」

娘と二人で日帰り温泉に行きました。

向かった先は、八幡平の麓にある松川温泉。

冬場に行くなら4WDの車じゃないと厳しい場所です。

matu01.jpg

松川は、地熱の豊富な土地で国内初に造られた地熱発電所があります。

目指す温泉旅館は太いパイプの傍に建っていました。

matu02.jpg

○ 松川温泉 松川荘 (入浴料500円)

matu03.jpg

宿の中は、客の姿が見えず静かなものでした。

matu04.jpg

松川荘の風呂場は、男女別の内湯、女性用の露天風呂2ヶ所、混浴露天風呂
がありますが、まずはメインとなる混浴露天風呂へ。

matu05.jpg

他に入浴客がいないので娘と一緒に入りました。
(一緒に入るのは20年ぶりかな・・・)

青みがかった乳白色の お湯は もちろん源泉かけ流し。

少し熱めで硫黄の香りが鼻をつきます。

暖冬とはいえ降り積もった雪は多く、すっぽりと雪に囲まれた雪見風呂が
楽しめました。

matu06.jpg

ちなみに、松川荘の内湯にもシャワーやカランはありません。

湯溜め桶から汲んで使うのですが、個人的には趣があって好きなスタイルです。

mattu08.jpgmatu07.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 娘も一緒にお出かけ | 05:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

出鼻をくじかれる

旅仲間4人で青春18キップを使った日帰り旅に出かけることになりました。

が、集合場所の花巻駅に行くと

「ただいま、電車が遅れております」

という放送が流れていました。。。

( ̄□ ̄;) マジスカ?

出発前に出鼻をくじかれ、テンション急暴落 ↓↓↓

mino01.jpg

どうやら、雪によるポイント故障らしい。

07:59発の電車が30分遅れて出発しました。

mino02.jpg

この日は、陸羽東線を走る「リゾートみのり」号に乗る予定でしたが、
時刻表を見ると、このまま各駅停車に乗っていては間に合いそうにない。

仕方なしに途中で新幹線に乗り換えました。

< 08:45 北上駅発 はやて >
mino03.jpg

で、リゾート号には小牛田(こごた)駅から乗る予定だったけど、古川駅から
乗ることになった。

ダイヤが乱れると、旅のスケジュールが狂ってしまうじゃないか! (-_-メ)

しっかりしろ! JR!!

< 09:25 古川駅着 >
mino04.jpg

青春18キップでは新幹線に乗れないので、古川駅で清算したのですが、

その際に、「電車が遅れて、乗りたくもない新幹線に乗ってきた」と苦情を言うと

駅員さんは何度も謝ってくれました。



こんな顔してですけどね。 ↓





mino00.jpg



ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りでリゾート号など | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「リゾートみのり」に乗り込む

おっ! 見えてきた・・・

mino05.jpg

一ヶ月前に手配していた指定席が、トラブルで無駄になるかとチョッピリ
不安でしたが、リゾートみのりの勇姿が現れるとホッとして、
やっとこさ、テンションが上がってきました。

mino06.jpg

どんどん 近づいてきた・・・

この旅の第一目標はリゾートみのり号に乗車すること。 

その列車が近づいてくるとワクワクします。

mino07.jpg

キタ――――(゚∀゚)――――!!

キハ48系気動車っていう型らしい。

 < 10:16 古川駅発 リゾートみのり号 >
mino08.jpg

さあ、ここからが旅の本番。  気を取り直して出発進行!!

座席は展望スペースのある先頭車両。

しかも、一番前の見晴らし最高の座席でした。

mino09.jpg

一時間ほどで鳴子温泉駅に到着。

25分停車するらしいので、一旦、駅の外に出ました。

mino10.jpg

温泉に入る時間は無いので、名物の栗だんごを食べました。

mino12.jpg

栗が丸ごと1個入っている みたらし団子のようなものですが、

出来立てアツアツで美味しかったです。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りでリゾート号など | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

鳴子温泉から新庄へ

鳴子温泉駅に戻り、いちおう記念写真をパチリ。

mino11.jpg

リゾートみのり号は、新庄に向かって走り出しました。

寒い中お見送り ご苦労様です
mino15.jpg

出発すると間もなく鳴子峡に差し掛かりました。

そして、トンネルが近づいてくると、展望スペースにはカメラを持った人たちが
集まりだしました。

トンネルの先に絶景ポイントがあるらしい。

mino13.jpg

ただ、絶景のビューポイントはトンネルとトンネルの意外なほど短い距離。

列車は停車してくれますが、その時間はわずか数秒だけでした。

鳴子峡は紅葉がキレイな場所ですが、雪景色もなかなかいい感じです。

mino14.jpg

やがて、リゾートみのりは山形県に入りました。

どんどん雪が深くなっていく

[広告 ] VPS

そして、終点の新庄駅に到着。

駅の構内に お祭りの山車が飾ってありました。

< 12:28 新庄駅着 >
mino16.jpg

お昼時間なので、まずは腹ごしらえしますか。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

馬鹿はひかないっていうけど・・・

(>-<:) ウ~ッ 寒気がする


どうやら、風邪をひいたようです。

インフルかも・・・

なので、ブログは お休みにします。



お許しください m(_ _)m


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大石田そば街道の人気店で「板そば」を

新庄駅からはレンタカーで移動。

mino17.jpg

昼飯を食べに行った店は、ノレンやノボリが無ければ民家にしか見えない
そば屋でした。

○ き よ そ ば

mino18.jpg

山形県の中でも屈指のそば処大石田に伝説のそば打ち名人「高橋きよ」という 
お婆さんがいたそうな。

あまりの評判に周囲の勧めで自宅の座敷で美味しいそばを食べさせる
素朴な店を始めたらしい。

それが、「きよそば」の店名になり、現在は三代目(孫)が、その達人技を
受け継いでいるのだとか。

mino19.jpg

この近辺のそば屋では、サービスで漬物が出てくるのが一般的。

ボリューム・味ともに満足できます。

mino20.jpg

で、肝心の そばの お味は・・・

この店のそばは、打ち粉までそば粉を使った正真正銘の十割そば。

十割なのに、ブツブツ切れたり粉っぽさは全く無く、口の中で跳ねるような
弾力を感じです。

でも、そば通ではない小生には、正直、洗練された職人技のように
思えなかった。

< 板そば(大盛り) 950円 >
mino21.jpg

「きよ婆」を伝説にしたのは、

真心を込めて作った、自慢のそばと漬物を腹いっぱい食べさせてくれる。 

素朴だけど、そんな 田舎のお婆ちゃんの優しい もてなしの気持ちが
感じられたからなのかもしれない。


手打ち大石田そば きよそば(蕎麦) / 大石田駅袖崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りでリゾート号など | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

銀山温泉では屋根の雪下ろしの真っ最中

mino22.jpg

昼飯の後は尾花沢に移動。

大正ロマンの雰囲気が漂うノスタルジックな旅館が軒を連ねる、
銀山の温泉街をブラついた。

mino23.jpg

温泉街には、風格ある木造の三階建てや四階建ての旅館が並び、
落ち着いた情緒ある風情になっています。

mino24.jpg

尾花沢の市街地から離れた山間に位置する銀山温泉は雪の降る量も
格段に多い。

訪れた時、屋根の上では命がけで、危険な雪下ろしの真っ最中でした。

mino25.jpg

命綱なしではできないよなぁ。

[広告 ] VPS

古い建物を守っていくには、人が知らない所での、苦労があるんですね。

mino26.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りでリゾート号など | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新庄駅からの帰路

新庄駅まで舞い戻った時には、帰りの電車の時間が迫ってた。

この後は車の運転が無いのでさっそく、車内で呑み始める。

これも、ローカル線の旅ならではの楽しみです。

< 16:10 新庄駅発 >
mino27.jpg

陸羽東線は、別名「奥の細道湯けむりライン」という愛称で親しまれるほど、
沿線には温泉がたくさんあります。

< 鳴子温泉駅 (照明が安っぽいフーゾク店のようだ) >
mino28.jpg

乗り継ぎの時間までは短いが、鳴子を代表する「滝の湯」という共同浴場で
温泉を味わうことにしました。

○ 滝 の 湯 (入浴料150円)

mino29.jpg

源泉を鳴子温泉神社から引いている、”御神湯”として千年の歴史がある
古湯なんだとか。

硫黄の香りがする白いお湯が、樋から滝のように流れ落ちています。 

混雑していたし、のんびり温泉に浸かる時間がなくて、慌ただしかったのが
少し残念。

< 写真はお借りしました >
ダウンロード

そして、小牛田経由の東北本線で花巻まで帰るまで電車は順調でした。

< 小牛田駅で見かけたリゾートこがね(ふかひれ)号 >
mino30.jpg

電車の旅では、ダイヤの乱れなどでの計画通りに進めないことがあります。

でも、そんなハプニングも旅の思い出の一コマ。

トラベルはトラブルを楽しむものかも。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 日帰りでリゾート号など | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新しい相棒がやって来た

愛車のオーパと お別れしました

 (>_<。。)


もっと もっと 一緒に旅をしたかったけど・・・

二庄内

で、

新しい相棒として我が家に やって来たのがコレ ↓


< スズキ エブリイ PC 5AGS >
every01.png

できれば、もっと大きな車が欲しかったのですが、無職の身としては贅沢は
言えないのです。

所詮は、軽の商用車なので、乗り心地は良くないし、上り坂ではパワー不足を
痛感させられます。

しかも、ノーマルの状態でオーパで使っていた車中泊用品を積もうと思っても、
全部は無理なようです。

収納スペースがオーパより少ないのです。   (これは、意外だった)

でも、まぁ、寝ることさえできれば旅には出れる。

不便と思えることも慣れれば なんとかなるでしょう。

春になったら、この相棒と何処かに行こうと思っています。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 未分類 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

渡り温泉

寒い日が続くと温泉が恋しくなります。

とはいえ、雪が多いと遠くまで出かけるのが面倒くさいし、

家から車で20分ほどの近場の温泉へ行きました。

○ 渡り温泉 ホテルさつき (入浴料600円)

watari01.jpg

私の住んでいる地方では、厄年を迎えた人達が2月に「年祝い」で厄祓い
する風習があります。

この日は、年祝いの同級会で宿泊する客が多くて、館内は普段より
混んでいました。

watari02.jpg

風呂場にも人が多く、内湯は42歳のオヤジたちでワイワイ騒がしいので
露天風呂に避難しました。

ゆっくりと、静かに温泉を楽しみたかったけど・・・

とんだ 厄日だった。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

窓の目隠し(エブリイ編)

とりあえず、エブリイの目隠しを作りました。

・ フ ロ ン ト & リ ア

フロントとリアは、オーパで使っていた日よけシート(吸盤でガラスにくっ付ける
タイプ)を流用します。


・ フ ロ ン ト ド ア

フロントドアの窓用は、レジャーマットを切り抜いたもの。

every05.jpg

少し大きめに切っておき、窓枠に はめ込みます。

不器用者が作ったので、所々に隙間ができましたが・・・

まっ、こんなもんでしょ。

every06.jpg

外から見ると こんな感じ。

every07.jpg



・ ス ラ イ ド ド ア

スライドドアの窓には、レジャーマットと固定用に100均で買ったスティック磁石・
PPシート・隙間テープを接着したものを使います。

every08.jpg

レジャーマットを3方向から磁石で押さえただけのものですが、スライドドアを
開閉しても落下することはありません。

車中泊の旅の間は、取り付けたままの状態にしようと思っています。

every09.jpg



・ リ ア サ イ ド

後部荷室の窓は、旅行に限らず、常時、目隠しすることに。

車内の色合いと作業のしやすさ、防音断熱性を考えて、ヨガマットを両面テープで
貼りました。

every04.jpg

外から見ると こんな感じ。

every10.jpg

製作費は、

ヨガマット(832円) と スティック磁石+PPシート+隙間テープ(432円)

合計 1,264円

レジャーマットは、以前、戦力外になっていた物を使いました。
【オーパでレジャーマットを使っていた時の記事】


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 車中泊の装備 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ダムの近くの温泉

○ 焼石クアパーク ひめかゆ (入浴料600円)

岩手県の南西部 焼石(やけいし)連峰の麓にある温泉です。

hime01.jpg

(湯気で曇ってよく見えませんが) お湯は、薄っすらと濁っています。

温度は、やや熱め。 ゴムが焦げたような独特の香りがします。

スベスベとした肌触りで、浴感は悪くありません。

hime02.jpg

ちなみに、この温泉の近くには2009年に西松建設からの違法献金問題で
話題になった、別名「小沢ダム」と呼ばれる胆沢ダムがあります。


オイラは、無色透明・無味無臭の温泉より、個性的な濁り湯の温泉の方が
好きなんだけど・・・

水と政治家だけは濁っちゃダメだと思っている。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ドライブレコーダーとナビの取付

・ ドライブレコーダー

オーパで使っていたドライブレコーダーを移植。

every02.jpg



・ ナ  ビ

7インチのメモリーナビを取り付けました。 (30,230円)

この値段のナビでもフルセグのTVが映るんです。

あっ、それと、CDプレイヤーはありません。

もともと、音質にこだわりを持っているわけじゃないので、

音楽は、余っていたSDカードにデータを入れて、ナビのmp3プレイヤー機能で
聴くことにしました。

every03.jpg

ただ、このナビには まだ慣れていないし、目的地検索などはスマホナビの方が

使いやすいので、スマホ用のホルダーも取り付けました。 (1,545円)

every11.jpg

滑り止めのパッドに置くだけのタイプなので、スマホのサイズは関係ありません。

Nexus7でも使えそうです。

every12.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 車中泊の装備 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

硫黄の香りがする温泉を独り占め

○ 八 幡 平 ハ イ ツ (入浴料630円)

8hai01.jpg

日帰り入浴は朝8時から受付けています。

安比高原や八幡平リゾートなどのスキー場に近いので、冬場は宿泊客が
多いのでしょうが、朝から温泉に入る客が少ないようです。

硫黄の香りがする お湯にゆったりと浸かれました。

8hai02.jpg

露天風呂の開放感はまずまずのもの。

火照った体には、吹き込む風が爽やかに感じられます。

8hai03.jpg

貸し切り状態の温泉に長湯して、とてもリラックスできました。

湯上りには気持ちが良くなり、休憩所で30分ほど眠ってしまった。

従業員の応対も明るく感じよくて、気に入りました。

< マッサージチェアは無料でした >
8hai04.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ルーフキャリア取付けついでにテーブル作成

・ ル ー フ キ ャ リ ア

ルーフボックスは、オーパに積んでいたものを利用。

ステーとバーは、エブリイ用を買いました。 (13,130円)

every16.jpg

これで、荷物を積む量が増えたのは良かったのですが・・・

車高が2.2mになってしまい、立体駐車場はNGのようです。。 (´3`)

おまけに、荷物の積み下ろしには脚立が必要になりました。

every17.jpg

ってことで、旅に出る時は脚立を持って行かなければならないのですが、

普段は邪魔になりそうな脚立を何かに利用できないものかと考えた結果、

簡易テーブルを作ることにしました。

材料は、家にあった厚さ1cmのベニヤ板。

これを40cm×60cmのサイズに切り

every18.jpg

切り落とした細いベニヤを さらに切って、2枚をL字金具で固定して

これで 完成!

every19.jpg

テーブルにする時は、凸部を脚立の踏み板の隙間に差し込みます。

脚立を閉じた状態では踏み板の隙間は3cmですが、開くと隙間が2cmに
狭まるので、凸部のベニヤをガッチリ挟んでくれるのです。

every20.jpg

車の中では、こんな感じで使う予定。

every21.jpg

表面のベニヤ板にPPシートを貼って仕上げようと思っています。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 車中泊の装備 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |