貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2017-01- | ARCHIVE-SELECT | 2017-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

会津西街道~山形路を進んだ

2016年4月26日(火)  晴れ

結局、昨夜は道の駅湯西川の駐車場で寝ました。

朝 06:30に起床。

tyu880.jpg

この先のルートは、地図を見なくてもイメージできた。

だいぶ家に近づいたような気がする。

頑張って走れば、今夜中に家まで帰って、久しぶりに畳の上で寝れる
かもしれない・・・。



まぁ、それも悪くないが、無理をする必要はない。

今まで通り、流れのままに進んで行くことにした。

tyu881.jpg

空は快晴。   風もない。

運転するのも快適。

tyu883.jpg

少し進むと福島県。   東北に入った。

< 道の駅 たじま >
tyu882.jpg

約一か月前、家を出発した頃は山に雪が残っていたけど

東北にも遅い春が来ていました。

tyu884.jpg

そして、ランチを会津若松で。

食べログを参考にして、ポイント3.52の店へ。


○ めでたいや

tyu885.jpg

11時の開店直後でしたが、店内は ほぼ満席。

ソースかつ丼が有名らしいが、ラーメンが食べたかったし、
コスパを考えて日替わりランチをチョイス。

優しい味わいのスープとモチモチした麺が美味しかったです。

福島県のラーメンのレベルの高さを再認識した。

< 日替わりランチ 730円 >
tyu886.jpg

会津若松からは、喜多方を抜けて米沢方面へ向かう。

< 道の駅 喜多の郷 >
tyu887.jpg

ひたすら走って山形県に突入。

< 道の駅 田 沢 >
tyu890.jpg

道路が空いていて思ったより距離が稼げたので、山の方へハンドルを
切って蔵王温泉に寄り道することにした。

tyu889.jpg


○ 蔵王温泉 上湯共同浴場 (入浴料 200円)

tyu891.jpg

車を下りると温泉街全体が硫黄の香りに包まれていました。

立ち寄ったのは、「上湯共同浴場」という小ぢんまりした湯小屋。

中に入ると、建物の割に大きな浴槽がありました。

お湯は白濁。

温度は少し熱め。 ジワ~ッと身体に染み込むような感じで気持ちいい。

tyu892.jpg

時刻は17時。  夕暮れが迫っていた。

< 道の駅 天童温泉 >        < 道の駅 むらやま >
tyu893.jpgtyu894.jpg

18時。  このまま走り続ければ、家には22時頃着くけど・・・

なんとなく、そんな気になれなかった。

< 道の駅 尾花沢 ここで寝ました >
tyu895.jpg

いよいよ明日は家に着く。

そう思うと少し寂しい気持ちになった。

旅が楽しいからとか、帰りたくないからとか じゃなくて、

単純に一つの事が、終わってしまうことが寂しいと思っただけだが・・・

tyu896.jpg

晩酌をしながら、旅の思い出に耽ろうかと思ったけど 

何も思い浮かばなかった。。。

相方に 「明日帰る」 とメールしてから寝た。

この日走った距離 : 265Km (累計  5,640Km)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 16春 中国地方へ | 15:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

帰宅

2016年4月27日(水)  晴れ

旅の最終日。  6:30に起床。

この日も快晴です。

< 道の駅 尾花沢 >
tyu897.jpg

26日間の旅は楽しかったが、もっと続けていきたい とは思わない。

やはり、近づくほどに家が恋しくなった。

日が暮れる前に帰れるだろう。

tyu898.jpg

とりあえず、車に残っていたものを食べてから、朝風呂に向かいました。


○ 瀬見温泉 共同浴場 (入浴料 200円)

tyu899.jpg

兄源頼朝の追っ手を逃れて、平泉を目指していた義経一行が発見した
という言い伝えのある瀬見温泉の共同浴場です。

夕方18時過ぎは、地元専用で町外の人は入れません。

入口はオートドアになっていて、料金を入れるとシャッと扉が開くシステム。

tyu900.jpg

風呂場には、長方形の浴槽がひとつのみ。 シャワーやカランはありません。

お湯は、無色透明無味無臭。 熱い源泉が流し込まれています。

朝早かったため、お湯は新鮮でしたが、その分 けっこう熱かくて
バッチリ目が覚めました。

tyu901.jpg

瀬見温泉から少し走ると宮城県に入った。

< あ・ら・伊達な道の駅 >
tyu902.jpg

栗駒の方向に向かっていると、「櫻田山神社⇒」と書かれた新しい
道標がありました。

櫻田山神社?・・・  ひょっとして、狩野英孝の実家?・・・

今や ちょっとした観光地になったのか?・・・

行ってみることにした。

tyu903.jpg

櫻田山神社は、栗駒山が見張らせる静かなロケーションにありました。

想像してたより格式が高そうな神社でしたが、

狩野英孝がTVで実家の話をしたおかげで、その名が知れたんだ・・・

TVの力ってデカイよ。

ラーメン つけ麺  効果てき面   ってか。

tyu904.jpg

で、  10時には岩手県に入っていた。

帰ってきたなぁ。 もうすぐ家だ。

< 道の駅 厳美渓 >
tyu905.jpg

もう ナビに頼って運転する必要はなかった。

< 達谷窟(たっこくのいわや) > 
tyu906.jpg

平泉を抜けて

tyu907.jpg

あと、1時間半で家に着く。

tyu908.jpg

まだ、お昼前だけど、途中の水沢で昼飯を食べることにした。

急いで帰る必要はない。

○ とんいち中田町店

tyu909.jpg

ご飯の おかわりが無料の店です。

旅の最後の食事は、腹いっぱい食べようと決めていました。

< とんいち定食 1130円 >
tyu910.jpg

家に帰れば、いつもの生活が待っている。

今まで通りの日常だ。

相方は、忘れずに大河ドラマを録画してくれてたろうか?


この日走った距離 : 233Km  

この旅で走った距離 5,874Km


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 16春 中国地方へ | 15:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

旅のデータ

期    間 : 4月2日 ~ 4月27日  26日間

走った距離 : 5,874Km

消費したガソリン: 272.42リットル

燃    費 : 21.6Km/リットル

使ったお金 : 10万円くらい

レシートは取っておいたが、面倒くさくて計算していない。。

通った府県 : 1府20県

道の駅スタンプコレクション

4/2 ~ 4/3
岩手 ~ 秋田 ~ 山形 ~ 新潟 ~
tyu9501.jpgtyu9521.jpg
tyu9531.jpgtyu9551.jpg

4/4 ~ 4/6
富山 ~ 石川 ~ 福井 ~ 京都 ~
tyu9561.jpgtyu9571.jpg
tyu9581.jpgtyu9591.jpg

4/7 ~ 4/16
兵庫 ~ 鳥取 ~ 島根 ~ 山口 ~
tyu9601.jpgtyu9621.jpg
tyu9631.jpgtyu9661.jpg

4/17 ~ 4/23
広島 ~ 岡山 ~ (兵庫・京都) ~ 滋賀 ~ 岐阜 ~
tyu9651.jpgtyu9641.jpg
tyu9611.jpgtyu9671.jpg

4/24 ~ 4/27
長野 ~ 群馬 ~ 栃木 ~ 福島 ~ (山形) ~ 宮城 ~ (岩手)
tyu9681.jpgtyu9691.jpg
tyu9701.jpgtyu9541.jpg
tyu9511.jpg

あらためて、スタンプ帳を開いてみると

う~む  行ってない場所が まだまだ多いよなぁ・・・

ゴールは遥か先だ
  と思った。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 16春 中国地方へ | 13:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

相方と家から出発 富岡製糸場へ

2016年5月2日(月) くもり

前回の旅から5日しか経っていないので、荷物の準備は簡単だった。

夕方、相方が仕事を終え、家に帰ってから一緒に出発しました。

まずは、東北道を南下したのですが、軽自動車では思うように
距離が稼げず、この日は福島県止まりでした。

この日走った距離 : 269Km

< 東北道 安達太良SA で寝ました >
1605001.jpg

2016年5月3日(火) くもり

相方にとっては、今回の旅はエブリイでの車中泊デビュー戦。

「オーパの時とは少し勝手が違う」と言ってたけど、すぐに慣れるだろう。

昨夜はオイラより早く寝て、爆睡していたし・・・。

1605002.jpg

朝食後は、再び東北道を南下。

栃木県に入り、ここから北関東道へ。

そして、群馬県で関越道~上信越道と進んで行き、富岡ICで一般道へ。

上信電鉄の電車を撮り鉄してから、本日最初の目的地に向かいました。

1605003.jpg


○ 世界遺産 富 岡 製 糸 場

1605004.png

2014年に世界遺産に登録された富岡製糸場。

1605008.jpg

国が建てた日本初の大規模な器械製糸工場で、当時の製糸工場としては
世界最大規模だったらしい。

1605005.jpg

それにしても、世界遺産の効果って絶大ですよね。

GWだし、東京から近いこともあるんだろうけど、
どこもかしこも 驚くほど多くの人で混雑していました。

1605007.jpg

近代化産業遺産に興味があれば良いのでしょうが・・・

正直、あまり興味がないので、すぐに飽きてしまった。。

一通り富岡製糸場をグルッと歩いてから、近くの懐かし系の食堂で
早めの昼飯を食べることにしました。


○ 伊 勢 屋

1605009.jpg

この店は昭和9年創業で、製糸場の女工も よく通っていたのだとか。

志那そばがメインのメニューですが、だんご、いなり寿司、海苔巻き、
おにぎり(しょうゆめし、赤飯) などもガラスのケースに置かれていました。

< 志那そば(大) 700円 >
1605010.jpg

柔らかな麺と鶏ガラ+煮干しのアッサリスープ。

おっ! と思うような旨みはないけど、

とても優しい味です。

きっと、リーズナブルで飽きのこない味だからこそ、地元の人に愛され
製糸場閉鎖後の町が冷え切った時代にも生き抜けたのだろう。

もし、世界遺産のブームが去ったとしても、こんな店だけは生き残るのかも。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 16GW 上信を走る | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

甘楽町に移動

富岡市のお隣り甘楽町に移動。

とりあえず、道の駅に立ち寄りました。

< 道の駅 甘楽(かんら) >
1605011.jpg

小生が観光案内コーナーで次の行先の情報を集めている間、
相方は、敷地内にある古民家に展示している雛人形を鑑賞。

女って、歳に関係なく、お雛様が好きですよねぇ。

1605012.jpg

で、  道の駅で観光パンフレットを手に入れて向かった所は、
道の駅の目と鼻の先だった。


○ 名水百選 雄 川 堰 (おがわぜき)

1605013.jpg

雄川堰は、およそ400年前に織田信長の二男、信雄が織田宗家として
この地に陣屋を築いたときに疎水を整備したものらしい。

堰の流れに沿って桜並木が続いているから、桜の花が咲く頃は
かなり景観が良さそうです。

1605014.jpg

雄川堰の散策ついでに、観光パンフレットに載っていた近くにある
「楽山園」に行ってみました。


○ 楽 山 園 (らくざんえん)

1605015.jpg

楽山園は、江戸時代初期に織田氏によって造られた小幡藩の
大名庭園なんだとか。

あいにくの曇り空だったけど、吹き抜ける風が心地よかった。

1605016.jpg

そして、甘楽町の人気スポット 「こんにゃくパーク」へ


○ こんにゃくパーク

1605017.jpg

こんにゃく料理食べ放題の「こんにゃくバイキング」が無料!

というので、やってきたのですが・・・


待ち時間 3時間! の 激混み!

ダメだ こりゃ  次 行ってみよう  と 諦めました。

1605018.jpg

上州新田郡の貧しい農家に生まれた木枯し紋次郎は、こんにゃくで間引き
されそうになり、どんなに飢えても こんにゃくだけは食べれなかったけど

飽食の時代に生まれた現代の日本人にとって、こんにゃくは低カロりーの
ダイエット食品として人気があるのかも。

dg703Fg0iwcZiOw1487830181_1487830209.jpg

(話が脱線してスミマセン)

現在でも世界には、幼い頃の紋次郎のように、十分に栄養が取れない
飢餓人口が8億人以上いるのですが・・・

食べ物の大切さを忘れ、見た目や賞味期限を重視して、毎日、大量に
廃棄している日本。

「食品ロス」を垂れ流がし続けながら、「あっしには、関わりのねぇこって」
と言っているように思える。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 16GW 上信を走る | 16:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

妙義山の麓で神社のハシゴ

甘楽から下仁田へ。

ここでも、道の駅で一休み。

< 道の駅 しもにた >
1605019.jpg

群馬県人なら誰もが知っている 「上毛かるた」 の  は

ぎとこんにゃく下仁田名産」

だけど、下仁田ネギは季節外れなので、こんにゃくの味噌田楽を食した。

素朴な味だけどウマイ。

1605020.jpg

そんで、休憩後は妙義山へ向かった。

赤城山、榛名山と並び上毛三山の一つに数えられる妙義山は、
いくつもの尖ったピークから成り立つ荒々しい姿の岩山でした。

1605021.jpg

南側の麓に 中之嶽神社 (なかのたけじんじゃ) 
という神社がありましたが、

拝殿まで結構きつくて長い階段を登らなきゃならないので、小生は断念。
相方だけが参拝。

(ピンクの帽子をかぶって登っているのが相方です)
1605022.jpg

東側の麓にある 道の駅みょうぎ には、16時に到着。

今夜は、ここで寝ることにした。

< 道の駅 みょうぎ >
1605023.jpg

とはいえ、まだ明るいし、駐車場の車が多いので、時間つぶしに
歩いて近くの妙義神社へ参拝に行きました。


○ 妙 義 神 社

1605024.jpg

やはり、この神社も本殿までは、長~い階段が続いていますが、
今日、この後の予定がないし、せっかくなので、相方と一緒に
エッチラオッチラ登って行きました。

1605025.jpg

で、  これが本殿。

大きな建物ではありませんが、華やかな色使いが目を引きます。

1605026.jpg

そして、施された彫刻が実に見事。

何気にスゴイ。

1605027.jpg

1605028.jpg

妙義神社では、旅の安全を祈願しました。

山に宿る 山の神 は、一般に女神だといわれています。

しかも、醜女であるとの言い伝えがあり、自分より醜いものを見れば
喜ぶのだとか。


相方と一緒に参拝して良かったぁ・・・

< 妙義ふれあいプラザ もみじの湯 (入浴料510円) >
1605029.jpg

近くの温泉に入ってから道の駅に戻ると、駐車している車が少なく
静かになっていた。

夕飯はコンビニ弁当。

道の駅のイスに座って食べました。

1605030.jpg

この日走った距離 : 334Km


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 16GW 上信を走る | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。