貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

断崖絶壁の東尋坊から海面を覗き込む

○ 東  尋  坊  (とうじんぼう)

東尋坊

その昔、怪力を頼りに悪事の限りを尽くしていた東尋坊という僧が、

同門の僧侶たちに突き落とされた場所なんだとか。

東尋坊

さすがに、ここは観光客が多いです。

東尋坊

ここに来ると、誰しもが断崖絶壁の上から真下の海面を覗き込みたくなる。

まっ、怖いことは怖いが、ヒエ~ッと腰が引けて動けなくなるほどではないですけど。。。

東尋坊

○ 救 い の 電 話 1 号

東尋坊

観光客が多く集まる場所から少し離れた所に、電話ボックスだけポツンと
あるので、すぐに、それと気がつきました。

今どき公衆電話なんて時代遅れの存在ですが、
ここでは大いに活躍しているそうです。

東尋坊は、日本一名の知れた自殺の名所でもありますが、
救いの電話を利用して、保護を受ける人の数が毎年30人ほど
いるといいます。

わざわざ、この地を死に場所として選んで訪れる人間は、
心のどこかで、自分を助けてくれる誰かに生きるための
救いを求めているのかも知れません。

本当に死のうと思えば、もっと身近な場所があるはず。

生きにくい今の世の中ですが、なにも ここで死に急ぐことはありません。

この先に楽しい出来事が待っているかも知れないし、

それに、望まなくても人は、必ず いつかは死ぬのですから。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/850-11d915b0

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。