貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

名水百選 古和秀水(こわしゅうど)

輪島から南西に進み門前町へ水汲みに。

門前町の総持寺と羽咋市の永光寺を結ぶ「峨山道」(がさんみち)
の方向に登っていく。

両寺の住職を兼ねていた峨山禅師が、20年以上にわたって往来した
道なんだとか。

not55.jpg

以前来たときは積雪で通行止めになっていましたが、今回は八重桜が
散らずに残っていました。

not56.jpg

雨が降っているものの、そのおかげで木々の葉っぱが青々としている。

not57.jpg

○ 古 和 秀 人 (こわしゅうど)

not58.jpg

総持寺の開祖瑩山禅師が竜神のお告げによって知らされたという、
ありがたい霊水らしい。

not59.jpg

貧しいが信心深い親子が山仕事の帰りに、この水を飲むと、
父はホロ酔いになり、子が飲むと水だったそうな。

「親は酒々、子は清水(しゅうど)」と言ったのを聞いて、
禅師様が「古和秀水」というめでたい字にされたとか。

not60.jpg

水汲み場へ行くと大量の水を汲んでいる人がいましたが、
看板には「飲用には隣をご利用ください」と書かれています。

えっ? この水飲めないの? でも汲んでるけど・・・

と思いつつも右隣りを見ると「飲用水」と書かれており、龍の口から
チョロチョロと流れていました。

not61.jpg

何が違うのか分からないけど、とりあえず、ペットボトルに汲んで
名水百選の水ゲット。

ようやく、宿題になっていた1つが終わった。 
v(^▽^)vわーい♪ 

not62.jpg

後日、ネットで古和秀水を調べたら、何年か前に大腸菌が検出され
「生水飲用不可」になったそうで、新たに濾過装置をつけて生でも
飲める水汲み場を作ったらしい。

どうやら、飲んだのはフィルターを通した水だったようだ。

それで、言い伝えのようにホロ酔いにならなかったのか。。。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 能登半島へリベンジに | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/1316-d2444b3a

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。