貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

四万十川の沈下橋

「日本最後の清流」と呼ばれる四万十川。

< 若 井 沈 下 橋 >
四国

本流には大規模なダムが建設されず、増水した時には

川の中に沈んでしまうように造られた欄干の無い 「沈下橋」

四国

この沈下橋を辿りながら下流に向かいますが、

名前が分からない橋もありますので、悪しからず。

四国四国

この辺は、水量がまだ少なくゴツゴツした岩が多かったです。

< 向 山 橋 >
四国四国
四国四国

道の駅から四万十川の川原に降りていけます。

四国四国

少しずつ、少しずつ 川幅が広くなった。

< 第 1 三 島 沈 下 橋 >
四国四国

上の鉄橋は、JR予土線。  

暫し、電車が通るのを待っていましたが、

走ってくる気配はありませんでした。

< 上 長 瀬 沈 下 橋 >
四国四国

この辺から、岸に小舟を繋いでいる所が増えてきた。

< 岩 間 沈 下 橋 >
四国四国

今年2013年に気温41℃を記録し、

「新・日本一暑い町」のタイトルを手に入れた 

四万十市西土佐町江川崎は、

たしか この近くだったような気がする。

< 勝 間 沈 下 橋 >
四国

四万十川は、大きくうねるようにしながら、

次第に ゆったりとした流れに変わっていきました。

< 高 瀬 沈 下 橋 >
四国

四万十川のどこの川岸にも、ゴミひとつ落ちていませんでした。

「最後の清流」と呼ばれる所以は、流れる川の水質だけではなく、

水辺を含めた生活環境が守られているからなのだろうか?


そして、海が近い 四万十市の中村まで下り、沈下橋のミッション完了。   

次は、四国最南端に向います。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| はじめての四国 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/1046-4944e821

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。