貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

二度目の能登半島へ

サラリーマン時代には、まとまった休みが取れる年末年始に
出かけることも多かったです。

冬の方が夏よりも車中泊には適していると思っていますので
多少寒くても苦痛には感じませんでした。

ただ、お正月には休業する店が多いですし、積雪のために
通行止めとなって、途中で断念せざるをえない場所もありました。

まぁ、それでもいいか・・・と、納得しようとしたのですが
やはり、一度 行きたいと思った所には行きたいし
見たいものは見てみたい
のです。

なので、定年後 最初のGWは置いてきた忘れ物を取りに能登半島へ向かいます。

【以前に能登半島を旅した記事】



2015年5月2日(土)

相方が午前中の仕事を終えてから出発しました。

東北道~磐越道~北陸道と ひたすら走り続けて富山県まで。

越中境PAで寝ました。

< 越 中 境 P A >
not01.jpg

2015年5月3日(日)


まず最初にリベンジに向かったのは

○ 七 尾 城

not02.jpg

ナビが誘導するままに走っていくと、麓にある「七尾城史資料館」の
先の道は狭くて、とても車が通れるような道じゃなかった。。


う~む (~ヘ~;)  ここからは歩いて行くしかないか。


車を降りて歩き出そうとしていたら、近くの家から出てきた一人の
ジイサンに呼び止められました。


なんでも、この道は昔の大手道で、車で行くには別の道路がある
とのこと。

(少し訛っていて聞き取りにくかったが)
ジイサンの話によると、ジイサンの家は何代にも亘って七尾城に
仕えた武士だったらしい。

「少し待っていろ」というなり、ジイサンは家に戻って手書きの
地図を持ってきてくれました。

何人もの人がここに来るらしく、車で行けるルートを書いて、
コピーしているのだとか。


ありがとう ジイサン。

ちょっと読みにくい地図だけど、有難く使わさせていただきます。

not03.jpg

能登七尾城には、今でも城を思う忠臣がいた


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 能登半島へリベンジに | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/1309-ef03d0c0

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。