貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

越後村上 鮭の塩引き

○ 味匠 喜 っ 川

新発田

三面(みおもて)川の鮭を使って、伝統的な製法で作られる

「越後村上の塩引」

その中で最も知られている店がここ。

お土産に買おうと店の中に入ったのですが

新発田

塩引き一切れ1050円!!!

という値段にいきなり萎える。。。  (゚O゚;)

・・・と、よく見たら 「キズあり」などの 「訳あり品」もあったので、

ホッと胸を撫で下ろし そちらを購入。

新発田

喜っ川では、築130年という町屋造りの内部も見学できます。

中でも圧巻なのは、奥の土間に吊るされている多数の塩引き鮭。

新発田

これだけの数が吊るされていると、ちと、怖い感じがする。

村上の塩引は、食品加工というより民芸品に近い存在なのかもね。

新発田

味匠喜っ川その他 / 村上駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 秋の下越を遡上する | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/927-d498903e

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。