貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

猪肉とろろ丼

丹波篠山の郷土料理といえば「ボタン鍋」。

ですが、けっこうなお値段なので手を出せず、猪肉丼(ししにくどん)

なるものを大衆食堂で食べることにしました。

○ 大 手 食 堂

sasa070.jpg

ノレンを潜って中に入ると、店員のオバチャンといい、イスやテーブルといい

使い込まれて年季を重ねた雰囲気が漂っています。

sasa071.jpg

お目当てにしていた、「猪肉とろろ丼」を注文して、イスに座ると

空かさず、ステンレス皿に盛り付けた漬物がテーブルに置かれました。

この漬物とポットのお茶で料理が出来るまで繋げということらしい。

sasa072.jpg

そんで、漬物をつまみながら10分ほど待つと「猪肉とろろ丼」が登場。

< 猪肉とろろ丼 1200円 >
sasa073.jpg

”豚丼的なもの+とろろ” というものを勝手に予想していたのですが

それは、見事に覆されました。

その実態は、猪肉とネギを味噌仕立てに煮たものを玉子でとじ、それを

汁ごとご飯にぶっかけ、さらに、その上にとろろをかけたものでした。

sasa074.jpg

歯ごたえのある猪肉を噛みながら、米と汁ととろろが一体になった

ドロドロをズズズッと啜るように食べます。

猪肉は、臭くも脂っぽくもなく、意外なほどにクセがなくて食べやすい。

ってか、特徴というか存在感が薄かった。

正直、これが1200円というのは高いと思いましたが、「ボタン鍋は

高くて手が出ないけど、話のネタに猪肉を一度食べてみたい」方はどうぞ。

大手食堂郷土料理(その他) / 篠山口駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| 14春 丹波篠山へ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/1221-524db816

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。