FC2ブログ

貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 2018-02- | ARCHIVE-SELECT | 2018-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

島原湧水群&島原城

〇 名水百選 島原湧水群

90132.jpg

島原は湧水が豊富で、市内のあちこちで水が湧いているそうです。

90133.jpg

50ヶ所以上の湧水ポイントがあるらしいが、代表的な観光スポットの
「鯉の泳ぐまち」を歩いてみました。

90134.jpg

立ち止まって水路を眺めていると、錦鯉が数匹近寄ってきた

と思ってたら 違った。 1匹だけ普通の鯉 だった。

90135.jpg



そして、島原城にやってきた。

〇 百名城 島原城

復元されたものとはいえ、5層の天守閣は大きくて見事です。

90128.jpg

島原城は、大和五条から移封された松倉重政が1618年から築城を
始めた城なのだとか。

出世主義者の重政は、幕府に身代以上の働きを幕府に示そうと
かなりの出費を行い、また、4万石の大名にしては立派すぎる城を
築くため、民衆に過酷な税を課したらしい。

90129.jpg

さらに、重政の跡を継いだ嫡子の勝家は、父以上に過酷な税の取立て、
キリシタンの弾圧を行ったそうです。

飢饉も重なり、苦しみに耐えかねた民衆は 「島原・天草の乱」と呼ばれる
日本最大の一揆を起こしたのです。

< 西 三 重 櫓 >
90130.jpg

12万を超える幕府軍によって、天草四郎ら首謀者は討ち取られ
島原の乱は鎮圧されるのですが、後に島原藩主の松倉勝家は
責任を問われて改易(所領没収)となり、斬首されています。

< 天 草 四 郎 像 >
90131.jpg

世界には、特定の宗教を迫害する大統領や、軍備拡張のため民衆を
過酷な状態に追い込んでいる委員長がいるが、そんな奴らは
そのうち民衆から仕打ちを受けるのかもね。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| 17九州へ行くばい | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

雲仙は霧で何も見えず

島原から雲仙に向かった。

が、 ガスっていて視界が悪い。。。

90136.jpg

山を登るほどに霧が濃くなって、運転するのが怖いほどです。

90137.jpg

雲仙地獄では、硫黄のニオイがプンプンするけど何も見えず。

90138.jpg

普賢岳周辺の観光は諦めて、海辺の小浜まで下りていきました。

ヨシ! ここで温泉に入っていこう。

90139.jpg

海辺の露天風呂に立ち寄った。


〇 小浜温泉 波の湯 茜 (入浴料300円)

90140.jpg

風呂場は広くなかったけど、なかなかのロケーション。

他に客がいなくて、オーシャンビューを独り占めできました。

90142.jpg

で、 長崎市内へ。

こんな霧の濃い日は稲佐山からの夜景も期待できないし・・・

90143.jpg

この日の寝場所に向かいました。

90144.jpg

この道の駅は、角力灘に沈む夕陽のビュースポットらしいが、
濃霧で何も見えず。。。

明日も霧だったら どうしよう・・・

観光の計画が立たず まさに 五里霧中だ。

90145.jpg

夕飯は、残っていた「アカメの唐揚げ」と納豆とギョニソだったけど
写真撮るのを忘れた。。

この日走った距離 : 265Km (累計2,313Km)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 17九州へ行くばい | 05:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

長崎 ~ 嬉野

2017年4月9日(日) くもり

や~っと雨が上がった。

6時に起床すると、道の駅から角力灘が見えました。

90146.jpg

昨日はスーパーで買い物をしなかったから、朝飯は家から持ってきた
ビスケットになった。

ちなみに、岩手県西和賀町の名物 「ビスケットの天ぷら」は 
この「かーさんケット」で作ります。

90147.jpg

久しぶりに雨が止んだので、長崎市内を観光しようかとも思ったけど
この日は日曜日。

人混みに疲れそうな気がして、朝のうちに長崎をスルーした。

90148.jpg

で、 長崎街道を北上。

< 道の駅 長崎街道鈴田峠 >
90152.jpg

大村湾を眺めながら走って行く。

90153.jpg

そして、彼杵から佐賀方面へ。

< 道の駅 彼杵(そのぎ)の荘 >
90154.jpg

時刻は、まだ11時だけど嬉野で温泉に入る。

〇 嬉野温泉 シーボルトの湯 (入浴料400円)

90156.jpg

とんがり屋根の洋館風の外観ですが、館内はフツーの公衆浴場って感じ。

お湯は無色透明で、少しツルツル。

90157.jpg

風呂から上がり、駐車場に戻ると満車になっていました。

車に乗り込もうとすると、空車待ちしていたオバサンに
「(そこに駐めて)よかですかぁ」 と声を掛けられた。

よかですか・・・  なんとも 九州っぽい響きだ。

何度も頭の中でリフレインされる。

よかですか。
よかですか。
よかですか。

どこかでオレも言ってみようと思った。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 17九州へ行くばい | 06:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

嬉野 ~ 佐賀

温泉に入った後は腹がへる。

ラーメン屋を見つけて昼飯を食べました。

< 筑豊らーめん山小屋 嬉野店 >
90158.jpg

とんこつラーメンのチェーン店だけど、なんとなく ちゃんぽんを注文。

< ちゃんぽん 850円 >
90159.jpg

不味くはない。

不味くはないんだけど、とんこつスープが強過ぎてイカや野菜の風味が
負けてしまった感じがする。

やはり、この店では とんこつラーメンにするべきだった。

90160.jpg

で、  食後は、どんどん進んで佐賀市内に入った。


〇 百名城 佐賀城

90161.jpg

佐嘉小城 内絵図」と書かれた絵図を見て、小さな城なんだろうと
想像したのですが、まったく違っていました。

90163.jpg

堀の幅は100m以上ありそうで、とにかく広い。

90169.jpg

復元された本丸御殿も かなりデカイ。

90165.jpg

そして、現存する唯一の遺構である 鯱の門。

近づいていくと、これがまた異常に大きく見える。

90164.jpg

この日は大安なんだろうか?

鯱の門の前で、お宮参りの記念写真を撮っている人たちがいました。

赤ちゃんが元気で健やかに、そして大きく育ってくれればいいですね。

大きいことはイイことだ。 (古っ!)


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 17九州へ行くばい | 13:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

吉野ヶ里へ

佐賀市の北に向かうと桜並木の花が散り始めていた。

[広告 ] VPS

< 道の駅 大 和 >
90170-02.jpg

この道の駅周辺は お花見スポットになっているようです。

お花見日和の天気じゃなかったけど、駐車場は満車でした。

90170-01.jpg

で、  次の道の駅に移動。

< 道の駅 吉 野 ヶ 里 >
90170.jpg

道の駅の一角に「東背振トンネルの天然水」の水汲み場があったけど
順番待ちしてる人もいて、水汲みはパス。

吉野ヶ里歴史公園へ向かいました。

90171.png


〇 吉野ヶ里遺跡

90172.jpg

吉野ヶ里歴史公園は、とにかく広い。

隅から隅まで回ると かなり時間がかかりそう。

園内マップを見ながら、どこをどう歩こうか迷っていると、弥生人の
恰好をしたガイドさんが近づいてきて、一般的な見学コースを教えて
くれました。

まずは、南内郭へ。

90173.jpg

「王」や「大人(たいじん)」が住んでいたエリアなんだとか。

90174.jpg

お次は、倉と市のゾーン。

90175.jpg

そして、北内郭。

「クニ」の祭りや政治の中心だったそうです。

90176.jpg

ちなみに、吉野ヶ里遺跡は日本100名城に選ばれています。

集落の周りに堀や柵が巡らせているからかなぁ?

90177.jpg

北内郭・北墳丘墓までの基本ルートを歩いて一通り見学すると1時間ちょっと。

だけど、帰りは無料の巡回バスが利用できるので、意外に疲れなかった。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 

| 17九州へ行くばい | 06:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

浮羽の清水禅寺に立ち寄る

また福岡県に戻ってきた。

18時に移動を終了。

< 道の駅 く る め >
90178.jpg

夕食は、40%引きの明太子スパゲティと20%引きの中華弁当
それと黒白波。

90179.jpg

食べ過ぎだった。。  意外に明太子スパのボリューム が多かった。

つい、安いと買ってしまうセコさが敗因。

胃薬を飲んで寝た。

この日走った距離 : 226Km  (累計 2,540Km)



2017年4月10日(月)  雨

昨夜から また雨が降り出した。

まったく・・・  イヤになる。。。

90180.jpg

朝飯を食べ、洗顔、トイレを済ませてから ゆっくり出発。

久留米から東の浮羽に向かいました。

90181.jpg

目的地は、臨済宗の古刹 清水禅寺

90192.jpg

ってか、お寺の境内に湧いている名水です。


〇 名水百選 清水湧水 (きよみずゆうすい)

90193.jpg

案内板には
「常陸国の日用比丘(ひようひこ)という僧が諸国遍歴の途次、この地に
 立ち寄り、木立の中に清浄な水がこんこんと湧き出しているのを発見
 したといわれている。
 爾来、地域の人々から霊水として崇められ、時には薬水として、また
 日常の飲料水として使われ、余水は農業用水として代々大切に保存
 管理してきたものである。」
と書いてあります。

90194.jpg

で、  ここが 水汲み場。

じょうご や柄杓などの水汲み道具は整理され、周りもキレイに掃除されています。

90195.jpg

浮羽町は飲料水のすべてを地下水でまかなうという、全国でも稀な町らしい。

90196.jpg

上善如水 (じょうぜん みずのごとし)
老子によれば、最上の善とは、水のように「争わず、低きところに留まる」
ことなのだとか。

水は、柔らかくしなやかでありながら、一方では硬いものを穿つ強さも
持ち合わせている。
しかも、万物に恵みを与え、争うということなく低いところに留まろうとします。

水の如くに生きることが、禅の悟りに通じるのだそうです。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 17九州へ行くばい | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

西椎屋の滝

浮羽から東へ。  

大分県に入ったが、まだ雨降りが続いていました。

これから滝めぐりの予定なんだけど・・・

90197.jpg

まっ、しょうがないですね。

豊後森駅近くの食堂で、雨宿りを兼ねて腹ごしらえすることにした。

90198.jpg

月曜日の正午前 11時30分。  他に客はいませんでした。

90199.jpg

「献立表」を見ると、一番高いカツ定食とカツカレーが720円。

他に チャンポン、焼きめし、具うどん などがあり、「学生50円引き」と
書いてある。

安心できる店のようだ。  カツ丼(670円)を注文しました。

90200.jpg

出来上がりまで20分かかったカツ丼は、揚げたてのカツをトロトロの
玉子でとじたものでした。

東北人には少し甘く感じるが、しっかりとした味付けで ウマイ。

垢抜けていてはいないが、手を抜いていない ことが好印象。

90201.jpg

食後も雨だったけど、さらにR387を東に進んだ。

目的地の滝は、日出生(ひじゅう)ダムの近くらしいが、ダムの周辺は霧が
スゴくて、何も見えない。。

90202.jpg

案内標識を見落としたのか、テキトーに走っていたら通行止めに
ぶち当たるし・・・

90203.jpg

でも、どうにかこうにか滝の展望台入り口を見つけることができました。


〇 百名瀑 西椎屋の滝 (にししいやのたき)

90204.jpg

看板には「展望台まで100m」の表示。

歩いて すぐだ。

90205.jpg

歩いて すぐだが、霧が濃くて よく見えず  (´Д`)

30分待つ間に一瞬霧が薄くなった時の写真がコレ ↓

90206.jpg

この展望台の下に、もう一か所の展望台があるらしいけど、・・・

無駄に疲れるだけのようで、そそくさと駐車場に戻った。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 17九州へ行くばい | 16:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

東椎屋の滝

西があるなら東もある。

西椎屋の滝から1時間ほどかけて東椎屋の滝へ移動。

〇 百名瀑 東椎屋の滝 (ひがししいやのやき)

90207.jpg

滝の駐車場まで来たら、霧が晴れていた。

この機を逃さぬよう、さっそく遊歩道に入っていきました。

90208.jpg

沢沿いの道は濡れていて足元が滑りやすい。

90209.jpg

ですが、比較的に平坦なので、それほど疲れません。

90210.jpg

10分ほど歩くと滝が見えてきました。

お~!  なかなか見事な滝です。

90211.jpg

さらに近づくと、滝の下の方まで見えた。

90212.jpg

落差85m。  

九州華厳とも呼ばれるように、どことなく姿が華厳の滝に似ています。

そして、岩に生えてるコケがいい味だしてる。

風に吹かれて、滝がゆらゆら動いていました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 17九州へ行くばい | 06:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

別府 ~ 佐賀関

そんでもって、別府市内に来た。

地獄めぐりをする計画だったけど、雨と霧が濃過ぎて断念。

たしか、この辺が「鬼石坊主地獄」

90213.png

そして、この辺が「海地獄」

90214.jpg

で、  別府タワーを眺めながら市街地へ。

90215.png

このまま別府を通り過ぎるのもなんなので、いちおう温泉に入りました。


〇 竹瓦温泉 (入浴料100円 砂湯1000円)

90216.jpg

有名な温泉なので館内は混雑していました。  しかもガイジンが多い。

うっかり、ガイジンに付いて行ったら 砂湯(1000円)の脱衣所だった。

スッポンポンになってから気がつき、服を気直して普通湯の方へ行ったとさ。
(恥) (〃・_・〃)

90217.jpg

入浴後は、マラソンコースとしても知られている別大国道を大分方面へ。

90218.jpg

そして、佐賀関の道の駅で寝ることにしました。

< 道の駅 さがのせき >
90219.jpg

展望台があったので登ってみる。

90220.jpg

四国の佐田岬は見えなかった。

90221.jpg

車に戻って夕飯。

まずは、アジの刺身を九州の甘い醤油でいただく・・・

ウマイ! バカウマ!

佐賀関で売っているアジが全て「関アジ」じゃないんだろうけど
めちゃくちゃウマイ。

90222.jpg

お次は、「とり天」と「もみじ(鶏足)」。

『秘密のケンミンSHOW』で紹介されたことを思い出して、「鶏足の煮付け」を
食べたのですが、作りたてじゃなく冷たい状態なので、硬くて食べ辛かった。

90223.jpg

そして、シメは「吉野の鶏飯」。

炊きたてご飯に味付けした鶏肉やゴボウなどを混ぜ込んだご飯です。

さすが、鶏肉の消費量が日本一の県だけあって、鶏肉料理の
レパートリーは広いようだ。

90224.jpg

寝る前に聞いたラジオの天気予報では、明日も一日雨らしい。。。
(´д)=з


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 17九州へ行くばい | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大分府内城で

2017年4月11日(火)  雨

この日も雨。。。

いつまで雨が降るんだ。

90225.jpg

朝飯を喰って、出発は8時。  いつもより遅め。

とりあえず、大分市内の中心部へ向かった。

90226.jpg


〇 百名城 大分府内城

90227.jpg

現在、大分城址公園になっている城跡は桜が満開でした。

晴れてたらなぁ・・・ 

晴れてたら、良い眺めだろう・・・

90228.jpg

なにも こんな雨の日に、先へ進まなくてもいいんじゃないかとも思う。

天気次第で旅の思い出は大きく変わります。

旅は楽しむためのものであり、天候が回復するのを待った方がいいの
かもしれない。

90229.jpg

でも、この一週間で晴れたのは、たった1日だけだったし・・・

母をショートステイに預けているから、どうしても今回の旅は一ヶ月以内に
収めたいのです。

90230.jpg

定年で会社を辞め、やっと自由になれたと思ったら、母の介護が待っていた。

自分の思うがままにできる時間は、そう簡単には手に入らないようです。

90231.jpg

誰しも、旅で使える金と時間には制約があるはず。

限られた予算と限られた期間の中で、出来るだけ いろんな場所へ
行ってみたいし、いろんなものを見てみたいと思って当然だ。


だけど、団体ツアーのようにスケジュール通りに進むのも嫌だなぁ・・・。


まぁ、あまり深く考えず、出たとこ勝負で行ける所まで行こう。


仕事じゃないから、自分にノルマは課したくない


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

| 17九州へ行くばい | 16:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |