貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

那須湯本温泉へ

お正月休みに親子3人で行く一泊旅行を計画しました。

コース名は、「冬のアンコウ鍋と名瀑紀行」
五浦
ただ、今回は車中泊ではなく民宿に泊まる予定。

旅費が10万円ほどになりそうなので、事前に旅行代理店風の企画書を作り

我が家のサイフを握っている相方の承認を受けておきました。
五浦
2012年1月2日 晴れ

花巻を朝6時に出発して、向った先は栃木県 那須高原。

まずは、観光名所の「殺生石」へ。

周囲は硫化水素の臭いが立ち込める荒涼とした地獄地帯です。

五浦

○ 殺 生 石 (せっしょうせき)

悪行を重ねていた「九尾の狐」が、この地に詰められて、

退治された恨みを大きな石に化身して猛毒を噴き出し、

あらゆる生き物を殺したという伝説があるんだとか。

五浦


○ 那須湯本温泉 鹿の湯 (入浴料400円)

五浦

殺生石の近くにある鹿の湯は、湯治場の雰囲気を残す大人気の共同浴場です。

五浦

風呂場には、どうにか4人が浸かれるほどの小さな浴槽が6つ。 

それぞれが41℃~48℃と温度が違います。

お湯は白く濁り、一面に硫黄の香りが漂っていました。  

< 那須温泉のHPより >
五浦

洗い場は無く、お湯に入ったり出たりをひたすら繰り返します。

鹿の湯の入浴作法は、かぶり湯→半身浴→短熱浴の順らしい。 

修行の場というか、道場のような雰囲気がある温泉でした。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 娘も一緒にお出かけ | 06:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/1008-7aa1458b

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。