貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2016-08- | ARCHIVE-SELECT | 2016-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

津山城

津山市の中心部にある津山城に立ち寄った。


○ 津 山 城 (つやまじょう)

tyu711.jpg

城跡は鶴山(かくざん)公園と呼ばれています。

tyu712.jpg

津山という地名は、鶴山を訓読みした「つるやま」が由来なのだとか。

< 森 忠 正 像 (森蘭丸の弟が初代城主) >
tyu713.jpg

三の丸~二の丸と登って行くと津山市街の眺めが広がっていました。

どことなく、城下町らしい風情が残っているように思える。

tyu715.jpg

そして、二の丸の北側には復元された備中櫓(びっちゅうやぐら)が。

天守閣が復元されていないため、もっとも目立つ建物です。

tyu714.jpg

本丸から見ると備中櫓は、こんな感じ。

tyu718.jpg

やっぱり、石垣の下から眺めた方がカッコイイ。

tyu721.jpg

備中櫓から天守へ向かう道は、迷路のように複雑に折れ曲がり、
直進できない構造になっています。

tyu719.jpg

天守台。

この城の石垣は、どこもかしこも見事に組まれています。

tyu716.jpg

天守台の内部は、こうなっている。

明治初頭に廃城令が発せられるまで五層の天守閣が聳えていたらしい。

tyu717.jpg

公園の入口にあった案内図を見れば、さほど大きな城とは思えなかったが、
実際に歩くと、かなり広い城内で、けっこう石垣が高くて壮大な城郭でした。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 16春 中国地方へ | 15:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

気が落ち込んだ雨の日

寝場所を探しながら東に移動。

< 道の駅 彩菜茶屋 >
tyu722.jpg

知らぬ間に岡山県を出て兵庫県に入っていました。

< 道の駅 宿場町ひらふく >
tyu723.jpg

18時を過ぎ、移動を止めて夕飯を食べていると同級生の友達から
電話がかかってきました。

最近、彼から連絡があるのは弔事ばかりだ。

tyu724.jpg

やはり、この日の電話も。。。

小学校の時、同じクラスだったケンイチ君が亡くなったとの知らせだった。

数年前から患っていたガンが、ケンイチ君を容赦なく蝕んだのだ。

一緒に遊んだ頃の思い出が頭をよぎった。  悲しい。。。

あらためて、命のはかなさを思い知らされ、なかなか寝付けなかった。

この日走った距離 : 213Km  (累計 4,048Km)




2016年4月21日(木) 曇り

tyu725.jpg

6時に起床。  暖かな朝でした。

tyu726.jpg

空が曇っているし、足腰が疲れているし、友人の訃報があったし・・・

気持ちが乗らない。

イマイチな気分で出発。

< 智頭急行の気動車 >
tyu727.jpg

佐用町から宍粟市へ千種川(ちくさがわ)を遡るように進みました。

途中で空は雨模様に。

立ち寄った道の駅は、定休日で雨宿りができず。

< 道の駅 ち く さ >
tyu729.jpg

千種川は、名水百選に選ばれている清流で、アマゴやアユ釣りが
盛んらしいですが、この日は人っ子一人もいませんでした。

tyu730.jpg

この日は、どこを観光しても楽しめそうにもない。

ペースダウンして、近場の道の駅をめぐるだけの一日にしようと思う。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 16春 中国地方へ | 15:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。