貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

総理大臣を輩出する土地

○ 萩 城 下 町

< 菊 屋 横 丁 >
tyu457.jpg

萩の城下町は、ナゼか「明治日本の産業革命遺産」に登録されています。

まっ、世界遺産かどうかは別として、萩の観光では外せないスポット
らしいので立ち寄りました。

tyu458.jpg

ここには、幕末から明治にかけて活躍した人物のゆかりの地が多いです。

tyu461.jpg

ただ、入場料が必要なので、チラッと外から眺めるに留めました。

< 木戸孝允の生誕地 >
tyu459.jpg

< 高杉晋作の生誕地 >
tyu460.jpg

余談ですが・・・

山口県からは、初代総理大臣の伊藤博文をはじめ全国最多の8人の
総理大臣が出ていることは広く知られています。

19の県が総理空白地というのに、萩市出身の総理大臣が3人もいます。 
(萩すげぇ~)


ですが、あるサイトを見たら、総理大臣出生地のトップは東京都の13人
と書かれていました。

本籍地や選挙区ではなく、生まれた場所で集計するとそうなるらしい。

安倍晋三、鳩山由紀夫、福田康夫などの二世・三世議員は、もちろん
東京生まれが多いですし、細川護熙のような名家の人も東京で生まれて
いるようです。

意外だったのは、菅直人が山口県生まれだったこと。
父親の転勤で高校二年の時に東京へ引っ越すまで山口県宇部市に
住んでいたそうです。


まぁ、最近は縁もゆかりもない選挙区から「落下傘」で立候補する人が
増えているようなので、どこで生まれたかは重要視されない時代に
なったともいえますが・・・


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 16春 中国地方へ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/1485-f4513218

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。