貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

電車で行く時の持ち物

若いバックパッカーのようにザックを担いで歩く体力がないので、荷物はキャリーで
引っぱって運ぶことにしました。

● 初代キャリーバッグ

時には背負い、時には座ることができるだろうと、チェアバッグというものを
小型のキャリーにゴムバンドで括り付けてみます。
f8HTlwqMGI7Yf9y.jpgviwTJvSQbkbgEPn.jpg

コンパクトにたためるし、歩き疲れた時には腰掛けられて便利なのですが、
・キャリーのキャスターが小さいので、路面に凸凹があると直進性が極端に悪くなる。
・チェアバッグは、意外に重い。
といった、欠点が気になり、フルモデルチェンジすることにしました。


● 二代目キャリーバッグ

コンセプト : より機動的に・より扱い易く・より低価格で作る。
変 更 点 : キャリーを普通サイズのものにした。
        バッグも普通のデイバッグ (どちらもホームセンターで売っているもの)
これを、マジックテープで何箇所か止めて固定しただけです。
T8DMfzoX2UnICVh.jpg

制作費1468円。
これで、足回りと重量バランスが非常に良くなりました。

ウェストポーチを重ねられるし、地図や資料もすぐに見れます。
aY7w3A7x1mVbJh5.jpgeQ_dqLCQJcGJUDJ.jpg

コインロッカーにも入るし、飲みかけの缶チューハイも倒れません (^_^;
FIE7UuXbLzYxwA8.jpguqCVH6PvLxqDeik.jpg


● 輪行用の装備

自転車があれば、駅からの行動半径が格段に広がります。

駅前にレンタサイクルがあればいいんですが、無い場合には持っていけばいいかも。
と思ったのですが、輪行用自転車の値段は結構お高い。

なので、自転車の知識と経験の無い、初心者がセコロジー精神で考え、安物のグッズを集めて造りました。

まずは、送料込み7230円で、前と後に荷台が付いている折りたたみ自転車を買い、
それに、出番がなくなった初代の小さいキャリーを取り付けてみました。
(普通のキャリーでは、大きすぎて荷台に収まらないのです)
qy9dGABKuueze9F.jpg

キャリーの上に自転車を折りたたんで乗せると、こんな感じ。
基本的に移動は駅構内だけだし、小さな駅以外はホームにエレベーターがあるので、
小さな、このキャリーでも大丈夫。
waXbXR6hUrlzjE_.jpg

でも、このままでは、電車に乗れません。
輪行袋で囲う必要があるのです。 レジャーシートを箱型に縫い合わせ、上からかぶせました。
DIPZayROB6DozRH.jpg

走行する時は、前輪の荷台の上にチェアバッグを縛りつけ
rgt4NLD_hiDgTKT.jpg

100均で買った、サドルバッグやドリンクホルダーなどを取り付けます。
RDDEX80U9sBXDeg.jpg

最初は組立に20分程かかりましたが、慣れてくると10分かからずに組み立てられる
ようになりました。
(折りたたみは、もっと簡単)


<<セコ・ツアー サイクルセットの費用>>

   自 転 車 本 体    6180円
          送料    1050円
   ダイヤルロック     1980円
   防犯ワイヤー      660円
   LEDライト        1480円
   サドルバッグ       105円
   手提げバッグ       105円
   ドリンクホルダー     105円
   マジックテープ      105円
   ゴムバンド(長)      105円
   ゴムバンド(短)      105円
   犬の首輪(2本)      210円
   ショルダーベルト     105円
   レジャーシート       105円
     合 計        12400円

ブログランキングに参加中!応援おねがいします ⇒ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ <<<クリック

ブログのTOPへ戻る ⇒⇒ 貧日本紀行TOP
他の人の旅ブログを詠む ⇒ ブログ村 旅行ブログ
スポンサーサイト

| 電車での持ち物 | 15:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/6-a623598a

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>