貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2016-10- | ARCHIVE-SELECT | 2016-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

雲海はなかったけど、竹田城跡へ

朝来市和田山町へ向かった。

tyu753.jpg

目指したのは、近年人気沸騰中の竹田城跡。

ですが、竹田城跡へは一般車両の乗り入れ禁止。

「山城の郷」という登城口から先は、徒歩かシャトルバス(天空バス)
あるいはタクシーで行くしかありません。

tyu754.jpg

城跡までの距離は2.1Kmらしい。

歩いて登るのは少しツライ。

150円支払って、シャトルバスで行くことにしました。

tyu755.jpg

が、 バス停があるの1Kmほど先の山の中腹。

結局、バスに乗っても20分は歩くことになります。

tyu756.jpg


○ 竹 田 城 跡

tyu757.jpg

竹田城跡は、「天空の城」とか「日本のマチュピチュ」と呼ばれています。

tyu758.jpg

山の頂に位置し、眼下に広がる眺めや石垣の状態は、さすがに評判通り。

スバラシイ。

tyu761.jpg

ただ、観光客が多いので、下界から隔絶された古い山城のロマンに
浸れるような雰囲気ではなかった。

行ったことはないけど、マチュピチュも こんな感じなのかなぁ・・・

tyu760.jpg

で、  「山城の郷」へは、歩いて戻った。

帰り道は下りだし、車両は一方通行で町内をグル~ッと回った後に
「山城の郷」に行くため、シャトルバスに乗るより歩いた方が早いのです。

tyu762.jpg

「山城の郷」からは、竹田城跡のビューポイントである「立雲峡」へ
車で向かった。

tyu763.jpg

案内図を見ると、立雲峡には展望台が3ヶ所あって、第一展望台までは3分、
第二展望台までは20分、第一展望台までは30分と書かれていました。

ここまで来たら、ほとんどの人が第一展望台まで登るようです。

tyu764.jpg

「雲海に浮かぶ城跡」が拝めるのは、9月から11月の間で、
前日の最高気温と最低気温の気温差の大きい寒い朝らしい。

tyu765.jpg

まぁ、雲海が見れないとしても、30分歩いて登ってきたという
ささやかな達成感とともに眺めると、なんとなく感動的に思える。

ここからの眺めが一番 「天空の城」っぽい感じがした。

tyu766.jpg



ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 16春 中国地方へ | 15:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

観光せずに京都府を通り過ぎた

立ち寄った道の駅で見かけた「但馬牛スジ丼」のノボリが気になり、
中にあるレストランで昼飯を食べることにした。

< 道の駅 や ぶ >
tyu767.jpg

注文したのは、もちろん「但馬牛スジ丼」。

ご飯の上に味噌味の牛スジ煮込みと多めのネギが乗ったものでした。

< 但馬牛スジ丼 950円 >
tyu768.jpg

煮込まれたスジ肉は、トロッとしながらも弾力と歯ごたえの良さが残っています。

味噌は、やや甘め。  

ベッタリまとわりつくような粘度のおかげで、ご飯がグジュグジュではありません。

そして、トッピングされているネギと糸唐辛子。

煮込み系にはマストですね。 いい役を演じてる。

tyu769.jpg

食事を終えた後、道の駅めぐりを続けた。

< 道の駅 但馬楽座 >         < 道の駅 ようか但馬蔵 >
tyu770.jpgtyu771.jpg

< 道の駅 但馬のまほろば>      <道の駅 農匠の郷やくの>
tyu772.jpgtyu773.jpg

すると、知らぬ間に京都府に入っていました。

時刻は14時。

まだまだ先に進みますが、ここらで一休み。


○ 夜久野(やくの)高原温泉 (入浴料600円)

tyu774.jpg

道の駅に併設された温泉施設。

平日の昼間だったためか、他に客の姿がみえませんでした。

tyu775.jpg

泉質に特徴はないけど、他人に気兼ねせず、お湯に浸かれて気持ちイイ。

(⌒o⌒) ♪~

tyu776.jpg

湯上りに休憩室で30分ほど横になると、気力が回復してきた。

tyu777.jpg

夕方まで、できるだけ道の駅のスタンプを集めようと再び出発。

< 道の駅 瑞穂の里・さらびき >   <道の駅 京丹波 味夢の里 >
tyu778.jpgtyu779.jpg

< 道の駅 丹波マーケス >       < 道の駅 京都新悦村 >
tyu780.jpgtyu781.jpg

で、  18時。

そろそろ寝場所を決めたいのだけど、市街地に近くて適当な場所が
見つからない。

< 道の駅 ガレリアかめおか >
tyu782.png

19時。

仕方なく、国道9号線を走っていると、信号下に「五条御前」の文字が・・・

ヤベェ  完全に京都の街中に迷い込んでしまった。。。

tyu783.jpg

エ~イ!  こうなりゃ、京都を抜けるしかない。

先に進むと 9号線(山陰道)が、どこかで1号線(東海道)に変わっていた。

tyu784.png

20時。

やっとこさ、琵琶湖畔の道の駅に到着。 

(´ε`) フゥ~  2時間も運転しっぱなしなので疲れた。

今夜は、ここで寝ます。

< 道の駅 びわ湖大橋米プラザ >
tyu784.jpg

今回の旅でライトが必要な時間まで走ったのは初めてだった。

けっこう距離を稼げたのは良かったが、どこも観光せずに京都府を
通り過ぎてしまったよなぁ。

tyu785.jpg

寝る前に少し歩いてみた。

琵琶湖大橋。

絵になる橋だ。

tyu786.jpg

この日走った距離 : 301Km  (累計 4,488Km)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 16春 中国地方へ | 13:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

琵琶湖から岐阜まで移動

2016年4月23日(土)  曇り のち 晴れ

もっと眠っていたかったけど・・・

朝5時に目が覚めました。

この日は、土曜日。

琵琶湖へ釣りに来た人が多くて、早朝から騒がしかったのです。
(ブラックバス釣りのようだ)

tyu787.jpg

徐々に駐車場の車が増えてきて、どうにも落ち着かない。

とりあえず、この場を離れ、琵琶湖大橋を渡ることにしました。

tyu788.jpg

橋の先は守山市。

まだ交通量の少ない交差点の赤信号で停車すると

ん? 浮気町?  

うわき じゃなくて ふけ と読むらしい。

tyu789.jpg

で、  この日最初の道の駅。

「モーニングセット」のノボリが立っていたけど、営業前でした。

ラジオ体操の音楽が流れる時間だから当然か。

< 道の駅 アグリの郷栗東 >
tyu790.jpg

朝食は、いつものレパートリー。

tyu791.jpg

食後は、琵琶湖の東岸を進んだ。

< 道の駅 草 津 >          < 道の駅 竜王かがみの里 >
tyu792.jpgtyu793.jpg

< 道の駅 あいとうマーガレットステーション >< 道の駅 せせらぎの里こうら >
tyu794.jpgtyu795.jpg

9時を過ぎたら腹が空いてきて、思わず直売所で売っていた
炊き込みご飯に手が伸びました。

温かくて、美味しかった。

tyu796.jpg

そして、彦根を通って、さらに東へ。

< 彦根城! たぶん >
tyu797.jpg

< 道の駅 近江母の郷 >        < 道の駅 伊吹の里 >
tyu798.jpgtyu799.jpg

伊吹山。

存在感のある山だ。

tyu800.jpg

国道8号線から国道21号線へハンドルをきると、まもなく岐阜県に入った。

この先、家まで ず~と 山側を進もうと思います。

tyu801.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 16春 中国地方へ | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

長良川を遡上 飛騨荘川へ

岐阜市を通り過ぎ、道の駅を巡りながら、美濃から郡上へ向かう。

< 道の駅 美濃にかわ茶屋 >     < 道の駅 美 並 >
tyu802.jpgtyu803.jpg

< 道の駅 古今伝授の里やまと >      < 道の駅 白 鳥 >
tyu805.jpgtyu806.jpg

しだいに長良川の川幅が狭くなってきました。

tyu804.jpg

で、  国道から4Kmほど逸れたところに寄り道。

tyu807.jpg

あっ! いえいえ。 

「流しそうめん」を食べに来たのじゃありません。


流しそうめんの店の先にある滝を見に来たのです。


tyu808.jpg

案内板によると、目指す滝までは歩いて10分ほどとのこと。

tyu809.jpg

遊歩道は、アップダウンがあるものの、整備されていて歩きやすい。

tyu810.jpg

しばらく歩くと、小さな阿弥陀堂の先に滝の姿が現れました。

tyu811.jpg


○ 日本の滝百選 阿弥陀ケ滝

tyu812.jpg

落差60m。

滝の近くまで寄ると、かなりダイナミック。

シブキが猛烈。

tyu813.jpg

駐車場に戻って来ると、陽が傾き始めていました。

そろそろ寝場所を決めようと、ひるがの高原の道の駅に向かった
のですが、道の駅というより 実態はラーメン屋でして、

駐車場は狭いし、道路に面しているし・・・

< 道の駅 大日岳 > (ノレンに「一番小さな道の駅」と書いてあった)
tyu814.jpg

結局、その先の道の駅まで移動。

高山市に入っていました。

< 道の駅 桜の郷 荘川 >
tyu816-1.jpg

標高が高くなったせいだろうか、エンジンを切ると、少し肌寒く感じた。

tyu815.jpg

こんな時、温泉が併設された道の駅はありがたい。


○ ひだ荘川温泉 桜香の湯 (入浴料 700円)
tyu816-2.jpgtyu816-3.jpg

かけ流しではなかったけど、肌にヌメリを感じるいい湯でした。

相方に現状報告と今後の予定を連絡して、21時には眠りについた。

この日走った距離 : 273Km  (累計 4,762Km)

あと 3日か4日だ。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 16春 中国地方へ | 10:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

飛騨から木曽に抜ける

2016年4月24日(日) 雨 のち 晴れ

朝、霧雨が降っていました。

少し寒い。

< 道の駅 桜の郷 荘川 >
tyu818.jpg

朝飯を食べながら、漠然と これから進むルートを考えた。

tyu819.jpg

とりあえず、飛騨高山へ向かいましたが、

< 道の駅 ななもり清見 >
tyu820.jpg

その先は、通ったことのない道を走ることにしました。

< 道の駅 ひだ朝日村 >     < 道の駅 飛騨たかね工房 >
tyu821.jpgtyu822.jpg

飛騨から木曽へ。


きぃ~ そぉ~ のぉ~ なぁ~ぁ ♪


御 嶽 山

tyu823.jpg

< 道の駅 三 岳 >          < 道の駅 木曽福島 >
tyu824.jpgtyu825.jpg

どこを見ても 山 山 山 山 山 山 山 山

tyu826.jpg

で、  中山道を進んでいく。

< 道の駅 日義木曽駒高原 >
tyu827.jpg

この道の駅が中山道の中間地点なんだとか。

tyu828.jpg

肉眼では、木曽駒ケ岳が見えたのだけど・・・

カメラじゃ うまく撮れなかった。。。

tyu829.jpg

「小判型」の五平餅が気になって注文。

甘じょっぱい味で、こんなものが年とともに旨く思えてくる。

< 五 平 餅 200円 >
tyu830.jpg

この後も、しばらく中山道を走ることにした。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 16春 中国地方へ | 10:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

上田を経由して草津温泉へ

宿場町の観光をすることもなく、木曽路を走った。

別に、急ぐ必要もなかったのだけど・・・

< 道の駅 奈良井木曽の大橋 >   < 道の駅 木曽ならかわ >
tyu831.jpgtyu832.jpg

道の途中でリンゴの花が咲いていました。

シナノゴールドだろうか?

tyu833.jpg

< 道の駅 今井 恵みの里 >     < 道の駅 小坂田公園 >
tyu834.jpgtyu835.jpg

手持ちの現金が少なくなってきたし、

残っていた食材の処分を兼ねて、昼飯は食パンに納豆を乗せて食べた。

tyu836.jpg

で、  さらに北東方向へ移動。

霧ヶ峰の麓を走っていると、入口に信号機があるトンネルがありました。

< 和田峠トンネル >
tyu837.jpg

トンネル内の道幅が狭くて、車がすれ違えないため、交互通行に
なっているのですが、暗かったし、狭かったし、

少し緊張しながら運転。

tyu838.jpg

峠を抜けた後は、北上して上田に向かった。

< 道の駅 マルメロの駅ながと >   < 道の駅 上田道と川の駅 >
tyu839.jpgtyu840.jpg

NHK大河ドラマの影響力ってスゴイですね。

上田は町中が真っ赤っ赤の真田色に染まっていました。

tyu841.jpg

上田からは、菅平を経由して群馬県へ。

関東に入った。

< 道の駅 草津運動茶屋公園 >
tyu842.jpg

草津に来たのだから、まずは日帰り温泉施設で ひとっ風呂。


○ 草 津 温 泉 館 (入浴料800円)

tyu843.jpg

まだ外は明るかったが、受付で 「あと1時間で閉館です」と言われた。

営業時間は19時までとのこと。

早過ぎるように思えるのだが・・・

ま、おかげで混んでいなくて良かった。

tyu844.jpg

少し緑がかって、酸っぱくて、ピリピリして、ツルツルする お湯に
癒された後は運転する気が薄れ、草津国際スキー場の駐車場で
寝ることにしました。

tyu845.jpg

夕飯は、税込み212円の弁当

日銀がマイナス金利政策を採用してもインフレ目標の達成はできそうにない。


この日走った距離 : 332Km  (累計 5,093Km


この旅の走行距離が5,000Kmを越えた


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 16春 中国地方へ | 14:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

草津温泉の湯畑で

2016年4月25日(月)  曇り のち 晴れ

< 天狗山第一駐車場 >
tyu846.jpg

車の中で朝飯を食べていると

広くて空いている駐車場なのに、離れた場所から小生の車の隣に
移動して来るキャンピングカーがありました。

(@_@;) えっ? なんで?


これから、朝食を作るのだろうか?

発電機を回し、サイドタープを開いて設営し始めました。
(「駐車場内でテーブルやイスを広げないこと」と書かれた看板があるのだが・・・)


間近で知らない人が動いていると落ち着かない。 くつろげない。

わざわざ、隣に移動してきたってことは、これから作った料理を
ご馳走してくれるのか?  とも思ったけど

ご馳走になれば、料理やキャンピングカーの「オレ自慢」の話を
聞かされるに違いない。


急いで食事を済ませて、さっさと駐車場から移動した。

tyu852.jpg

草津の温泉街は、まだ静まり返っていました。

tyu847.jpg

で、  草津温泉のシンボル 湯畑

tyu848.jpg

湯けむりと硫黄の香りに包まれながらの散策。

tyu849.jpg

有名な温泉場とはいえ、月曜日の早朝に歩いている人は少なかった。

tyu850.jpg

ここに朝早く来た一番の目的は、共同浴場に入ることだったのですが

5時から入浴できるはずの「白旗の湯」は、6時になろうとしているのに
まだ掃除中。

地元の人の好意で、無料で入れる共同浴場なので、「まだですか?」と
急かすわけにもいかず。。。

< 白 旗 の 湯 >
tyu851.jpg

こんなことなら、もっと ゆっくり来ればよかった。


今思えば、隣に駐車したキャンピングカーの人に挨拶するべきだったし
世間話ぐらいしても悪くなかった。

避けるように無視されて、無礼な奴と思われたかもしれない。


人見知りする性格をなんとかしないとなぁ・・・


共同浴場が開くのを待つ間、ベンチに座って そんなことを
考えていた。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 16春 中国地方へ | 09:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。