貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2016-02- | ARCHIVE-SELECT | 2016-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

塩分濃度の高い温泉

東北道の安代JCT付近に建物が見える温泉旅館に立ち寄りました


○ 新安比温泉 清 流 閣 (入浴料700円)

sinappi01.jpg

新安比温泉の特徴は、海水の2倍の塩分濃度という強塩泉なんだとか。

(湯気で曇ってよく見えませんが)
大浴場に行くと床が赤茶けた色に変色しているし、浴槽の縁には析出物の
層ができていました。 


お湯を舐めてみると

ショッパ! (゚д゙)

メチャクチャ塩辛くて、金気臭がプンプンします。

sinappi03.jpg

お湯に浸かると強塩泉の効果で額から汗がダラダラ流れ出ます。

どっしりヘビーなお湯なので、疲れて眠くなってきた。

早々に露天風呂に移動しました。

< 露天風呂は循環・加熱式 >
sinappi02.jpg

長湯すると、身体が塩茹で肉になっちゃいますから気を付けてくださいね。

↑ウソです


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 温泉 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

脱サブバッテリー

オーパで使っていたサブバッテリー・アイソレーター・インバータのセットは
助手席の足元に置くことができます。

一人旅の時は、助手席に座ることはないし

相方と二人で旅する時は、相方が後部座席に座ればいいわけです。


・・・が、どうも しっくりこない。


本当にサブバッテリーが必要なんだろうか??


every15.jpg

もともと、冷蔵庫などがあるわけでもないし、

サブバッテリーを積んだのは、ルームランプやカメラ・携帯の充電、TV、
パソコンを駐車場でエンジンを掛けずに使いたかったからなので・・・

これらの電化製品を見直すことにしました。


・テ レ ビ

車中泊場所では電波状況の良くない場所も多く、停車中はテレビを観るより
ラジオを聴く方が多いから、これは我慢できる。


・ ル ー ム ラ ン プ


東日本大震災の後に買ったLEDランタン(単一3本)を使います。

every23.jpg

寝室(荷室)には、磁石付きのLEDライト(単四3本)を購入 (520円)

every24.jpg


・ パ ソ コ ン

ノートPCはタブレット(Nexus7)に変更。

旅行中はブログを更新する予定がないので、Wifi環境を考えたら
これで十分でしょ。

every25.jpg

タブレットは、走行中 シガーソケットからの電源で充電。

every12.jpg

停車中は、モバイルバッテリーから充電します。

every13.jpg

モバイルバッテリーは、走行中に充電できるようにシガーソケットからの
ケーブルを繋いでおきます。


ん? (∵)? これも サブバッテリー?


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 車中泊の装備 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

八戸・苫小牧経由で札幌へ

2014年3月7日(金) 雪

金曜日の夜、仕事を終えた友人2人と19時に花巻を出発。

車の中で夕飯を食べながら、ひたすら高速を走った。

そして、八戸からは苫小牧行きのフェリーに乗り込みました。

< 22:00 八戸港発 シルバーフェリー > 
ryuhyo001.jpg

夜のフェリー便は、休日の時間を目一杯使うには有効な手段ですが、

乗り込むや否や風呂に入って、すぐに寝るような慌ただしい幕開になりました。

ryuhyo002.jpg


3月8日(土) 雪 時々 晴れ

< 06:00 苫小牧港着 >
ryuhyo003.jpg

う~っ さぶっ!  (>-<:)

夜明けの苫小牧は、メチャクチャ冷え込みました。

やっぱり、北海道の寒さはレベルが違う。

苫小牧からは、高速バスに乗って札幌へ。

< 06:46 苫小牧発 高速バス >
ryuhyo004.jpg

えっ? なんで、フェリーに車を積まなかったのかって?

それは、フェリーと高速バスがセットになっている「八戸・苫小牧なかよしキップ」
(片道5000円)を利用した方が安く札幌まで行けるからでした。

< 08:35 札幌駅前ターミナル着 >
ryuhyo005.jpg

で、この先はレンタカーで移動します。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

札幌場外市場で海鮮丼の朝飯

北海道に来たからには、旨い海鮮丼が食べた~い!

ってことで、

ヲヤヂ3人で、朝っぱらからテンションをトップギアに入れて、札幌場外市場に
向いました。

ryuhyo006.jpg

そんで、食べログで調べた店に入店。

ryuhyo007.jpg

ところが、店の中に入りメニューを見ると、盛り上がる気持ちにキキ~ッ!と
急ブレーキ。

ネタの種類は いろいろ豊富なのですが、どれも、けっこうな お値段です。。。

う~む。。 どーすっかなぁ。 

今さら引くに引けないし・・・。

相談の結果、ここは夢を追わずに、2000円までの丼を注文しようぜ 
ってことになり

3人バラバラの海鮮丼を注文して待つこと暫し。

< ウニ・イクラ丼(小) 2000円 >
ryuhyo008.jpg

いかにも職人といった風貌の親方さんが、黙々と魚介をさばいている姿を
眺めながら待ちました。

で、

各々登場した海鮮丼にワサビ醤油をサッと回しかけて、食べ始めたのですが

< サーモン・カニ・イクラ丼(中) 2000円 >
ryuhyo009.jpg

それから、丼の中身が半分になるまで一切の会話が途切れ・・・

< イカ・エビ・ホタテ丼(中) 1500円 >
ryuhyo010.jpg

久しぶりに、3人が発した言葉は

「ヒャ~ッ!」  「うっ めぇ~!」  「一つ一つのネタのレベルが高い」
「やっぱり、北海道に来てよかった」 「ここは間違いはない」
「ワケの分からない店で、観光客をボッタくるようなハズレの海鮮丼を食べて、
ガッカリすることだけはゴメンだもんな」 ってことで、意見が一致。

ただ、こんな豪華な朝めしを食べると、日本酒が呑みたくなるのが人情。

それじゃ、車は誰が運転するの?

ヨ~シ 3人でクジ引きか?  


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

吹雪に巻き込まれ道の駅に避難

この旅ではレンタカーを3日間借りました。

ニコニコレンタカーのキャンペーン期間だったので、7人乗りヴォクシーが

なんと 1日2400円! 

3人で割り勘にすれば800円という激安料金です。

ryuhyo010-1.jpg

たしかに、走行距離が100,000Kmを越えた中古車で、ナビが古くて
使いにくいけど、7人乗り車種が借りれたことはありがたい。

とりあえず、ニセコ~小樽へ行こうと出発したのでした。

ryuhyo011.jpg

ところが、札幌市内は小雪だったものの、峠を登り始めると徐々に
吹雪きだしました。

そして、ついには猛烈な風で吹雪きまくり、まったく前が見えない!!!

ryuhyo012.jpg

ヤッベェ~ w(゚o゚)w 

視界は真っ白、どこが道路か分からない。

だからといって、停車すれば追突されそうで、前に進まぜるを得ず・・・

エ~イ!  と根性決めて走ったら峠に道の駅があった。

ryuhyo013.jpg

(^。^;) ふぅ~ 助かったぁ~

命からがら避難して、少し吹雪が弱まるのを待って車から出ました。

[広告 ] VPS


道の駅で風が収まるのを待とう。

< 道の駅 望 羊 中 山 >
ryuhyo030-1.jpg

ここの道の駅は、羊蹄山が眺められるスポットらしいのですが・・・

この天気じゃねぇ・・・  3月だっていうのに。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

予想以上にデカかった「あげいも」

この吹雪ではニセコへ向かうのはムリなようです。

道の駅で一休みしてから札幌に戻ることにしました。

< 道の駅 望 羊 中 山 >
ryuhyo014.jpg

中山峠の名物といえば、「あげいも」

「道の駅メグラー」としては、是非、押さえておきたい。

北海道民には馴染みのものらしいが、要は、茹でたジャガイモを
アメリカンドッグのような衣で包み、油で揚げたもので

それを3個 団子のように串に刺して売っているのです。

ryuhyo015.jpg

食べると、周りの衣が甘くて、中のホックリしたジャガイモには
ほのかな塩気があります。

まぁ、味は想像通りのものでしたが、この単調な味に変化を加えるため
「マイキッチン」というスペースが用意されていました。

並んでいる調味料は、

マヨネーズ ・ ケチャップ ・ チリガーリックパウダー ・ BBQパウダー
バーニャカウダ ・ クレイジーソルト ・ カレー粉 ・ スィートチリ ・ 
中華ソース

とバラエティーに富んでいます。

ryuhyo016.jpg

いろいろ味を試しながら食べるは楽しいのですが、「あげいも」が意外に
デカくて手こずらされました。

ryuhyo017.jpg

軽いスナックだろうと思っていたら大間違い。

ずっしりと、お腹に溜まります。 

結局、2個で満腹。  残った1個はビニール袋に入れて持ち帰ったとさ。

あ~ぁ この後、予約しているジンギスカンを食べに行くんだけどなぁ・・・

ryuhyo018.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

こんな食べ方もあるんだ?「塩ジンギスカン」と「サガリ」

(・_・)エッ..? ホントに ここなの?

ryuhyo019.jpg

昼飯は、北海道へ一緒に行った旅仲間が札幌に住んでいる大学時代の
友人に頼んでオススメの店を予約してもらったのですが・・・

教えてもらった住所に来たけど、飲食店らしきものは見当たらず。

周囲をキョロキョロ 探していると・・・ 


おやっ? あれかぁ? 

あの赤提灯が怪しい

ryuhyo020.jpg

半信半疑で狭い階段を登って行くと、そこが目指す焼肉屋さんでした。

ryuhyo021.jpg

○ 肉 の 浅 鞍 (あさくら)


へぇ~ ここかぁ 

隠れ家的な店でいい感じじゃないですか。

ryuhyo022.jpg

とりあえず、この後のドライバーに車の鍵を渡してから、生ビールで喉を潤す。

ryuhyo023.jpg

お通しのエビを焼きながら、大将にオススメを訊くと「塩ジンギスカン」
「サガリ」だというので、それをオーダー。

ryuhyo024.jpg

やっぱ、北海道に来たらジンギスカンだよねぇ。

< 塩 ジ ン ギ ス カ ン >
ryuhyo025.jpg

「塩ジンギスカン」は、塩ダレで味付けされた肉を焼き、ゴマ油を絡めた
白ネギを乗せて食べるものでした。

厚い肉からジンワリ湧き出す脂と、ピリ辛ネギとは相性抜群!

肉を噛む楽しさにシャキッとした歯ざわりがプラスされて

なまら ウマイ!

ryuhyo026.jpg

で、

お次のサガリは、大きな肉をハサミで切りながら焼きました。

< サ  ガ  リ >
ryuhyo027.jpg

「サガリ」は、卵の黄身をつけて食べます。

より濃厚でマイルドな味わいになり、

これも うっめぇぇぇぇ~ ♪

ryuhyo028.jpg

大満足。

いやぁ、いい店教えてもらったなぁ。

持つべきものは、友達の友達ですね。


浅鞍焼肉 / 円山公園駅西18丁目駅

昼総合点★★★★ 4.0


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

楽しい工場見学 ♪

札幌で焼肉を食べてから、高速で恵庭(えにわ)へ。

○ サッポロビール北海道工場

ryuhyo030.jpg

北海道が発祥のサッポロビールが どのようにして出来上がるか
学習に来ました。

ryuhyo031.jpg

見学者の皆さんは、案内係のお嬢さんの説明を聞きながら、
「ふ~ん」と感心したり、「へぇ~」と驚いたり、
興味ありそな声を上げていましたが、

腹の中では 「説明はもういいから、早くビールを飲ませろ!」
と思っていたに違いありません。

ryuhyo032.jpg

で、 約20分間の見学の後は、お待ちかねの試飲タイム。

ryuhyo033.jpg

「黒ラベル」と「北海道限定クラッシック」の飲み比べで

ビールが2杯飲める (^^♪

ryuhyo034.jpg

クラッカーとチーズの おつまみ付き

ryuhyo050-3.jpg

飲み比べといっても、どちらも出来立てだからメチャクチャ旨かったです。 

もっと飲みてぇ~!!!

< 駐車場までの送迎バスの吊り革はビールジョッキ型 >
ryuhyo036.jpg


サッポロビール 北海道工場その他 / サッポロビール庭園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

和歌山のお嬢さん二人と合流

ビール工場を後にして新千歳空港へ和歌山のオバお嬢さん二人を
迎えに行きました。

< 新 千 歳 空 港 >
ryuhyo037.jpg

彼女達は、関西空港を拠点にLCC(格安航空)を利用して、いろいろな所へ
旅行していまして、「あまちゃんブーム」の時に岩手へ来た際に面識がありました。

関西のオバチャンらしく、金にシビアな要素を持っている彼女達とは、
極力安く旅したいという共通点で、今回、行動を共にすることになったのです。

これで、旅のメンバーは5人となり、とりあえず、札幌に舞い戻りました。



○ 藻 岩 山 ロ ー プ ウ ェ イ

ryuhyo038.jpg

和歌山のお嬢さんのリクエストで藻岩山に行きました。

「函館の夜景が100万ドルだとすれば、札幌の夜景は1000万ドル」 

なんだとか。

ryuhyo039.jpg

で、往復料金1700円也!を支払いロープウェイに乗ったけど・・・

山の中腹から上は吹雪で夜景はボンヤリ。

ryuhyo040.jpg

山頂では、1000万ドルの夜景にほど遠く、何も見えなかった。 (TДT)

ryuhyo041.jpg

いちおう、山頂の「幸せの鐘」のところで記念写真を撮ったけど、

う~む。 ヲヤヂが鐘を鳴らすポーズが なんともキモチワリイ

┐('~`;)┌ 


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

え? 味噌ラーメンじゃないの? ススキノで

夜のススキノにやって来た。

小生以外のヲヤヂ2人は、フーゾク大好き人間で、ある程度ススキノの
土地勘があります。

本当は、酒を呑みたかったようですが、

この夜は女性も一緒なので、大人しくラーメンを食べることになりました。

ryuhyo042.jpg

○ ラーメン 信 月 (しんげつ)

ryuhyo043.jpg

で、連れて行かれたラーメン屋は、カウンターのみ10席程度の店でした。

「塩ラーメン」がオススメとのこと。  

(・_・) ・・・エッ? マジ?

札幌って、味噌ラーメンじゃないの? と 思いつつも、お言葉に従って
塩ラーメンをいただくことにしました。

< 塩 ラ ー メ ン 680円 >
ryuhyo044.jpg

黄色がかった透明スープに、パサパサなチャーシュー、ナルト、麩、海苔・・・

見た目からして、あっさり、シンプル。

食べ始めから、グイグイ押してくるような力強さはありませんが、
スープの味わいは、しっかりとしていて、物足りなさは感じません。

熟成された麺は、ツルッとしていながらも歯ごたえがあります。

ほほぅ たしかにこれは札幌ラーメンだ。

かなり ウマイ。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

立ち上る湯気に惹かれて

ヨッパライで ごった返しているススキノにモウモウと湯気が立ち昇っている
一角がありました。

人気があるらしく、店の前に行列ができていたので、それに加わって試しに
食べてみた。

ryuhyo045.jpg

○ 皆 招 楼 (かいしょうろう)

ryuhyo046.jpg

このテのものは、蒸したてアツアツを食べるのが一番。

肉まんを1個受け取り

ハフハフ・・・

< 肉まん(ブレンド醤油) 200円 >
ryuhyo047.jpg

さっそく、その場でパクリと一口齧ったら・・・

アッチ~!!! あまりに熱くて味が分からない。。。

でも、けっこう ジューシーで、シットリ感のあることは分かるし、しょうゆの
香ばしさが感じられます。

ryuhyo048.jpg

まぁ、肉そのものは、大きなチャーシューが入っているわけでもなく
ミンチ肉が主な材料のようですが

具もギッシリ詰まっていて、食べ応えもある。

えっ? これでホントに200円なの? 安っ!

なるほど、これじゃ人が群がるわけだ。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「ガリンコ号」に乗るため紋別に向かったが・・・

3月9日(日) 雪 のち 晴れ

さて、この日は いよいよ 旅のメインイベント 流氷ツアーの日。

そうです。 今回の旅の目的は流氷を眺めることだったのです。

これから紋別まで行って、砕氷船「ガリンコ号」に乗り、オホーツクの流氷を
見に行く予定。

朝6時に起床しました。

ryuhyo049.jpg

気合を入れて、朝7時に札幌を出発したのですが、所々で吹雪いて
視界が悪く、先行きが不安な状態でした。

ryuhyo050.jpg


< 札幌市内も こんなに雪が残っている >
ryuhyo050-1.jpg

もし、高速が通行止めになったら紋別行きは諦めるしかない。

激しい吹雪の中で、どうにかこうにか車を走らせながら、滝川の手前で
ラジオの交通情報を聞くと、さっき通ってきた美唄(びばい)と滝川の間が
通行止め
になったとのこと・・・

おっ! 今 走っているのは通行止め区間だけど、美唄を通り過ぎたから、
ギリギリのところで高速を降りずに済みそうだ。 \(^-^)/ヨッシャー 

吹雪き地帯を通過すると、やがて晴れ間が見えてきた。

これで、最初の難関を突破して紋別まで行けそうだ。

サービスエリアに入って、砕氷船「ガリンコ号」の予約を入れることにしました。

< 砂 川 S A 下 り >
ryuhyo051.jpg

で、

トイレ休憩してから車に戻ってくると、流氷ツアーの予約電話を掛けていた
ヒラ君の様子がおかしい・・・


「流氷がいないんだって・・・」   

(;゚σ゚) えっ!? ナニナニ? ドユコト? 


「だから・・・流氷がどこかに流れて行ってしまって
紋別にいないんだって!」

 
ヽ(`д´)ノ ナニィ~!!! それじゃ話が違う!  
金返せ!
  

「・・・って、砕氷船の予約してないから」

そんなこんなで、紋別行きはドタキャンになり、旭川で高速を降りることに
なりました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

冬の旭山動物園

そんで、急遽 旭山動物園へ行くことになった。

○ 旭 山 動 物 園

ryuhyo052.jpg

以前、夏に来た時はグダグダしていたシロクマが、悠然と歩いていました。

【 夏に来た時のシロクマ 】

ryuhyo054.jpg

旭山動物園は、冬の方が見ごたえがあるようです。

ryuhyo056.jpg


[広告 ] VPS

人気のイベントは「ペンギンのお散歩」。

ヨチヨチ歩く姿が可愛いです。

ryuhyo055.jpg


[広告 ] VPS

まっ、いい歳して、可愛くもない動物もいましたけどね。 (^_^; 

ryuhyo053.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

昼飯はラーメンを旭川で

旭山動物園を出て昼飯を食べることにしましたが、旭川は全く知らない土地で
心当たりの店は無く、”るるぶ”に載っていたラーメン屋に入りました。

○ 三 日 月

ryuhyo057.jpg

店の中には、5人ほど並んで席が空くのを待っていて、後から来た客は
諦めて出て行きましたが、他にアテも無い我々は空きっ腹を刺激する
香りを嗅ぎながらジッと待つことに。

< しょうゆラーメン 700円 >
ryuhyo058.jpg

この店の塩ラーメンは旭川ラーメンの巨匠 山頭火系らしいが、我々5人は、
塩ではなく、しょうゆ派と味噌派の二大派閥に分かれて注文。

小生が食べたしょうゆラーメンは、背脂が浮いたコッテリタイプ。

ズッシリとヘビーかと思って食べ始めたらそんなことはない。

< 辛味噌ラーメン 800円 >
ryuhyo059.jpg

トンコツ主体のスープですが、ギットギットしたクドさを感じることは
ありませんでした。

麺は、もちろん加水率を低く抑えて作られた旭川独特のもの。 

硬めで歯ごたえがいい。

< 肉  飯 250円 >
ryuhyo060.jpg

セットで頼んだ週替わりの「のっけ飯」の具は、メンマと豚バラの炒め物でした。

ラーメンとの相性がよくて、ペロッといけちゃいました。

< のっけ飯 250円 >
ryuhyo061.jpg


らーめん 三日月ラーメン / 旭川四条駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

層雲峡 氷瀑まつり

旭川から上川(かみかわ)の層雲峡温泉へ移動。

ryuhyo062.jpg

○ 層 雲 峡 氷 瀑 ま つ り

ryuhyo063.jpg

流氷は見れなかったけど、和歌山のお嬢さんたちに北海道の寒さを
満喫してもらおうと「氷瀑まつり」にやってきたのです。

ryuhyo064.jpg

空は青空ですが、それにしても キンキンに冷えて寒い! (>-<:)

3月だというのにマイナス20℃近かったんじゃないかな。

ryuhyo065.jpg

氷の建物の中に入ると、少し暖かいような気がしましたが、
天井を見上げると鋭く尖ったツララが伸びていて、

w(゚o゚)w ゾッと寒気が走りました。。

ryuhyo066.jpg

夜には氷の建物が7色の光にライトアップされ、幻想的な眺めになる
らしいのですが、それを見物するにはガッチリ防寒装備した方が
良さそうです。    

ryuhyo067.jpg

ヘタレな一行は、そそこさとストーブが焚かれている売店に逃げ込みました。

< 上川はジャンプスキーが盛んな所です >
ryuhyo068.jpg

少し暖まったところで、ハスカップハイボールなるものを飲んでみた。 

ryuhyo069.jpg

ウ~ッ 酸ッパ! (゚д゙)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2日連続で焼肉 ハマッてしまった・・・

そして、上川から札幌に戻ってきたら夜になっていました。

昨夜と違うホテルに泊まるので、とりあえず チェックイン。

ryuhyo070.jpg

で、夕飯は昨日に続いて、再び 肉の浅鞍へ。

< 赤提灯が点いているので、夜の方が見つけやすい >
ryuhyo071.jpg

もちろん、塩ジンギスカンとサガリは食べましたが、その他にも気になる
メニューがありました。

< サ  ガ  リ >
ryuhyo072.jpg

追加注文した中で、

「焼肉レッドカーペット」 と書かれていた 「王カルビ」なるものが

運ばれてきた時には、豪快なビジュアルに思わず笑ってしまった。

レッドカーペットというか、まさに肉の巻物やぁ~。


< 王 カ ル ビ >
ryuhyo073.jpg

網の上で広げきれないほど長いし・・・

いやはや、なんとも、楽しませてくれるじゃないの

ryuhyo074.jpg

シメに食べた「牛トロライス」もビックリするほど旨かった。

< 牛 ト ロ ラ イ ス >
ryuhyo075.jpg

いやぁ~ この日も満足、満足。

肉喰ったゾ~ッ という充実感にドップリ浸れました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

一路 札幌から登別へ

3月10日(月) 晴れ

この日の朝めしは、セイコーマートで買った「ようかんパン」と「梅カツゲン」

車の中で食べながら一路 登別に向う。

ryuhyo076.jpg

「一路」と言っても北海道は広いわけで、登別に到着するには4時間ほど
必要でした。 

で、とりあえず、観光名所の地獄谷へ


○ 登 別 地 獄 谷

ryuhyo077.jpg

水蒸気が噴き出している光景は けっこう迫力あります。

せっかくなので、硫黄の香りが漂う遊歩道を10分ほど散策することに。

ryuhyo078.jpg

周囲は地熱で雪が融けていたけど、遊歩道だけに雪が残っていて、

何度か滑って転びそうになった。。。

ryuhyo079.jpg

ブクブク泡を立てながら熱湯が湧き出していたけど

これって、登別温泉の源泉だろうか?

ryuhyo080.jpg

「わざわざ登別まで来たのだから温泉に入ろうよ」 と提案したのですが、
多数決で却下。

この後は、熊牧場へ行くことになりました。 (´_`)チェッ


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

クマ牧場 ナメてたぁ~

○ 登 別 ク マ 牧 場

ryuhyo081.jpg

ロープウェイに乗って お山の上のクマ牧場へ。

ryuhyo083.jpg

入口付近で鮭が吊るされていたけど、お土産品なんだろうか?

それとも、クマのエサ?

ryuhyo084.jpg

オスのヒグマを近くで見るには、「ヒトのオリ」 に入っていきます。

ryuhyo085.jpg

ヒグマ デカッ!!! w(゚o゚)w

やたらに舌が長いし、近くで見ると大迫力

ryuhyo087.jpg

メスのヒグマは手招きしてエサをねだっている。
チョーダイ♡

ryuhyo088.jpg

ヒグマの次は、ツキノワグマの芸を見物。

[広告 ] VPS

ヒグマと比べると、まるで小熊のような大きさですが、これでも成獣なんだそうです。

芸を行う前、必ず調教師が「やりたくなったら やってね」と声を掛けるのです。

芸を強要すると動物愛護団体に”虐待”だと抗議されるからのだとか。

ryuhyo089.jpg

クマ牧場にはアヒルもいました。

ryuhyo090.jpg

○ ア ヒ ル の 競 争

[広告 ] VPS

勝ちアヒルの予想的中!

商品はハンカチでした。 

ryuhyo091.jpg

温泉に入れず、シブシブやって来たクマ牧場でしたが、なかなかどうして

楽しかったぁ~ (o^。^o)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:08 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

クマ山食堂で昼飯

ギョッ! クマだあぁぁぁぁ \(>。<)/゙

ryuhyo092.jpg

昼飯を食べようと 「クマ山食堂」がある建物に入ったら、ヒグマがこっちを
見てるじゃないですか (剥製だったけど)


さっき、ホンモノのヒグマを見たばかりだから、一瞬だけどマジでビビリました。

で、お昼は入場料とセットになっていた ジンギスカン♪

この日も ジンギスカン♪

ryuhyo094.jpg

「クマ山食堂」のジンギスカンは、肉にタレがかかっていて、野菜と一緒に
グツグツと煮込むようなタイプ。

予想以上に肉が柔らかいし、野菜に肉とタレの旨みが よ~く 染みこんで

なまら うまかった。

ryuhyo095.jpg

食後、屋上の展望台に行ってみたら、クッタラ湖というカルデラ湖と
海が見えました。 

晴れたら絶景だろうなぁ・・・

ryuhyo093.jpg


クマ山食堂レストラン(その他) / 登別市その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.4


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

札幌のソールフードは「スープカレー」じゃなくて「ぎょうざカレー」?

○ そして 新 千 歳 空 港

名残惜しいけど、そろそろ家に帰る時間です。

和歌山のお嬢さん2人とは ここでお別れ。

我々は、レンタカーを返しに札幌に戻ります。

(別れ際に、「次は和歌山に来てくださいね」 (ToT)/~~ って言うので、
4ヶ月後ホントに和歌山に行ったけどね)


[広告 ] VPS


そして、札幌で家路につく前に北海道での最後の晩餐。

○ みよしの環状光星店

ryuhyo096.jpg

札幌周辺の道民熱愛のファーストフードといえば、

牛丼やハンバーガーなどではなく

 「ぎょうざカレー」 っしょ。

ryuhyo097.jpg

ってことで、食べてみたら・・餃子もカレーも値段相応、ごく普通の味。 

ぶっちゃけ、別々に食べても良いと思いますが、餃子が乗ると、
特徴のないカレーにニンニクの風味が加わることで、
確かにインパクトが増しています。  (値段も安いし・・・^^)

< ぎょうざカレー 380円 >
ryuhyo098.jpg

いずれにしろ、この組み合わせの発想は、新たなものを創る道産子の
開拓魂の賜物だろうか?

< シュウマイ3個 100円 >     < ぎょうざ6個 200円 >
ryuhyo099.jpgryuhyo100.jpg

ぎょうざカレー+単品ぎょうざ+ビール大瓶で1000円以下という
リーズナブルな価格設定がウレシかった。


みよしの 環状光星店餃子 / 東区役所前駅環状通東駅北13条東駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

苫小牧からのフェリーで家路に就く

さあ、そろそろ家に帰ろう

レンタカーを返却して、札幌駅前から高速バスで苫小牧へ。

ryuhyo101.jpg

飛行機で和歌山に帰った2人は、もう家に着いただろうが、

こっちは、まだ先が長い。

ryuhyo102.jpg

まぁ、先が長いといっても、フェリーで寝ていくだけで、風呂に入れるし、

ゆっくり酒も呑めるので、むしろ、楽しい時間ですけどね。

ryuhyo103.jpg

ただ、明日の朝は八戸から車で高速に乗って花巻まで帰りますが、

友人二人は いつも通り仕事に行くので、深酒せずに早めに寝ることにします。

ryuhyo104.jpg

それにしても、サッポロ雪祭りの後は閑散期になるようで、北海道を安く
旅行するには狙い目
かもしれません。

< 朝飯は やきそば弁当 >
ryuhyo105.jpg

今回果たせなかった流氷ツアーは、いつか必ずリベンジするぞ~!


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| セコツアークラブ | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

秋田県へ行く予定が宮城県に変わった

相方を誘って、秋田県大仙市の温泉に行こうと家を出た。

とりあえず、花巻南ICから東北道で南下しました。

ところが、ボーッとして走っていたんだろうか・・・

あろう事か秋田道へ向う北上JCTを通り越してしまいました。 

< 秋田道へ入る予定だった・・・ >
sintoro00.jpg

(*o*;) あっ! と すぐに気がついたけど 時すでに遅し。。。

引き返すのも面倒なので、そのまま南下しました。

<今日のひとこと>
『人生は曲がり角の連続。 時には真っ直ぐ行くのもいいじゃないか』 (もみを)

ってことで、宮城県大崎市の中山平温泉に変更。


○ 中山平温泉 しんとろの湯 (入浴料420円)

sintoro01.jpg

R47を走っていくと、道の脇のタンクからモウモウと湯気が立ち昇って
いるのが見えました。

この辺の源泉は90℃以上の高温なので、80mも木の樋を流して温度を
下げることによって、加水することなく源泉のまま かけ流ししているのだとか。 

sintoro02.jpg

浴槽に流れ込んでいるお湯は透明ですが、ほど良い硫黄の香りがします。

そして、肌触りはツルツルでいい感じ。 

ただ、人気があって混んでいるのが玉にキズ。

あ~ぁ。 もう少し、空いていれば、ゆっくりは入れて いいんだけどなあ。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

田舎の民家で食べるそば

無性にそばが食べたくなって、中山平から山を越えて山形県に向った。

○ 三 郎 兵 衛 そ ば

sintoro03.jpg

最上川三難所そば街道にある店は、どこから見ても田舎の民家そのもの。

庭先には裏山からの水がふんだんに流れていました。

玄関を入ると囲炉裏があり、仏壇のある広間に通されます。

こんな落ち着いた空間で食べるそばは一味違ったものに感じられるはず。

sintoro04.jpg

小生は「大板そば」、相方は「鳥肉そば」を注文。

お茶うけに出される漬物3種の他に、後から山盛りのキュウリ漬けが
出てきました。

待ってました! (そばより漬物が食べたかったのかも ^^)

オレ的に、漬物は山形県が日本一だと思っている。

< フキ&キクラゲ&ワラビの漬物 >
sintoro05.jpg

そんでも、本命のそばは極太で噛みごたえアリ、かなりイケてるし 

ボリュームも十分。

< 大 板 そ ば 1100円 >
sintoro06.jpg

温かい鳥肉そばは、ジンワリとダシが効いて美味しさが滲みてくる。

< 鳥 肉 そ ば 700円 >
sintoro07.jpg

うまいなぁ・・・

素朴な味わいだけど満足度は高いです。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 食べ物 | 06:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

レトロで情緒ある温泉旅館

村山でそばを食べた帰りには、歴史を感じる独特な雰囲気の
瀬見温泉 喜至楼に立寄った。


○ 瀬見温泉 喜 至 楼 (きしろう:入浴料500円)

sintoro08.jpg

日帰り入浴は、明治元年に建てられた喜至楼本館で受付けています。

< 喜 至 楼 本 館 >
sintoro09.jpg

この旅館の魅力は、なんといっても古びた建物と、その調度品。

sintoro10.jpg

すげぇ~ (☆。☆)

押し絵の世界のような彫り物は、まさに美術品ともいえるほど見事です。

sintoro11.jpg

脱衣所には 「花咲ジイサンとポチ」が待っていました。

sintoro12.jpg

そして、肝心の温泉。

お湯は、無色透明。  かけ流し。

キリッと熱くて気持ちがいい。

< 男  湯 > 
sintoro13.jpg

混浴内湯は、円形の湯船で真ん中に柱がある「ローマ式千人風呂」です。

明治~昭和のはじめまで日本各地の温泉旅館で流行ったそうですが、
今では日本で唯一の混浴ローマ千人風呂なんだとか。

< 混浴 ローマ式千人風呂 >
sintoro14.jpg

設備が古いので、けっして快適とは言えませんが、レトロな雰囲気に
ドップリ浸かりたい方にはオススメの旅館です。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 温泉 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エブリイに間仕切りカーテンの取付ける

○ 間仕切りカーテン

エブリイに間仕切りカーテンを取付けるため、ドリルで車体に穴を開ける
必要はありません

もともと、エブリイには、純正オプション品を取り付けるための穴が
何ヶ所か開いているのです。

間仕切りカーテンの取付には天井の穴を利用しました。

katen01.jpg

プラスチックのポッチを取ると5mm径の穴が現れます。

katen02.jpg

この穴を使って、市販のカーテンレールをネジで取り付けました。

< カーテンレールは500~800円くらいで売っています >
katen03.jpg

エアコン効果を高めるためことが目的なので、断熱カーテンライナー
というナイロン製のカーテン地にしました。

< サイズ100Cm×140Cm  600~800円で売っています >
katen05.jpg

このままでは大きすぎるので、

一旦、カーテンレールに吊るして採寸し、余分な部分を切り落とし、

端っこは両面テープを貼って折り返します。

katen06.jpg

出来上がりは、こんな感じ。

katen07.jpg

カーテンレールからはみ出た部分は、マジックテープで止めました。

katen09.jpg

100均で、こんな部品も売っています。

katen04.jpg

磁石付きのカーテンライナー。

katen08.jpg

房掛けフック。

katen10.jpg

遮光タイプのカーテンなので、目隠しとしても使えるかもね。

作業時間は1時間程度。

2000円もあれば、簡単に間仕切りカーテンは作れます。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 車中泊の装備 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。