貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

福井から東京に移動して国分寺の「名水百選」へ

2011年7月25日(日) 晴れ

上りの快速ムーンライトながらでは、隣の席が空いていたので熟睡できました。

ダイヤ通り東京駅05:05に到着して、向った先は中央線国分寺駅。

< 06:08 国分寺駅着 >
東尋坊

まだ、寝ぼけたままの街を通り抜けて

ありきたりな住宅地の狭い道を歩いていくと

東尋坊東尋坊

あっ! 鴨が歩いている!

東京の住宅地にしては珍しいけど、

まさか、ペットじゃないだろうな。

東尋坊

鴨が歩いている住宅地の公園に こんな所がありました。

○ お 鷹 の 道 (おたかのみち)

東尋坊

国分寺には、湧き水を水源にして小川が流れ、その小川に沿って
遊歩道が整備されています。

江戸時代にこの辺りは、尾張徳川家の鷹場だったので、その道を
「お鷹の道」と呼ぶのだとか。

東尋坊

餌のカワニナがいるのでホタルが棲んでいるそうです。

遊歩道を散歩したり写真を撮る人がけっこういました。

まぁ、岩手県に住んでいる田舎者からすると、この程度の用水路なら
いくらでもありそうな風景に思えるんですが・・・。

東尋坊

お鷹の道をドン詰りの上流に遡ると、赤い鳥居がありました。

その鳥居の向いに、日本の名水百選の湧き口があるらしく、ポリタンクに
水を汲んでる人がいました。


○ 真 姿 の 池 湧 水 群 (ますがたのいけゆうすいぐん)

さぁ、それじゃ、鳥居の先のお宮でも拝んできますか。

東尋坊

お宮は、池の真ん中に建てられたもので、橋を渡ってお参りします。

その昔、不治の病に苦しむ 美しい姫様が池の水を浴びたところ、
たちどころに病が治り、元の美しい姿に戻ったそうな

美しかった頃の姿に戻りたい方は、是非 お試しあれ。

< 真 姿 弁 才 天 >
東尋坊

ただし、真姿の池の水は、本当の姿に戻す水 なので、

お化粧美人や整形美人も元の姿に戻ってしまうかもね。 (-ι_- ) クックック

などと、好からぬ妄想をしながら、真姿の池から振り返ってみると・・・

w(゚д゚)w とんでもないことが起こっていた!

東尋坊

散歩に連れてきた犬を水路に飛び込ませ、
ジャブジャブ遊ばせているじゃないですか!


おまけに、体プルプルもしやがった (@_@;)

いったい、犬の飼い主は、何を考えているんだ!

いくら、水を汲んでいるところの下流だからといっても、名水百選の水の
湧き出し口の近くで それはないだろう。

電車の中で見かけた お利口な盲導犬とは大違い。
【電車の中でみかけた盲導犬の記事】

飼われている犬が悪いわけじゃないんだろうが、躾けされていないバカ犬に
見えてきた。

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 11夏 福井県嶺北へ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/853-7d2beb0c

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。