貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

伊賀上野城と筒井古城跡

お城めぐりに、山の上の上野城公園にいきました。
(パンダなんていませんよ)

三重

○ 伊 賀 上 野 城

三重

築城の名手として知られる藤堂高虎が自ら縄張りを行った城。

この城の最大の見所は、本丸の西側面に築かれた高石垣です。

高さは30mもあり、じつに見事。

< 本丸から下を見ると雲海のように煙っていた >
mie025-01.jpg

高虎は、”伊賀者”と呼ばれる忍者を従えていたそうです。

彼自身が、浅井長政、豊臣秀吉、徳川家康と何度も主君を変えながらも

生き残れたのは、情報戦に長けていたからなのかも知れません。

< 天 守 閣 と 付 櫓 >
三重

○ 筒 井 古 城 跡

伊賀上野城の東側に、石垣が組まれた曲輪があります。

三重

ここは、藤堂高虎が入城する前の城主だった筒井定次の本丸があった場所です。 

< 天  守  跡 >
三重

筒井氏も高虎同様、豊臣の家臣でしたが、関が原では東軍に加担し、

徳川から所領安堵されました。

しかし、後に、たびたび大阪城に赴いて敵方に内通したと疑われ

切腹しました。

その後、高虎は筒井氏の城を併合する形で上野城に入城したのです。 

主君を変える場合は、キッパリと潔く以前の縁は断ち切るべきなのでしょうね。

(元カノの電話番号は削除したほうが安全です)

< 筒井古城の本丸から上野城天守閣が見えます >
三重


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 12春 三重で城めぐり | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/1079-d50efe6d

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。