貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

沖縄本島最北端の地

○ 茅 打 ち バ ン タ

oki191.jpg

高さが80mもあるという断崖絶壁の茅打ちバンタにやって来ましたが、

雨が降っているし・・・、風がハンパなく強い・・・。

oki192.jpg

案内板によると

ここから束ねた茅を崖から投げ込むと、風に打たれてバラバラになることから
茅打ちバンタ(崖)という名がついたのだとか。

普段でも風の強い場所なんだ。。

oki193.jpg

天気が良ければ、遠くまで青く広がる海を見渡せれるのだろうけど・・・

まぁ、こればかりは 致し方ない。

次の目的地 沖縄本島最北端 の地に向かった。


○ 辺 戸 岬 (へどみさき)

oki200.jpg

ますます雨と風が強くなってきました。

視界も不良です。

駐車場には2、3台の車が停まっていましたが、すぐに立ち去ってしまいました。

oki201.jpg

せっかく、ここまで来たんだから、少し歩いてみよう。

と、 折り畳み傘を差して車から出ましたが、傘が まったく役に立たない。

しょうがないので、フード付きのジャンパーを着ることにしました。

冬の岩手では薄手のジャンパーなんだけど、沖縄では場違いなほどゴツイものに思えた。

oki202.jpg

遊歩道の先には、「祖国復帰闘争の碑」が建っていました。

oki203.jpg

たしか、沖縄が返還されたのは1972年。  高校生の時だった。

それから40年。  

今でも 本土並み の復帰状態ってわけか・・・

oki204.jpg

空の色は鉛のように重たい。

晴れたら、鹿児島県の与論島や沖永良部島が望めるらしいが、こんな状況じゃ
まったく先が見えない。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| とりあえず沖縄本島 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/1363-9605a0d9

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。