貧日本紀行 (セコツアー)

金と時間をケチって、車中泊・青春18キップで巡るセコい旅の記録

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「きりたんぽ鍋」を食べる

○ 銚 子 の 滝

日帰り

十和田湖から鹿角方面に戻る途中で「銚子の滝」の看板を見かけました。

案内板に従って 狭い砂利道を走って行くと 大きくはないけど、そこそこの
水量があり形のいい滝が流れ落ちていました。

ただ、滝の横に水力発電所の施設が見えるのが、少し興ざめで残念ですが・・・・。

日帰り

そして、大湯温泉で ひとっ風呂。

○ 大湯温泉 荒瀬の湯公衆浴場  (入浴料150円)

日帰り

川沿いに建っている共同浴場は、古びた感じでなかなかにいい風情です。

風呂場の床は石板が敷き詰められており、浴槽の底も正方形のブロックが
敷かれていました。 

そして、そのブロックのすき間から、時々ブクブクと泡が立ち昇ってくるので
どうやら、足元湧出の温泉らしい。 

きれいに透き通ったお湯は、キリッと熱いが、湯上りはスッキリした浴感です。

日帰り

○ 道の駅 ひ な い

日帰り

大館市内で 「きりたんぽ鍋」を食べたかったけど、店の営業時間外だったので
道の駅の物産館で食材を仕入れました。

< 比  内  鶏 >
日帰り

ちなみに

比内鶏は天然記念物なので食べられません

食べれるのは鶏と掛け合わせた”比内地鶏”です。

日帰り

そんで、家に帰って、大館で調達した食材できりたんぽ鍋を作ってみた。

比内地鶏のガラでダシを取り、キンカンなどの内臓系も、もちろん比内地鶏。

表面に黄色い脂が浮いている汁の中に、舞茸、ネギ、セリを加えて、

最後に 新米のきりたんぽ。

日帰り

少し煮込んで、熱々を フ~ フ~ッ ハフ ハフッ

たんぽにスープがジワ~ッと滲み込んで、口に入れるとホロッと崩れる。

ウッ ウメエェェェ~!!! 

文句なし 間違いなし に ウマイ

素性の分からないニワトリのきりたんぽ鍋と違って、

本物の比内地鶏で作ると風味は濃厚。 味は別格。

手前味噌で言うんじゃないが、今まで食べた中で一番美味しい

きりたんぽ鍋でした。


ブログランキング参加中! ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 温泉 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mayupjun1.blog.fc2.com/tb.php/974-d54f2e17

TRACKBACK

<< 前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。