貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

清水園

○ 清 水 園

< 総   門 >
新発田

新発田城のボランティアガイドの方から 「是非 行ってみてください」 と

いただいた割引券(700円→600円)を使って新発田藩の大名庭園を見学。

< 書   院 >
新発田

書院の中に入って、廊下を進んでいくと

新発田

ここにもボランティアガイドがいた!・・・ (;´^`)ゞ

しぶしぶ 正座して庭園の説明を聞きました。。。

新発田

< 茶  室 (松月亭) >
新発田

この地を鎌倉初期から代々治めていた新発田氏でしたが、新発田重家が
上杉景勝に対して反乱を起こしたために新発田氏は滅亡。

新発田

その後、上杉景勝が会津に移封されたのに伴い、溝口秀勝の領地となり
廃藩置県を迎えるまで12代274年間にわたって溝口氏が統治しました。

< 腰 掛 待 合 >
新発田

溝口氏の居城となった新発田城が完全な形のなったのは、3代宣直の時代
といわれ、4代重雄の時代に茶人の縣宗知が江戸から招かれ庭園が
造られたのだとか。

< 茶  室 (桐庵) >
新発田

新発田

ぶっちゃけ、歴史や茶道については、全くといっていいほど知識がありませんが
清水園は心が落ち着くような場所でした。

庭園の秋が深まってきています。

新発田


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 秋の下越を遡上する | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/921-56290bc2

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。