貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

気仙沼線のBRTに乗る

2015年4月4日(土)  快晴

青春18キップが1日分残っていたので、日帰りの乗り鉄旅に出かけた。

brt01.jpg

花巻から東北線を南下、宮城県に入り、小牛田で石巻線に乗り換え、

さらに前谷地からは気仙沼線へ

brt02.jpg

で、  柳津(やないづ)という駅で下車。

brt03.jpg

ここからは、バスに乗りました。

brt04.jpg

このバスは、青春18キップで乗車できます。

brt05.jpg

東日本大震災で甚大な被害を受けた 気仙沼線と大船渡線では、
BRT(バス高速輸送システム)が運行されているのです。

brt10.jpg

もと線路が敷かれていた所は、舗装されてバス専用道になっていますが、

津波で土台まで流された区間は一般道を走ります。

brt14.jpg

一般道には新しいバス停が出来ていましたが、これも れっきとした
JRの新駅

< ベイサイドアリーナ駅 >
brt08.jpg

この新駅で乗り降りする若者が多かったです。

目の前に南三陸町のボランティアセンターがあるので、ボランティアに
来た人たちなのだろう。

エライ!

今どきの若者も捨てたもんじゃない。

brt06.jpg

就活の履歴書に書くため、ボランティアをする学生もいるらしいが、
どんな動機であれ、被災地を訪れることは復興支援の一助になる
と思う。

だいぶ 震災から時間が経ったが、今も支援する人たちがいる。

なんか、ちょっと感激した。

brt11.jpg

気仙沼線の終点 気仙沼駅。

ここで大船渡線に乗り換えたが、沿岸の陸前高田・大船渡方面はBRT、
内陸の一ノ関方面は鉄路のホームという変わった構造でした。

brt13.jpg

やはり、線路が繋がっていなくては鉄道の意味がない。

BRTによる路線の復旧 といえば聞こえがいいが、
その実態は、不採算路線の廃止 です。

できるだけ早く公共交通を確保するためとはいえ、被災地から鉄路が
消えていくのは寂しい気がする。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 日帰りでリゾート号など | 11:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/1544-9ecd856d

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。