貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

新庄駅からの帰路

新庄駅まで舞い戻った時には、帰りの電車の時間が迫ってた。

この後は車の運転が無いのでさっそく、車内で呑み始める。

これも、ローカル線の旅ならではの楽しみです。

< 16:10 新庄駅発 >
mino27.jpg

陸羽東線は、別名「奥の細道湯けむりライン」という愛称で親しまれるほど、
沿線には温泉がたくさんあります。

< 鳴子温泉駅 (照明が安っぽいフーゾク店のようだ) >
mino28.jpg

乗り継ぎの時間までは短いが、鳴子を代表する「滝の湯」という共同浴場で
温泉を味わうことにしました。

○ 滝 の 湯 (入浴料150円)

mino29.jpg

源泉を鳴子温泉神社から引いている、”御神湯”として千年の歴史がある
古湯なんだとか。

硫黄の香りがする白いお湯が、樋から滝のように流れ落ちています。 

混雑していたし、のんびり温泉に浸かる時間がなくて、慌ただしかったのが
少し残念。

< 写真はお借りしました >
ダウンロード

そして、小牛田経由の東北本線で花巻まで帰るまで電車は順調でした。

< 小牛田駅で見かけたリゾートこがね(ふかひれ)号 >
mino30.jpg

電車の旅では、ダイヤの乱れなどでの計画通りに進めないことがあります。

でも、そんなハプニングも旅の思い出の一コマ。

トラベルはトラブルを楽しむものかも。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 日帰りでリゾート号など | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/1391-aba2bf04

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。