貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ウマシ! 吉田のうどん

朝湯を浴びた後は、旅のシメに、うどんを喰ってから帰ろうと
富士吉田の町に向いました。

ところが、何度ナビが「目的地周辺です」と言っても、うどん屋
らしきものが見当たりません。

< 山梨信用金庫富士吉田支店 >
富士五湖

「ん?ナビの間違いか?」とも思いながら、近くにいた人に尋ねると、

「すぐそこの、信金に車を停めて、歩いて行けばいいよ」と教えてくれました。

< 信金の駐車場 >
富士五湖

?? って、それだけかよ! 信金から、どっちに行くの?

ホント不親切だなあ と、思いつつも駐車場へ。

車を停めて、外に出たら・・・   あ~ な~るほど

そうゆうことね。 (ガッテン・ガッテン)

駐車場の奥のスキマを通って歩いて行くと

富士五湖

そこには、うどん屋がありました。

○ み さ き う ど ん

富士五湖

うどん屋といっても、中はフツーの民家。

吉田のうどん屋はこのスタイルでの営業が一般的なんだとか。

富士五湖

で、初めて食べる「吉田のうどん」は、

とにかく、吉田うどんは郷土色が豊かというか、個性的でした。

< 肉 き ん ぴ ら う ど ん >
富士五湖

具は、ごぼう・にんじん・キャベツ・馬肉がドカッと載せてあり、
華やかさを求めず、質実剛健でドッシリと重厚な姿です。

味噌と醤油の混じった汁に魚介のダシは効いていません。

そして、肝心のうどんは太くて硬くて重い。 

しっかり齧らなければ飲み込めません。 

のど越しではなく、噛みごたえを楽しむ麺です。

< すりだね : 唐辛子とゴマを摺った薬味 >
富士五湖

まさに、男性的。 野性味に溢れ、武骨で力強い。  

圧倒されるほど迫力があります。


これはスゴイ・・・。 完全にハマッてしまった。。。

みさきうどんうどん / 下吉田駅葭池温泉前駅月江寺駅

昼総合点★★★★ 4.2


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 秩父から富士五湖まで | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/909-0547de13

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。