貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

川原毛大湯滝ではしゃぐ

空は真夏の青空です。

三途川の上流へ遡るように、クネクネとした細い道を進むと
川原毛地獄の駐車場にたどり着きました。

kawara06.jpg

駐車場で車を降りると、硫黄の香りが鼻をついてきました。

山の上の方には、荒涼とした岩場が広がっています。

案内板によると「川原毛地獄は、南部の恐山、越中の立山と共に
日本三大霊地の一つであり、多くの修験者や参拝者が訪れ、
女人禁制の山だった」そうな。

でも、我々は、ここで『地獄』を見るためじゃなくて『極楽』で遊ぶため
ここに来たのです。

< 川原毛地蔵菩薩 >
kawara07.jpg

大湯滝は地獄と反対方向へ進みます。

kawara08.jpg

大湯滝への遊歩道は整備されていて歩き易い道です。

この辺りがちょうど いい湯かげん。
kawara09.jpg

山の中は平地と比べると、空気がカラリとしていて涼しい。

kawara10.jpg

そして、その先には

お湯が滝になって流れ落ちる 野湯マニアには堪らない人気のスポット 

川原毛大湯滝

川全体が温泉であり、滝壺では豪快な湯浴みが楽しめます。

kawara11.jpg

ここは、まさに 温泉パラダイス

これだけ大量に流れている温泉だけど、温度は適温。

しかも、硫黄の香りがする本格派。

油断してシブキが目に入ると、「アイタタッ!」って涙が出るほど
刺激が強いです。

< 滝壺がイイ感じの深さの浴槽?になってます >
kawara12.jpg

滝に慣れてくると、少し冒険をしてみたくなるもの。

相棒のヒラ君が、二段になって流れ落ちる左側の滝の一段目の滝まで
よじ登って行きました。

< 一段目はシブキがかなりキツイ >
kawara13.jpg

まっ、 ヒラ君的には、アドベンチャー気分を満喫したのでしょうが、

温泉を楽しみに来た人たちからすれば・・・

kawara14.jpg

楽しみ方は人それぞれ。

暫しの間、童心に帰って水遊びに興じました。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| セコツアークラブ | 05:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/1205-76ac4c5f

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。