貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

地獄谷野猿公苑

そして、ガイジンに人気の地獄谷野猿公苑へ。

1605050.jpg

駐車場から30分ほど山の細道を歩いて行きます。

1605051.jpg

冬場が人気シーズンなんだろうけど、この道を雪が積もっている状態で
歩くのは結構ツライかも。

途中に急な階段もあるし・・・

1605052.jpg

野猿公苑の料金所の前には、「サルを見る時の注意」が書かれています。

 ・ 手を出したり触らない。

 ・ 犬、猫などは連れて入れません。

 ・ 食べ物を見せない、与えない。

 ・ 目を じっと見ない。

< 入苑料 800円 >
16050521.jpg

で、  テレビや雑誌でよく見る スノーモンキーの露天風呂 は
公苑の一番奥にありました。

が、  寒くないから、サルが温泉に入っていないし・・・

1605053.jpg

サルより、サルを見ている人間の数の方が圧倒的に多い。

1605054.jpg

ってか、サルも一緒に見ていた。

1605055.jpg

野猿公苑から駐車場に戻る途中、一軒の温泉宿が見えます。

1605056.jpg

下りていくと、渋の地獄谷噴泉 が勢いよく吹きあがっていました。

1605057.jpg

せっかく、ここまで来たのだから温泉に入ることにした。


〇 地獄谷温泉 後楽園 (入浴料600円)

1605058.jpg

いざ、階段を下って風呂場へ。

1605059.jpg

野猿公苑には人が多かったけど、ほとんどの人が温泉に立ち寄らずに
帰ってしまうようです。

内湯には誰もいませんでした。

1605060.jpg

実は、この温泉には内湯のほかに露天風呂もあるのですが、

野猿公苑に向かう道から丸見えだし・・・

地獄谷噴泉からも丸見え。

なので、どうしても、露天風呂には入れませんでした。。

16050522.jpg

野猿公苑のサルと違って、可愛くもないヲヤジが露天風呂に入っても

誰も眺めようとは思わないのだろうけど・・・

1605055.jpg


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 16GW 上信を走る | 08:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/1540-f41e1e25

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。