貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

足軽長屋

○ 足 軽 長 屋 (あしがるながや)

清水園の脇には、足軽たちの長屋がありました。

新発田

北長屋三軒割八住居と呼ばれる間口3間・8戸の集合住宅。

ここには、姓のない下級武士が住んでいたらしい。

現在でいえば、一般職用の社宅のようなものでしょうか。

新発田

昭和44年まで実際に住んでいたんだとかで、

その当時の生活感が残っています。

新発田

間口3間、奥行3間 9坪のスペース

天井は低く、6畳2部屋のつつましい造りです。

・・・・・

今は、実家を建て直して住んでいますが、娘が幼稚園に入るまで3年ほど、

このサイズの安アパートに親子3人で暮らしていました。

思い出してみれば、あの頃が人生で一番楽しい時だったかもしれません。

新発田

起きて半畳、寝て一畳、飯を食べても二合半、所詮人間そんなもの

人は必要以上の豊かさを望まず、満足することが大切ですね。

キャンカーでなく、狭い車でも十分ってことか・・・

ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 秋の下越を遡上する | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/922-d2235d04

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。